スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あるひがみっ子「K」の日記

最近の自分のスペック。
身長168cm、体重63kg。
半年前までは体重55kgでした。
半年でずばり8kg増えました。

最近、髪を洗うと髪が平均10本は抜けます。

タスケテー!!

なんか最近体のどこかがおかしいような気がしてなりません、
河原です皆様こんばんわ。

もうすっかり冬ですね。
世間ではすっかりクソスマスムードが漂っております。
わたしは今20ですけど、もしサンタさんが存在するのなら、
ぜひとも地球破壊爆弾もしくはもしもボックスをいただきたいです。
(サンタさんじゃなくドラえもんに頼めよ)

クソスマスのことを思い浮かべると、もう今からヘドで溺死しそうになりますね。
クソカップルどもが(精液で)白く染まったイヴに
うかれ騒ぐのが目に浮かぶようです。
カップル死ね!!この世から全滅してしまえ!!

本当に、キリスト教徒でもない分際で
クソスマスなんて行事に浮かれくさってからに………。
クソスマスに浮かれてよいのはサンタにプレゼントをもらえる
子供くらいのもんですよほんとに。

…………今日はなんか妙にカップルに攻撃的なんですけど、
気に触ったひとごめんなさい。

いえね、今日ね、A君のカップルがですね、
お弁当を仲良く食べてたんですよ。
別にそれは良いんですけども、そのとき事件が起こりました。

「はい、あーん」  「あーん」

ぱくっ

アレをやってやがったのを目撃してしまったんですよね。
もうね、大山増達に心にチョップ食らわされたような気持ちになりました。
心が折れるどころか鋭利に切断されたような、感じ?(聞くなよ)

いままで散々カップルどもがいちゃついているのを見てきましたし、
そのたびになんとかいなしても来ましたが、
今日のはねぇ………いきなりのことだったんでダメージがでかかったです。

いんやー、カップルってすごい破壊力だわ。

いつも模写をしていらっしゃる後輩様がいるんですが、
最近めきめき絵がうまくなっておられる様子。
さすが模写をするといいと、昔から言われているのは伊達じゃないなと、
そう思いました。

あと、今週日曜日大阪デビューします。
正確には2度目なんでアゲインですが、
楽しみでございます。
大阪の日本橋というとこに行くんだそうですが、
なんか「東の秋葉原、西の日本橋」といわれるほどに
オタクの町だそうですね。
そんなこととは知らなかったんですが、
どれほどのものなのか行って確かめてみようと思います。

かきたいネタを一気に書くから日記に整然性がなくなるんですね。
最近やっとわかってきました。
スポンサーサイト

地球が正座する日(何それ)

タイトルに意味はありません。
こういう突発的に意味のないタイトルを考えるのは大好きです。

昨日のこと…………
A君が、授業中、いきなり「女の子紹介したろか?」とか
ほざきだしました。

何を言ってやがる、ちょっと彼女ができたからってこのクリーチャーが、
てめえあんまし調子こいてっとぶっ殺すよ?ぶっ殺しちゃうよ?とか
そういうことを思ったわけでもないですが、なんだよ、とか思いながら
一応、何?と話をあわせておきました。

それは良いんですけど、その後のA君が、なんかおかしかった。
もうA君に何かが降臨したとしか思えないような感じで、
下ネタを吐きまくるわ机にエロ絵を描くわで、
まさにA君大バースト。大爆発。

普段のA君たら、ニヒルで寡黙、僕の数倍は話術がうまく
多少おっちょこちょいで微妙に調子こき、そんなイメージがあるキャラだと
わたしは思っていたんです。
なんか矛盾をはらんでいますね。まあニヒルで寡黙はウソなんですけど。

「馬鹿野郎!!人に下ネタ吐くなとか言ってた普段のてめえはどこにいった!!
てめえはそんなキャラじゃなかっただろうが!!」
(ちょっと熱い意訳)

みたいな事を奴に言ったら、
「お前は俺の彼女の前で吐くからいけない」と言われました。

う………うん………まあねぇ………

最近郵便局でセクハラはやめよう、みたいな冊子を見て以来
セクハラについてはちょっと敏感になっているわたくしですので、
その言葉は確かにちょっと響いたんですけど、
じゃあ、あんたらカップルがいることでアタイにかかるストレスは
どうなんのよ!!何ハラスメントよ!!

いやむしろ何ハラ!?

とか言いたくなりましたが(何故女言葉)、
言っても仕方ないのでぐっとおさえました。


でも、しょうがないじゃん、そうしないと生きていけないよ、
みたいな事を訴えたらそれきりその話題が続かなくなりました。
どうやらわかってくれたようです。(違う)
これからはTPO(テポドンにあらず)をわきまえて
下ネタを吐こうかと思います。


そういえば子供向けのおもちゃって、
高橋名人しかりミニ四ファイターしかり、
なんかその道の先達みたいな人がいますけれど、
よく考えたらあれ、大人じゃん。
なんていうか、子供向けマンガ雑誌とかで
そういうおもちゃのテクを紹介したりしてましたけど、
「同年代の子供がどのくらいのレベルなのか」みたいなことを紹介しても
いいんではないかと思うのですよね。
それでこそ子供も燃え上がるのではないかなと思うのです。

それともやっぱり子供には同年代への対抗意識よりも、
すげえ兄貴的存在への「あこがれ」のほうが必要なんでしょうかね?
なんかそんなことをふと考えてしまいました。

パラキス観覧記

友達にアニメ雑誌を見せてもらってちょっと興味を持ったので、
アニメ「パラダイスキス」をちょっと見てみました。
今回で7話目ということで、その時点で一見のわたしとしては
話もよくわからないし、あまりどうこうも言えないのですが、
それはしょうがないことと割り切って、
わたしなりに感じたことなど。

小泉さん(早速下の名前を忘れてしまった)……
ああいう絵柄はキライではなかったはずなのに、
冒頭部分で言い知れぬ気持ち悪さを覚えてしまいました。
が、後のほうになるにつれだんだん持ち直してまいりまして、
最後には「ちょっとかっこいいんでない?」くらいになりました。
あと、ラーゼフォンの一色 真の影がちらついて……
というかご本人じゃねえの?と思うくらい激似だと思いました。

ユカリ……おそらく彼女が主人公なのでしょうと思われました。
まわりに濃い人が多い(というか濃い人しかいない)ために、
やたらと見た目とか声とか地味な印象が。
その少女が変わっていくところに重点が置かれるのでしょうか。

キャロラインて誰なのでしょう。
ユカリのことか?とかも思えたりしたのですが……。
やっぱり途中から知識もなしにアニメを見る場合、
ちょっと覚悟して見ねばならんなと思いました。

キャラクターデザインが結城信輝だったことにも驚きでした。
マジですか!!と。

つか、服飾センス見習いてぇー………

これから、よっぽど眠い日でない限り見ていこうと思います。


あと、お友達がオススメしていたので、「アカギ」の
EDテーマも聞いてみました。
アップテンポな感じでなかなか良い曲だと思いました。

…………最後にゲップ来たァーーーーーーー!!

そのへんも少し聞いてはおったのですが、いざ聞いてみると
妙に笑えました。

明日も早いので、今日はこの辺で寝させていただきます、
皆様おやすみなさいまし。

痛々しいぼくら

今日、サークルの部室でA君がこんなことを言いました。

「俺、オタクの末期かも知れん」と。

わたしの見る限り彼はオタク、彼は否定したがりますが
間違いなくオタク、エロゲーも普通にいたすオタク、
そういう人間だと思っておりますが、特に末期のオタクというほどではないのです。

そんな彼がいきなりそんな発言をしたので理由を聞いてみましたところ、
「なんか言葉を聴くたびに、それに関連したアニメのキャラが浮かんでくる」とのこと。

確かにね、それはオタクの症状だとは思いますよ。
でも、別に末期というほどではないと思うのですよ。

そうおもっていたら、A君がトイレに立ちました。
そんでボーっとしていたら、A君の携帯が鳴りました。
流れたのは、萌えボイスの萌えソングらしきもの。

いやいやいやいや…………

そっちのがオタクチックではないのですか?A君。

彼の中のオタクの定義が気になるところです。


で、今日、郵便局に提出する書類を忘れていまして、
郵便局から電話あったよ、とゴブ子からメールが来ました。
で、書類の所在の確認をゴブ子に頼んだんですが、
そのときゴブ子が……………

アタイの部屋の、エロゲーを、発見してしまった……らしいです。
わざわざメールで送ってきました。

イヤン!!

どうやらそれは後輩様に貸してもらった奴らしいです。
自分で選んで買った奴でないのがまだ救いです。

いまんとこ強請られたりそういうことはないですが、
怖いです。ていうか、ショックで生きていけません。
心が折れそうに………。
そしてそんな時に高校生のカップルを見たもんですから、
思わず口の中がツバ(発射用)でいっぱいになりました。

そういえばA君が、自分があんまりそれまで描いたことのないタイプの絵に挑戦してました。
負けるものかよ!!

みんな……気付いているかっ!?

最近多いじゃないですか、自分のこどもに小じゃれた名前、
それこそアニメとかギャルゲーにでも出てきそうな名前をつける親。
まあそういう気持ちはわからないでもありません、時代の流れだし。

でもね、少し考えてみよう。
たとえば男の子に「悠人」とつけたとしよう。
その子が若者のうちは「かっこいい名前だなあ」で済むとしてもよ?
それこそその子が加齢臭の漂いまくった、
ベロンベロンのオッサンになってしまった時、
その名前に違和感を覚えずにいられるだろうか?
否、とわたしは思う。

または女の子にギャルゲーに出てきそうな名前をつけて、
その子がビロビロのオバハンになってしまったときのことでもいい。
あまりギャルゲーには詳しくないのでアレですけど、
たとえば、自分が若かりし頃はまったギャルゲーのヒロインの名を、
生まれた娘につけたとする。
その子が成長して、中年といっていい年齢になったとして、
やってるのは寝転がってせんべいかじりつつワイドショー鑑賞。

うん。 お父ちゃん、泣くんちゃうかな。

中学のときの体育教師、その息子が「剣士」と「戦士」という
名前だったな、という話を友達としまして、
そのときに浮かんだ考えです。
平凡なサラリーマンになった「戦士」とか悲しすぎる。
「企業戦士になるべくしてつけた」とかならいいんですけど、それでも。

きっと将来「勇者」とか言う名前の青年が現れて、
騎士(ナイト)君とか「剣士」とか「戦士」とかをつれて
魔王退治とかに出かけるに違いない、
そんなもんどこにいるか知らないけどきっとそうに違いない、
そんなことを夢想してしまうステキな名前だな、と思いました。

イルネスニッポン

道を自転車で走っていましたら、
箱に入ったメイド服が捨ててありました。

じゃりすけたちは メイドふくを てにいれた!!

とかってなるわけもなく、放置してその場を去ったのですけど、
日本って…………日本って…………
もしかしたらけっこう病んでるのかもしれない。

…………そういえば、お友達の働いているゲーセンが
移転してしまったらしいんですけど、
お友達はどうしたのでしょう。
移転先で働いているのか、やめてしまったのか。
ポップンが100円で最大5曲できるいいところだったのに……。
その情報を知ったときはちょっとへこみました。

この間後輩様が「絵を描く人なら必ずオリキャラの一人くらい持ってますよね?」と
わたしに仰られました。
「うーん………まあいるんちゃう?」というあいまいな返答しかできませんでしたけれど、
い………いますよね?多分みなさま………。
わたくしは設定バカなのでアホのようにいますけれども。

ここを見ておられて、なおかつ絵を描かれているという
お方々におかれましてはどうなのかが気になるところです。

今までで最高の面白さだと思う

やや徹夜気味にやっとこさっとこレポートを終わらせて、
そのごほうびといわんばかりに買ってまいりました。

前から気になってたゲーム「忍道 戒(しのびどう いましめ)」を。

色的には天誅シリーズの流れをくんでると思うのですが、
もう非常に面白い。
今までのどのシリーズよりもクオリティが高いと思われます。
まあ前のシリーズよりクオリティ低かったらそれはそれで問題ですけど。

でも、まさか、お稲荷様を投げつけて娘っ子を殺害することができようとは………

こんなことができたの、はじめてだよ!!

ショッカー戦闘員みたいな奇声をあげて笑いながら殺戮にはげんでおります。
(すごく嫌な人間の図)

………あまりに面白かったので(まだ途中ですけど)、
そのうち本館サイトのほうで雑記に書こうと思います。

悲しい現実

皆様のお住まいのところには、「自治会」ってありますでしょうか?
たぶん「町内会」とかそういう名前であるのだとは思いますが、
地域のことを決定し運営していく、そういう組織です。

で、この間(といってもいつかは知りませんが)
役員の選挙みたいなものがあったらしく、
エレベーターの前にこんな張り紙がしてありました。

「自治会役員の立候補者は

○○ ○○さん   の 一名でした。

ご報告いたします」

えっ………?

ちょっ……ちょっと………一名ってなによ………?
役員ってことは会長以外にも副会長とか書記とか、
なんかそういう役職があるはずなんですよ。
自治体は会長一人で務まるようなワンマンな組織ではないはずです。

なのに、一名のみ。

アレか………学校で委員長とかを決めるときに、
誰も立候補したがらないのと同じ理屈ですか?
生徒会長とかには立候補しやがるくせに。

………いやまあそれはおいといて、大人達の中にも
責任回避主義とでも言うようなもんが蔓延してるんでしょうか。
日本の未来が微妙に心配になってきました。

とまあ今日はなんかまじめな滑り出しになっております、
永遠の一人上手(なにその称号)こと河原です皆様おはようございます。

和風の朝ごはんにね、なんだかいろいろついてるじゃないですか。
のりとか、漬物とか。
で、たまに生卵がついてることがありませんか?

あれはなんなんでしょう。
まさか生卵飲みを要求されているのでしょうか?
もしそうでなければ、あれはご飯に卵をかけろという
意思表示に他ならないわけです。

味噌汁をご飯にかけるのは行儀が悪いといって嫌がられるのに
どうして生卵は良いんじゃコラァとかいいたいこともありますけど、
今はとにかく生卵がついてることへの不思議さでいっぱいです。

昨日の日記の文で、「萌えを感じることが云々」ということを書きましたが、
別に版権ものに限ったことではないと思いました。
そのときそのときに最善の言葉を考え付けないのは困りものです。

ラプンツェル(野ぢしゃ)

タイトルに意味はありません。

玄関で怪我をしてしまいました。
………うちのドアは、阪神大震災の影響で
少し歪んだのか、立て付けが悪くて
いつも足で蹴るか押すかしないと開かないんですけど、
今日は少し茶目っ気を発揮して、尻で押してみようと思いたったんですよ。

で、ドアのノブを回しつつ尻からドアに突撃してみたんですけど、
あろうことか鍵がかかってたんですよ。
で、そうとは知らず尻からドアにぶつかったもんですから、
行き場のない衝撃が全部尻から腰にかけてにかかりまして、
腰がくだけて死んでしまうかと思いました。
アホな事はするもんでないですね………。

あと、A君ですが、やっぱりというかなんというか、
ほっといたら普通に元に戻ってまして、
なんか彼女作の牛乳かんだか杏仁豆腐だかをむさぼってやがりました。
まーですね、もーですね、関わって心配したわたしがアホでしたよ、ええ。
食ってる姿を見てあまりの眩しさに目がつぶれるんでないかと思いましたとも、ええ。

やっぱりカップルはわたしにゃ鬼門ですわ………。

淳之介さんにマンガ雑誌を見せていただきました。
なんかね、それと関係あるかどうかはわかりませんが、
萌えを感じることが版権ものを描こうという意欲につながるのなら、
それはそれでよいのではないか、みたいな事をふと今日思いました。
とか言って今日買った単行本は萌えとはまた遠い位置にあるものでしたが。
今日は漫画についていろいろ考えた日でした。

ご飯だ!!ご飯だ!!

少し前にゴブ子(妹)がゴブリントークによって
炊飯器とビデオデッキを得て帰って来た話をしましたが、
けさ、その威力を思い知りました。

今までうちの炊飯器はご飯の水分の持ちが悪く、
翌朝になってみると固まりきっているということがお決まりだったんですが、
新しい炊飯器にしてからというものどうでしょう。
ご飯が!!ご飯が朝になってもつやつやだよ!!
すばらしいと思いました。

まだビデオデッキは使ってないんですけどもね。

で、最近レイザーラモンHG氏の出した本を見たんですけど、
正直ね………本で見ても、あんまり面白くない。
裏話みたいなのとか、コラムとかはまだ良かったのですが、
やっぱり彼は動いててなんぼ(腰が)だなあと思ってるので、
本で見るよりテレビとかで動いてるのを見るのが一番だと思いました。


久々の落書きさらし。
普段描かないぶあつい唇を描いてみる。
ぶあつい唇って私の周りではあまり好きって人いないんですけど、
一般的にはどうなのか。気になるところではあります。
そんなに人気ってほどではない……かな?

shoujo1.jpg

人には誰でも苦労があるね

今日、なんかカップルの片割れの野郎ことA君が、
妙に元気がありませんでした。
なんか今日でこの世が終わると知ったような、
そんなしけたツラをしておりました。
で、もうあまりの痛々しい様子を見かねて聞いてみたわけです。

「どうしたん?」と。

いや、だいたい彼がそういうツラする時はカップルのことなんです。
それは重々わかってたんですけど、あまりに痛々しいんですよ。

で、彼が言うところには、
カップル共にも一応はプライバシーの権利というもんがありますので
詳しい描写は省きますけれども、なんかとても取るに足らないこと、
「アンタこんなことでそんなに怒るの?」みたいな事で
彼女がえらい怒ってしまったと、そういうことらしいんですよ。

でまあA君が彼女に電話してみるもあんまり返答が思わしくなく、
よりいっそう死んだ魚の目をしたA君が誕生したりしてました。

で、結局それ以降も彼女と話したりはしてましたが、
そんなに色よい結果にはならなかったらしくて、
えらいA君が沈んでました。

ふだんからカップル死ね死ね言うてるわたしですが、
別に彼らに対して破局してほしいと思う訳ではないですし、
そういう最悪の結果にはならないで欲しいなと、そう思いました。
失恋なんてしんどいだけのことをして、トラウマ抱えたりするのはつまらないですし。

まあ多分ほっといたらすぐに元のさやに戻るとは思いますけど……。

ま、カップルにはカップルなりの苦労があるんだねと、今日はそういう話でした。

ほんとにどうでもいいことですが

食べ物は腐る寸前がおいしいと一般的に言われるではないですか。
では、飲み物はどうなんだろう?
腐汁になる寸前の果汁ジュースとか、おいしいのか否か。
今ジュースを飲んでてふと思いました。
今日は時間がないので、かなり短い日記です。

自由と義務

今日は一日の大半をレポート書きに費やしておりました。
やっぱしやりたいこととか書きたい絵とか、
いろいろあるんですけどレポートも来週までにやんなきゃならないんですよ。
で、やっぱりいつでも書ける絵より今やんなきゃならないことってことで、
いやいやながらレポート書いてたんですけど、
あれですね。世の中やっぱり好きなことだけやって
生きていくわけにはいかないですね。身をもって感じました。

で、今日はゴブ子が朝から親戚と一緒に出かけてたんですけど、
親父と一緒に帰ってきたときにものすごいものを持ってました。

いや、なんかね、炊飯器とビデオデッキ持ってるんですよ。

その二つは前々から壊れてたので、買ったのかな?と思いました。
べつにそれだけだったら、特にびっくりはしないんです。

なんとね、それを親戚んちからもらって帰ってきたとのことなんですよ。

で、わたしとしても親戚の家からって言われても
そうすぐに納得できるものじゃないので、
やっぱり「どうしたん!?」って聞くわけです。
そしたら、「自分が口ぞえした」って………。
どういう交渉スキルを使ったんですか。
あれですか、ゴブリントークってやつですか。
もうかなりびっくりしました。

・・・……レポートに半日を費やしたにもかかわらず、
なんだかあんまり進んでいないのが悲しいところです。

で、今携帯を見たら友達からだいぶたくさん連絡が入ってました。
気付かなくてごめんなさい。

日本の冬、こたつの冬

今日も今日とて犬の散歩にいってまいりました。
もう最近あさが寒くて寒くて、「上野クリニック(でしたっけ?)」の
広告の人みたいになりながら毎朝向かってるんですけど、

こないだ久しぶりにニワトリの鳴き声を聞きました。
空が白み始めてる頃に聞くニワトリの鳴き声というのはもう、なんていいますか、
すごく風流なものがありますね。

犬を連れていなければもっといいものなのでしょうけれど………。

なんかね、「これが日の本の夜明けぜよ!!」とか坂本竜馬ばりに心の中で叫んでました。
さすがニワトリ、「時告げ鳥」の名前は伊達ではないなあ、と。

あと、全然関係ないんですけど、
最近の歌謡曲の歌詞って、昔の歌謡曲の歌詞より
「歌詞の中で人が死んでる率」といいますか、「死んでる人が出てくる率」といいますか、
そういうものが低くないですか?
低いからいけないとかではないですけど、
これも時代の移り変わりというものなんでしょうか。
なんかそういうものをふと感じました。

ジャリー・ポッターと続かない会話

日記を毎日書くのはなかなかに難しいと、
ネタがない日はやっぱり書けないなと、
そういうことを実感しております、こんばんわ。

今日は、主にカップルについての話題など。

わたしの周りにはカップルが2組おりまして、
そのうちの一組の男の方、A君というんですけど、
わたしとその男は取っている授業がほとんど同じなんです。
で、座っている席が先生と近かったので、
しゃべっているとほぼ間違いなく注意されそう。
そう思ったのでしょう、A君が「筆談しよう」と持ちかけてきました。

で、筆談をすることになって、とりあえずA君がそのとき
絵を描いていたんですけど、その絵の人物の髪が妙にカールしてまして、
昔ながらの少女漫画の人物みたいになってたんですよ。

で、「君の絵の人の髪が少女漫画チックな匂いがする」と書きました。

最悪。と帰ってきて(しかも太字かつ大きい文字で)、

それきり筆談は終わってしまいました。

わずか、二言で。

いんやー、悲してば……………

で、そのあとサークルの部室にちょっと寄って、さあ帰ろうとバスを待ってたら、
A君がね、自分が飲んだ後のストローの入ったレモンティーを
彼女に渡して飲ませておりました。

かかか間接キス。

そりゃあカップルからしたら当たり前の行為なのかもとは思うのですが、
わたし、今日ほど自分が釘バットを持ってなかったことを
神様に感謝した日はないかもしれません。
まあ持ってて感謝するシチュエーションというのもそんなないとは思うんですけど。

で、わたしはカップルに対して溜飲を下げるために往々にして
下ネタをカップルの男に向けて放つんですけど、
そんなこととは露知らないA君が
「君の下ネタは聞くにたえない、殴りたくなる」とか言うわけです。
下ネタが癒し、カップルに荒んだ心への癒し、
そんなわたしですからA君なんぞのその言葉には聞く耳を持たないわけですが、
もしかしたらここを見てくださっている方にも不快に思われる方がおられるかもしれません。

もしそんな人がいたら、本当にごめんなさい。
あと、自分がカップルだって人もきっと気分が悪かろうと思います
(もしかしたら単なる嘲笑の対象として映ってるかもですが)。
そういう人もホント、ごめんなさい。

今の男のかっこよさってなんだろう

皆様おはようございます。河原です。
昨日テレビを見てたら、ホストに関する番組がやってました。
もしかしたら、見られたかたがいられるかもしれません。
若干二十歳の天才ホスト「優河」とかいう男性が主役(?)でした。
ドキュメンタリーですけど。

その中で、「ありがとうございます、にゃん☆」みたいな事を
その優河氏が後輩に指導するためにやってらして、
なんか怖気を振るったのですけど、

「にゃん」て。

お、お、お前ーっ!!

妹に「これはないだろ」みたいに話しかけたら、
「女はこういうので喜ぶんやん」と、あっさり。

ま、まじで?

いつぞや、アニメ評論のサイトを教えてもらって見たときに、
ある曲の批評の中に「女性に受ける男像というのは、
可愛くやんちゃで、女性の手のひらの中に収まる存在なのだ」
みたいな事が書いてあったのですが、
その言葉がまざまざと脳裏に浮かびました。

ある意味、ホストクラブとメイド喫茶って似てるよね。

で、また昨日の話でアレですが、
友達が「ニュースで秋葉原にいるオタクさんたちのことを
『オタク族』ってよんでた」という話をしてくれました。

オタク族……オタク・クラン?

言い換えても意味変わらないわけですが、
「オタク族」って。
「オレたちひょうきん族」とか「竹の子族」とかじゃないんだから……
しかもそんな言葉、誰も使ってねぇし。
この言葉を考えた人は、もしかしたらけっこうお年を召したかたなのかも知れん、と
寒さにこごえる頭でうっすらと思いました。

幻っちゃあ幻だけども

昨日書こうと思って忘れてたんですけど、
わたしは昨日、学校から1時間かけて歩いて帰ってました。
で、その途中、駅がだんだん近くなってきたところで、
ちょっと個人商店とかが並んでる通りがあるんですね。

で、その中に一つ、酒屋さんがあったんですけど、
その店のドアに張り紙がしてありました。

「幻のソースしょうゆう入荷しました」

ソ・・・・・・・・・ソースしょうゆう?

まず第一に「しょうゆう」て。小学生じゃないんだから。
そして第二に「幻の」。
今時そんなふれこみで誰が食いつくのか。
しかも幻の何なのかというとソースしょうゆ。

………なんだか、ソースしょうゆの使い道が思いつかないんですけど。
刺身につけるにも微妙、お好み焼きにつけるにも激しく微妙、
コロッケにも………微妙じゃないのかなぁ。
なんだかいろいろ突っ込みたくなる商品ではありました。

で、今日は郵便局のバイトの説明会に行ってまいりました。
そこでいろいろ話を聞いたんですが、
郵便局には郵便物に対する「守秘義務」があるようです。
気をつけねばならないと思いました。

で、そのときに研修用のビデオを見たんですが、
守秘義務に触れないようにかいつまんでお話いたしますと、
最初、なぜかカップルの別れのシーンから始まって
「今日、一人の男が失恋した。二人を結びつけるはずの手紙を、
キューピッド(郵便局員の比喩)が捨ててしまい、
そこから生じた行き違いが原因で、一つの愛が壊れてしまった」
ってなナレーションが入るんです。

でもね、カップルの別れはほとんどの人に対して、
そんなに「郵便物を捨てないようにしよう」って意識を育てるのには
役立たない気がするんですよ。

どっちかっていうと、こういうほうがいい気がします。

(学校の爆発シーン)
「今日、一つの学校が爆発した。爆弾魔の登場を知らせるはずの手紙を、
エージェント(郵便局員の比喩)が捨ててしまい、
野放しになっていた爆弾魔の犯行が原因で、一つの学校が壊れてしまった」
みたいな?
………………ギャグにしかならんね。

あと、「セクハラはやめよう」みたいなことも説明されたのですが、
それによると「セクハラ」の定義って、「された側が不快に感じるかどうか」が、
その分かれ目らしいですね。

ってことはですよ、レオナルド・ディカプリオが
見知らぬ女性にキスをしてもセクハラではないけど、
アキバ系のどぎついオタクさんが女性の手を握るとそれはセクハラ、
なんてそういう自体が出来しないとも限らないわけです。

馬鹿野郎っ!!

それってある種の差別にもつながる気が………
というか人権、平等権はどこに行ったの?と思うのはわたしだけでしょうか。

なかなかタイトル考えるのむずかしいね

どっからともなくとがった石が時速160キロぐらいで飛んできて、
カップルの後頭部に直撃したりしてくんねえかなあ、と
カップルを見るたびにそういうこっけいなことばかり思う河原です、
皆様こんばんわ。

何がこっけいって、「万が一にでも恋人ができたときの自分」が
想像するだに一番こっけいなんですが。
こんだけカップル死ね死ね言うといてからに………ねぇ。
まぁどうせ成就はしないでしょうけど。

朝に散歩していていっつも通る道があるんですけど、
そこがやたらと犬の散歩している人が多い道なんですよ。
もう、ここは犬の散歩のメッカか何かか?ってくらい。
犬の散歩版チャンピオンロードかと思うくらい
人の多い道なんですよ。

ブリーダー「いままで そだてた ダックスフント 
      ちょっと たたかわせて みよう!」

じゃりすけ「ちょっwwおまっww」

ブリーダーは ダックスフントを くりだした!!

じゃりすけは いぬを いっぴきも つれていない!!(散歩終了後のため)

じゃりすけは めのまえが くらくなった……


………みたいな幻想が浮かびそうになりました。

で、今日はサークルの先輩といろいろ話したのですが、
その中でお友達の「画風」について話したんですよ。
で、わたしにも話が及んだんですけど、
「河原君の絵を究極まで突き詰めると萌え系にいくと思う」と言われました。

アタイが…………萌え系……………?

今まで言われたこともありませんですし、
考えたことさえもございません。

でもまあ言われてみると思い当たる節はありますし、
それはそれですごく貴重な意見でした。

そういやですね、まったく関係ないですけどね、
ポテトチップを一袋食べる行為ってあるじゃないですか。
で、健康に悪いからやめろってよく言われるじゃないですか。
塩分の取りすぎとかで。

でも、友達に言われて気付いたんですけど、
ラーメンのスープを飲む行為も相当に塩分とりまくる行為ですよね。
これは由々しき問題ですよ、「ラーメンのスープ飲む派」の皆様。
かく言うわたしも「ラーメンはスープが命」とか思ってるような人間でして、
やっぱしスープを飲むのはやめられないんだろうなぁ…………。
と、おもう今日この頃でありました。

なくなってました

今日は「えろたん」のネタを書こうと思って、
加古川に「えろたん」を立ち読みすべくいってまいりました。

探すこと、約5分。

あれっ…………?

あれへんねんけど。

そっ、そんな!!
アタイのこと待っててくれるっていったじゃない!!(本が言うわけがありません)
おのれ店員め!!アタイのえろたんをどこにやった!!
えろたんを出さんかい!!
え~~ろ~~た~~ん~~!!
………と、まるでエロスに飢えた思春期まっただ中の中学生の如く
えろたんを捜し求め、近くの本屋をのぞいてみたりしたものの、
えろたんは見つからず、きっと誰かが買っていったに違いない、
そういう結論に落ち着くにいたりました。

えろたんの中身についてのネタがかけないのが非常に残念です、個人的に。

寿司をくらう

皆様こんばんわ、河原です。
今日はコギャル達の最近の言語について、
サークルで話をしてました。

なんでも、KIってのがあって、
「カラオケ行こう」の略なんだそうですね。
そんぐらい口で言えよ。

で、ほかにもなんだかいろいろあったんですが、
その中で「IT」って言葉がありました。
なんの略かは未だにわからないんですけど、
それが何の略かを考えるときに
「インポ・テンツ」だとか「インキン・タムシ」だとか、
そういうワードしか出ない自分は人としてどうなん?と半ば本気で思いました。

今日は少し短いですけど、この辺で。

最近のはまり物

どうも、河原です。
ちょっと前に最近朝が暗いと書きましたが、
寒さのほうもね………

もう、今日は容赦なく寒かった。
もうホント、冬の訪れを身をもって知りました……

でも、最近は朝の楽しみができた分、起きる苦痛も減りました。
その楽しみというのが、アニメ「怪傑ゾロ」。
いつも帰ってくる時間が放映開始時間ぎりぎりなので、
なるべく急いで帰るようにしてるんですけど、
なかなかしんどいものがあります。

それはそれとして、ほんと最近、昔のアニメを見ると面白い。
絵の古さになんだか癒しを感じます。
それと、あと、主題歌。
最近アニソンのほとんどが女性の歌、
男性の声といったらJAM PROJECT、みたいな昨今において、
男性の声でハードロックではない曲を歌われると、
それがまた癒されるというかなんというか………
最近どうも自分の中で回帰主義が台頭してるのかもしれません。

かなり普通の日の日記

人って、ギャップに弱い生き物です。
いつもつっぱってたあいつが、雨の中捨て犬にえさをやっていた。

ドキッ。

いつもクラスの人気者なあいつが、万引きをやっていた。

ドキッ。(なんか違う意味で)

わたしの場合のギャップ。
わたしの友達のA君(仮名)は、けっこう自分が恥ずかしいことをしない、といいますか、
あまり自分の恥ずかしい部分を外に出さない人間なんですけど、
あるときわたしは携帯にA君からのメールが来ているのを発見しました。
その文面は、
>>うぉとぉ~さぁ~ん!!うぉかぁ~さ~ん!!うぉじぃ~ちゃ~ん!!
うぉばぁ~ちゃぁ~ん!!きゃっ!!痴漢だ!!ぴっぴっぴ!!

でした。
なんだか、ぶっ壊れてます。
もしかして、彼女に送ってるのか?
つか彼女の前ではそういうキャラなのか?
とか、いろいろ考えてしまいました。
ギャップはギャップでも、こんな恥ずかしいギャップ、望んでないから……!!

まあ後に聞いた話によると、彼の「痴漢に間違われた友達」に
送るものだったそうですが。

今日わたしは学校の帰りに西明石に行ってまいりました。
そのときにちょっとトイレに行ってきたんですけど、
なんかね、トイレットペーパーの上のとこに、スペアのペーパーが入ってて、
なくなったときには「レバーをおろしてください」って書いてあって、
おろすとそこにストックされてるペーパーが落ちてくるんですけど、
その下に「ペーパーがあるときは、レバーは下りません」てかいてあるんです。

そこで「ホントかな……?」という心が芽生えたわたしは、
ペーパーがまだかなりあるにもかかわらず、
「どうせ下りないだろう」と思いながらレバーを下におろしました。

果たして、レバーは下りました。
で、落ちてきたペーパーの圧力で、もともとついてたペーパーも回らなくなりました。
わたしはもうそのときはペーパー使った後だったので、
わたし的には特に問題なかったんですけど、
駅からしたらタチの悪いいやがらせ以外の何者でもないと思われます。
駅の人、ホントいらんことしいでごめんなさい。

で、その後ローソンに行って「ビーフシチューパン」っていうのを
食べたのですが、非常においしかった。
スパゲティミートソースのソースの部分が好きな人、非常におすすめです。

あと、ガンダムSEEDのアーケードゲームを今日初めてやりました。
かなり今さら感の漂う話ですか。
うん、かなり面白かったです。
ソードストライクにイザーク(傷アリ)をのせるという
微妙なことをしておりました。

こういう歌が大好きです

も~~え~~も~~え~~!!

いえね、別に「もういい」といいたかったわけでもなく、
さりとてまた何か「萌え」の話をしたいのかというとそうでもなく、
今日は「燃え」。

昨日「年代ごとのアニソンに関する感想と考察」見たいのが
書いてあるサイトを教えてもらったので行ってみました。
いろいろ面白い感想とか書いてあったんですが、
そのなかでひときわ目を引いたのが、「炎の転校生」。

確かアニメのタイトルも主題歌のタイトルも「炎の転校生」で
あっていたと思いますが、島本和彦氏の漫画が原作らしいです。
というのもわたしはこのアニメも漫画も見たことはございませんが、
歌だけは一度だけ聴いたことがありまして。
そのときに感じたものすごいときめき的なものが
その歌に関する記事を見たときによみがえってまいりました。

見れば、普通に関俊彦(確か)が歌ってらっしゃるバージョンと、
島本和彦氏が歌ってらっしゃる「島本和彦バージョン」というのがあるんだとか。

作者本人が!?

熱い………熱すぎるぜ…………!

氏の漫画「吼えろペン」の主人公、炎尾燃ぐらいには熱いかと思われます。
いまだかつて、原作漫画の作者が主題歌を作詞したことはあっても、
その歌を歌ったなんてこと、あったかしら?

すくなくともタイアップばっかしのいまのアニメでは考えられないことです。
でもホント聞いてみてえ………

昨日ツタヤで一泊でCD借りたので、今日返しに行くついでに
探して来ようかと思います。

考えてみたら、でもろくなこと考えてないけど

最近、朝は暗い。
「ちょっと調子こいてんじゃねえの?」っていいたくなるほど
朝が暗い。しかも、毎日毎日一日ごとに目に見えて暗くなっていく。
犬の散歩を真っ暗な中やらにゃならんと思うだけで気が滅入るんですが………。

まあそんなことはどうでもいいのよね。(何故に女言葉)
わたしなりに今日はいろいろ考えることがある日でした。
まず最初に、今日ツタヤにいったんですよ、お友達と。
そこで「ナイトメアビフォアクリスマス」のビデオを発見したんですが、
あの作品って、アニメじゃなかったのね………。

人形劇というか、クレイアニメ?というか、
なんかミュージカル志向なものらしいです。
知らんかった……………。

あの作品、最初に知ったのは古本屋で漫画版を読んだときなんですが、
もうね、なんていうかね、つぎはぎ人形サリー、萌え。
さいきんやたら萌えという単語を使ってる気がしますが、
なんか萌え。

外見はちょっと個人的にアレですけど、内面的に萌え。
でまあそうなってくると贔屓目というか、
追随して外見もかわいく見えてくるもんなんですが。

最初にわたしが「萌え」を感じたのは
「ガンハザード」というゲームのブレンダというヒロインなんですけど、
なんかそのブレンダにもサリーの系統と通じるものがある気がします。
一途で行動力のある女性というのに弱いのでしょうか、わたしゃ。
そう考えてみると、確かに自分であんまり行動しない
お姫様的なヒロインにはわたしはあんまり魅力を感じられません。

あと、どうもわたしには懐古趣味的なところもあるらしく、
どうも今のギャルゲー顔のヒロインよりは
多少泥臭くとも昔の(それこそ80年代とか、世界名作劇場とかの)
よく言えば素朴な、悪く言えばしょぼい、
そんなアニメのヒロインの顔が好きだということになんか気付きました。


で、今回絵をアップしてみました。
探偵の男の子(画面左下)と、頭の切れるそのパートナー(中央右寄り)。
女の子の役どころはまた書いたときにでも。
以前日記で言ってた「大正時代の人物にサークルの面々をたとえると
どうなるか」というのを書いてみた絵なんですが、
さすがに肖像権とかいろいろありますので、
役柄をあてはめられた方には似せておらず、
わたしがそういう役柄に受けたイメージによるオリジナル画となっております。
実はでかく書かれてる男の子の後ろにいる少年が物語の主人公だったりしますが、
まず主人公のパートナー(前のほうの子)を描いてみよう、と思ってたのでこんなんに。
かわいそうに…………

大正浪漫はかなり好きな題材なので、すごいノリノリで書いてました。
見にくくてごめんなさい。大正浪漫

灰色物思い

今朝ニュースを見て、ゴブ子(妹)がこういった。
「何のために国会議員になんかなるん」と。
「金のためか?」とも。
さすがにそれは極論かもしれないと思う。
でも、今の日本には明らかに明治時代にいたような
国のために自分が立ち上がる、といういわゆる「憂国の士」が
少ないと思う。いるかどうかも定かでない。

マスメディアがそういう印象を持つように
仕向けているのかも知れないけど、
わたしみたいな単純な人間はそれだけで政治不信が
高まってしまうのですよ。
とりあえず国民の血税を横領して贅沢したり
私費を仕事の経費で落とすような奴は死んでくれとさえ思う。
少なくとも昔の日本なら殺されててもおかしくない。

………わたしの住んでいる市でもそういう横領事件があった、と
市報に書いてありまして、ふとこんなことを思いました。
公務員、キライ。
ゆーて「公務員大好き!!公務員ハァハァ」って人も
そんなにいないんじゃなかろうかと思いますが。

で、まあ関係ないんですけど、
今朝7時から30分までやってる「怪傑ゾロ」ってなアニメがあります。
その前にやってた「シンデレラ」もそうなんですが、
かなり昔のアニメだと思うんですよ。絵柄的に。
でもね、面白いよ。
ヒロインの「ロリタ」(普通に年頃の女性です)、いいね。
オラ、萌えたよ。萌えつきちまったよ。
デコかなり広いよ。(いらない付け足し)
舞台がアメリカ植民地時代なのに
主人公が変身するのには度肝を抜かれましたが。
古い系のアニメも好き、って人にはおすすめしたいです。

ちょっ……おまっ……。

河原砂利助の日記が読めるのはこのサイトだけ!!(そりゃそうですよ)

………びっくりしました。
なにがびっくりしたかといいますと、
今日ちょっと本屋に行ってきたんですよ。
そのときに、「えろたん」なる本が。
「エロスな単語を、エロスな短編に」なる売り文句で。
「わたしにいろいろ教えてね、お兄ちゃん」みてえことを
帯に書いてあった少女が言うておりましたがな。

見つけたときに「ぶへぇっ」てなった本は、
これをのぞくと人生で1,2冊しかないと思います、たぶん。

いやね、わたしも「もえたん」は知ってましたよ。
読んだことないけど。
「君が合格するまで、ずっとそばにいるよ」とかいう
ガールズ向けなのかBLなのかよくわからない単語集も
本屋で昔見かけたことがあります。

でもなぁ……『えろたん』て………
エロス化の波もここまできたかと。

ていうか、なんで幼女やねん。
ここで妙齢の美女とか登場させてくれたら
心の中で購入をひそかに考えたかも知れないのにッ!!
………どうでもいいですね。

あと、『黒いラブレター』ってな漫画を
最近集めようとしてるんですが、
今日行ったとこじゃ1巻しか売ってなかった……!!
1巻は持ってるんだよ!!どうしてどこにも二巻以降が売ってない!!
ほんと…………

まぁ、あってもお金がなくて買えないのが実情ですが……(泣)

だいぶイントゥザブルー

どうも、河原です。(決まり文句?)
今日も今日とて犬の散歩に行ってたわけですけど、
その道中にショッキングな光景と出くわしました。

見知らぬオッサンの、早朝ワンマン放尿ショー。

いや、ゆーたらただの立ちションなんですけど、
犬のそういうシーンなら犬の散歩というバイト上、
腐るほど見るんでいいんですよ。

ただ、人間のそういうシーンはね………

そんなに見る機会ってないじゃないですか。
それに、わたしにはそういう趣味はございません。
もう泣きそうになりました。
オッサンには失礼ですけど、ちょっと吐きそうにもなりました。

もう気分はすごくブルー、
ブルーレットおくだけで作り出した水もかくやというほどにブルー、
そんな気分で犬の散歩を遂行してまいりました。

…………ごらんのように、ブログに乗り換えてみました。
今の日記の過去ログは近いうちに削除する予定です。
これからもよろしくお願いします。

プロフィールですよ

河原砂利助

Author:河原砂利助
性別……雄野郎
年齢……31
太った熟女やロリやケモ絵を描くのが好きなアレです。
ご意見ご感想などありましたらおきがるにどうぞ。

メールアドレス
king_of_sukeroku☆yahoo.co.jp
(☆を@に変換)

最近の記事ですよ
pixivやっています

ひと月ごとに見る
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
喪ブロゴです

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。