FC2ブログ

お久しぶりです・後編

実家を離れてからというもの猫ロスがやばいです。
猫を見るだけで涙が出そうになる始末。

というわけで絵の後編。
「続きを読む」からお願いします。

続きを読む

スポンサーサイト

お久しぶりです

というわけで、ハイ!
お久しぶりです、河原です。
今回こそは絵をあげるで!!

母の死から4日、河原は関東へと向かった………
というわけで去る4月16日より、晴れて千葉県の住民となりました。
正確にはバタバタしてて前の住所での転居手続きをしてなかったもので、実際に住民登録できたのは
4月末ごろだったわけですが……
やっぱりなんというか関東は違うね………何が違うって無料駐輪場とかないんですよ。
地元だと駅から歩いて10分かそこらのところにあったので重宝してたんですけど、
それがなくて……地味に一番つらい変更点かもしれない。
でもなんか地元と比べると全体的に都会感ありますね。
街歩いててテレビで見た企業の看板があったりすると特にそれを強く感じます。
ライザップの看板とか地元にはなかったよ……
神戸とか三宮とかにはもしかしたらあったのかもしれないけれど。

あとね、これまで私にとって東京へ行くというのはコミケやけもケ、つまりイベントの時にだけ行く
ハレの日の行事のようなものだったんですね。
それが地元→神戸とか大阪くらいの所要時間で行けるようになったのはいいけれど、
そのハレの日のものという概念が抜けなくていまだに東京に行くのを躊躇するんですよね……
なんか心情的にはまだまだ遠いものがあります。

で、お待たせしました。絵は待って待ってと言いながら4か月くらいお待たせしてましたね……
今見返して「えっ立ったここまでしか貼ってないの?」と驚きました。
今回は比較的たくさんお見せできると思います。
というわけで「続きを読む」からどうぞ。

続きを読む

色々ありましたが

母親を亡くしました。
1月末ごろから肺炎で緊急入院し、その後意識を失ったり意識がはっきりしたりを繰り返しながら
病院で治療を続けていたのですが、ある時医師に
「このままもう死ぬまで食物を経口摂取することはできない。点滴で命を伸ばすことはできるがいずれ死ぬ」
と言われ、それならばと母の願いもあって家に母を連れて帰ることにしました。
それが3月17日のこと、だいたい2か月病院で頑張って入院をしていましたし、
1か月ほどほとんど何も食べていませんでした。

その生活がたたってか、当初医師の言葉など何のその、少量ずつではありますがお菓子を食べたり
飲み物を飲んだりの生活ができていたのですがそのうち尿の排出量が少なくなり、
原因を聞くと「消化酵素が働いていない」とのことで入院中に飲んだ錠剤も
便の中に交じってごっそり出てくる始末。

ならばということでアマゾンで酵素(甘ったるい味と漬物のようなにおいがします)を購入し
飲み物に混ぜて母に与えてみたところ、効果があったのか食欲も戻り尿の排出もまた多くなりました。
が、元々の持病の症状が出始め(入院中に飲んでいたと思った薬もほぼ消化されていなかったこともあり)
上半身や顔に痙攣が見られ始め、その疲労からかまた体調は下げ止まりとなりました。

錠剤が無理ならばとシロップ薬を処方してもらい、しばらく飲ませていたところ
けいれんは収まったのですが、最終的にもう心臓や肺そのものが弱ってきているとのことで
満足な呼吸ができなくなり、昨日4月12日に息を引き取りました。

まぁ普段からひと月とか平気で開いてしまう当日記ですが、
最近更新ができていなかったのには見舞いなどによる忙しさと母の体調が常に気になるという
慢性的なストレスのようなものもあった……と言わせていただければ幸いです。

母親が亡くなったのは本当に心から悲しいことですが、
同時に彼女が15年間の闘病をしてきた神経腫瘍をはじめ結構いろいろな病気を体内に持っており
最終的には半身不随になり一日の半分以上を寝て過ごすという状態になっていたため、
それらからついに解放されて楽になれる日が来たんだな、という気持ちもあります。
どうか母が天国で何の苦しみもなく幸せに暮らしていってくれたら、と思うばかりです。
うちの猫も待ってくれていたはずなので……

ということで。
先月絵はちょっと待ってと言いつつ1か月以上放置してスンマセンでした……
あともう少しお待ちください。

お久しぶりです

割といろんなことがあって、しばらく日記を離れていました。
いつものこととか言わんといて!

一つは母親。
1月末から肺炎で入院してまして、それ自体は毎年年末か年始にやってるので
もはや恒例行事と化していたのですが今年は少し様子が違いました。
普段であれば入院しててもそこそこ元気にやっていたのですが、
見舞いに来た我々が最初に目にしたのは鼻に酸素供給チューブをつけられて意識なく横たわる母親の姿。
正直めっちゃショックを受けました……
そこから意識が回復したりまたぼんやりとしたりを繰り返してたある日、
医者から家族を集められて余命宣告が行われました。
曰く「もう二度と食事もできないだろうし、点滴で生かし続けてもいつかは死ぬ」と。
まぁそこから紆余曲折ありましたが、現在何とか持ち直して退院へと向かっています。
あの時は本当に悲しかったしびっくりした……

一つは信長大志PK発売。
攻城戦とか大命とかいろんな要素が増えてやってきたよ!
・大命は敵が使うとアホほどウザい(本願寺死ね)
・無印に攻城戦が追加→攻城にさらに平均ひと月(無印だと兵が多ければ1日)かかるようになったので
さらにプレイ時間と食糧関係が鬼に
・惣無事令クリアにセリフ追加(全国制覇クリアは変化なし)

これはやり込むかというとどうだろう……
とりあえず前回は特定の武将がいないと覚えられなかった方策が
そいついなくても別要素を満たせば覚えられるようになるのはいいかなと思いました。

絵はもうちょっとだけ待っててね!

お久しぶりです

Happy new year…… それが俺たちの新しい年のpassword……
くだらない日付なんて知ったこっちゃないのさ………(更新が遅くなったことへの言い訳)

皆様あけましておめでとうございます、河原です。
冒頭のような言葉遣いはラグーン語と呼ばれているのですが、
正月休みはラグーン語の語源であるレーシングラグーンのプレイ動画を見てました。

公式のジャンルとしてはハイスピードドライビングRPGなのですが、
登場人物のしゃべり方、果ては作中の新聞の見出しまでこんな感じかつ
誰もが空気を読まずポエムのようなセリフばかり吐くので
RPGはRPGでもRacing Poem Gameの略と言われる始末……
最初は割とラグーン語目当てに見てたのですが、割とアレ全編通して暗い話なんですね。
明るい雰囲気だったの2~3話くらいまでやで!!
あとはライバルチームのリーダーのクラッシュ事故→のちに死亡、という流れから始まり
レースゲームなのにレース以外の要素でも人が死にまくります。
が、全体のストーリーとしてはいろいろなミスリードと小出しにされる謎、
登場キャラたちの走りへの情熱などがいい感じに絡んだ秀逸なものであったと思います。
でもこのころのスクウェア、過去の自分だとか謎の記憶だとか薬だとかそういう話好きね?
(FF7やらパラサイトイヴやらゼノギアスを思い出しつつ)

というわけで絵の方に移ります。 「続きを読む」からお願いします。

続きを読む

最近見た映画とか絵とか

お久しぶりです、河原です。
最近何本か映画をみまして………
多分もう10年以上前に当ブログでアホほどぶっ叩いた「バス男」と、
その主役のナポレオン君と同じ俳優が主役をやっている「俺たちフィギュアスケーター」。
なぜはるか昔にぶっ叩いた「バス男」をもう一度見たのか?というと、
そもそもなぜ当時ぶっ叩いたのかというのが「電車男パロディである」という認識で見てたからなんですね。
ただそれが大きな間違いで、バス男というのは当時の電車男ブームに便乗したクソ邦題。
その邦題をつけたところも謝罪したくらいなので正真正銘のクソ邦題です。
じゃあ原題は何かというと主役の名前と同じ「ナポレオン・ダイナマイト」。
電車男パロディという先入観を捨て去って改めてこの映画を見て、
当時と何か違う感じ方ができるか?という試みだったのですが、
まぁ普通のオタクの成長物語では……という感じ。
ぶっ叩くところもないですがめっちゃ良かった!ってなるわけでもなく。
でもラスト近くのナポレオン君のキレッキレのダンスは良かったです。

「俺たちフィギュアスケーター」
表彰式で乱闘しフィギュアスケートソロ部門から追放された
ライバル同士のジミーとチャズが、追放されてないペア部門で
フィギュアスケートに復帰するために史上初の男子ペアとして奮闘する話。
バス男のナポレオン役のジョン・ヘダーつながりで見たのですが、
ナポレオンのクソオタクぶりとは大違いのなよっとした美青年的な演技がすごくて、
同一人物とは思えないほどでした。
話としては割と王道なブロマンス物という感じで、そういうの好きな方には是非お勧めしたいです。
そしてラストのヤケクソみたいな締め方を共有しましょう……
なぜか金正日も出ますよ!(VTRだけですが)

では最近の絵など。「続きを読む」からお願いします。

続きを読む

お久しぶりです

定職ができたよ!やったねじゃりちゃん!(あいさつ)
お久しぶりです、河原です。
挨拶にもありましたように、先日やっと新しい職が見つかりました。
今度は長続きしたらいいなと……

最近妙に三国志づいていて、李志清三国志1~12巻(8巻だけ抜け)を買ったり
三国無双7を買ったりしました。
私三国無双は2以降ご無沙汰だったのですが、
当然と言えば当然ながらシステムめっちゃ変わってて驚いた……
もう武器は各武将固有じゃないのか……ストーリーも各武将ごとのそれではないのか……

とはいえキャラを増やすために三国志演義でそんなに活躍が描かれていないような武将を
キャラクター化したりする関係で各武将ごとの話にしづらくなったというのもあるでしょうし、
逆に勢力ごとの話にしたからこそそういう小粒な武将たちも出しやすくなったというのもあるだろうので
これはこれでいい変更なのかなと。

ただ勢力ごとの話になった分、割と悲しい話までガッツリやることになって
つらいなぁと思っていたら、ハッピーエンドになるIF展開とかもあるんですね……
蜀と晋のIFエンドまでは見たけれど、原典だとバンバン死んでいく人たちが一人も死なず
戦列に加わっていくというのは熱い……原点だと初期のメイン3人が一気にかつ悲劇的に死んでしまう蜀伝は余計に。

蜀のなかったころと比べると取れる時間は減りますが、ボチボチやっていければと思います。
で、絵など。「続きを読む」よりお願いします。

続きを読む

お久しぶりです&告知

ここを更新しないととは比較的いつも思いつつも
なかなか更新できない河原です、時期が開いてしまってごめんなさい。
何をしていたかというとだいたい漫画を描いていました。

というわけで告知。
来る9月23日の関西けもケット7、スペースNo「か-10」でサークル参加します。
今回の新刊はエロではなくオリジナルの健全ギャグ本です。

hyousi.png
urahyousi.png

3p.png
utyuujin.png


オスが総人口の90%、ゲイが81%の世界で生きるモテないメスケモ達が
彼氏を求めたり求めなかったりして合コンに行く話です。

もしご興味があればぜひ。通販(またはDL販売)にも対応予定です。
あと原稿してたので少ないですがエロ絵でも。

shizue17b.png
しずえ(とびだせどうぶつの森)。
スマブラにファイター参戦が決定したとのことで、これはめでたいと……
なぜエロ絵かはまぁ、アレだけど………

buffalobell5d.png
バファローベル(球団マスコット)。
何をとは言いませんが減量させてみました。

buffalobell5b.png
い つ も の 。

shibasaki24c.png
shibasaki24d.png
某さきちゃん。

いつもいつも人の手によるふれあいというのもワンパターンかなと……


まぁそんな感じで。

最近のこと

こんにちは、河原です。
最近初めて「信長の野望」シリーズ(革新)をやってみました。
最初にノーマルで始めたら始めた家(里見家)の難易度が高かったのもあり、
城のひとつも取れないうちに隣の国がアホほど強くなって詰んだので
実際初心者なわけなので初心者向けで始めよう、
国も織田家ならタイトル的な主人公の国だし大丈夫だろうと思って始めるも
北条がアホほど強くなって詰む始末。何が初心者向けじゃあい!!
仕方なしにオリジナル武将の統率(乱戦時の攻撃、防御能力的なもの)を
6人中4人最大まで上げて武田家で始めることにより何とかクリアに至りました。

で、エンディングで当主(今回は武田信玄)が部下と天下統一までの足跡を語るんですけど、
この時部下が一人もいなければどうなるのだろう?
という疑問にかられ、天下統一直前のデータをロードし部下を全員処刑してクリアしたところ、
固有名も何もない「組頭」とか「侍」といったモブと語りだす始末。それでいいのか……
部下を処刑しまくったことにより名声も完全に0になったことだし、
もっとタクティクスオウガのバッドエンドみたいに天下統一したと思った瞬間
どこぞからの間者や裏切り者に刺され死亡、乱世はまだまだ続く……みたいなエンディングを
ちょっとだけ期待してしまいました。

で、最近描いた絵など。
「続きを読む」からお願いします。

続きを読む

遅くなりました

河原です。ひとつ前の日記で明日か明後日くらいに絵を上げますといいながら
今日までかかってしまった……ごめんよ……
というわけでひとつ。

「続きを読む」からお願いします。

続きを読む

プロフィールですよ

河原砂利助

Author:河原砂利助
性別……雄野郎
年齢……32
太った熟女やロリやケモ絵を描くのが好きなアレです。
ご意見ご感想などありましたらおきがるにどうぞ。

メールアドレス
king_of_sukeroku☆yahoo.co.jp
(☆を@に変換)

twitter: https://twitter.com/kawajari

最近の記事ですよ
pixivやっています

ひと月ごとに見る
フリーエリア

最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
喪ブロゴです

リンク