ロミオ×ジュリエット×死=悲劇

『おお、ロミオ、どうしてあなたはそんななの?』

ひっさびさの感想(っていうか紹介?)日記です。

今日学校で「ロミオとジュリエット」、現代のオタク風に言い直すと
「ロミ×ジュリ」を途中まで見ましたので(何故言い直す)、
アタイのバッタ並みの脳が忘れてしまわぬうちに感想など。

今日みたところはロミオがジュリエットんちのパーティーで
ジュリエットに初めて会うところからだいたい始まっていたのですが、
ロミオがジュリエットを見た瞬間「光もかすむ美しさだ」とかのたまいます。
このあたり、豊富な語彙が我々を楽しませてくれ、
「さすがシェイクスピアだ」となるところなのですが、
なんていうかですね、文で読むならまだしも、
映像でロミオ(以下イケメン)が真顔でそうゆうことを
おっしゃるので、ちょっと吹いてしまいそうになります。

ちょっとずつちょっとずつジュリエットに近づいていき、
その手を握るイケメン。
なんやかんやと甘い言葉を真顔で並べ立て、
ジュリエットのことを「聖女」とかなんとか持ち上げて、
ついに(というかもはや、というか)キッス。熱いキッス。情熱的なキッス。

ジュリエットの野郎も(女ですが)「聖女はほだされないわ」
とかなんとかぬかしてやがったくせにキッス。自分からもキッス。
もうね、なんていうかね、うん。

っていうかですね、この映画ですね、
キスの回数と濃厚さが尋常じゃなくてですね、
もうAV男優と女優もかくや、と言わんばかりの勢いでキスしまくるわけですよ。
自分も彼女がいる友人A君とかはなんかうっとりして見てましたけどね、
正直アタイには目の毒でした。目から心の汗が出るかと思った。
まあそれはいいんですけどね。

で、パーティーも終わり、別れのときが来て、
イケメンとジュリエットにも別れのときが訪れます。
で、なんか知りませんが、帰るのが嫌になったのか、
それともジュリエットがイケメンの家「モンタギュー家」の宿敵、
「キャピュレット家」の娘であることがそんなにショックなのか、
自分を探している友達マキューシオ(ともう一人)を放置して
塀を飛び越えて物思いにふけっておりますと、
不意にイケメンが光の筋を発見、何事かと思って
隠れながらそこを見るイケメンの前に、寝巻き姿のジュリエットが。
で、ここからジュリエット(イケメンの存在には気付いてない)が
イケメンに対する思いを一人でくっちゃべっていたり、
それを聞いたイケメンが「辛抱たまらんでゴワス!!」といわんばかりに
ジュリエットの前に乱入したり、イケメンとジュリエットが
もうなんかその場でファックでも始めかねんほどの熱いキスの嵐を始めたり
色々あったんですけれど、正直ね、そんなの目に入らなかった。

いやね、ジュリエットの乳がですね、おかしいんですよ。

「パパ、これはシリコンだ!!」みたいなおかしさじゃないんですが、
ドレス姿のときよりもあからさまに肥大化してるんですよ。
で、舞台設定が夏と言うことでけっこう胸元の開いた服を
ジュリエットが着てまして、もうねえ、なんていうかね、
服から乳がはみ出さんばかりだったわけです。

もうね、正直に言おう。気が気じゃなかった。
もうジュリエットとイケメンの恋愛模様なんざァどうでもいい、
ハナからそんなもんに興味なかったけど輪をかけてどうでもいい、
乳さえあれば何にもいらん、乳でご飯3杯はいける、そんな気分になりました。
後半なんかおかしくなってますが、まさにそんな感じ。

でもまあ楽しい時間(アタイにもイケメンにも)と言うのはすぐに過ぎるもんで、
朝が来ましてジュリエットの乳母が執拗に呼ぶもんですから
ジュリエットも行かねばならず、イケメンも帰らねばならず、
ひとまずいったん帰ろう、結婚するんなら使いのモンよこすんで伝言夜露死苦、
そういうノリになって二人はそれぞれの家に帰りました。
ちなみに帰り際にもまた熱烈なキッス。

お前ら いいかげんにしろ

で、翌日。

ジュリエットとのことを知らないまでも
「イケメンが恋煩いで腑抜けになった」ということを知っている
イケメンの友人マキューシオが、キャピュレット家の領地で
わざと挑発的な行動を取り(真意はわかりませんでしたが)、
ジュリエットのいとこでキャピュレットの若者たちのリーダー格、
ティボルト(以下準イケメン)を挑発しています。

一方、そのころ。

使いに「結婚式挙げちゅうけん午後に告解に来いや」との
ジュリエットへの伝言をたくしたイケメン。
そして待つこと数時間。ジュリエットが地味な(変装用?)
衣装で教会にやってきました。

早速駆け寄り唇を伸ばしますが、
神父様に抑えられ断念、かと思いきや神父様をかわして
ジュリエットにキスしに行く始末。

これが………………若さなんですか……………
キスに狂ったこの浅ましいイケメンの姿が、若さなんですか………?
ボケが、テメエはキミキスでもやってろ、とか思うのですが、
とりあえず何はなくとも結婚、と言う勢いで式が執り行われ、
晴れて二人は夫婦になりました。

そして腑抜け切った顔でジュリエットとお別れし(この辺うろ覚え)、
教会の外に出てきたイケメンが見たものは、準イケメンと対立する
マキューシオの姿。

ここで準イケメンが「本命がきた」といってイケメンとの対決姿勢を
取るのですが、ジュリエットと結婚して舞い上がりきっている
イケメンですし、ジュリエットの家であるキャピュレットの人間である
準イケメンと事を構えるわけにも行かんと判断したのでしょう、
「キャピュレット?慕わしい名だ」とか何とか言うて、
準イケメンもびっくり、ぽかんした面をさせました。

でまあ何を言っても無駄だと判断したのか、準イケメンは
侮辱の対象をマキューシオに変更、それに逆上したマキューシオが
準イケメンと決闘、結局イケメンがいらん事して止めに入った結果、
そのひょうしにマキューシオは準イケメンの剣にかかって死んでしまいます。

そしてイケメン逆上。超サイヤ人として覚醒しかねんくらいに逆上。
自分がいらん事したせいであるにもかかわらず逆上。
「準イケメン(ティボルト)ーーーーーー!!」と叫んで
走り出し、既に逃げていた準イケメンに追いついて決闘を始めます。

イケメン「彼の魂がまだ上でお前の魂を待っている。
     道連れはお前か、おれか、それとも両方か!!」
準イケメン「相棒だったんだ、お前が行ってやれ」

みたいなかなりかっこいい台詞を言って、決闘が始まります。
準イケメンの腕はたいしたもので、
そしてイケメンのほうが腑抜けていたこともあってか
終始イケメンの劣勢で決闘は進んでいきます。
そしてお互い剣を落としての殴り合いの果て、
再び剣を取って襲い掛かってきた準イケメン。
イケメンも負けてはおらず、味方からイケメンソードを受け取って
準イケメンへと突き出します。

………………しょせん準イケメンはイケメンには勝てないと言うことなのか、
それともイケメンの主人公補正のせいで負けたのか、
そこは諸説別れるところだと思いますが、
とにかく準イケメンは死に、イケメンは逃げ、
裁判官的存在によって国外追放の刑に処されてしまい、
いとこである準イケメンを失ったジュリエットは
夫への愛といとこの死の悲しみに泣き伏す、と言うところで
今回の上映は終わってしまいました。

余談ですが準イケメンを殺したとき、イケメンが
「なんという運命だ」とかいって嘆くシーンがあったのですが、
よく考えると、マキューシオが死んだのもイケメンがいらんことしたせいなら
準イケメンをイケメンソードで葬ったのもイケメン。
全部こいつが悪いわけです。ツッコミどころが満載です。運命とかじゃねえよ。

総評 ジュリエットの乳がよかったです
(最悪な感想)。

とりあえずマキューシオが活躍し始めた後半は面白かったです。
逆に言うとバカップルの逢引きシーンはホント
ジュリエットの乳以外見るとこなかった、といっても過言でないくらい。
ここから物語がどう展開していくのか、
来週の授業が楽しみでございます。

づはみなさま、また。

追記

あれ?そういえば今朝(ロミ×ジュリ見る前)にも
「初恋」やら「キス」やらいうワードが。

なんという運命だ!!

(うまいこと言った、みたいな不快になる顔で)
スポンサーサイト

アレルギーと私

甘いものって言うのは虫歯の元。
砂糖ばっか喰らってると虫歯になる。(その前に糖尿病になりそうですが)
これは世界の共通認識だと思うのですが、
酸というのも歯を溶かす元であると聞いたことがあります。

と、いうことは、よ?

甘酸っぱいものって言うのは
もっとも虫歯の原因になる要素なのではないでしょうか。
もう初恋の味とかキスの味とかオメーら脳ミソゆだってんじゃね?みてえなこと
言ってる場合じゃないですよ。

でも逆に初恋の味=甘酸っぱい=虫歯の元、と言う方程式ができるわけで。
これを解いたら初恋=虫歯の元、と言うことも可能になるわけで。
バカなことを思いつくもんだよ、と自分でも書いてて思いますが、
まあわずらわしくめんどくさいって点では言いえて妙なのかもね。

いえね、今日散歩先でレモン味のチューイングキャンディーを
もらって帰ってきたのですが、
こういうのってものすごく甘くてものすごく酸っぱいのです。
なんていうのか、無理やり甘さと酸っぱさ、両方を確立しようとしてるので
甘さも酸っぱさもものすごいきついんです。
で、アタイは過剰に辛いものとか酸っぱいものを食べると
顔だけに大量に変な汗をかくと言う微妙なアレルギー体質なんですね。
普通の人はこういう酸っぱそうな菓子とかを見ると
唾液を分泌するのでしょうけれど、
アタイの場合それに加えて、こういう菓子をみて味を想像しただけで
汗をかきそうになります。

まあ症状ったってそんだけなんで気にせず一気に全部食べてみたのですが、

…………なるほど、これが初恋の味か。

正直味わかんね。
あまりに味がきつすぎるせいでしょうか。
ただ汗ばかりかいております。
っていうか食べてから一時間ほど経つ今でも断続的に汗をかく羽目になるとは
まったく予想すらしませんでした。

ヤヴァいなこれ………………(自業自得)

Life is beautiful

なんか数日前にももしかして同名の日記を書いた?
と言う疑惑もありますが、なにせ記憶力がバッタ並みに悪いので、
そんなこともあるのかもしれません。
まあ気にせずにいきます。

しかし日中は日記に色々書こうと思うのに
いざ書く段になると全てを忘れるのはどういうことか。
自分の頭をぶち割って脳ミソを引き出してやりたい。

それはいいのですが、今日人と色々話をしてて思ったのですよ。
まだ20そこそこのガキがこういうことを偉そげに語るのは
いかがなもんかと思うのですが、
人生の楽しみ方?みたいなものについて。

正直、ほんの少しのことを楽しめれば人生って
すごく楽しく生きていけるものなのではないかなあと思う。
料理にかける調味料を変えてみるとか、
(焼きそばにタルタルソースかけてみるとか)
ケーキを箸で食べてみるとか、そういう感じのことでも
十分なきっかけになるかもしれない。
と、普段から思って生きているわけなのですが、
ふと思っただけのことをさもこれが人生の心理だ、みたいに語るのも
正直恥ずかしいところがあるのでこれでやめておきます。
ふと思っただけなんです、出来心なんです(使い方違う?)。


恥ずかしいモノ

けっこう前に「エロにストーリーは必要なんだろうか?」と
日記で書きまして、それに対して
「ズバリ必要ですな!ストーリーがあるだけで興奮度三割り増はカタイ!!」
と温かいにも程がある(感謝の言葉です)コメントをいただいたので、
(絵にストーリー性を持たせるということなのか
ショートなストーリーを書くということなのかがよくわからなかったので、
勝手に後者と規定して)
昨日………ね………………
夜中の1時くらいまでずっとエロ文と格闘するという
痛いことをしておりました。

で、ですよ。
皆様、夜に手紙書いたらいかんって聞いたことありません?
なんか眠気がそうさせるのか、それとも夜の静けさがそうさせるのかは
わかりませんけれど、なんていうか、
文章がものすんごい恥ずかしいものになるんですってよ。

こういう文章を持ち出した時点でオチが読める気もしないでもないですが、
そうなのです、夜に眠気と戦いながら必死こいて書いたエロ文、
例に漏れず朝見返してみたらものすごい恥ずかしかったのですよ。
僕が殺したいのは僕でない僕、みたいな
ちょっとヴィジュアル系入った言葉を吐いてしまいたくなるくらい
モロに恥ずかしかった。
もうなんていうかマジ死ねる。きみのためなら死ねる(違う)。
赤ちゃんはどこからくるの?(さらに違う)

さて、これをどうしたものか、自分の中の羞恥心と相談してみようと思います。
とりあえず封印する方向性で……。
アタイ文才ないし、セリフもろくに書かれませんしね。

あと、久々にババアゾーンのDVDを見たんですけど、
おんもしろいなあやっぱし。
珍八先生とかホントに好きです。

と言うことで、沈黙の海で無限の後悔を抱えながら(ヴィジュ風言い回し)
みなさま、おやすみなさいまし。よい明日を。

追記

同名日記なかった…………よかった。

タンバリンは犯すものじゃない

そんなことしていいのはヨハネ・クラウザー2世様だけだ、と
小ネタをはさみつつ皆様こんばんわ。

エロ冊子じゃあー!!

いきなり気が狂ったかと思われる向きもあるかもしれませんが、

エロ冊子じゃあー!!

決してそういう事実はなくって

エロ冊子じゃあー!!

うん、これ以上やるとホントにおかしい人みたいなのでやめておきますが、
サークルでエロ冊子をついに作ったわけなのですよ。
前回の製作からやく一年半ぶりのことでした。
もうね、皆様ね、お疲れ様でした&グッジョブ。
人それぞれのエロスの華が咲き乱れておりました。

一人で16枚とか描いてくる兵(つわもの)もいましたし。

でもね、なんか終わった後になって「もっとエロいのかいときゃあよかった」
みたいな気になるのが不思議です。
描いてらした皆様の絵に刺激を受けるのでしょうかね。

ホント皆様お疲れ様でした&ごちそうさまです。
この世に生を受けてよかった。
みんなのおかんがおとんの精を受けたから
みんなはこの世に生を受けたんだよ、と(このネタがしたかっただけ)。
なんかうまいこと言った、みたいなはたから見ると不快な表情で書いとります。

これを機にしばらくアタイにエロスの風が吹き荒れそうな、そうでもないような。


ごめん、A君

戯れに友人A君の眼鏡ケースを机の下に隠しましたところ、
すぐに気付くだろうと思っていたら
「ごめん、透明の眼鏡ケースあったら持っといてくれへん?」
なるメールが来ました。

こっちこそごめん、A君…………
でもアタイが犯人だとは彼には言いません、口が裂けても。

ではまた、皆様おやすみなさいまし。

セルフバーニング@アザーズホーム

アタイがしたんじゃないよ?うん…………。決してアタイじゃないからね……。

今日はA君に色々と驚かされました。
それは授業を受けていたときのことです。

A君がいきなり「子供生まれるねん」とかなんとか言ってきまして、
ホントに仰天いたしました。
いや、言うまでもないことですけれど
A君(♂)とアタイ(♂)の間に愛の結晶を授かったとか
そもそも男女間だったら子供のできかねん行為に及んだとか
そういう汚れた事実は一切なくってよ(何故お嬢言葉)?

いえね、アタイ、とうとうA君が彼女さんとの間に
子供をもうけやがったのかと思ったんです。
で、「子供が生まれるねん」と言うと同時に「9月27日」
という予定日も聞いてましたので、
おいおい、コイツはマジかよと思ったわけです。
で、「もしそうなったら俺、責任取るために学校やめる」
とも言ってましたので、そこら辺は見上げた根性だと思うわけですが
マジかよ、アンタ学校やめんの?ちょっと………
と、そういうこともあってものすごい動転したわけなんです。

しかし、だ。

詳細は書きませんが
生物学的に、ヒトの妊娠期間て約10ヶ月ほど。

アタイの知ってる情報と照合すると、どうしても計算合わないんですよ。
(情報っても別に彼と彼女がいつそういうことをしたとかを
知ってるわけではないですけど)

まあ以前そういうことしててツケが回ってきたとかならともかく、
そういうわけわからなさがさらに混乱に拍車をかけるわけで……
正直すごい混乱してました。

「ウソやろ?」といっても「ホンマや」の一点張り。
でも、計算あわないという疑念があるので
そうそう簡単に信じ込むわけにもいきません。

で、そういう問答を繰り返すこと20分ほど。

「パワプロのゲーム内で」と言うことが発覚。

死ねぇい!!

心の底からそう思いました。
っていうか実際に叫んでた。

騙された自分が情けなく、本当に悔しいです。
仕方がないのでいつかより一層屈辱的な騙し方をしてあげたい、
いやむしろ絶対やる、やらねば武士の面目が立たぬ!!と思いました。まる。

後ですね、なんかですね、彼がですね、同じ授業中にですね、
人のプリントにですね、赤ボールペンでですね、

マンコマークを書きくさると言う

とてつもなく刺激的なマネをしてくれました。
しかも二つも。

いやね、これで被害にあったのが別の人だったら
「さすがA君!!おれたちにできないことを平然とやってのける!!
そこにシビれる!!あこがれるゥ!!」とか無責任にはやしたてもしましょうが、
自分がやられたとあっちゃあもう、
「おれが思うたしかなことは A!!
てめーが同じことを次やった瞬間オレはたぶん……
プッツンするだろうということだけだぜ」

としか思えません。ジョジョネタばっかでごめんなさいね。

なんでそんな悪行ができるのか。
そんなだから人様の(彼の名誉のために略)

で、ですね、なんでそういうことができるの?と涙混じりに(ウソ)
訴えましたところね、
「お前が寝るから悪いねん」という内容の言葉をいただきました。

いや………アンタ……………

じゃあマンコマーク書いたら

アタイがシャッキリ起きるとでも思ってんのかと。

どこ行ったらマンコマーク描かれて

そこまで発奮できる猛者に会えるんだと。

お前の中のマンコマーク

魔法の紋章かなんかなのか、と。

うん、そのパワプロで生まれるベビーには6文字まで名前付けられるそうなので

「○○(A君の苗字)マンコマーク」って名前にでもしてやがれ、と

自分のプリントを見て泣きそうになりながら思ったのでした。
DQNネームにもほどがある。

とりあえずみなさま、人のプリントには消せるもので
ラクガキをするようにしましょう。お兄さんとのお約束!!
よいこのみんな、後楽園ホールで僕とファック!!(握手ちゃうんか)

うん、づはまた。

追記(私信)

そうだ、描いてた女の子の額に6つの点つけてごめんなさい。

愛、尻染めしころに

肉を食べることになんか罪悪感を覚えるのですよ。
いきなりアレなことを言うようですけれど。

特に骨のついてる奴とか、ものすごい罪悪感に襲われます。
じゃあ野菜ならいいって言うんか、奴らに命はないんかと言われると
野菜にも確かに命はあると思ってます。
野菜に命がないというのはあまりに想像力がなさ過ぎると
美味しんぼでも言われておりました。
でもなんて言うかなぁ、歩いたり動いたりしてるのをみると余計にね……
死というものが生々しく感じられるわけで。

でも肉食うのに罪悪感があるからといって
アタイがベジタリアンかというと決してそんなことはなくて、
肉も味とかそういうことで言うと大好きですし、
普通に食べたりもします。
まあ心を痛めるくらいなら餓死する、というくらいの気構えもなく
さりとてせめて肉だけは食うまい、とベジタリアンになる根性もない、
そんなアタイがグダグダいえる問題じゃないんですけれど、
なんていうかまあ、ちょっとそういうことを気にしだすと
疲れてしまうなあ、と昨日食卓に並んだ鳥の足をみて思ったわけで。

で、昨日のことなんですが、なんかみんなで冊子につかうエロ絵を
描いたりしてました。
締め切りが2日後(今日からみると明日)なので
起きるべくして起きた現象と言えるかもしれません。

もうちょっと描きたいような、時間がないような………?
ともあれ色々絵に関する話をしたりして、楽しかったです。

で、最近犬の散歩をしているとよく会う子供がいるのですが、
「おはようございます」と毎回挨拶をしてくれます。
えらいねェ~~~~~~(アレッシー風)。
学校でそういう風に教えられてるのかそれとも家がそういう教育方針なのか。

彼と最初に会ったのはけっこう前の話なのですが、
その時太陽がまぶしかったのか、思いっきりしかめ面で
「おはようございます」と挨拶をしてくれて、
これはなんなんだろう、挨拶するのがそんなにイヤなんだろうか、
それとも何かあるのか?と思ったりしたのですが、
毎回挨拶をしてくれるのはうれしいことです。

あと新しく親戚ん家に来た仔犬が可愛い。めっさ可愛い。
でも可愛いのは今が盛りだろうとも思います。

では皆様、また。

金の奉行

「あなたが落としたのは、この遠山の金さんですか?
それともこの大岡越前ですか?それともこの
何の変哲もないステレオタイプな奉行ですか?」

「どれも落としてません」

「あなたは正直者ですね。そんなあなたには全て差し上げましょう。
思う存分裁かれてください」

しまった!!

まあそんなことはどうでもいいのですが。
「腐女子」って言葉があるのをご存知でしょうか?
一般的に(この言葉自体があまり一般的ではないですが)
同人(コミックの分野で)活動をしている女性やそういう創作物を好む女性、
特にやおい(♂×♂)を好む女性(最近では女性オタク全般?)を
指し示す言葉なのでございますが、この言葉について一つ思うことが。

「女の腐った奴だ」って男性に対して使われる言葉をご存知ですか?
まあ失礼極まりないことですが、性根の男らしくない男性に対して
使われる言葉なのでございますよ。
これは非常に失礼な言葉なので、
これ使ったらその人は後で何されても文句言えないんじゃね?と
個人的には思っとります。

そんなことはどうでもいいのですが、その言葉。

女の、腐った奴。

腐った、女。

腐った、女子(おなご)。

…………………………腐女子

オタク女性のことを指すよりも語源的に説得力があるような気が
いたすのですが(昔からある慣用句が元なので)、どうでしょうか。

でも言葉の浸透度的に、そういう人に対して「この腐女子が!!」
とかってののしると違和感バリバリだろうと容易に想像できるのが
悔しいところです。

そしてなんだかんだでこれで(このブログだけで)300回目の日記です。
ここまでお付き合いくだすった皆様方、ありがとうございます。
えへっ、ちゃんと言えたよ、お兄ちゃん!!
(「はじるす」風。キモい)

うん、しかし200回目のときは書くの忘れたので、
今回は忘れなくてよかった。


ではまた。

旅行記(すごく大げさ)

クソッ!トイレはどこだよ!!もれちまうじゃあねーかッ!!クソッ!!クソッ!!
と、尻を押さえながら叫んでしまいそうになると言う
アクシデントもありましたがなんとか無事友達の家から帰ってきました。
最近ヤマジュンの絵と寄生獣の作者さんの絵が似てる気がしてしょうがないです。

そんなことはどうでもいいのですが、とにかく行ってまいりました。


最初らへん

駅に集合してそこから車で友達の家に送ってもらう、という
手はずだったわけなのですが、
その前に時間があったので後輩様と駅構内のスーパーに買い物に行きました。

そこで、スパークリングティーソーダなるものを見つけたのですが……
これね、レモンティーにに炭酸を入れたと言う
チャレンジ精神あふるる飲み物、もっと言えば誰だこんな商品企画通した奴、
責任者出て来いとかそういうこと言いたくなるような飲み物なんです。

で、実はアタイ、これを二年ほど前に飲んだことがあるのですが、
その時は炭酸で甘みもない、なんか変な後味する、
もうあまりの味のひどさに地面の肥やしにしたという過去があるのです。

そういう過去があったので飲むのはためらわれたのですが、
後輩様が買うとか言うので付き合って買ってみました。
果たして、少し、そう、地面の肥やしにはしないですむというくらいの
味にはなっていたのですが、やっぱり異様な味がしました。

ただ駅の中で大の男二人がビンからよくわからない飲み物を一気飲み、
と言う構図もちょっとだけ異様かも知れん、と思いました。

で、もう一人後輩様が遅れるということで、
先に昼ごはんを食べに行こうということになったのですが、
入ったファミレスが、もうアホほど人がいまして、
それでもなんとかすぐ座ることはできたのですが、
安い定食メニューとか軒並み売り切れているという体たらく。
この資本主義の豚どもめが!!(人のこと言えない)

なにこれ?実は売り切れとかウソ書いてクソみたいに高いメニューを
頼まそうとしてるだけじゃないん?
そもそもないならないってメニューなり店頭なりに書いといてくれ、
注文するときになって言うな、ないんならその店出るから。
とかちょっとだけ怒り混じりに思ったりもしたわけですけれどね、
まあ仕方ないのでちょいと高めのものを頼んでですね、
それにはスープ(おかわり自由)がついていてですね、
それに色々ぶち込んで(タバスコとかコショウとか)
溜飲を下げていたわけなんですが、でもね、そう、
それ飲むの普通に自分なわけですよ。

ちょっと黄色いスープに赤みがつくくらいタバスコ入れたものを
自分で飲むわけですよ。それで胃が痛くなったわけですよ。
憂さ晴らしで自傷行為してどうするのって話ですよ。
アホでした、ホント。


途中らへん~最後らへん

で、おくれてきた後輩様を回収して、
買い出し行ったり色々して、お友達んとこで飲み会となったのですが、

どうして酒ってあんなに楽しいんだろう。

酒飲んでの話ってホント楽しいんですよね。
酒飲んで大きくなった気分で色気のある話だとか鬱話だとかエロ話だとか、
そういうふうな話をしたりしてて
色々思うところやニヤリとするところなどがありました。
後輩様に色々オススメの映画を教えてもらったり、教えたりとかも。
あと後輩様たちが「THE 地球防衛軍」にはまってらっしったのが
わたし的にすごく印象的でございました。

飲み会の会場に自宅を提供してくれたお友達様、本当にありがとう。
色々お世話になりました。

得た教訓…………後悔には気をつけよう。

昨日は本当に楽しかったでございます。
でも描こうと思っていたエロ冊子の原稿はほとんどかけませんでした。
これからがんばります。

ラブリーデイ

ラブリーって別に愛らしいという意味だけじゃないんだよ。
最近学校がとみに面白いわけです。
その割にはよく授業をサボるのですが。

お友達に感謝!!

で、です。
デトロイト・メタル・シティって漫画を
お友達の淳之介さんから借りたのですが、
やばい………吹きまくった。

デーモン小暮閣下とか口汚く下品な英語スラングとかが
大好きなアタイにとって、まさにツボな漫画です。
クラウザー様最高。

わけわからないと言う人のために少しだけ説明させていただきますと、
ホントはスウェディッシュポップをやりたいのに仕方なしに
悪魔系デスメタルバンドをやってる青年の日常の話なのですが
(クラウザーと言うのはその青年のバンドでの名前です)、
その青年のクラウザーとしてのキャラが
またデーモン閣下ちっくな感じなのです。

で、彼らの歌の歌詞にしても
「昨日は母さん犯したぜ、明日は父さんほってやる」とか
「全ての女をレイプせよ、メス豚どもを売り飛ばせ」とか
ファンキー極まるものばかり。
もうなんかモロにツボ。こめかみモロにぶん殴られたようなショックに
襲われました。

「レイプレイプレイプレイプレイプレイプレイプレイプレイプレイプ」
「出た……クラウザーさんの1秒間に10回レイプ発言。
ほ……本物だ…………」のくだりとか爆笑しました。最高。
主人公の所属する事務所の女社長も女なのにファックファック言い過ぎだし。
すぐ濡れた濡れた言うし。なんだこのプロダクション。すげえや。

アメリがオシャレ映画だったということを、この漫画で初めて知りました。


そうそう、明日は友達の家に泊まりがてら遊びに行くので
明日の夜の日記の更新はありません。
では、また。いつも読んでくださってありがとうございます。

ああ、なーんだ~超絶非モテ日記~

昨日はやたら和の心もないくせに浴衣など着くさった
ファッキン臭漂うクソッタレども(訳:浴衣を着たカップルたち)を
たくさん見かけるよねと思っていたら、
そうか、姫路で浴衣祭りがあったのですね。
ああ、そういえばアタイのお友達カップルさんたちも
浴衣祭りで成立したんだったっけ、と遠い目など。

っていうか女は別に浴衣持っていても驚きゃあしませんが、
男が浴衣を持ってるのはどういうこと?
祭りにも洋服とかで行くくせに。
浴衣祭り用にしつらえたのか、はたまた
「とりあえずファッションの一環として持ってた」という
ちょっと思わず憧れてしまうようなアレなのか、それは知りませんけれど、
でもわざわざ着て行くほどのもんでもないよねえ。
(着ていくから浴衣祭りと言うのですよ)

アレか?浴衣祭りで浴衣を着てなくて迫害されたトラウマとかが、
彼を浴衣を着ることに駆り立てるのでしょうか。
なんて悲しい過去や。
とか今なら勝手に思いもするのですが、昨日のアタイの口に登ったのは

死ンジマイナー!!(キルビル風)

とかなんとかそういう人としてひどくアレな言葉ばかり。

実際これはよろしくない。
でもカップルはもっとよろしくない(いい加減懲りろ)。

なんつーかね、別に普通の日にカップルを見ても
テンプル(=こめかみ)のあたりが痙攣するだけですむのですが、
こういう祭りの日ってさ、なんかいつも以上のオーラとか、出てんやん?
単に平日とデートの日の差なんでしょうけど、っていうか
デートって言葉を書いてるだけで腹が立ってきた、まあそれは置いておいて、ね。

殺す!!(置いとかんかい)

もうね、カップルさん達、ホントもういいから、
そんなラブいオーラ出して町中練り歩かんでいいから、
さっさとラブホにでも引きこもっといてください。
どうせ最終的にそれなんでしょ?(最低)

はて、長々こんなともすれば人を不快にしかねんこと書いてても仕方がない。

うん、非モテ日記とか書いてますけど、でアタイは実際非モテですけれど、
別にモテようと思う願望があるわけでなし、
(仮にあってもモテないから非モテであるわけですが)
自虐の意味で書いたのではないわけです。
ただここまでカップルへの………なんなんだろう?
このもやもやしてよくわからない気持ち………これは………恋?
うん。違うよね。

うん。まあとりあえず、どうでもいいといえばどうでもいいわけで。
でもそういうどうでもいいことにも何故か目くじらを立ててしまうわけで。
人を見上げず見下げず生きていくために、
精神的に余裕のある人にならないといかんのかも知れません。

うん、づはまた会いましょう。

雨降って痔になる

何故学校にいるとこんなに絵が進むのかしら。
ていうか何故家にいると絵が描けないのかについて考えるべきでしょうか。

なんていうか、今日はエロ話してて楽しかったと言うことと、
別にその話を一緒にしてた先輩様に引くところはありませんよということと、
ご飯に誘って下すってありがとう&行けなくてごめんなさいと言うこと。

あと後輩様や同級生の方々にもエロ話が聞こえてたらごめんなさいと言うこと。


いっぺん最後らへんまで書いたのにギリギリで
エクスプローラが強制終了され、日記の内容が全消去されてしまい
モチベーションがマイナスあたりまでがくっと下がってしまったので、
こんなグダグダ日記です。ごめんなさい。
今日も楽しくすごすことができてよかったです。

ではまた…………。

あで?

昨日ですね、ふとアクセス解析を見ておりましたらですね、
リモートホストって言うのがあっててだいたいどこの地域の人のパソコンか、
みたいなことがわかるようになってるんですけれど、

なんでか知らないけどアタイの学校の名前があった。

あで?なんで?

だれか学校のパソコンからここに来たと言うことでしょうか?
11時って言ったらモロに授業中ですし…………。
でも検索ワード見てみたら「おかしのたべすぎ」だったので、
多分アタイを知る方が誰か来られたのでしょうと思います。

一体誰なんだろか………謎だね。

今日親戚の家に行ったらそこんとこの犬の子供がやってきておりました。
その犬と違い小さくてかあいいのですが、
なんていうのか、「あと1~2ヶ月したら散歩に連れてってもらうわ」
とか言われても、不安でしょうがないのですが。
脳内でさまざまな事故の様子が勝手にシミュレートされてしまいます。
踏み殺したり事故に合わせてしまったらどうしよう。
命を預かる仕事って言うのはマジで怖いものがあります。
医者とかペットショップ(鳥にあらず)とか尊敬するよ。
もう子犬マジ怖い。

まあそんなこといってても仕方ないので
とりあえずがんばります。

…………雨降ってゅわぁぁぁぁぁ!!
(訳:雨が降っているぅぅぅぅぅ!!)
なんていうか、今日は学校行く前に郵便局に行って
お金を下ろしてこねばならぬというのに、なんだこれ。
ものすごいテンションが………下がった………

でもね、お金を下ろさないとね、

今アタイ、全財産が円しかないからね(大学生にあるまじき全財産)、

行ってこねばならんとですよ。
とりあえずそういうことも含めて今日もがんばります。

晴れる日もあるから~音楽の話、その2~

ヤッヴァいわ。

何がヤヴァいかと言うとまあ色々あるんだけれど、
先日ツタヤに行ってCD借りたって話を書いたじゃないですか。
で、フジファブリックとか奥村愛子がいいって話を書いたじゃないですか。

うん、確かにそれもいいんですけれど、
もっとヤヴァいのがいた。

DOUBLEがマジでヤヴァい。
「Life is beautiful」(曲名)がマジで良い。
ミュージカルぽいと思ってたけどそれというよかジャズ……かな?
ジャズ(とか伴奏がジャズ的な歌謡曲とか)大好き。
一つ思ったことは大野バンドが曲やると
どれもこれも少なからずルパン色になるね、と言うこと。
この曲は違いますけどね。
でもこれはある意味一つのアタイ的理想の曲かも。
ここまではまったのはオレンジペコーの
「Happy valley」以来かもしれません。

友達といろいろ音楽の話をしてきました。
してきた、と言うか正確には聞いてきただけなんですが
(アタイに話すほどの知識とかがないため)、
もうものすごい面白かった。
メタルとパンクのイメージ的な違いがものすごくわかった感じが。

お友達とか、周りにいてくれる人の存在ってマジでありがたいですね。
エロ絵の冊子を描くに当たって、濃い目のものを描くように
お達しを受けているのですけれど、
見た目的なインパクトとして、やっぱり
触手とかグロのインパクトってすごいじゃないですか。
で、人間のみを描いてそれに近づけるように濃いものを描くには
どうすればいいか、と相談を持ちかけたところ、
実に3人もの方が相談に乗ってくださいました。
とりあえず描けと言われたものに添えられるかはわかりませんが、
指針はできました。がんばります。
ホント相談に乗ってくだすった方々、ありがとうございます。

いやまあそんなことでなくてもホントに色々ありがたいのですけれど。
いつも皆様ありがとうございます。
そして今日は色々楽しかったです。

…………歌に始まり、エロに終わる。これが河原砂利助クォリティー?
どうなんでしょ。づはまた。

くぁwせdrftgyふじこlp@

タイトルがあれですが、まさにそんな気分。

「実録男前豆腐」なるもんが存在してるらしいんですよ。

豆腐のフタの透明ビニールに、すっげえ男前の顔が書いてあんの。
ヤヴァい。惚れた。もうコイツに全てを捧げてもいい。
そんな気分にさせられました。

今日は友達と一緒に帰りました。
バスが込みまくってて乗れなかったので、
結局駅まで歩いて帰る羽目になったのですが、
その道中で話したことは、サークルでエロ絵冊子作るのが近いせいか
エロトークばかり。
なんでこんなに盛り上がるんだろ。
ものすごく楽しかった。
エロ友達っていいなあ、と心から思った一幕でした。

いやエロでなくても変わらずいいんですけれども、ね。

で、それ(エロ)の素晴らしさを噛み締めながら歩いてましたら、
向こうからいちゃいちゃしながら歩いてくるカップルがいるじゃないですか。
ホント以前からは考えられないくらいカップルに寛容になった
アタイですけれども、そのいちゃいちゃっぷりが尋常じゃなくて、
人前でディープキスとかしかねん勢いでして、
もうなんていうか、「バルス!!」とか叫んで
目に赤外線レーザー(めっちゃ目に悪い奴)を照射してやりたい、
「目が、目がぁぁぁぁぁ!!」とか言いながらのた打ち回らせてやりたい、
そんな邪悪な衝動に駆られました。

うん、ではまた………。

音楽の話など

学校の帰りにツタヤに行ってCDを借りてまいりました。

今までアタイ、高校時代に三木道三とかそういうのが流行ったころ、
クラスとかのイキった奴らが一斉にヒップホップづきはじめたのが
なんかイヤだったので、何故かそこから長じて
男性歌手の歌と言うのを今までほとんど借りたことがなかったのですが、
こんなこっちゃいかん、偏見持っちゃいかんと思い、
一念発起して男性アーティストの曲も借りてみました。
フジファブリックがちょっといいかも。
あと奥村愛子もいいね。はまりそうです。

最近現代の昭和歌謡系歌手にはまり気味なのかも?
ジムノペディしかり。


猫について

今日、学校で猫を見かけて、ちょっとの間遊んできたのですが
(どうも学校に住み着いている猫のようです)、
野良猫でやっぱり満足にご飯食べてないのか、
なんか痩せてるように見えるんです。

しかし、もしかしたらあくまで痩せてるように見えるんであって、
もしかしたら猫界では普通なのかもしれない。

と言うのもですね、うちの猫がかなりのデブでしてね、

そのせいでその猫の体型が基準になってしまい、
やせてもないものをデブと比較して痩せてると勘違いしてると言う可能性も
なきにしもあらずなのです。

慣れって言うのは恐ろしいですよね。
そういやようやっとレポートが終わりました。ヤッホイ。

なんか尻切れトンボですが、また。
づは!!

生粋のニューヨークっ子 ン・ジョモバの手記

HEYボブ、俺様っちはちょっと考えてみたわけよ。

「萌え」において、実際のでもいいし自分の精神においてでもいい、
「上下関係」というのは何か特別なものがあるんじゃないか、ってね。
HAHAHA!!(アメリカ笑い)

たとえばアイドル(もしくは芸能人)とかお姫様とか、
萌え方面でも衰えぬ人気を博してますやん?
大人向けな方面ではニュースキャスターだとかも人気っぽい。
で、そのどれもに共通するのは「有名人、手のとどかない存在」
というところ。

別にキャスターが普通の人の手のとどかない存在かというと
実際そうでもないかもしれませんが、やっぱりテレビにでてる人って
ちょっと手のとどかなそうな感じを受けるじゃないですか。
縁のない人と言いますか。
そこら辺の人と結ばれる確率よりかよほど低い、と
キャスターもそこら辺の人も同じ存在であるにもかかわらず
思ってしまうところがあるじゃないですか。

で、そういうのを落とすというのはやっぱり自分の優越感を刺激するわけですよ。
「みんなの憧れの人が、この俺と」なわけですよ。
萌えの底辺には優越感みたいなものがあるというのは
今まで何回か展開してきた持論でございますけれど、
今回もやっぱり優越感に結び付けて考えます。
「可愛いから萌えるんだ、俺は優越感なんて不純な感情を持っちゃあいない」
とおっしゃる方もあるかもですが、まず「かわいい」と思う時点で
自分がそれを「かわいがれる」、
つまりそれよりも上の目線の存在だと思っているということ。
そこまではいかなくとも、少なからず優越感という感情は介在するはずです。
無意識であれね。
ちょっと乱暴ですが、そうなんじゃないかとは思っております。

で、ですよ。先輩後輩とかは単に
年齢が一つ上であるというだけの存在であるので置いておくとして、
やっぱりたとえば二等兵に対する大佐だとか、
平民に対するお姫様だとか、ホームレスに対する億万長者だとか、
そういう覆しようのない立場的な上下関係って
プレイヤーの優越感を刺激するわけですよ。
自分が上の立場であれ、下の立場であれ。
上下関係っていうのはその意味で(あくまでアタイの考えの、ですが)
萌えの本質を突いてると思うのです。

で、だ。
というわけで、散々前置きをぶってしまったのですが、
何がいいたいのかと言いますとね、優越感を念頭に置いた上で
ちょっと萌え作りをしてみようではないか、と。

で、考えた。

主人公以外全員ものすんごい田舎もんであるギャルゲーってどうですか?
もうたまにある主人公の帰省先の片田舎とかそんなんじゃなくて、

もうものすんごいド田舎

それこそ都会のフレーバーなんぞ嗅いだこともなく、
そこだけ80年前くらいで時間が止まったような村。
ヒロインも全員方言丸出し。標準語?なんだべそれ?みたいな勢いで、
訳文のルビを振らないと何言ってッかわがんねえ、
そんなレベルで田舎もん。

そこに一人やってきた主人公。
で、やっぱり都会もんであると言う時点ですごい珍しい存在なわけです。
都会のことを根掘り葉掘り聞かれて、
しきりにすげえすげえと言われたりするわけです。
この時点で優越感バリバリ(と思う)。
てめえらの知らねぇことを俺は何でも知ってんだぜ、的な。

もしくは逆の側面で、田舎もんたちにとってはよそ者、
主人公にしても田舎の事を全然知らないので
ツンデレっぽい田舎もん(都会もん嫌い)との日常的なちょっとした対立とか
(毎日窓に肥溜めの中身がぶつけられてるとか)、
あるいは田舎もんたちとの交流だとか豆知識だとか。
下から見た優越感、というか、
自分より上の人の意外な素顔とかそういうのを知ったときの感情、というか、
「こんなの○○使えばすぐなのに、一生懸命やっちゃって可愛いなあ」とか、
(決してバカにしてるのではない)
そういう視点からでも優越感を楽しむことができるのではないかと思います。
優越感というと言い方悪いですけど。

ただこれ、主人公だけ現代人な異世界ファンタジーもの
(主人公が偶然召喚されるとかそういう奴)で
だいたい同じことやってんですよね、よく考えたら。
まったく文化が違うのも、下手したら言葉の壁があるのも同じ。
主人公の価値観や習慣がまったく通じないのも同じ。
単に舞台が田舎か異世界かの違いだけで。

でもなんだ、それって現実感ないじゃん?
そんな学校に不自然に美人ばっかりがいて
その誰もが主人公に少なからず好意を持ってるような世界に
現実感を求めるなとかもしかしたら言われるかもしれませんが、
リアルな泥臭さがほしいというか。
単に田舎者というのが好きだというアタイの趣味も多分に入ってますけど。

しかしこんなのどうだろう。
やっぱりヒロインの名前はDQNネームか、
もしくは西洋人の名前でないといけないのでしょうか(すんげえ偏見)。
ヒロインの名前が軒並み「花子」とか「稲子」だとか「麦江」とかだと
やっぱりいけないのでしょうか。
なんで基本が標準語なんじゃ!!(標準語だからですよ)
基本が東北弁だったりするような世界はあかんのかぇ!?おォ!?とか
そういう姿勢をとってはいけないのでしょうか。

既にそういうゲームがあったりしないかしら、
ということを夢想しながら今日の日記を終わらせていただきます。
相変わらず何が言いたかったのかよくわからんね。

では、ン・ジョモバでした。(河原砂利助じゃないの?)

デコ娘が好きならバカ姉弟読め

と、昨日友達んとこで「バカ姉弟」読んでて思った次第です。
あの姉、ものすごいデコッパチよね。
なんとなくですが「ロッタちゃん」に近いものを感じます。

筋肉痛が来た。
運動したのは一昨日のことなのに今日足に来た。
なんか今日になってヤバいのがきた。
「生理が来ないの…………」と心配する未婚女性のごとく、
「どうした?来ないのか?」と相手を挑発する少年漫画の敵キャラのごとく、
筋肉痛こねぇなぁ、もしかしてアタイの肉体が強靭だから
筋肉痛なんて来ないとか?とかなんとか妄想に浸っていた矢先に、これだよ……

足が痛くてしょうがなかったです。
これが「老い」か……………!!

目には気をつけましょう

最近妙に周りの人が目を怪我したり患ったりしてるみたいです。
程度の軽い重いはありますが、なんだか不安なものを感じます。
皆様も目は一生付き合う器官、気をつけてくださいまし。
うちの妹ことゴブ子も目がはれたのかはたまた
「眼帯少女」というたくさんある萌えジャンルのうちの一つをついて
萌えキャラを狙ったのかは知りませんが(萌えるようなもんじゃないけど)、
眼帯をしております。
本人に聞いたら目がはれたそうです。
今は比較的軽症っぽいですが、
ひどいときは落ち武者(幽霊になったあとの)みたいだったそうです。
見てはないので詳しい描写はできないですけれど。
ちょっと後学のために見たかった。

レポートをせねば学生生命に関わってきそうなので、
今回は短いですがこのあたりで。

相手が勝ち誇ったとき、僕はすでにあきらめている

朝にアリスの髪の毛の長さが云々と書きましたところ、
毎度エキセントリックなメールを下さることで地味におなじみ、
地元の友達H君がメールをくださいました。

「髪型はオニってるほどセミロングだったはず!!そう!!エロってるほど!!」
だそうです。

ありがとう。参考にします。っていうか
ここでH君と呼んでいるからなのかどうなのか、
ハンドルネームの欄にいつも「H」と言う文字を入れてくれてるのですが、
今回は「Hなアリス」でした。
いや、それは普通にヤヴァいから…………!!
それとも何?アタイに暗にエロ絵を書け、と言っているの?
それならそれで受けて立つ!!夏休みくらいに、時間があれば!!
漫画も描かないといけんしね。
(すげえ後ろ向きでごめんなさい、H君)

「そう、あれは太陽の激・人類死滅紫外線攻撃に三回ほど殺された時の話である。
電車の中で中学生・男・二人・話して・た・内容・甘~い・もの・嫌い・
生チョコ(生って表現エロい)・と・板チョコ・板のほう・甘くない・
だから・好き。・だそうだ。生はア・マ・イ!」
と言うメールもほぼ同時にいただいてました。

うん、なかなかオモシロかった。かなり大爆笑!!(SBRネタ)

………実際あまりの謎さに爆笑しましたけど。
彼が生という言葉にいかなるエロチシズムを感じたのかが
少しわかりかねるところですが、とにかくいつもありがとうH君。


高校の時の友達だった人んとこに行ってきた

今日はなんかお誘いを受けたので、
高校のとき友達だった男性の家に行ってきました。
なんか「ピンポン鳴らすな」だの「こっそり入ってくれ」だの
なんやらかんやら注文をつけてくるので理由を聞いてみましたところ、
「テストが近いから、遊ぶなと言われている」とのこと。
じゃあ呼ぶなよ、勉強してろよと少し思ったのですが、
来ちまった以上しょうがない、彼がパワプロやってたので
アタイは本でも読ましてもらおう、と彼の本棚を見るともなしに見てたのですが、

意外なまでに本がたくさんあった。

漫画だけじゃなくて、コラムだの小説だの。
その男はアタイが知るサブカルさんの中で3本の指に入ると
目している男なのですが、
ここまで色々読んでたらそりゃあ色んな視点からモノ見れるわ、
そう思いました。

とりあえず「シトラス学園」(だっけ?山本ルンルンさんの単行本)
を読ませてもらってたのですが、
「マシュマロ通信」とはまた違い、微妙な黒さというか何と言うかが………。
途中に入ってた「ルンルンアワーズ」ってな漫画は
それに輪をかけてよりいっそう狂気(?)が濃かったし。
メルヘンの裏の歪みとかそういうものを垣間見られたような感じが。

今日はちょっと面白い日でした。づは皆様、また。


拝(おがみ)の国のアリス

子供の乗った手押し車を追って穴倉に入り込んだアリス。
穴倉を抜けた先の見たこともない世界で、
突然アリスは数十人の拝(一刀)に取り囲まれてしまう。
どうなるアリス!?

拝一刀だらけの冥府魔道を脱出せよ!!
逃げているだけではなく、時には巨大化して拝たちを叩き潰せ!!
巨大化して泣き叫ぶことによって、拝たちを押し流すこともできる!?
大パニック・エスケープ・アクション
「拝の国のアリス~ドキッ!!拝まみれの大脱出劇~」、近日発売(しない)。
前作「藤木の国のアリス」も好評発売中!!(ウソ)

とまあどうでもいい小ネタをやったところで、昨日のことなど。
最近夜に日記を書いてないので、
必然的に朝に昨日あったことを書くという形になっています。
最近夜に書くと文が思いつかねぇんだもんよ…………。
夜来てくださる方には申し訳ないです。夜も書けたら書きます。

昨日はサークルでスポーツレクリエーションと言うものがあって、
と言ってもみんなで外で遊ぼう程度のものなんですが、
久しぶりに(走り回って)汗をかいてきました。
人間汗をかくと気分がスッキリするもののようで、
なんかいい気分でございました。
これを機に一回生(サークル入ってまだあんまり間がない)の方々と
少しでも親しくなれればいいなあと思います。

あとなんか、授業で後ろに座っていた女の子(確か)が
真っ赤な生地に「ミュータントタートルズ」の柄が入った
見事なTシャツを着ていました。
すげえ………ほすぃ………そう思いました。



太陽のこと

いつも似たような接続詞で引っ張るのもいい加減なんだかなあということで
こういう形(タイトルをつけてトピックを分ける)に
してみましたがいかがでしょうか。ていうかもっと早く気づけ俺。

で、太陽の話なわけですが、
最近太陽がやばくありません?
今朝太陽があまりにまぶしくて目が覚めたわけですけど、
その時間がなんと5時半ですわよあなた。
5時半にして殺人的な光線がアタイを襲ったのです。
12時~2時くらいの一番暑い時間帯とか、どうなるのか……!!
今日とか特に夏気候なので、ホントにやばそうな感じがいたします。
だって、朝散歩してて汗かいたの今年初めてですよ。
ヤヴァいよホント。

そろそろ太陽が殺人兵器と化しはじめる頃合いでしょうか。
熱中症とかで死ぬ人は後を絶ちませんし。
皆様ホントにお気をつけください。
そういえばなんか「太陽がまぶしかったから人殺しちゃった、テヘッ☆」
という現代のキレた若者みたいなこと言う奴が主人公の小説が
いつだったか、100年以上前か100年以内か
そこら辺は忘れてしまいましたけれど、
あった気がします。
あまりの暑さに精神をやられて
そういうことにならないようにもお気をつけください。

アリスのこと
冒頭でアリスネタをやったせいか、微妙に気になってきたのが
アリスの髪の毛はショートかロングか、と言うこと。
どっちだっけ?と言うか決まった形はないのでしょうけれど、
気になる……………。
と言うことで、皆様のアリスのイメージってどっち?
と言うことをよろしければお聞かせください。
中間とかでも可。

とりあえず間違った道を進まないようにがんばります。
づはまた。

ミンチにしてください

何を?みたいなタイトルで皆様こんにちは。

今日はこんなもんをやってみたよ!!的な日記。

EQ診断テストなるものです。

状況判断力
[43点] 状況判断にやや時間がかかり過ぎる傾向が・・・・・。

感情制御力
[44点] 表面はクールでも内面はすぐに動揺しがち

意志実行力
[41点] 楽しいと思えることはがんばれるけどガマンが苦手

対人共感力
[52点] 世渡り上手だけれど八方美人になりやすいかも


みたいな結果が出ました。
ホントはもっと色々文が出てたんですけれども、
それを全部コピペすると長くなるので簡単に。

最近妙に楽しいですが、今日に限ってはちょっと鬱………
なに?アタイ躁鬱気質になってしまったのかしら?
でもまああらかたレポートも終わってしまい
(とゆうよかスケジュールに追われなくてすむようになった分)、
非常に気持ち的に楽だったりします。

最近ね、日記がモロに書けなくなってきてます。
書くことが浮かばないと言うか、なに書いていいのか浮かんでこない、
というか。

……………なんてこと書きましたが、
ホントはただゲーム買ったから暇なときほど日記のほうに
精神が行かないだけだったりします。
暇なときは「日記のみがワイのよりどころじゃけえでゴワスっぺ!!」
とまあ、どういう方言ですか?みたいな勢いで書いたりするのですけれど、
暇でないときはなんか勢いがないね。なんかね。

なんていうかまあね、絵を描く機会はすごく多いのに
自分の生産能力が追いつかずにあせったり浮き足立ったり
そういう気持ちも持ちつつ日々を過ごしています。

家ではなんか絵がかけません。
学校にいるときはけっこう描けるのですが、
家にいると何故か描けません。
何故だろう?すぐに他のことに気を取られてしまうからか?
そちらに行ってしまわないまでもそっちに気持ちを奪われるからか?
ここ最近の若者の(お前のことやろ)集中力の低下ぶりに頭を悩ます思いです。

最近本当にアクセス解析に見る検索ワード
(どんな検索ワードでここにいらっしゃったか)が
多様化していて見てて面白いのですけれど、
「ジョニィ田吾作」って検索ワードがけっこう多くなってきてるのですよ。
調べてみたところ、女の子向け(BLにあらず)18禁ゲームの
原画家さんらしいのですけれど、申し訳ねぇ………………!!
うちの日記にこられても、ジョニィ田吾作さん情報はないですから……!!
ジョニィ・ジョースターについてちょろっと書いてある程度ですから……!!

てゆうかそもそもジョニィって書いただけでジョニィ田吾作って
検索ワードに引っかかるもんなの?
それとも田吾作なんてワード、アタイ一緒に使ったっけ?
使っていそうなのが嫌です。

でもね、こういうのってのぞき趣味ってことになるのかもですが、
解析結果見てるとホント面白いのです。

「セックス 源しずか」とかでこられたときは
沈黙するしかなかったですけれども、
(て言うかなにに引っかかったのかと思いますけど)まあそれもご愛嬌。
「露伴 仗助」とかで来られた方もおられましたが、
これはアレなのでしょうか、露×仗ってこと?
やっぱりジョジョでもそういうのってあるんだね。ネタ的な部分にしか
目がいってなかったでございますよ。
「ザンヤルマの剣士」で来られた方にはキターーーーー!!と思いました。
周りにまったく知ってる人が居ない(古いってのもあるけど)ライトノベル、
「ザンヤルマの剣士」。
学ラン+メガネ+刃物って主人公は
漏れなく矢神遼(やがみ りょう。この話の主人公の名)に
見えてしまうという困った現象を作ってくれた本でした。
ですんで「月姫」の主人公とかも(見た目だけ見る限りは)
「それなんて矢神遼?」と未だに思っていたりします。

で、だ。
「ペイルウイング エロ(もしくはそれに準じる単語)」で
ここにこられた方にはいつもながらホント申し訳ないです。
もう書きたいというセリフ吐いたのを後悔するくらい
たくさんそれで来ていらっしゃるのですよね。
いや、そんなこという前に描けよとおっしゃる向きがほとんどでしょうが、
なんか、描けない……!!
ヘルメットが難しいのでしょうかね。
もうね、吐いたツバ飲むどころか
むしろ全身に塗りたくってもいいってくらいの後悔ぶり。
でも努力は捨てない方向で。

とりあえず色々あるけどがんばります。づは。

ボンクラ・設定など

朝から雨が降っておるので散歩がない!!
こんなにうれしいことはない…………!!(安)

ローカルヒーロー図鑑をみててふと自分で考えた戦隊物
「爆裂戦隊ボンバークラッシュ」、通称ボンクラが気になりまして、
なんとなく設定などをメモ代わりに考えてみたり。暇だしな!!
…………絵は、そのうち起こします。そのうち……。

興味ない方には申し訳ないです
(っていうか興味ある人がいなさそう)。
うん。ビバ自己満足。ごめんなさい。

こんなのどうでもいいと思われる方は以下延々これが続きますので、
スルー推奨で。

設定・組織編
・悪の組織が研究所にある何かを狙って襲ってくるため、
それに対抗すべくして結成された組織。
基本的に戦隊ものによくある強い正義感とかあんまりない。
人並みな正義感はギリギリある、くらい。
ちなみにメンバーはバイト募集の張り紙でやってきた人々。

・メンバーが同じ県内だがばらばらな地域に住んでるので、
集合に非常に時間がかかる。
怪人が現れたときにはとりあえず被害地域に一番近いメンバーが向かい、
残りは後からめいめいにあらわれる。
なので、最後の奴が来たときには既に戦闘が終わっているなんてこともある。
基本的に敵を倒した後は任意解散なので、そんなときは
最後の奴が来たはいいもののそのときにはもう
みんなで飲みに行ってた……みたいなことも起こりうる。


設定・メンバー編

ボンクラレッド・赤井烈人(あかい れっど)

・住所不定無職の23歳。
好きなものは爆発。趣味はアクション映画(の爆発シーン)を見ること。
技(爆発物系)の練習を普段から欠かさないが、
火薬の分量をよく間違えるためによく警察に捕まる。
他のメンバーが彼に実際に会うよりもニュースで顔を見かけられるほうが多い。
不必要に熱いが「無職は黙ってろ」とかいって
話を聞いてもらえないこともしばしば。



ボンクラブルー・青沢武流(あおさわ たける)

・21歳。
武流をブルーと読むことができることから、普段のあだ名もブルー。
プールの監視員が普段の職業。
よく町を海パン一丁で歩いているのが目撃されるが、
歩いているところより職務質問されているところを目撃されるほうが多い。
水を操るとかそういう能力があるわけでもなく、
かと言ってプール監視員としての泳ぎのうまさを披露しようにも
水辺で戦うことなんてあんまりないので、
正直ブルーとしての存在意義に悩み中。そういう意味でもブルー。
働いているときはいきいきしているが、
それ以外の時は基本的にテンションが低い。


ボンクライエロー・彼井黄太郎(かれい こうたろう)

・カレー大好きなデブ。48歳。
職業はカレーショップ『イエローシット』経営。
すごく温厚な性格だが、体型も温厚なので夏場は誰も近寄らない。
「あそこのカレーには犬のフンが入っている」とかなんとか
あらぬ噂を立てられ、遠のく客足と必死に奮闘する日々。
カレーショップ経営と言う事情から即刻イエローと決められた。
彼が来ると基本的に食べきれない量のカレー(売れ残り)を
全員におすそ分けするので、裏ではみんなから煙たがられているが、
カレーを馬鹿にされると人格が豹変して恐ろしいので
みんな表立って文句は言わない。
「カレーを馬鹿にする奴は頭のてっぺんからケツの穴まで
カレーにまみれて死ね」が信条。
戦闘時はパイ投げの要領で相手に激辛カレーをぶつけたりして戦う。



ボンクラピンク・桃池もも子(ももいけ ももこ)

・派手派手なねえちゃん。26歳。
普段の仕事はコンビニ店員。
不規則な仕事なので肌荒れとかを気にしているらしい。
趣味は連続ドラマ(主に昼ドラ)を見ること。
普段はものすごく地味な女だが、ボンクラとして活動するときは
リミッターが外れるのか、はたまた正体が知られないための
ポーズなのかは不明だが、性格が豹変する。
煙幕とともにものすごく過激な必殺技を使うと言うことだが、
それを使うといつも警察がやってきて逮捕されてしまうため
(TV報道のときも「しばらくお待ちください」と言う画面になるため)、
その必殺技の全貌を知るものは彼女自身と技を食らった者以外いない。
「泣かせた男は数知れず」と豪語するが、実際は彼氏いない暦=年齢。
一人暮らし。


ボンクラグリーン・森林みどり(もりばやし みどり)

緑をこよなく愛する18歳。
学校では委員長をやっているらしい。
ただ学校でのリーダーシップもダメ気味な大人ばかりのボンクラにおいては
ほとんど役に立たず、このままではいけないと努力している。
生真面目一直線なので与えられた仕事はきっちりこなすが、
その性格ゆえかパープルのセクハラには
殴り殺さんばかりの勢いで反抗する。本人に殺意はないとか。
スイカの種をアルミ缶を貫通させるほどの勢いで吹く、という
意外な特技を持ち、それは必殺技にも生かされている。
ただ意外とお金がかかるのが難点と言えば難点。


ボンクラパープル・江戸紫孫次郎(えどむらさき まごじろう)

・めったに出動しない、幻の6人目。
その正体はおヤッさんの父親(御年85)。
昔子供だったおヤッさんを置いていずこかへと蒸発したという
エピソードがあり、そこから仲直りして共闘するまでに至ったいきさつが
よくちらつかされるが、決して細部が説明されることはない。
酔拳が得意だそうだが、酔うと戦闘よりもセクハラに走るので、
その戦闘力は未知数。
実はボンバークラッシュの創始者でもある。


おヤッさん・江戸紫仁八(えどむらさき・じんぱち)

・ボンバークラッシュをまとめる男。47歳。
職業は「花岡組」の組員。だから「おヤッさん」。
指示を仰ぎたいときに出入りや殴り込みで席をはずしていることもしばしば。
また何回鉄砲玉に生かされても平気で帰ってくる
不死身の男でもある。
またやる気に欠けるボンクラメンバー(グリーン除く)を動かすのは
この男の無言の圧力であったりもする。



…………思いつくままをつらつら描いてるとこんなことに。
こうやってキャラが無意味に増えていきます。

そして敵キャラは思いついたら書きます。
ここまでお付き合いくださった方、本当にお疲れ様でした。
そしてありがとうございました。

ご意見、ご要望等あればお教えください。

づはまた。

模倣者は本物の偉大さを知る

歌の話ね。

なんていうかですね、「Canned Heat」の練習をしてて、
調子こいていつかカラオケ行ったときにでも歌ってみようと思いまして
その練習に妹連れてカラオケに行ったんですけど、
うん…………まあ…………ジェイ・ケイ(ジャミロクワイのボーカルさん)の
偉大さを身をもって思い知った、といえば
おおむねはわかってもらえるでしょうか。

なんであんな声が出るの?
もっともっと練習せねばいかんです。
練習しても歌えるかどうかは別問題ですが。

昨日は日記をサボってしまいました。
探し物に没頭してたからですが、無駄足踏ました人ごめんなさい。
昨日は友達とゲーセンに寄ってまして、
カロリーメイトの柄のバスタオルだか毛布だかを取ろうとして
千円を無駄にしてきました。


で、最近A君からすごいことを聞きました。
彼のコンビニというのはいわゆるところの「出る」スポットらしいんですけれど、
この間、ジュース売り場の冷蔵庫のドアが勝手にあいたり開いたりする
ポルターガイスト現象っぽいのをムービー写メールに収めたものを
見せてもらってたんです。
で、その時はあいてたのが同じ一つのドアだったのもあって
「単にドアになんか問題があったんじゃない?」とか思っていたんですが、
後でA君が彼の霊感の強い友達にそれを見せたら、
「なんか黒い服の女の子が映ってない?」と言われ、
確認してみたら本当に映っていたそうです。
後で撮ったものを確認して初めて気づくと言うことは、
やっぱり当時は視えていなかったと言うわけで………
そしてこの後、A君が恐怖にかられてそのムービーを消してしまうなんで、
僕はこのとき、想像もしなかったわけで………
(無意味にドラマ『HOTEL』風)

怖いね。
ちなみにその後A君はその場所に行って一時間くらい必死こいて謝ったそうです。
不謹慎かもですが、そのムービー(っていうか女の子)が見てみたかったです。


いつも思うのですが、人が必死こいて探してるときには見つからないのに、
ちょっと軽い気持ちで探してるときに
(もしくはまったく探してないときに)限ってそれが見つかってくれるのは
一体どういうわけなんですかね?
もうなんか、「ふんぬ!!」とか叫んで壁かなんかに
それを叩きつけたくなるのですが。

昨日さんざん部屋の中を探し回って、ついでに部屋を片付けたりしながら
探したときは見つからなかったのに、
今日になってふと見回したら見つかりました。
さすがに壁に叩きつけたりはしませんでしたけどね。

で、探す過程で「これ何ヶ月前の?」とか言いたくなる様な
飲みかけのお茶とか去年の10月末にもらった液状の飲み薬とかが見つかって、
背筋が冷えるような思いをしました。

お茶はそんなに新品と見た目は変わらないのですが、
飲み薬のほうがね………
少なくとももらったときはこんなんじゃなかったよね?
みたいな色をしてるんですよ。
まさに漆黒、みたいな色。
飲んでみたらいかなる化学反応が体を席巻するのか。
気になるところですが、
まかり間違って体内で即死級の物質とかができたりしたらヤバいので、
やめておこうと思います。
「味もみておこう」とかそんなの絶対できない。

でもホントこういうのって、処分に困るのですよね。
相手は発酵に発酵を重ねた歴戦の猛者(?)、
フタ開けようにも非常に勇気がいるし、
かと言ってそこら辺に捨てて(モラルのない行為)
その辺のホームレスとかが飲んで死んでしまったりしたらどうしよう、
マジ寝覚め悪いやんとかそういうこと思うので
おちおちそこら辺にも捨てられませんし、
一体どうしたものか。

なんか発酵に発酵を重ね、化学反応に化学反応を重ねて
非常に有用な薬とかになってくれはすまいか。
たとえば不老不死の薬とか。
たとえば超猛毒で、かけておくだけで虫が一切寄り付かない
強力な虫除けの薬とか。
後者のほうがどちらかと言うと可能性ありそう。

とりあえず部屋(の見えない部分だけ)が片付いたので、
良しとします。
まあそうまでして探していたのがエロゲーというのがなんだかアレですけど。
いや、アタイがやるんじゃないのよ?
貸すために探してたのよ?
ホントよ?
うん、マジで。
信じてね?
(過剰なまでの言い訳)

ではまた。

一度しかない人生、棒に振ってみないか?

今日は色々ありました。
先輩わたshowさんが「河原君これ好きそうやな」といって
「ローカルヒーロー図鑑(だったと思いますが、自信なし)」
と言う本を見せてくださいました。

なんかね、テレビでやってるような特撮とはまったく関係なくて、
各自治体が作ったようなヒーロー、それこそその町しか守らない、
他の街は眼中ないみたいなヒーローとか
目的がその町を有名にすることという売名意識の塊みたいなヒーローとかが
たくさん載っておりました。
なんか妙にクオリティ高い奴から名前がアホ臭いやつ、
果てはスーツとか全然着てないやんみたいなのとかもいました。
チャリエンジェルとかちょっと吹いた。
ちなみにタイトルもこの本の中のアオリ文句からとってます。
もう見た時すごい笑えた。棒に振っちゃダメだろ。

で、それで大笑いしたのがお昼休みのこと。
その次の授業を終えてサークルの部室に行ったら、
後輩様が素敵な漫画を持っていらっしゃいました。

「ブスの瞳に恋してる」を、あの漫☆画太郎がコミカライズ。

もうね、なんていうかね、死ぬほど笑った。
ヒロインの一人称が「オデ」であることからして笑いました。
ドラマのほうのヒロイン絶対こんなんじゃねぇよ。
さすが、漫☆画太郎………!!
お家芸のコピー多用の切れ味も健在でございました。
今日は本によく当たる日だったのかもしれません。


で、帰ってから友達にこんなメールをもらいました。

「風呂いこ」って。

まあ会うの自体久しぶりですし、友達と銭湯行くのは初めてなので、
行ってまいりました。
サウナとか初めての体験だったのですが、
空気が熱いと息をするのも一苦労なのですね……。
非常に呼吸が苦しくなりました。

で、道すがら色々話をしたのですけれど、
不幸な話の効用について、「不幸なときに不幸な話を読むと
逆に癒しになる」ということを言われました。
確かにその通りだ、と思うと共に、
今まで自分がまったくそれ系の話を読んでなかったことに気がつきました。
いつも見るのもコメディーばかり。
夢ばかり食べて生きてきました。

それはともかく。他にも色々話をして、けっこう考え方に
影響が出るかも知れんな、とか思ったり。
面白かったです。気持ちよかったし。

風呂の効用で疲れが表面に出てきて眠いので、
今日はこの辺で。では!!

ドぐされ外道日記

毎回毎回雨が降りそうな天気なのに朝雨が降ってないという
この中途半端な現状にいい加減堪忍袋の尾が切れそうな河原です、
おはようございます。

とりあえずですね、カレ・ド・ショコラ(だったと思う。商品名)は
かなりおいしいですよ。300円は伊達じゃねえ。(いきなり何よ)


で、です。
人のサイトの日記とか見てて思うのですが、音楽について。
最近なんかガツンと衝撃の来るものが聞きたくてしょうがありません。
ガツンと来るようなメタルとかそういうある種物理的な衝撃じゃなくて、
「こッ、これはッ!!」みたいな自分的衝撃と言いますか。
お恥ずかしながらまだそういう出会いをしたことがないのです。
いえ「ピエールとカトリーヌ」では衝撃を受けましたが、
そういうネタ的な衝撃でもなくて感動というか何と言うか。

インストではいくつかありましたが(十二国記の『夜想月雫』とか)、
歌モノでそういう衝撃を受けてみたいと思うのです。
なんかそういう衝動が。

自分的な感動、と言うことで人に教えてもらうと言うわけにも
行かないですので(人と共有できるのならまた別)、
なかなか出会いは難しいです。
そんなこと言ってる暇があったらツタヤ行けって話ですか。

あと、アクセス解析の話。
なんか昨日は今までになく人がたくさん来てくだすった日で、
アクセス解析とか色々見てたんですけれど、
ふと思うのが「一日何千ヒットもしてるようなサイトって、
こういう解析とかどうしてるんだろう?」ということ。
同じアクセス解析を使ってるサイト様もよく見かけるのですが、
どうしてるんだろうか。
謎だ。

そういえば少し前の話なのですが、
「ソウルキャリバー 曽良 芭蕉」って検索ワードでこられた方が
いらっしゃいました。
…………作ろうとしてるのか、作った方を探しているのか、
それとも作れということなのか。
とりあえず想像したらかなり笑えました。

「イラスト インポテンツ」ってのもありました。
それは………言葉で説明したほうが早いと思うのですが……。
立たないからエロ絵にもできやしないし。
それとも既にそういうジャンルが確立されているのでしょうか。
これもまた、謎です。

もりゃぁぁぁぁぁ

イカれた日記タイトルに意味はないのです。

新しい(というかそんなに世間で言われてない)萌えジャンルを考えてみる。
「ツンメロ」ってどうだろうか。

最初はツンツン、後でメロメロ
(デレのもうちょっと上の段階だと思ってください)。
デレデレどころか、崇拝のレベルまで行ってんじゃね?みたいな。
いや、でもそこまで行くと逆にキモいか。
どのへんまでナチュラルなメロメロを表現できるか、
なんかそういうことばっかし考えています。

自分の目標として、「世間一般に認知されているような
萌えジャンルとは違うもので人を萌えさせたい」、
わかりやすく言うならどうなんだろう、
変なものへの萌えを感じさせたいというのがありますので
(何でも既にある萌えなんだ、単なるマイナージャンルなだけだと
言われれば何も言い返せないのですが)、
こういう変な萌えに関してはけっこう貪欲に考えたりもするのです。
今は無理でも、いつか変な萌えで人をとりこにしたいものです。

今日、うちのぬこが、ありえないほど痙攣していました。
なんていうか、クソ忌々しいことにこの猫は
アタイのベッドの上を寝床にしている節がありまして
(しかも近づくと引っかかれる)、今日もアタイの足のとこらへんで
寝ていやがったのですが、いきなりびくびくと痙攣し始めたんです。
目も半開きで焦点が定まってないし
(寝てるわけだから当たり前といえば当たり前なんですが)、
こりゃまずいと思ってゆすって起こしましたところ、
普通に起き上がって部屋の外へと去っていきました。
これは………なんかの病気?
それともうたた寝してるときとかに不意に「びくっ」となるアレ?
なんていうか、よくわからん………
心配なような、特にそうでもないような、微妙な気持ち。

で、今日またゴブ子がショッキングなことを言ってくれました。

「パック」って妖精を皆様ご存知でしょうか。
シェイクスピアの「真夏の夜の夢」に出てくることで有名な妖精なのですが、
ゲームかなんかで「妖精パックの魔法がかかっているから」
とか何とか言うセリフが出てきたらしいんですよ。

で、それをゴブ子さんは「妖精の詰め合わせ」だと勘違いしたらしいのです。
「妖精パック」…………確かに、そう取れないこともないけど……
でも、ありえないじゃないの。
どんなんよ「妖精の詰め合わせ」の魔法て。
魔力はそっちのが高そうだけれど嫌な魔力じゃないですか。
中の妖精とか残らず死んでそうですもんよ。

なんていうか………あまりにアレな間違いぶりに戦慄しました。

あと姫路に行ってきました。
本を買ったり色々してきました。
本屋で働いてらっしゃるという友人A君の彼女さんも見てきました。
見るにつけ「ああ、がんばってるなぁ」と学生ニートのアタイなんぞは
思ってしまうのでした。犬の散歩はバイトというのが
すごいはばかられるしなぁ………。

犬の散歩中に人にあって「毎朝してるけど、手伝い?」
とか聞かれて非常にあいまいな薄ら笑いしか浮かべられないのは
そんな簡単な仕事でお金をもらっている後ろめたさからでしょうか。

ともかくちょっと充実した休日でした。

himagine(ヒマジンと読む)

休みの日ってなしてこうもやることないんでしょ。
暇で暇で、かといって何をやろうという気にもなれないこの苦痛。
やろうとするとめんどくさくなり、やらないと暇でしょうがない。
これが怠惰って奴なんでしょうか。

とりあえず学校の発表に使う原稿がありますので、
それは少しずつやってはいるのですが。

今日、ゴブ子がこんなショッキングなセリフを吐きました。
「ガチムチが好きやねん」と。

知らない人のためにご説明をいたしますと、
ガチムチって言うのはいわゆる
「筋肉ムキムキのお兄さん同士」というジャンルなわけなんですけれど、
そういうジャンルがあることは認知していても、
いざそれが妹の趣味という形で身近に現れてみると、
かなりショックを受けるもんですね。

たとえるなら殺人のニュースを見てて「怖いね」とか言ってたら
殺人犯が隣に引っ越してきた、みたいな。

とりあえず「Canned heat」を歌えるようになるべく奮闘中。
あと発表の原稿。
最近日記がどうも短いですね。
長いのを書かなきゃいけないわけじゃないですけれど、
やっぱりもうちょっとボリュームも欲しい気がしてみたり。
何も考えずにすごしていると書くことも浮かばないわけでして。

とりあえずギャラリーに何か増やしたい今日この頃。
あとTOP絵。何回言ったかこの単語。

※ガチムチをもうちょっと深く知りたい方は
男性向けガチムチゲームである
「THE ガッツ」をオススメしておきます。

父よ

あなたの息子は昨日、あなたのふとんで滑って
足首をひねりました…………。

それはいいのですが。

長く文をかけるほどのネタがないので、簡素な日記です。

今日から梅雨入りらしいよ。
明日も降水確率70%だとか(神戸付近に生活範囲がある人限定)。
皆様、明日は傘を持っていくようにしましょう。

今のところは、それだけ。

朝からドライビング・ハイ

自転車なのに…………?

今日犬の散歩のために親戚の家に行く途中、奇妙なものをみました。

なんかね、用水路がやばかった。
水位がいつもより変に高かった。
そして田んぼにしても、あぜ道が隠れるくらい水浸し。
昨日そんなに雨でも降ったのか?とかって思うのですけれど、
道とかは完全に乾いててそんな様子もないのですよ。

なにこれ?蝕?蝕の影響?(違うよ)

後で犬の散歩が終わってから帰るときに気付いたのですが、
どうも田んぼに水を入れる日かなんかのようです。
どこの田んぼも水浸しになってました。
もうお兄さんもぐっしょりです。


でまあ昨日の話、昨日あまりに眠かったので思い出せずに
(もしくは思い至ることができずに)書けなかったのですが、
昨日電車の中でお友達に
「オタクがパンク趣味になる傾向があるって聞いたんですけども」
みたいな事を言ったんですよ。

最初にアタイがそれを見たか聞いたときには「そうなん?」
くらいにしか思っていなかったのですけれど、
いざ自分がそれをちょいと好きになってきてみると
「そうなのかもしれん…………」と思うのです。
アタイの場合、自分がそういうカッコをするのでなくて
描く絵のキャラの服装とかでそういうのカッコいいなと
思うくらいなんですけれども。

で、それをお友達に言いましたところ、
「それはゴスパンクっていうもので、マジパンクとはまた違う」
ということを言われました。
パンクにも色々。
北斗の拳のザコキャラのカッコはずっとパンクだパンクだと思っていたのですが、
実はアレは違うものだということで、ものすごいショックを受けました。


「なんちゃって」が好きです。

唐突に話を変えるなボケが、とお思いの方、ごもっともです。

が、ちょいと語らせてくださいませ。
なんていうか、世の中には考えうる限りさまざまな「なんちゃって」が
いるわけです。
なんちゃってヤンキー、なんちゃって悪党、
なんちゃってハイソサエティーとかなんちゃってパンクバンドとか。
もちろん本物も素晴らしいのですが、なんというか
そういう「なんちゃって○○」の
「本物になろうとしてるんだけどなりきれない感」がすごく好きなのです。

たとえばなんちゃってヤンキーが道端で捨て猫にエサをやっていた、とします。
本物のヤンキーがエサをやっているのもすごい感動ですし
ギャップにドキッと来る場面ではありますけれど、
なんていうかなんちゃってヤンキーの場合、
そこにまた微笑ましさみたいなのを感じるのです。
ワルぶってるけど結局コイツアレじゃん、みたいな?
本物がやるのとはまた違う微笑ましさが。

「こころナビ」ってゲームでそういうキャラが出てましたが、
個人的にはすごいツボでした。ただゲーム自体はできませんでしたけれど。
なぜだ。

やれないながらも一生懸命それをやろうとする姿ってなんかいいですよね。

はて、何が言いたかったのだろう?
書いてるうちに何が言いたかったのかを忘れてしまいます。
このままじゃ単なる萌え語りになってしまうじゃないか。

うん、まあいいか、それで。

ではまた。

もう俺以外愛せない

日記のタイトルですけれど、
別に急にナルシシズムに目覚めてしまったとか
もう誰も信じられねえみたいな勢いで人間不信になったとか
そういうのではなくて、まあいつもどおり意味はないんです。

かっぷるはうらやましいけど、よくけんかをするので
しょうじきびみょうだなあとおもいました。まる。

今日の概観と言いますか何と言いますか。A君ハゲないといいけど。
まあ恋愛なんつーもんに首突っ込んでも仕方ないので
黙って見守るしかないのですが、でもちょっとA君大丈夫かなぁ、と。

あと今朝の日記、「お前の母ちゃんど淫乱」とか言われて
一番ムカッと来てダメージ受けるのって
他でもない、言われた奴の母ちゃんですよね。言われた奴ではなくて。
考えれば当たり前ですが。

今日はサークルの人々と寿司を食べに行って、
その帰りにツタヤでCDを借りて帰ってきました。
楽しかったです。

ホイフェスタの「JET」ってCDを借りたんですが、
そして確かにその曲もいいんですけれど、
個人的には一緒に入ってた「朝ごパン」って曲のほうが好きかも。
なんかかあいらしい曲です。世間知らずの妄想みたいな(言い方悪いですが)。

短いですが今回はこれで。づは!

勇者ヘガデル伝説~ハナミズビッチの黒い影~

2943(にくしみ)ヒットどうもありがとうございます
(嫌なあいさつするな)。


日記のタイトルのお題(自分内の)は「SFCのバカゲーっぽく」。

午後8時半に寝て午前五時前に起きるのはいい。
8時間寝てるわけだから。
しかし十時半から寝て4時半に起きるってどういうこっちゃ。
単なる睡眠不足やないの。


「お前の母ちゃんデベソ」ってな罵り言葉があるじゃないですか。
実際使ってる子供を見たことないのがアレですけれども。
でも、成長して中学生高校生になってくると、
まあ当然かもしれませんがこんな言葉は使えませんよね。

そこでこれに代わる新たな罵り言葉を考えてみたよ!!

「お前の母ちゃんど淫乱」

…………なんかすごいいろんな意味で
精神的ダメージがでかい気がするのですが、いかがざましょ。
僕ならとりあえず泣くかオエッと来るかどっちかだと思います。
「お前の母ちゃん俺の○奴隷」とかでもいいにはいいですけれど、
使いどころをまちがえないように。
またホントにそいつの義父になってしまわないようにも注意が必要です。


でまあまったく関係ないことなんですけれど、
タカラかどっかから「犬猫どもの言葉を翻訳してやるぜオラァ!!」
とでも言わんばかりのおもちゃが出てたじゃないですか。
あの、ほら、商品名は忘れましたけれども。

アレが犬猫の言葉を本当に正確に翻訳しているとは
どうしても思えないんですけど(おもちゃですしね)、
もしも本当に正確に翻訳する機械が発明されたらどうなるか。
なんか恐ろしいことになりそうな気がして仕方がないです。

たとえば、これまで5年間愛情の限りを尽くして育ててきた犬
(ドーベルマンでもマルチーズでもなんでも可)がいるとしますよ。
で、その機械が発明されました。
さあ、犬は自分に対してどんなことを思っているのか。
もしかしたら犬は自分の言葉がわかっているのではないのか。
そうだとしたらこの機械を用いることによって会話ができるんじゃないのか。
きゃあ!!素敵!!
そう思って早速その機械を購入、犬に使用してみたら
「もういい、しゃべるな、お前とは言葉が通じない」とか返ってきたら
その人はどうすればいいのか。
今まで恋の悩みや職場の悩み、ありとあらゆることを
相談してきた○○(犬猫の名前)に、それを全部否定された。
もうこれからの生活でペットとの会話がなくなること
間違いなしじゃないですか。
子供からも情緒が失われるじゃないですか。
ペットがいても家庭に潤いなんぞ生まれないじゃないですか。

また発情期の犬に使用してみたところ、
狂ったように卑猥な単語ばっかしがそれに表示されたらどうするのか。

もう、犬猫なんて愛せない。

街が捨て犬猫で一杯になるなんて言いませんけれど、
なんていうか、けっこう荒んでしまうんじゃないかと………。

わからないが華ってこと、ありますもんね!!

もし仮にアタイが今散歩させに行ってる犬(オス。交尾済み)に
「おい、童貞」とかって言われたら………ねぇ?

とりあえず殴る蹴る。疲れて帰ってきたサラリーマンが
「とりあえずビール」というくらいのとりあえずさで殴る蹴る。
目標5000回くらい殴る蹴る。
僕の!!気が晴れるまで!!殴るのをやめない!!くらいのテンションで殴る蹴る。

多分その後にアタイが飼い主から目標20000回くらい
殴られ蹴られると思いますけど。
ブッ壊すほどシュートされそうですけど。

まあ殴る蹴る云々は(回数とかは)ウソだとしても、
もうアレですよ、一寸たりとも愛情なんて注げないですよマジで。
マジ怖い。
でもまあそんなのが発明されてもしばらくは一般家庭にいきわたることは
ないとは思います。値段的に。

あとね、セクシーグラビアってどういう風なもんなんですかね?

いまそれっぽい絵を描こうと思っているのですけれど、
なかなか難しいということを実感しております。
アタイの画力的に皆様の期待をあおるほどのものは描けないのですが、
がんばろうと思います。


さてね、何べんも同じような文句でまったく違う話題を引っ張り出すのが
アタイの文章力のなさを如実に物語っているわけですけれど、
どうもね、アタイがピンクキャラであるせいか
ある方に「女キャラが大好きだ」という不当な誤解(笑)を
受けているようなんですよね。

でもあえて言っておきたい。主張しておきたい。
僕は女キャラよりも渋カッコイイオッサンや
いい味出している男キャラのほうが好きなんです。
どうしようもない男好きなんです(あからさまにイカれた表現)。

いえね、そりゃあギャルゲーとかだったら見る対象が女しかないわけですから
(そんでも悪友とかのほうが好きだったりしますけど)
女の子の好みとか萌えとかいろいろ語りますけどね、
しかし、だ。
1ラウンド5秒でKOされるくらい個人的に破壊力強い女キャラでもいない限り、
アタイは男のほうにけっこうはまったりします。

ナオミ・ハンター?メリル?誰それ?
メリルなんぞよりもオタコンを取るわ!!
(=ステルス迷彩>ムゲンバンダナ)
ウルフよりもオセロットとかバルカンレイブンとか
ドMな忍者(もっと痛みをくれ!!)とかサイコマンティスに惚れますともよ!!
なんだよヒデオって!!(笑)

うん、でも萌えキャラは大事ですよね。(だいなし)

プロフィールですよ

河原砂利助

Author:河原砂利助
性別……雄野郎
年齢……31
太った熟女やロリやケモ絵を描くのが好きなアレです。
ご意見ご感想などありましたらおきがるにどうぞ。

メールアドレス
king_of_sukeroku☆yahoo.co.jp
(☆を@に変換)

最近の記事ですよ
pixivやっています

ひと月ごとに見る
フリーエリア

最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
喪ブロゴです

リンク