スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あとで消します

広告が出たので一旦。
スポンサーサイト

たうきやうものはらし

多分興味のない人が読んでも全く面白くないであろう日記。
興味がある人が読んでも面白いかどうかは微妙です、たぶん。そんな日記。



さても魔人シリーズのファンであるわたくしですが、
今回魔人シリーズの流れをくむ「東京鬼祓師」(とうきょうものはらし)なるゲームが
出たと言うので早速買ってきましたよわたくし。ええ。
まだ2話までしかプレイしてないのですが、システムといい雰囲気といいバトル面といい、
どう見ても魔人学園ではなく九龍妖魔学園紀寄りです本当にありがとうございました。

いや、別にな?おいちゃん九龍の方が嫌いなわけやないんやで?
ただな、アレな、難しくてクリアできてへんねん………

だってね、ボス(と付属のザコ)にAP(ターン内での行動値)の続く限り
延々殴られ続けるんやもん……ヘタにボスの近くに行こうものなら
(彼らに近づく=彼らの移動にかかるAPが少なく済む、ということなので)
全員でフルボッコにされるんやもん……ターン制だから彼らの行動中は
こちらは何一つできないし。

そんな悪夢というかトラウマがあるから
(謎解きも頭の悪いアタイにはすごく難しかったし)
あまりいい印象ってなかったんですけど、今回は若干難易度的にも(個人的に)
よくなった印象があります。

まず、前作と比べて総弾数の概念がなくなったこと。
前作は割と銃がメインであったので、いちいち使う銃に合った弾を持っていかねばならず、
弾が切れては銃使えないしたくさん持って行ったら持って行ったで
限りある持ちもの袋を圧迫するし……で結構なジレンマがあったのですが、
それが今回はない。

あと前作と比べると(今のところは)グロさ、おどろおどろしさが薄いです。
前作クモとか蛇とか生首とかやりたい放題だったんですよ、ある程度。
今回は普通にモンスター的なデザインなので、わりとまあ……ええ。

しかしまあ、各施設を一話に2回(街は一回)調べてアイテムを取れるのですが、
まあ基本的に取れるものは固定なんですね。ここからはこれ、みたいな。

体育館から毎日律儀にサッカーボールを2個ずつ盗っていく主人公って、どうなん?
前作「九龍妖魔学園紀」でもそんな感じでしたが。
あとイカのおつまみを毎回毎回取られていく酒好きの教師もホントいい面の皮だよまったく!


ちょっとしか出てないけど、各キャラの印象。


・武藤いちる
すごく…やっちー(前作のメインキャラ)です……
武闘派ヒロインというポジションといい、最初に出会う女生徒というポジションといい
キャラクターといいなんというか、すごくやっち―。
魔人学園の小蒔といい、そういうポジションは今井ジュブナイル的には必須なのか。

・雉明 零(ちあき ぜろ)
超DQNネーム。見た目は銀魂の銀さんに近かろうか。キャラは違うけど。
なにやら色々訳知り顔してたと思ったらいきなりフェードアウト。なんだこいつ。
あとで敵として出てくるのかどうなのか。髪が白いから白札関連の人?とかなんとか。

・壇 燈治 (だん とうじ)
主人公の相棒ポジション。キャラは京一といえばわかる人はわかってくれると思う。
前作のアロマ君が主人公の親友として近づきつつ
実は敵対組織の副会長だったという立場上、わりとミステリアスめなキャラだったので
今回のチョイ悪系直情径行型の彼はわりと個人的に好ましい限り。
わりと萌える男キャラであると思います。

・穂坂 弥紀(ほさか みのり)
いちるさんがヒロインかと思いきや彼女が一応のヒロインなのか?
パッケージでの扱いが非常に小さいけれども。
普段頼りなく見えつつも非常時には割と頑張ってくれると言う典型な感じの娘さん。
とりあえず非常にかわいい。嫁。
っていうかなんだ、いちいち読み仮名を入れないと
ちゃんとした名前の分からないのが多いよ、今井ジュブナイル……w
っていうか伝奇もしくはジュブナイルって元々そういうの多いのかしら?よく知らないけど。

・飛坂 巴(とびさか ともえ)
すごくシェリル・ノーム(声が)。
生徒会長だけど、それというよりは委員長っぽい。めがねっ子だし。
主人公たちを影からサポートしたりする役どころかと思いきや普通に仲間に。
まだ能力出てないけど、今までにないことなのでこれは期待。

・白(まお)
ロリババア。口調もあからさまにロリババア。
なんでこう、ロリババアって口調がみんな一人称「わらわ」系で尊大なの?
まるちゃんのおばあちゃんやのび太のおばあちゃんみたいな口調のロリババアや
近所の意地悪ばあさんみたいな感じのロリババアがいてもいいじゃない!いいじゃない!

なんですか、ED曲とOP曲を同じ人が歌ってるのにOPだけものすごく微妙……
カラオケしてるようにしか聞こえないと言う。
戸松遥さんの歌の腕のほどは知らないのですが、どうなんだろ?

さて、またもうちょっと進めるかね……
まあ、そんな感じで。

無味乾燥な感想

本を買ったので、感想など。

最近の収穫

・スウィートデリシャス① 青木光恵
・シグルイ① 山口貴由 
・青春ばくはつ劇場③ 美川べるの


・スウィートデリシャス
お友達と青木光恵が好き、という話になった時に
この漫画が面白い、と言われたので買ってみたもの。

こうね、今にいたるまでギャグマンガとか少年向け漫画とかほのぼの系とかしか
読んでこなかった人間にはね、また新しい世界と言うかなんと言いますか……
ほら、男性向けって言うかそういう萌え漫画だとさ、
ヒロインの服がはだけたりものすごく破れまくるようなことがあっても
基本的には大事なところは見えないし、直接的なエロいことしないじゃないですか。
ぶっちゃけ、突っ込まないじゃないですか。

こっちだと普通にセックスしまくってるからなあ………驚くよこれは。

アタイは門外漢だったのでそういうものには疎いのですが、
でも女性からするとこれが面白いという。
(アタイが楽しめなかったわけではないです、圧倒されただけで)

人物の関係性と言うか、動き方と言うかがリアルなのがいいんでしょうかね?
これも男性向けとの比較になりますが、男性向けで女たらしキャラが出てきても
基本的に「そういうキャラ」で終わってしまうじゃないですか。
あまり修羅場にも発展しないし、修羅場になってもそのキャラ単体と
どっかの適当なモブ同士の修羅場とかそんなんで終わる。

でも女性向けのたらしキャラはリアルと言うか本当にいそうと言うか、
こう、なんだ………驚くよこれは。
とりあえず主人公は可愛い、見た目とか動き方とか含めて可愛い……のですが、
これほど先を読むのに勇気のいる漫画はアタイの人生では珍しいかもしれん……
今はたらしに振り回され気味な主人公ですが、この先もっとすごいことするよ!
的な情報も貰ってますし。

やっぱり男性向けとの比較になるわけですが、
男向けだと基本的に主人公とヒロインは離れないわけなんですね。
主人公がホント一時的にほかの女になびくことはあっても、
ヒロインとフラグ立てまくってるのに「もうあんな女どうでもいい!」とかなって
他の女とふらふらセクロス、ということには基本的にならない。
そんな奴は伊藤誠君くらいしかいない。nice boat.

まあ、なんだ……ギャルゲとかでもそうですが、他の女とあんまり深い関係になりすぎると
バッドエンド……みたいな観念があるんですね。
いやまあ、そこまで性描写のある漫画を読んだわけではないのですが。
一般漫画で性描写が出るとちょっと引いてしまうタチですし……
(少女漫画ならあり。最近の傾向的にそんなんらしいし)

でも、少女(もしくはホモでない女性向け)漫画ってそういう部分へのタブーがなく、
わりと主人公が縦横無尽に男をとっかえひっかえしてしまうわけで、
大丈夫なのそれ!?というある種のハラハラ感が……すごい。


・シグルイ
大学時代先輩から読ませてもらってて、今でも先輩の家に飲みに行くたびに
読ませてもらってたりするのですが、まあ自分でも集めてみようと言うことで。
わりと「シグルイのガイドライン」スレのセリフ改編ネタとかが好きで
そういう意味でもシグルイ好きなのですが、1巻でも結構ネタにされるセリフあるなあ……
「道場は芝居をするところではござらぬ」とか「どけ!己(おれ)の刀だ」とか。
まあひとまずそれは置いといて。
エピソード的に2巻の「小夜中山鎌鼬」のVS兵馬数馬戦と「ぬふぅ」が好きなので
早いところ2巻を買いたいところです……
兵馬数馬のぬふぅってあれ、男のアへ顔だよね……つまるところ。
いや、でもホントかっこいいですあのシチュエーション
(主人公二人が峠で双子の剣士を襲撃)。


・青春ばくはつ劇場

なんだか、リアルタイムで読んだ記憶のあるネタが結構………ある………
当時妹が別冊フレンド買ってたので、そのときのだろうか……
なぜ「戦場のハピィ・ライフ」の二人がかなり出張ってきているのか良くわかりませんが、
言いたいことはただ一つ、「月刊オッサンLOVERS」はどこに売ってますか?と。
エッセイ「華麗なる加齢」とかすごく気になるのですが……


まあ、そんな感じで。

漫画買ったのでその感想でも。
ネタバレを含みますので嫌な方はスルー推奨です。

最近の収穫

・みつどもえ⑧ 桜井のりお
・ムダヅモなき改革③ 大和田秀樹


・みつどもえ
なんかクラスメイトたちの親がやたらと出てきた巻、という印象が。
吉岡さんの眉毛の太さの謎が解けました。
千葉氏のお母さんはなんというか、ものすごく納得……
さすが千葉氏のお母さんと言うか、
こういう人でないと彼の母親は務まるまいと言うか。
しかしおがちんのお兄さんはなんというか微妙。個人的に微妙。
狙い過ぎな感がするのか………警官なのに妹大好きダメ人間、って。
いや、そういうキャラは好きなんだけど何故か彼は………何故だろ。

デブだからとかそういうところ以前に
やはりみっちゃんが一番かわいいと思う今日この頃。
次点で杉崎さんか吉岡さん。
デブで思い出したけれど、アタイ2008年ころに描いた絵に付けた文で
「デブキャラだったら思いっきり肉盛れるからいいね!」
みたいなことをほざいていたのですよ。
どうも当時は「元々デブでないキャラはそこまで激デブにはしない」
というような感じのポリシーがあったようです。

でも今の体たらくを思い出すとアレだよ、元々スリムなキャラでも
平気でかなりのデブにしてしまっているね………(例:フレン@牧場物語)。
人間の変遷って恐ろしいこと!人は平気で低きに流れる生き物よ!

参考までに。

フレン・最初期型。

フレン・中期型。

フレン・最新型。


……………どんだけだよ……………


あらゆる所が肥大化していることがうかがえます。
もっと時間が経ったらもっと肥大化するんでしょうか?
……それはわかりませんw

どうでもいいですが、ぼくもののゲーム内でフレンの妊娠が発覚した時に
「やった~」みたいなことを言うのですが、何故かその反応に
ハメられた感を覚えてしまう………
たぶん子供ができるということにつながる要素(性的なそれ)を
想起させるようなイベントが全くなかったのにいきなり子供が……
みたいなことに違和感を覚えたのだとは思いますが、
こうなんか知らない間に覚えのない子供が、というのがこう……ん?

どうせなら行為の間近まででいいから描写してほしいものです。
ヒロインによる主人公の呼び方を「エッチしよ」にする、という
お決まりのネタよりもいろいろひどいことになりそうですけど……。

話がほとんどみつどもえから関係なくなってしまった。


・ムダヅモ
古本屋で見つけて「もう出たのか!はやい!」などと思いつつ即購入。
パパ・ブッシュ&ジョージ・ブッシュVSスコルツェニー戦がメイン。
3本先取の5本マッチで2連勝した時点で、大将戦につなげようと思ったら
残り二人は負けるしかないのですが、やっぱり辛い………
今回は個人的に見所が二つほど。

・パパとジョージの親子愛
・スコルツェニー

「お前に期待したことなど一度もない」とか「お前はどうしようもない息子だ」
とか言っていたのにそのダメ息子をかばって死ぬ際の
「それでも……それでも……愛さずにはおれぬのだ」というセリフから
ジョージがパパに一度だけ野球に連れて行ってもらった時の回想
(というかパパが死ぬ間際に見た風景)への流れで涙線が決壊しそうになった。

しかしそれにしても今回の小泉さんは空気すぎると思います。主人公なのに……
戦ってないとみんな解説役に回るから仕方ないと言えばないのですがw

そしてスコルツェニーさんかっけえ。
途中までのジョージを手玉に取る策士ぶりも、イカサマを見破られて
撃たれて死ぬ間際に見せた意地もどちらもかっこいいとかなんなの?
久しぶりに男キャラにしびれた漫画な気がします。

まあ、そんな感じで………

拍手をいただいたので、
お返事は「more」から。

続きを読む

子供向け作品に潜む罠

いちおうなんとか昨日買えたってことで、
今日は一日中ポケモンをやってたわけなのですが。

まずポケモン(ヒノアラシ)の名前に悩む。
悩んだ挙句デーボと命名。

そしてライバルの名前に悩む。
他のトレーナーとかぶらなそうな名前を考えた挙句、
スケロクと命名。本人カワイソス。
昔メガテン3の勇君にも確か「権田原 助六」という名前をくれてやった気が……

でまあいろいろあってグローバルトレードセンター?なるところに行ったら
目の前にいた兄貴がウッス連呼で関係(自己紹介)を迫ってきて
アナルに危険をヒリヒリ感じたので彼の機嫌を取るために、
自己紹介文を「おとこのこ だいすきです! おにいさんも だいすきです!」にした。
アタシは泣いた。

そしてアカネのうざさにさらに泣いた。
なんですのんミルタンク!
「踏みつけ→やばくなったらミルクのみ」のコンボがうざすぎる……
無意味に減っていくPPとミックスオレ。
あまりに腹が立ったのでいつかアカネこのやろう!という意味を込めて
彼女の絵でも描いてやろうと思います。
しかしそれもさることながら何故かやってるのは金銀なのに
リー「フグリ」―ンというタイトルのせいで「フグリ」と呼ばれる
可愛そうな女主人公を描きたくなる不思議。
他の主人公と比べてシンプルなデザインでかわいいと思うのですよ。

今回は序盤からミルタンクが使えて嬉しい限りなのですが、
ミルタンクにメノクラゲが「巻きつき」だのってエロいんじゃね?と思うんだ。
も、漏れそうにござる……(ミルクが)

ポケモン獣姦絵的なものを描く趣味はなかったのですが、
アレだけはアリじゃないの?とふと思った。
子供向け作品なのに何この特殊性癖と隣り合わせのゲーム。

あとアレじゃね?ミカンはもう「女の子」ではなくね?と
全身グラフィックを見て思った。
あとアカネの顔グラが口をあけてるのか唇が分厚いのか判別しがたい。
個人的には唇が分厚くても十分ありだと思います。

なんでポケモンを扱ってこんな変態日記になるんだ……
まあ、そんな感じで。

やるせなきかな……わが性癖は呪われしか……

先日絵スレに絵をアップしたところ、
アタイのpixivのURLが張られたのを皮切りに
デブ専という性癖やジャンルはやっぱり珍しいのか、
ちょっとスレの流れが性癖について、の話に脱線してしまいました。
まあそれ自体はいいのですけど、目についたレスが。


名前:('A`) 投稿日:2009/09/06(日) 19:58:45 0
河原砂利助www


なんやwwwwワシの名前にwwwなんかついとるんかwwwwwwwww
そんな草を生やしてしまうくらい、思わぬ角度から笑われてて吹いた。
この名前って実は変、なのですかね?
割とネット上でのハンドルネームって多種多様すぎて
どれがカッコイイこれが変、とかいうのは
(「うんこ大魔王」とかあからさまなのでない限り)
あんまりわからないのですよ、アタイ。センスがないとも言いますが。

でも一応名字+名前という一般的日本人な名前であるし、
アタイ自身はそこまで変な名前ではないと思うんだぜ…!たぶん。
いや、まあ変なら変でそれでもいいんだけど……


あと流れの中で、
ユキノちゃんはデブじゃなくてプニだ、というレスを見かけました。
確かにぽっちゃり=プニ、なのかもしれません。
アタイは割と誇張してますけれど、確かにデブってほどじゃないかもよね、あれ……
細身好きからするとデブ、普通の人からするとぽっちゃり、くらいのレベル?

でもアレですね……ぷにぷにって魅力的なはずなのに、
もうかなり肉がついてデブといわれるレベルのそれでないと
満足できない気のする自分に絶望した!
たぶん今だと原作ユキノちゃんでも満足できないようなレベル。
完全にアタイはデブ「専」になってしまったようです。


で。
買ったのに放置もなんだから、ということでちょっとですが
ルーンファクトリーフロンティアをやってみました。


主人公・ラグナ
ま た お ま え か (彼は1の主人公でもあります)

北斗の拳のような始まり方(行きだおれそうになって登場)で
近くの教会に身を寄せる主人公。
どうやら前作ヒロインのミストがいなくなったので探して旅をしているようす。

で、教会にいたおばあちゃんと話すこと数分。
ミスト登場。なんでここにいるの?

そしてよくわからないテンションで荒廃しきった畑に連れて行かれ、
ここを耕して暮らせ、と言われます。
なんでぼくものの畑っていっつも最初荒廃してるんだ……

2日目
お使いを頼まれる。
店から店へひたすらたらいまわし。
宿屋にお使いに行ったところで宿屋の娘ユーニ(ぽっちゃり)と遭遇。
現時点で出会ったヒロイン候補2人目。

で、いろいろお使いした揚句
とりあえず農作物を作るために2日引きこもり。

4日目
日にちは忘れましたがツンデレっぽいの(ヒロイン候補3人目)が
郵便を届けに来る。郵便屋らしい。
ユーニが「甘いものが好きなんです~」とか言うので
酒場で買ったチョコレートを渡す。
「わ、私に……これを?ありがとうございます」と言われますが
たぶんこれ、反応的にあまり喜んでない。
主人公は間違ってカカオ99%のチョコでも買ったのか。
なんにせよ全財産500G中260Gをはたいて、
「チョコレートは無駄だ」ということを理解することができました。
うん金返せ。

とりあえずそんなところまで進みました。チョコレート返せ。
熟練度によるスキルレベルアップのために家の中だろうがどこだろうが
クワをふるったりじょうろで水をまきまくる主人公はぶっちゃけどうかと思う。

まあそんな感じで。
おいおい絵も描いていきたいです。

感想と雑感

ファンタシースターポータブル2の情報を
人に教えてもらったのですが、ものすごく面白そうな件。

とりあえず公式サイトは普通に検索で出てくるので
(こっちも出てくることとは思いますが)、
プロモーションムービーなど。

これ。

25秒辺りで出てくる彼、
矢口裕さんがものすごく好きそうなイメージがあるんだ俺……
しかしマスクだと思ったらヒゲだった件。

そして1分前後に出てくる彼……
アッシュ!アッシュ・クリムゾンじゃないか!
どうしてお前がここに……と思うのはアタイだけではないはずだ。たぶん。
似てる………よね?たぶん………雰囲気というか……表情というか………

なんか今回キャストが異常なまでにカッコ良くなってる気が。
そしてビースト兄貴オッスオッス。

しかしOP曲の雰囲気は1のころと共通っぽいんですね。
1のOPも好きだったのでそれもまたよし。
詳しくはPVで熟知すべし(それは又吉だ)

おとといはなんか一日中
こちらのサイトを見ておりました。
なんかこう、AAなのに燃えさせ泣かせたりできるのはすごいですね……
阿部さんのフリーダムぶりにこう……

しかし普段は本能直結系ダメ人間だけどいざという時にかっこいいこと言ったり
ちゃんと立ちあがれる、というのはギャルゲ主人公向きの資質ですね……
ただ見た目がアレだからやる夫はギャルゲ主人公に向かないだけで。
それでもやっぱり、ある意味でオタクが「こうありたい」
もしくは「こういうやつ好きだ」と思うキャラの
(作品ごとにパーソナリティに若干の違いがあるとはいえ)
ある方向での集大成的なものなんだと思いますね、やる夫。

ていうかやる夫×翠星石はアレか、ある種のメジャーカップリングなのか。
見た作品(少ないですが)のほとんどがそのカップリングで……
これを見たおかげでなんかロマサガとかライブアライブづいてきたよ。
そして原始編でのべるのエロさ……はいいとして凶悪さを思い出した……
ポゴいらんからべる来てくれ、と何度思ったか
(強さと最終編での女っ気的な意味で)。
彼女の「るーるー」だけで普通にオディオサウルス倒せるじゃないの……
体力的に一人で、は厳しいかもしれないですけども。

そういえば原始編最後のセリフ、「あ……あ……あいぃぃぃぃぃ~っ!(=愛)」は
我々の世の「あおおおーーーーーーっ!」に通じるものがありますね(ないよ)。

まあそんな感じで。
一応個人的にも気になってたので
ルーンファクトリーフロンティア買ってみました。
ごくごく一部で話題のぽっちゃりヒロインユーニも良いですが
しかしむしろユーニのお母さんのリタさんのがエロい件。
岩崎氏の絵からすれば、そしてほかのヒロインキャラと比べてみれば
た、確かにユーニはぽっちゃりなんだな……
あとはあのスカートのどこまでが腹なのか。むしろくびれとかないんじゃないのか。

恥に恥を塗り重ねてできるのは恥ずかしいお城、でもそこに住むのは恥知らずの王様

土岐麻子さんの歌う「Walts for Debby」が良すぎる件。
同名ジャズ曲のカヴァーなんでしょうかね?メロディに聞きおぼえがあるけれど……

で。
なんというか、たまにそういう方向で自嘲しますが決して、
絶対にいやなわけではありません。楽しいからやっているのです。
ですが、具体的にはその感情が何から来るのかわからなかった。

……なぜここまでエロ絵ばかりかくの?ということの。
なぜデブエロ絵を描くことがこんなに楽しいの?ということの。

なのですが、
人形遊びに近いものがあるのではないかしらん?とふと思った。
好みの素体を探してきて、好きな服を着せかえて遊ぶように、
好みのキャラ(オリジナルでも版権でも)を探してきて
一般絵ならばそれこそ服の着せ替えであったりシチュエーションの変化であったり
さらにはキャラクターをちょっと自分好みに変えて描く。
エロであればキャラの体型をねつ造してみたり、
一般絵のようにシチュエーションをいじったりキャラ改変したり
自分の好みに変化させて遊ぶ。

アタイ自身そこまでフィギュアに傾倒した人間ではありませんので、
この感覚が当たっているかどうかはわかりません。
服を着せかえられるたぐいのそれは持っていないし、
服を作って着せ替えさせるような技術も持ってはいません。
ただ、やっぱり近いものはあると思うんですよ。

スーパードルフィーってあるじゃないですか?
それこそ体から眼球から髪の色から髪型から自分で選んで作る、
かなり本格的なフィギュアなのですけれども、
アタイの周りに3人ほどいるドルフィーの所有者の方々は
それぞれ自分のそれを「娘」と呼び、大切にしています。

繊細なもので壊れものである、リアルに形を持ったドルフィーと
リアルに形はなく、エロにしようがぶっかけようが何しようが、
人によっては絵の中で自分とセックスさせようが
まったく問題ねえぜヒャッハァ――――――!な2次キャラとを
すべての面で同列に語るのは無理があるかもしれません。
でも、自分の生み出した存在を愛する気持ちというのは
きっと同じもんではなかろうかね?
それが人形であれ子供であれ絵であれ文章であれ。

で、人形だと作った後にもさまざまに手をかけ続ける余地がありますが
絵にはそれがないために、一つの絵が出来上がった時点で
何度も何度も違う絵を描き続けるのではないかな、と。
なにジョジョ?何度も違うキャラを描き続けるのは節操がない?
逆に考えるんだ、「浮気は男の甲斐性」そう考えるんだ……
まあお金も場所も何一つ食わないから甲斐性もクソもないんだけどね!
なに?何も食わないのにデブだって?ハハッワロス。

あと単純に恐ろしいと思うことなのですが……
昔悪いことして吊るし上げを食らったって、
それはその人の住む場所だけであり、最悪でもうわさが広まって~
くらいのものだったと思うのですが、
ネットの発達した今の叩きや吊るし上げってあれですよね、
言ってみれば直接無関係だけどこれは許せん!って思った人々が
テレビとかそういうものの前で怒るのではなく、
どこにいたってどこでもドアで直接スパンキングしに来るようなもんなんですよね。
あとテレビの前で「こいつ馬鹿だろwwww」と笑うのではなく、
本人の見えるところで笑うような……

これは こわい

それに本人がやったことにしたって、昔は人に伝えるには
伝聞でしかなかったわけですが、今は画像と詳細なまとめという
動かぬ証拠が鮮明に残るんですもんね……ホント恐ろしい。
人に伝えるのだって、手紙や伝聞と違って遠くにいる人にも一瞬ですもんね……

で。
でも逆に写真とかだと奪い取ってネガごと焼き消すという
面倒な作業を強いられなければなりませんけれども、
ネットだと証拠を隠滅するのも一瞬なんですよね
(たくさんの人の手に拡散するのも早いけれど)。
そういう点で言うとpixivすごい!運営さんすごい!すごいバカ!バーカ!

優先順位が都合の悪いこと(ランカーに対するトレス発見厨(笑)、運営批判絵)
>>>>>>>>>>(越えられない壁)>>>>>>>>>>多人数の意見
なのですね……
そのどちらもが謂れのないことじゃないでしょうにさ。
もちろんまともな意見ばかりだったとはいえないかもしれない。
遊び半分で茶化した人もいないとは言い切れない。
しかしこれは……ガンガンオンライン上で「悪魔と俺」を
「なかったことにした」スクエニと同じくらいかそれ以上の糞対応でしょうこれ。

昨日時点での流れを追っていると、
それだけでもうこの運営駄目だろ、早くなんとかしないと……とか思ったのですが
(数々の迷言、批判絵の相次ぐ削除など)、
本日六時の時点で印象が最悪になりました。
自分たちの失言に対する批判絵をランキングから除外しおった……(一部を除く)。

そりゃランキングに乗って多数の人々に今回の失言が知れ渡れば
ものすごい混乱も起きたでしょうし、それに対して「未然に防ぐ」という意味であれば
消すという選択肢がでるのも正直わからなくはないんです。愚策だけど。
ただ、それならそれで何かしらのアクションをするべき。
「失言があった」ことを明記したうえで謝罪文載せるなりしなさいよ。
そのうえでなんかちゃんとしたアナウンスでもあれば、
不誠実だけどまだ何とか許せるそれであったと私は思うかもしれない。
でもこれはねえ……

ただ、アタイ自身pixivで多くの人との新しい関係に恵まれましたし、
あの場はよい場だと思っているのであそこがつぶれればいいとは思いませんし
「おれは 一人でも 絵を描き続けてみせる!」と
すっぱり出ていく度胸もなくただただそこにしがみつき続ける卑怯者なので
あまりこの件に関してもぐだぐだ言う資格はほんとうはないのですけどもね……
やっぱりキッチリ縁を切りつつ言うのが一番正しいんですよね、こういうの。

そういう点で言う資格も説得力もないけれど、一個人の感想としてこれだけ。
今の運営は運営権を誰かに譲渡するべき。

もうそうとしか言えない。

地味に絵日記カテゴリの日記が300件を越えていた件。
まあ一枚の絵にラフと完成版で少なくとも二枚以上はかかっているから、
実際のはその半分と見てもいいかもしれません。

コミケ(の日の兵庫)れぽ

友達が「同人ショップ行こうぜ!」とかいうので
昨日兵庫県三宮まで足を伸ばしてきました。

とらのあな→メロンブックス(アタイは違う本屋)と回っただけなのに
ものすごく疲れた………!
夏コミの新刊委託効果ということなのか、
人出が両店ともものごっつかった件。

三宮にいたのは10時~12時辺りだったのですが、
10時開店のとらのあなはともかく(そんでも人でいっぱいだったけども)
11時開店のメロンブックスは何といいますか、
10時ちょいの時点で人が並んでおり、
11時前になるとけっこうな長蛇の列をなしていて警備員さんが出動してるほどでした。

しかしこう、同人ショップに行ったにもかかわらずアタイが買ったのが
ほとんど商業本なのはどういうことだ。

ついでにということで本屋で見て買うほどではなかったけどいろいろ気になってた
本を買って回ったらいつのまにか1万円近くに……恐ろしい。
こんなところでそうなるんだから
コミケの熱気にでもあてられたらどうなってしまうのか。
無尽蔵に金を使うマシーンとでも化してしまうのではなかろうか。怖っ。

で、昨日の収穫など。

同人誌は2冊ほど買いましたが(両方一般向け)、
よそ様の名前を挙げて批評するのが
おこがましいという理由で割愛します。
ただジョジョ同人で「フーゴがBL好き」という設定の話があったのですが、
よく考えると男でBL好きと公言する、もしくはBLを描くというのは
「私は二次ホモもいけます、好きです」と公言するのと同じなんですよね……
それってすごく勇気のいる行動ではなかろうか。
男性BL好き&作家さんたちのその勇気!僕は敬意を表するッ!と、
そんなことをふと思いました。

あと一つだけ、「書体の研究」という同人誌を買いまして、
今でもやっぱりこの手の研究系同人誌を作ってる方もいらっしゃるのだなあと
何となく嬉しくなったり内容も(フォントの形と名前的に)
ものすごく参考になるしでいい買い物をしたなあ、と。

………しかしその線(男のBL好き)で行くと
過去にエロなしのBLなら普通に読めるよ、とか公言したり
ヤマジュン漫画のレビューまでいたしたアタイはこう、あれ……?
まあそんなことはともかく昨日の収穫など。

・魔法使いをやめる48の手ほどき
・ムダヅモなき改革② 大和田秀樹
・青流学園男子中等部 松山花子
・やっぱり心の旅だよ 福満しげゆき


・魔法使いを~
実用のために買いました。夜のではなく絵の……
体位といえば騎乗位かバックか開脚か、くらい
バリエーションのないアタイとしましては
こういう体位を二次元絵で表していただけると本当にありがたいです
(浮世絵も二次元だけどそれは置いといて)。

他の体位のマイナーチェンジ的なものが多く、
意外と大きな形のバリエーションは多くはない、と感じましたが
そんなことよりも何とかこれを絵に生かしたい。
今までその3つしか描けなかったアタイだけども
この本を読むことによってその体位のバリエーションはなんと16倍、
そしてあふれ出る妄想パワーとリビドーの力でさらにパワーアップ、
1200万超人パワーだッ!(誰が超人パワーの話をした)


・ムダヅモ
何気に各国首脳が変わってて「おっ」となりました。
ロシアがメドベージェフ大統領になってたり日本が麻生総理になってたり。
そしてこう、新キャラのウクライナ首相、ユリア・ティモシェンコ。
今までの各国首脳は実在の人物をモデルに割とリアル目に描かれてましたが
(女性でもマーガレット・サッチャーとかすごくリアル系)
今回彼女だけやたらと萌えキャラチック……あれ?いいの?

そして1巻は単純に麻雀での外交の話だったのに
2巻になって地球の5人VS月にあるナチスドイツからの5人の
地球をかけての麻雀対決という
まるで格闘漫画的な構図になってて驚きました。

しかし今巻は熱かった……プーチン(&メドベージェフ)とユリアが
非常に熱かった。
ただこう、劣化ウラン牌+プルトニウム牌による「イカサマで核攻撃」という
よくわからない技が使われてましたが
もともと麻雀で負けただけで何故かものすごい大ダメージを受ける&
今回は本当に死亡?する勝負なのであまりそれ自体への違和感はなかったり。
というかもうこの人の漫画で何があったって……


・青流学園~
帯の時点でこの人のBL作家名義(九州男児)の本の宣伝が書いてあって
「もしかしてこれもホモ漫画か?」と若干不安になりましたが
中身はそういうことでもありませんでした。
女子高生大好きの先生がほとんど男子高状態の高校に転任してきて、
なんとか留年してる男子を卒業させまくって女子高生をこの学校に呼び込もう!
と奮闘する話。
ホモの先生とか女装癖のある先生とかいろんなマイノリティの男が出てきます。
この人の本は以前の「普通の人々」もそうでしたが
マイノリティの人々に対する思いというか逆にマイノリティの人々の叫びというか、
そういうものを感じさせます……ストーリー漫画だと。
4コマはこう、「ああこの人女嫌いなんだな―」と思うばかりでしたがw
そしてこう、念願の女子生徒が!というシーンが作中にありましたが

男にしか 見えない。


・やっぱり心の旅だよ

福満さんの昔のエロ漫画集。
「僕の小規模な生活」や「うちの妻ってどうでしょう?」などにも
たまに登場する、エロい感じの女性がそのままエロやってる感じ……のもありますし
意外に絵柄の違う細っこい感じの女性のエロもあります(こっちが多かった)。
内容は好き好きですが絵柄の好みによってはかなりエロいと感じるかもしれません。
麗子シリーズはこう、昔のコメディ系エロ漫画に通じる何かが……


まあそんな感じで。
しかしコミケ効果ってすごいのですね……ホントに。

明日過去になった今日のいまが奇跡

ということで、今日は友人の結婚式に行ってまいりました。

最初ね、アタイはやく着きすぎたもんで、
式場から道を挟んだ路上に設置されてるベンチで座って
誰かこないかなと待ってたんですね。

で、ちょっと待ってると新郎新婦(どちらもサークルの友人です)が現れ、
その人たちの周りに結婚式らしい衣装を着た女性が数人いたんですね。
で、ああ彼らの知り合いかな、俺もあいさつに行こう、と
道を渡って会いに行ったのですが、その女性たちは知り合いではなく
そこの式場のカメラマンだったんですね……
しかも通行人と認識されて思い切り道を譲られる始末。
式が始まる前から恥かいたよ!アタイのバカ!バカ!女性器!!

で、「写真を撮るところを見られますか?」と聞かれたので
新郎新婦の写真撮影の様子を見せてもらうことに……
したのですが、あまりにガン見しすぎたためかあとで新郎に
「見過ぎ」と突っ込まれるという事態に……アタイのバカ!バカ!まん(ry

でまあ、ほかに集まってきたサークルの後輩様、先輩様などと
とりとめない話をしつつ、ついに生本番。(結婚式のね)
………まあ、なんだ、当時うっ屈した感情のままに彼につらく当たってしまった記憶と、
今の新郎の立派な姿を見て、なんだか泣きそうになりましたよアタイ。
泣いてないけれども……
しかしBGMで殺りに(泣かせに)来るのは卑怯だぜ……とw
ほんとうにアレもなかなかに涙腺に来るものがありますね。

で、式は滞りなく終わり、その後近くのレストランで延々2時間
とりとめない話などしつつ少し遅い昼ご飯を食べてたのですが、
なんでしょう、ふとしたところから収入話になったんですね。
みんなすげえ……アタイと同じテーブルに座った方々なんて、
みんなアタイよりも3万以上は給料高いでやんの。
あ、アタイも早く一般会社員になりたーーーーーーーい!!
……不景気だし既卒だし、非常に道は狭そうだけどね……

でもこうなんですか、実際に結婚するまでに行くと
嫉妬なんてどこかに吹っ飛んでしまいますね。
ああ、別にそこまでの覚悟があるんならいいや、的な。
ほんとうに末長くお幸せに!!心からそう思います。
まあ愚痴をこぼすようになってもそれはそれでいいとは思うけれどね!!
決して不幸を望むのではなくてこう、それはそれで人生だよ、結婚生活だよ、的な……。
もちろん円満で幸せな結婚生活を営んで行ってくれるに
越したことなんてないんだけれどもね。
二人で頑張ってほしいと思います。
ともあれ、いい結婚式でした……

で、ここからは単なる雑記。
みつどもえの新刊いつだろういつだろうと思ってみてたら
いつのまにか7巻が出ていた件。そりゃ新刊コーナーでは見つからんわ……
また感想はのちほど描きますけれども、みっちゃんはもう
雌豚キャラというよりエロキャラになってきている気がw
パンツはいてない的なシーンも多いですし……
個人的にみっちゃんとかでガチエロを描こうとは思いませんが、
エロいよみっちゃん……みっちゃんと杉ちゃんが好きです。


・そういえばみつどもえアニメ化ってマジなんですかね?
ネットの検索結果をざっと見た限りでは
するんじゃないかという気がしますけど。
あとムダヅモ(なき改革)もアニメ化とか……マジか。
金総書記とかどうするんだろう?クレームきそうな……

あと情弱なアタイは今頃デスマ2の公式サイトを見に行ったのですが、
ローザさんとフォレット出演なし……だと………?
その代わりに入った幼女(7歳)が異常にかわいい。幼女マジかわいい。
まあ彼女でエロ描いたら普通に犯罪だよね、と思うけど……

まあ、そんな感じで。
プロフィールですよ

河原砂利助

Author:河原砂利助
性別……雄野郎
年齢……31
太った熟女やロリやケモ絵を描くのが好きなアレです。
ご意見ご感想などありましたらおきがるにどうぞ。

メールアドレス
king_of_sukeroku☆yahoo.co.jp
(☆を@に変換)

最近の記事ですよ
pixivやっています

ひと月ごとに見る
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
喪ブロゴです

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。