スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頭悪いな

ついに………ついに 私は 童貞をすてたぞ……

ハロワ童貞という童貞をね。
別にそこら辺のお姉ちゃんとセクロスしたわけでも
初めて人殺したわけでもありませんよ(傭兵間での隠語だそうな)。

しかしまあ、バイト情報誌の情報が
あまりにうちの地域とかみ合わないことにかんしゃくを起こして
初めてハローワークに行ったわけなんですけど、
それまでやっぱりハローワークなんて行ったことなかったわけなんです。
で、童貞がお姉さんに筆卸ししてもらうがごとく
「初めてだから、やさしくしてっ!」的な勢いで受付のお姉さん
(だいたい30~40代くらい)にアタックして概要を聞きましたら、

何のことはない、思いっきり一人プレイの場じゃないですか。

パソコンを使わせてもらって自分で条件に合う勤務先を見つけて
そこに斡旋してもらうと言うだけ。
斡旋してもらうこと以外はすべて一人プレイ。
アタイ、知らなかった………。
とりあえずいくつか仕事を見つけて帰ってきました。
斡旋してもらうのはまた明日。

で。
最近、エロにもストーリーは重要だねということに気付きました。
…………エロゲ(しかも俗に言う抜きゲー)で。
エロ絵は言うに及ばず一話完結のエロ漫画でもそうなんですが、
登場人物の感情の動きだとかそういうのを描写するには足りないのかな、
と思ったりとかで………
エロゲ見たく1年なり数ヶ月なりの時間、人物関係の経過を
みっちり描くことはさすがに出来ないなあ、と。

そういう意味で見ればエロゲも面白いかもですね。
今までお金なかったのでそんなに買いませんでしたが、
少しエロゲマニアになってみようかしら。抜きゲー専門の……
純愛ゲーはやらねー!くそして ねろ!
まさに外道!
………ではないですけど、牧場物語(における恋愛や結婚というギャルゲ要素)が
ものすごく楽しめたアタイには普通のエロゲも大丈夫でしょうか?
よくあるけっこう誰にでも尊大な主人公像はあまり好きではないですが、
がんばってみようかしらん。
でも店に入ったとたんエロメインのものしか
目に入らなくなる様が容易に浮かんで嫌だ。

で、アクセス解析を見たら「DV ダニー 牧物 理由」というワードで
来られてたかたがいました。
以前にも書いた気がするけどもう一回。
「牧場物語 キミと育つ島」のダニーがDVと呼ばれるのは
彼と結婚してから嫌いなものを送ったときに
「なんやこれは!亭主にようこんなもん出せるのう!後で捨てとくわ!」と
嫁の心をズタズタに引き裂くようなセリフを吐くからです。

「こいつはDV(ドメスティックバイオレンス。家庭内暴力)してるにちがいない、
むしろこのセリフ自体DVじゃね?」みたいな。
コロボックルステーションのフレンも
嫌いなものをあげると「……後で捨てときます~。」と
同じような反応を嫌そうな顔してしてくるのですがDVとは言われてないような……
程度が違うか。あと女の子だし……ということかね。
それ以前にかわいいからか(その前作だとヒロイン漏れしてた地味な子ですが)。
でもよく言うよね、「地味な子ほどかわいい」ってね!(言わんよ)

しかし、ハデでセクシーなお姉さんも同様に大好きなんだ……
きっともう穴がついてたらなんでもいいのかも知れん。
駄目だこりゃ、こいつは駄目だ。
スポンサーサイト

頭痛いな

先日学校のテストが終了しました。
これで卒業に必要な単位が取れていれば
5日の学期末の打ち上げをもってアタイの4年間半の学生生活は終了、
ということになるのですが、
もしこれで単位取れてなければアタイの4年間半の学生生活は
失意とともに終了、ということになって4年間の学費を無駄遣いさせてしまった、
ということになるので非常に怖いのです……
一問一答ならいいんですけど論述ですからね、明確に答えを間違ったとか
そういうのがわからないからより怖い。ぬあぁぁぁぁ!


で。
最近ほんとにコンビニには新製品多いですね、夏ってこともあって。
基本アタイはスーパーで食料品を買ってるのですが、
スーパーでは見かけない商品がコンビニにはやたらあって面白いです。
カップヌードルのブラジリアンチキンヌードルとか、
もう名前から味が想像できない……w

ジュースにしてもそう。
先の「男のビックル」もそうですが、アイスクリームソーダ味のジュースやら
チェリーサイダーやら見たこともないようなものが色々………

で、オレンジプラッシーってどっかで聞いたことある気がするんですけど、
プラッシーって何?
「ラッシー」なるいろんなバリエーションのある飲み物が売ってますけど
その仲間だったりとか?
でもほんとなんなんだろう、絶対どっかで聞いたことがあるんだけど……

「デニムよ、現実(所持金)をきちんと見すえて、
よりよい選択肢を選ぶのだ……お前は、次の世代の(ジュースの)ために
金を落とすだけでよい……それを………忘れるな……」

違う、プランシーだこれ。
調べてみましたら、清涼飲料水のブランド名なんですってね。
ブランド名というか、商品名。意外と普通だった……
あとラッシーはインド発祥のヨーグルト系の飲み物なんだとか。
知らんかっただよ。


そういえば「なんでお前らの絵って言うと美少女画、女の絵なの?」
とか言う意見をたまに耳にするわけですが、実際何でだろう。
描いてて楽しいから、というのは絶対にあると思いますけど、
他に何か理由はあるのだろうか。
そも兄貴(普通の若者でも可)を描こうという思考が浮かばない……
女の子書いてるほうが楽しいから、受けがいいから、という意見が
出されてましたが、ほかにはなにかあるだろうか。

わからん………もう……なにもかもが………

へ ひゃ ひゃ ひゃーーーーー!

本を買ってきました。

今日(昨日?)の収穫

・どきどき魔女神判! ② 八神健
・ドスペラード 大和田秀樹

どき魔女は………エロい。うん、かわいくてエロい。
さすが元エロゲンガー経験者、と言わざるを得ない。
各人の漫画内での役割が顕著になったな、という感想を持ちました。
まほは乳要員、あと微妙にかませ犬?とヒロインポジション。
マリアは乳のないヒロインポジションか。
あやめは前巻で星流れ、今回で無明逆流れや
「ど許せぬ!」のセリフなど、完全に山口貴由ネタ要員と化した感が……
(今巻登場のメリーも「淫果(=因果)」とかの山口ネタを使ってましたが)
ゆーま(ショタ)にいたっては「アッー!」がらみのネタがほとんどでしたし。
なにされても悲鳴が「アッー!」ってお前………
終盤のセリフ「アッーと少しです!」(=あと少しです)

……ねーよwwwwwwwwwww

れんげどんが微妙に空気。
新登場のイブ先生は(わかりきったことでしたが)エロ担当に………
「だったらそのSNKのゲームくっつけて遊べるようにしてくれよ!
S・N・K!S・N・K!」には吹いた。

ゲーム版と異常なまでに逸脱してますが、これはこれで非常に面白かったです。
しかしほかの人と比べてルル様は非常にエロ少なかったなあ、と残念に……
ネタ要員だったから仕方ないのか。最後の最後、正ヒロインっぽい気も
しなくもなかったけれども……
むしろ見た目がロリ(を通り越してペドの域)だからいかんのかね?

で、終わったと思ったらすぐにどき魔女2の連載開始だそうで、
ゲーム発売ってそういえばもうすぐだっけ、とかいろいろ思ったけど一つ。
ショタキャラのパジャマの尻が谷間までくっきりなのをどうにかしてくださいw
尻を強調しすぎだろ、常識的に考えて………


で、ドスペラード。
主人公が世界に存在する4大元素のどれにも属さない
「萌え」属性の魔法使いである30代童貞という恐ろしい設定の漫画。
出てくるキャラが基本的にオッサンであり、中盤からは
主人公以外の「萌え」属性の魔法使い(萌え系の衣装を着たオッサン)が
大量に登場すると言う絵的にすごい漫画でした。
主人公が組織を出奔した理由が「組織の娘に短小を笑われたから」
というアホさ加減も非常によし。
しかし、最後らへんまではすごく面白かったのですが、
オチが投げっぱなしすぎる………

「へ?」と思うようなオチです、なんというか何の説明も存在すらも知らないのに
いきなりイデオンエンドになって終わらされた、こんな感じ。
というか終わり方はモロにイデオンエンド(みんな因果地平にぶっ飛ぶ)でした。
主人公が逃げ出した→みんながそれを追う→
次のページに見開きで
「モエが発動してみんな萌えの因果地平にぶっ飛んでしまいました」

……………ホワット?

ポカーンとなった。
いやでもね、今ってけっこうオタク世間的に、女装少年への需要が
けっこう高まってきてるじゃないですか。
それだと思って読めばそこそこ………全員30代は越えてるだろうけどもね。
あと昔のFF大好きって人は読まぬほうが……?
単に名前が「セシル」「バッツ」「ロック」である
オッサンが登場するだけだけども、まあね……

で、あと絵を描いて見たダスよ。

一転攻勢。(デブ・毛・言葉責め注意)

以前描いた「アッー!」の絵の続編。
TDNネタだけに「しゃぶれだぁ!?てめぇがしゃぶれよ!」的な
一転攻勢絵も描きたいなと……と思ってたはずなのに
単なる言葉責め絵になってなんだかなあ。
おなかから尻へのつながりと手の描き方にちょっとまだ課題が。
あと乳の押し付けられてる感じが出ればいいなあ、とか。

そして言葉責め絵ということで一生懸命セリフを考えましたが
あまりの恥ずかしさに全俺が死んだ。
ハアッオ"!と叫びたいくらいに恥ずかしい。

やっぱり恥ずかしいよ恥ずかしいよあばばばばば。
独身の変態野郎である
河原の絵の痛々しさを見てみぬふりをする情けが
ブログ読者達にも存在した………と………

とりあえず性的な好みを多めに詰め込んでみたつもりです。
がんばった!!(もっと違うところでがんばれよ)


ということで、また…………

タクティクスオウガはLルートも好き

タイトルと中身に関連性はありません、が、
タクティクスオウガにおいて
けっこう世間様ではCルートがデフォ、みたいに言われてますけど
ヴァイスが仲間になって幼馴染3人組で戦っていけるLルートも
それはそれで素晴らしいものだと思うのです。


最近髪を切りました。
以前中途半端に切ってもらったら
眼鏡もあいまってか北の将軍様みたいになったので、
今度はわりかしばさっといってもらったんですが、
なんかね、よく言えば男らしいと言うかスポーツマンぽいと言うか
(スポーツもしてないし根性もないのに)なんですが、
今回はヤマジュンの漫画に出てきそうな髪型になった…………。
あの人の描く男の髪型って結構作品を越えて似通ってるんですよね。
あの時代(80年代)の男らしさを強調した結果ああなったのかも?

で、最近けっこう散歩帰りにコンビニによるのですが、
やたらと「男」を強調した商品が増えている気がするのは
アタイの気のせいでしょうか?
といいましてもプロテインとかワセリンとかそういうのではなくって、
「男の~」という商品名のカップめんとかそんなのです。

カップ焼きそばのUFOにしろ、男の濃厚とんこつだとかにしろ、
ガテン系焼きそばにしろ、探せばまだ他にもあると思います。
なんというか、ありていに言えば「雄臭い」傾向があると思ったのです。

でまあ、食べ物に付けるにはいいんですよ、「男の」って。
味が濃かったり量が多かったりするんだろうなということが
けっこう容易に想像できますし、イメージもそんな悪くなく、
むしろワイルドでいい感じです。女性差別とか言われるとどうか知りませんが……

で、最近その男ブームが波及してきたのか、飲料界にもそれが出てきたんです。
皆様「ビックル」という飲み物をご存知でしょうか?
ビンに入って売られてるアレ。
120円で280だか300だか、確か缶ジュースより内容量が少なくて、
なんで、これだけなんだと思うことも多々あったかと思われますが、
今回それが150円で500ml入りの、
一般ジュースと変わらぬ相場になって帰ってきました。

その名も、「男のビックル」。

ん、でもこれだって、栄養素たっぷりなのかとか、
マカとかガラナ(男の夜の成分です)とか入ってんの?とか、
炭酸がきつかったりするのかしら、とかそういう想像をめぐらせるもので、
悪いものではないだろ、という気がするかもしれません。

だが、我々は知っている。男と液体のつながりを根源的に知っている。
「男のビックル」→「男の乳酸菌飲料」→「男のジュース」→「男汁」
そんな関連性を知っているぅぅぅぅ!というか単なる連想ゲームだこれ。
まあ色がそれを連想するにしてはちょっと肌色がかってるかなーというか
こんな色のが出たら病院行くことを考えるよ的なものなので、
飲むときに抵抗はないのですが、だが、しかしッ!

………いや別にね、ビックルやサントリーにネガキャンを働こうとか
そういうことではないですよ、ええ。
ていうかアタイ、ちゃんと買って飲んだし。一滴もこぼさず飲み干しましたともさ!
雄臭さとは正反対の、乳酸的な優しい味がしましたよ、ええ。
………じゃあアタイは一体なにがいいたかったのか。あっれえ?

で、またその帰りがけにゴミ捨て場の前を通ることがあったのですが、
ゴミ捨て場を埋め尽くすほどのかなりの数の雑誌が捨ててあったんです。
で、こういうのを見るとついつい確認したくなるのが男の サガ。
別にね、アタイだってもう小中学生じゃないのだから
さすがにもうおちてるエロ雑誌を拾って帰ったりなんてしませんけど
(エロ漫画の単行本ならちょっと考える)、
しかしそれでもエロ本が落ちてるとなんとなく嬉しくなりませんか?
うおおっ、的な。子供の頃の感動がよみがえると言うか(安いな)。

で、ちょっとどきどきしながら何の雑誌かを確かめにいったんですけど、
全部が全部コミックバンチ。
「このぶんだとそうとう(捨てるのを)ガマンしてたみたいだな
ゴミ捨て場ン中がパンパンだぜ」
思わずそんな言葉が浮かぶくらいコミックバンチの山。

一応表紙を見てると「デブになってしまった男の話」なる漫画の
タイトルを発見したのですけど、これは…………
デブ男には萌え的には興味ないですけども(ラクガキとして描くのは好き)、
デブを扱ってる漫画って珍しいなあ、冒険したな……と思って
家に帰ってから調べてみましたら、作者が高倉あつこさん。
「ハゲしいな!桜井くん」という漫画を描いてた方です。
確か「ハゲまして!~」っていう続編もあったような?

読んで字のごとく若ハゲに悩む主人公を描いた話なのですけど、
この人はコンプレックスものを描くのが得意(もしくは好き)なんだろうか。
コンプレックス萌えなアタイとしましてはちょっと気になるなあ、と思いました。

まあ、そんな感じで。
風邪は一晩寝たら治りました。

ロリー・ローリンは大人の女優

だりぃ。やってらんね。もうなにもかもがだるいんだぜ……

と言っても何かに絶望したりやる気をなくしたわけではなく、なんというか
体が非常にだるいんスよ……
と思って熱を測ると37度3分。
平熱がけっこう高め(36度5分くらい)のアタイにしましたら
アッー………なんか微妙なんだよなぁ。
でもしっかりと体中痛くなってるわけでして……

フフン 風邪を引くとすぐに体の節々が痛くなったり
頭がぼんやりしたりと言った諸症状が現れやがる
まってろよ すぐに医者を見つけてやるからな
(レザーにモヒカンというコーディネートになりながら)

……多分オチは尻に注射液でも発射されて終わりかとは思いますが。
いや、性的な意味でなくてね………。


で。アタイはここ4年間ほど、ちょっとしたアルバイトとして
早朝に人の家の犬の散歩をしてるんですけれども、
いつものように決まった散歩道を通ってたところ、民家の前に
その家のものとおぼしき車が止まってたんですね。
で、日曜日ですし夏休みだし、けっこういろんなところで同じ光景を見るしで
みんなレジャーにでも行くのかしらと思って
その場を通り過ぎようとしたのですけど、
まあやっぱり家族の人がいろいろ荷物を出したりして走り回ってるんですね。
で、ああ頑張るなあ、準備大変だなあとぼーっと見ながら歩いてると、
上半身裸の娘っ子(小学生中学年くらい)が走ってるのが見えました。

いかなるときも濁った河原の瞳がこのときばかりは凛と輝いた
「見よ あれが子供をよこしまな目で見る変態の貌か」
「透き通っておる……」(むしろそっちのほうが変態っぽい)

「失礼 拙者 3次元ロリには興味があらぬゆえ」


まあ、普通にドキッとはしましたが……。
しかしね、よく「大人と子供の境目」みたいなうたい文句で
15歳やらなんやらの子供がグラビアなりいかがわしい本なりに
出演してたりしますけれど、
はるか昔からお稚児さんがもてはやされる日本ですもの……。
大人になってもお稚児さんっぽいのを目指す文化がある日本ですもの……。
頭の中身がお稚児さんっぽい成人女性もいっぱいいる日本ですもの……
(これはまあ男性も一定数いるとは思いますが)。

ぶっちゃけて言おう、日本人少女がそんな危うさを強調しても、
そんな魅力はないですよ、きっと。
お稚児さんっぽい魅力はあると思いますけど、大人との境目、みたいな危うさはない。
どっちかというと男のほうがそういう危うさがあるんじゃない?
尾崎的な意味で。

大人と子供との間の危うさなり艶っぽさなりというなら
どっちかというと洋ロリじゃないか、と思います。
彼女らは見た目的な意味で子供の頃から大人っぽいじゃないか……
でも中身は子供なわけで。
単なる外人コンプレックスやファンタジーを求める心のせいだとは思いますが
(外人さんとか洋ピンはある意味ファンタジーだと思う)、
そういう子供の性的魅力ってのは向こうさんのほうが強いんじゃないか、と
わたくしはそう思うわけでございます。

浴衣に感じるようなあっさりした魅力なら日本の女性も負けてないけど、
というか逆に外人さんにあっさりした魅力ってあんまり感じられない。
日本人の魅力を寿司とするなら向こうのはやっぱり1kgステーキだと思いますし。
そう、だからこそ考えるんだ……浴衣を着た外人さんこそ至高であると……
(どっからそんな思想がやってきた)

ほら、アレじゃん?最近の回転寿司に良くある肉の乗った寿司、
あれこそがそれをうまく体現してると思わないかい?
古きよきあっさりを求める人には忌避されるけれど、
どこかアンビバレンツな魅力があるとは……思わないか?(それもどうだろうか)

一見あっさりを気取ってるけど所詮てめえは肉なんだよ!みたいな。
なんか違うな……。
つるぺたの子にセクシーランジェリーを与えるようなもんかしら?
これも違う気がするが………
見た目ものすごいエロスなオーラを放ってるビッチなのに
職業が修道女でした、ウソー、みたいな?
これも違うな……。
要するにほら、ムチムチの淑女に感じるエロさですよ、たぶん。
淑女なんだけどなあ、なんだかなあ、露骨に性的な匂いはしないんだけど、
でもなあ……みたいな。

個人的に疑問に思うのですが、
江戸時代の気風のいい女性に感じる婀娜っぽさってのは
性的なところからくるものなのかしらん?
色気のような扱いをされてますし、ある種の色っぽさかもとは思いますが
性的な感じもそんなに(個人的には)しないのですよね、なんか。
あれかな?薄いから色気って感じがしないのだろうか。
屁のにおいを薄めるとバラの香りになるように(最低な例え)。


いつにも増してなにが言いたいのか……思いっきり話の主軸変わってるし。
ええんや、ワイの伝達力なんて所詮伝言ゲームにおける小学生以下なんや……
ウンコとかちんちんとかで爆笑してるのがお似合いなんや……
ああ~^はよう糞まみれになろうぜ!

ということで、また。

オゥ!ホットガイ!(タイトル意味なし)

地元の友達んちに行ってきました。
最近彼がペンタブを買いまして、それで描いた絵を見せてもらったのですけども、
うむ?
…………彼とはけっこう昔から絵を描く友達であったのですが、
東京に出たり色々してからは
けっこう絵にブランクがあったと聞いていたのですが……
なんか普通にアタイにはできないような(色鉛筆風の)塗りを
体現なさっておられるのですが………ブゥーシット(嫉妬)!

いえそりゃあアレですよ、全自動嫉妬マシーンと名高く、
もしペルソナがもてたら
ヘラ(嫉妬王といっても過言ではない女神様。
でも別に嫉妬を司ってるわけではない)とかが
普通に出てくるんじゃない?と目されるほどに嫉妬心旺盛な人間です。
俺もあの頃(3年ほど前)はひどかったもんさ……
まあそれは置いといても、ブランク置いてもそんな絵のクオリティ変わんないって
けっこううらやましいことよな……と思ったり。
え?Shitマシーンの間違いじゃないかって?
ああ、ごめんね、確かにウンコ製造機ですよ、ごめんねホント……

あと彼の家でニコニコ動画(ウチでは通信速度が遅すぎて動画とか見れない)を
見せてもらってきたのですけども、
動画のところどころでエロ絵が出てくるんですね……大事なところは隠してあるけど。
それを見てるとこう、刺激される刺激される。
べっ、別に股間がとかそう言うことじゃないんだからね!信じなさいよね!

エロは何故こう人の心に火をつけるか。というか未知の表現とか
人それぞれの魅惑的な表現がいっぱいで見てるとほんとに楽しいです。
構図とかでも全然変わってくるものであるしね!
それこそ本当に星の数ほどエロがあるのだ……
すげえや父ちゃん!いつか俺もあの星の中の一つになってみせるよ!(なにこれ?)

で、ふと思ったんです。
アタイは同人活動もしていないくせに2chの同人板をのぞいてたりするのですが、
国の擬人化漫画(こないだ書籍化したWeb漫画。今度アニメ化するとか何とか)
というのがありまして、
軍隊や国際関係にまつわるネタをやってるそうなんですけども、
それが多少ホモっぽく、かつその2次創作で
普通に18禁ホモネタが出回ってると言うことで、
ブチ切れる他国の人々も出てて、これやばいんじゃないの?みたいな意見が
けっこう聞かれるのですけど、そのことについてはまあおいといて。
今更それをここで論議してもしょうがないし……

いえね、アタイも先日買った漫画ですが、
「聖☆おにいさん」って漫画があるじゃないですか。
イエス・キリストとブッダのほのぼの日常コメディなんですけどね。
で、その作者の方が(多分絵柄的にですが)同人界での一部の
流行になる兆しを見せてる、みたいな意見をみたんです。
流行になるってことは原典(漫画ね)を見てるというわけで、
読む人がいるってことは(必ずしもそうだとはいいませんけど)2次創作で
18禁ネタを描かれることも無きにしも非ずです。

これさ、普通に怖くないかい?
いいぞ ベイベー!
国の擬人化キャラをホモに仕立て上げられて怒るのは愛国者だ!
日本人に直接怒りをぶつけるのはよく訓練された愛国者だ!
ホント国擬人化とホモ化は地獄だぜフゥーハハハーハァー!じゃないですが、
愛国者の割合より、キリスト教徒と仏教徒の信者の割合のほうが
明らかに高いですよね?
多分熱狂的な信者だけでも各国愛国者の人数に匹敵するんじゃないかと思うくらい。

知られたら殴られるぞ……いや殴られるだけで済むかどうか。
泣いたり笑ったりできなくされるぞ!

花の慶次で前田利家が、訴えを聞き入れられず集団で切腹しようとする
奥村勢を目の前にして、今ここで彼らを死なせたら各国に散った
彼らの妻や子、親類縁者数千人が、いつ牙を向くとも知れぬ刺客になることを恐れ
仕方なしに彼らの訴えを聞き入れて切腹を止めさせると言う一幕がありましたが
キリスト教徒や仏教徒の数は数千ってレベルじゃねーぞ!

…………いや、まあ国擬人化と違って原典にホモ臭さはない分
それ自体へのバッシングはないでしょうけど、
しかし1ジャンルとして定着しちゃったらと思うとちょっと怖くなった。
冗談半分で考えてたつもりだったのになあ……


で、絵を描いてみたありさまだ。

魔法少女?

衣装だけが魔法少女。格闘系魔法少女を想定してみたけれど、
そんなもんはプリキュアが5年以上前に通った道だぁああアッー!
ポーズを、動きをつけようつけようと思いながら描いてました。
でも下半身のポーズが思いつかんでよう……なにこのガンダムSEED('A`)

でね、同じ娘っ子を描いたことがあったんですよ、半年ほど前に。

…………ピザってるwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

い、今 起こったことを正直に話すぜ!
「同じキャラなのに半年前に描いたのとと比べてピザっていた」
何を言ってるかわからねーと思うが おれも何をされたのかわからなかった……
デブ萌えとかデザインチェンジとかそんなチャチなもんじゃあ断じてねえ、
もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ……

というか半年前の絵が微妙すぎるんですよね……
去年のクリスマスごろ描いた絵だったけど、今みると恥ずかしすぎる。
ポーズとか服のデザイン(それは今も当時のこと言えない)とか
そもそもの画力的に、とか(それも当時のこと言えない)。
とりあえずアタイの描く女の子にしては意識して三白眼気味にしてるので、
そこは描いてて楽しくはあります。

シャドウ撃破後の曲の切なさは異常

昼の暑さと明るさで世界が白く見える。
これぞ夏だよな、という感じもしなくもない。
何年かぶりにかき氷を食べてみましたが、おいしかっ です

妹がペルソナ4をクリアしたとのことなので、
ぶっちゃけ触れる前に真ラスボス戦とエンディングの様子、
主要なイベントなどけっこうなネタバレを喰らって心が折れそうになりつつも
貸してもらって早速プレイしてるのですが(現在完二を助けたところまで)、
なんだろう、この心がほんわかする感じは。

仲間同士がすごく仲良し?それもある。
3とかテイルズオブジアビスとかやってるときには感じなかった
絆的なものというか、なんというかそんなのがある。
それもあるけど、考えてみると「頼りになる保護者的存在のいる」ペルソナって
けっこう久しぶりでないかい?と。

前作ペルソナ3は主人公チームだけでの寮暮らし。
普段親しく触れ合う人ったらそれこそ主人公チームしかいません。
保護者どころか大人も不在。
一応保護者ポジションとして幾月先生とかいるけど
あの人は保護者って感じじゃないうえに、最終的に裏切りますし。
大人が子供裏切ってどうする、まあ別にそれはよくあるしいいですが、
少なくとも安らぐことはできないですよね……
仲間に安らぎを求めようにも大抵誰かが独りで勝手に悩んで
微妙な雰囲気を作ってますし、それがないときはギスギスしてるし。
主に伊織順平、てめぇーだよ てめぇー。
主人公(=プレイヤー)に安らげるところがなかったと思うのですよね、3は。

で、その前作にさかのぼって、ペルソナ2罰。
アレは元々大人たちの話ですので、保護者なんて当然もういません。
そういうことの哀愁もテーマの一部でしょうのでそれはいいのですが、
やっぱり安らげるところってありません。強いて言うなら飲食店とかだけど、
アレもやっぱり数ある施設のうちの一つであって
憩いの場という感じではないし……
主人公の家や仲間(パオフゥ)の家は散らかりすぎて安らげないか
生活感なさ過ぎて安らげないかのどっちかだし。
仲間同士の関係性がいい(中盤から終盤にかけてはね……)のが
せめてもの救いですが、
それでもやっぱり心から安心して安らげるようなところってない。
大抵誰かが哀愁を垂れ流しにしているしw

で、もうちょっとさかのぼってペルソナ2罪になると、それはまだあるんですよね。
達哉の兄である克哉であり、南条くんやエリーと言った初代ペルソナ使いであり、
保護者であり幼馴染であり仲間でもある舞耶姉の存在であり。
主人公達は唯一無二の戦士には違いないですが、
ちゃんと子供として保護してくれる社会があり、
子供である自分達を心配してくれる大人がいる。
そういう包まれてる感じの安心感がある。

そんな感じが、この4には久しぶりにある気がします。
堂島さんや菜々子という心配してくれる人、
帰りを待っていてくれる場所がちゃんとある。
あと仲間内の関連性も、3のコミュはパーティー内の女性キャラにしか
コミュイベントがなくて、しかもそれは仲間としてと言うより、
恋愛イベントに近かったと記憶してます。

今回のは仲間全員にコミュがあり、それもお互いが最初にシャドウ
(自分の異なる面)がさらけ出してしまった
自分の後ろ暗い部分をすべて知った仲間として、
そのあたりの事情と事件に対する葛藤や決意というものとして進んでいます。
最初に黒いもの全部出し切ってしまったからもう裏はない、
その辺の連帯感というか、感情移入のしやすさも今作はかなりいいなあ、と。

ある意味恥ずかしさでつながってるんですよね。
自分の恥ずべき心の闇をさらけ出すと言う共通体験で結ばれてるから、
後からさらけ出した人々にもみんな優しいし。
3の「各人それぞれに事情があって~」というのも一つの手法ですけど、
個人的には4のほうがすごく好き。

大体がコミュイベント(一般の人の)って
その人の心の闇や悩みに触れるようなものがほとんどなんですけど、
プレイヤー側の人間もそういうさらけ出し体験してるから(主人公はしてないけど)
みんな同じ、人間なんだなあ、的な感傷の邪魔にならないと言うか……
誰も彼も人間くさいなあ、と見ることができるというかね。
すごく良作だと思います、今回は。

身もふたもなく言うと人妻と幼女が可愛くて仕方ないです。
わかりやすく言うと絵里さん(学童保育の人)と菜々子が。なんだろうホント。
絵里さんのセクシーさは異常だと思うのです……顔の造作の地味さが逆に。
仲間も全員魅力的だし……ホント今回はすごい。アトラス歪みねぇな!

はて、なんでこんなに語ってしまったのか、
気がついたらつい、出来心で…………。
長文駄目な人とかいたら申し訳ないです、って
毎回毎回基本的に長文になってしまってますけどもw

にしてもやばいなあ、平均で60とか70時間かかるようなボリュームってのが
またけしからんというか、もうね……w
暑中見舞いも描いてみたいけれどアレだ、時間が吸われて……
その前に仕事を探さないと……がんばりますだ。

では、また。

終末の足音が響く

「貴方の相手を務めたのは行きずりのOLだった……」
「そのときに、その女の子のお腹には子供ができたのよ。」
「お前は、ウソつきだッ!」

どうでもいい上にまったく意味がないという、ね………

タイトルは世界にでもなくアタイにでもなくアタイのパソコンに。
なんかですね、昨日からちょろちょろ画面が勝手に暗転するんですよね。
大抵の場合数秒で直るのですけど、絵を描いてるときとか邪魔でしょうがないです。
もともと買ったのが2004年、しかもその時点で中古で5万程度の代物ですし、
そろそろ買い換える時期なのか………?
メモリも128Mしかないしね、ってまあこれは買えばなんとかなりますが。
最近は2Gのメモリが12800円で売ってるしね!安っ買おっ。(明らかなサクラ)

しかし本当に怖いなあ………パソコンは毎日の死活問題でありまするがゆえに。
もしなんかの拍子でブログが更新されなくなったら、
1ヶ月程度はパソコンが壊れたんだと思っといてください。
2ヶ月3ヶ月と音沙汰なしに更新が途絶えたら
さすがに消えたか死んだかどっちかになってるでしょうけど……

ホント怖いパソコンマジ怖い。

ただまあこうして怖いと思えるのも
それなりにブログやホームページが大事だと思えるからで、
そう思えるのは見に来てくださってる方や
リンクやコメントでつながりもってる方がいてくれるからで、
それは嬉しいことだなあ、と。

…………ちょっとまじめっぽいこと書くとすぐエロ絵を描きたい衝動に駆られるのは
いかがなものなんだろう?


で、本を買ったのでちょっと感想など。

今日の収穫

・聖☆おにいさん ② 中村光
・変ゼミ ②? TAGRO

聖☆おにいさんは相変わらず絶好調だなあ、と。
1巻はイエスとブッダと言うありえなさ目新しさと言うのも
面白さを補助してた気がするのですけど、
その補助を外してもやっぱり面白いと言うのはいいことです。

しかし2巻になって、イエスの肉親がが神であるような描写がよくありますけど、
イエスの父親はヨセフさんですよね?確か。
ヨセフさん=神ってことなのでしょうか?マリアは処女受胎だから
厳密にはお父さんとはいえないかもしれませんけど。
そこんとこどうなんだろ……
最近この人の画風のフォロワー?が同人会でけっこう増えてきてると聞いて
へえー、と思ってしまいました。

で、変ゼミ。
キャラクターが全員変態だ……と帯に書いていましたが、
本当に全員が変態なありさまだ………主人公も微妙にアレだしなあ。
いきなり食糞の話とか変態すぎワロタ。
それの愛好家のためにわざわざ健康状態を維持して~って
引く人はここだけで引いてしまいかねないですw
あと可愛いヒロインがそれ(便)を持ってくるシーンとか、ぬうっ……

変態というか、羞恥心の定義やらそういうのはすごく面白かったし、参考になった。
ただこう、コメディにスパイスとしてモロエロを入れる手法は
アタイにはちょっと刺激が強い……この漫画だけに限らずですが。
ちょいエロはいいんだけどね!

ト、トラウマが………恋愛に失敗して思い切り鬱状態だった時に
友達に彼女とのセキララ☆性生活を幾度となく聞かされたトラウマが……
それの影響かリアルなセックス関連の話って大嫌いなんですよね……ぬふぅ!

まあアタイ個人のトラウマは置いといて、
漫画として、というかひとつのジャンル的な試みとしては面白いと思いました。
なかなか変態ネタを研究しようとしてメインに取り扱ってるのはない気がしますし、
それも漫画でってのはよけいにね。
水越さん可愛いのに変態すぎる………ちょっとついていけないw
エロをもっとメインで取り扱うか
そのシーンを出さないかしてくれればもうちょっといいんだけれど。
小ネタ程度にセックスやエロを出されると、各人の日常に
(小ネタにしかならないくらいに)普通にセックスがあるんだなあ、と
意識してしまってなんとなく鬱になってしまうのですよね。

でもこれは彼女なりセックスなり寝取り(これは個人のフェチのせいですが)なりが
普通にある分、日常的にセックスとかしてるようなカップルやヤリチンとかが
読んだほうがキャラに感情移入できるんじゃないか、という感じはしますね。
変態プレイへの扉、いしずえとなるがいい………

あと乳首が見えないと興奮しない→乳首こそ乳の本質なのか?
という意見には本気でうならざるを得なかった。
確かに肉がいくら出てても乳首が見えないと興奮の決定打にはなりにくい、
というのはあるよなあ、と。

変態プレイを身構えずに日常の一貫的なものとして扱ってるのは
ある意味ですごく評価の対象にしたいと思います。
性的変態ネタを扱いながらもコミカルな要因はソコにあるのかも
(絵柄自体もすごく可愛らしくコミカルですが)。

まあ、そんな感じで……

鬱なわけではないんだぜ

ふっと気づいたことがある。
最近アタイ、あんまり人としての思考をしてない気がするんだぜ……

と言うてももちろん神の視点で世の中を見てます^^とか
そんなアレなことしてるわけではないです。
ただ、明日何をしようとか、なにが食べたいとか、
人生設計だとか、異性のことだとか、仕事……はまあ現在求職中として、
そんなことが(仕事以外)あまり浮かんでこないんですよね、普段。
代わりに浮かんでくるのは何かと言うとエロについて考えたりとか
エロシチュエーションを妄想してみたりとか、
人として生きて行くことにおいてはほとんど役に立たないようなことばかり。
大丈夫なのか?人として……。そういうのを考えることが楽しすぎる。
自分は根っこの部分で遊び人なのかなあと思ってしまう……ぬう。

霞を食って生きていけるならそれで全然かまわないんですけども、
そういうわけではないしなあ……幸いあまり食べなくても
栄養失調になったことはまだないけど。
早いところ仕事見つけろって話ですね、わかります。

懐かしいエロゲであるところの
「こころナビ」(アタイは本編やったことないんですが)の
OP曲のフルバージョンを聴いてて何故か泣きそうに……
なんか現代モノが舞台のはずなのにファンタジー、とくにこう
ワンダープロジェクトJとかポポロクロイス的なそういうものすら感じるのは何故?
まああのゲームにおけるネット世界はたいがいファンタジーでしたけど、
曲からある種の「せいいっぱいの冒険」的なものを感じます。
実際あれって「ネット依存な人々の、現実世界でのせいいっぱいの冒険」
的な話だったと記憶してますけれどそうでしたっけ?
違ってたら突っ込んでください、できれば言葉で。棒はいやよ棒は。
(誰が突っ込むのか)
とにかくショート版とのあまりの曲運びの違いにびっくりしたんだってばよ。

で。本買ったよ。

今日の収穫

・MAGI×ES~魔法小路の少年少女~ ② 竹本泉

今日が発売日だったので本屋に行って買ってきた。
1巻の頃から作者が原作付きであることを匂わせてましたけれど、
2巻読んで確信しました。いつもと明らかに話運びが違う……
話の展開が早くて大きいし、主人公のキャラもすごく能動的。
主人公も周りも動くこと動くこと……
1巻でアリサとポリンのダブル主人公なのかと思ってましたら
ポリンが主人公なんですね……2巻はモロにポリンがメイン。
アリサがすっかり話の添え物に……恋愛?とかしだしたしね。
しかしこの人の漫画を読んで「先が気になる」という思いに駆られたのは
ホント初めてです。それまではどれも思い切りのんべんだらりとした話でしたし。
ていうかまた2巻がいいところで終わった……
1巻時点の終わり方が、ポリンがよくわからない呪文を発動させた→
どうもただならぬ魔法の様子→これからどうなる?という感じだったのですが、
今回はポリンが再び(事件から他の学生を守るために)魔力無限開放の禁呪発動→
力を使い果たして眠ってて、目が覚めたら1年たってた

こんな終わり方。
いきなり出てきた秘密組織とか聖遺物とかなに?この一年間なにがあった?
街に現れた巨大なゴーレムが聖遺物の力で暴走したウェンディなのか
(多分違うだろうとは思うけれど)?とか色々疑問が……
しかしこの人の描く人物の表情はほんとにかわいい。
この話は元々アニメ化用の原案だったそうですけど、
実際アニメ化しないもんかしらん。DVD買ってでも見るぜよ!
あ、レンタルしてなかったらな!

しかし昨日アクセス解析を見てたら一時間あたりのページ閲覧数が
60越えとかになってて本気でびっくりした……晒されたかとおもた。
(訪問者数自体は2人ほどですけど)
その影響か、大体そういう数字の多寡を示す色つきバーがあるんですけど、
それの伸び幅が大幅に縮んだ……以前は10越えでかなり長かったのですが、
今日は閲覧数20越えても(これだけでも非常に珍しいことなのですが)
全然長くない。最近だらしねぇな!みたいな……

あとたまに画像検索で明らかなデブ画像(アタイの書いたそれ)から
ここに来られてたり、フレーズ検索で「太ったサキュバス」というので
来られてたりするのを見て、
仲間は確実に存在するのだとの確信を得た始末であります。
特に後者、デブサキュの時代がキタコレ?

しかしどうやったら画像検索にそんな画像出るの?
自慢じゃないけどうちのブログ名で検索しても
アタイのハンドルネームで検索かけても、
うちとつながりを持ってくださってるとこの画像
(プロフィールとか)が大方で、うちのとこの画像出ないよ。
前述のデブ画像の検索フレーズは「女子校生 エロ」的なものでした。
これだとアタイとこのデブ画像が引っかかってるんですよね。
デブケモ画像は女子校生のエロとはまったく関係ありませんことよ……。
画像検索の基準がよくわからないんだぜ、というお話。

僕の初めては彼でした

いやっふぉあああああああああバイト落ちたあぁぁぁぁぁぁあああああ!ブイ!

ああ、君たちには事情説明がまだだったね…。(指で眼鏡を直しつつ)

いえね、近場のブックオフを受けてみたんですやんか。
周りの本屋関係で唯一「性による就職差別」がないっぽいので。
書店店員への憧れが棄て切れなくて……アタイッたら一途!(きめえよ)
でまあ、4時に面接とか言われて行ったのになんか向こうの都合で
6時にもう一度来てくれとか、アンタなめてんの?的な展開も交えつつ
なんとかかんとか面接も無事終わり、受かってたら
22日の午後4時ごろ連絡しますんで~とかなんとか言われて待ってたんですけど

「れ、連絡は?連絡はあ、あったの?」

「ああ。まったく音沙汰もなかったよ。今年一番の不採用だ。」

「不採用っ!!バイトぉぉ!おにいちゃんかっこわるいぃぃぃ ぃくうううう!」

実話です。。きっと他に面接に来てたのが可愛い女の子だったのかもというか、
何もヘマしてないつもりでも喪男として何かやっちゃったこととかが
あったんだろうなあ、といろんなことを考えさせられそうな一夜です。
菊の門にぶち込んだろか!

で、まあ落ちてしまったもんは仕方ない!次のバイトを探そう!と
アルバイト情報のチラシをチェックしてましたらね、
「DVD、貴金属販売」っていうアルバイトがあったんですね。
え?DVDと貴金属?語感がセーラー服と機関銃みたい、いやそれはどうでもいい。
でも、やっぱりこう、不似合いっていうか
いっしょに販売するようなものじゃないじゃない、と思いません?
何、貴金属関連のDVDでも世の中にはあるの?と。

俺「俺はこの二つがいっしょに売っているところを知っている!知っているぞ!」

暗黒アダルトショップ店員バルバス
「なんだ、常連の小僧ッ!オレに何か用かッ!!」

…………うん、そうなんだよ………
9割方アダルトショップの店員募集だぜ、これ……
え?なんでそんなことを知っているか、って?
似たような店の常連だからだよブヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒこの野郎!
(バルバスのセリフにも書いてますけど大事なことなので2回言いました)

なんでさあ、DVDの店、しかもアダルトなお店で貴金属
(宝石というより貴金属でできた数珠玉みたいなものです。
あとでかい水晶の置物とか)を売ろうと思うのかしらん?
買う層とか違くね?違くね?
しかもその店のオナリジル商法ならそれで別にいいけどさ、
どこのアダルトショップでも同じようなことやってるんだよ?
トップが頭おかしくなったか妙な宗教にはまったとしか思えない。
それとも意外に売れているの?それでも右ならえで同じようなことしだすのは
何か変なものを感じてしまうけど。

…………今、思ったね?
このような変態ブログの書き手であるアタイにはお似合いのバイトだと、
そう思ったでしょう?(猜疑心に満ち満ちた暗い目で)

いえね、なんか週6出勤がデフォみたいなんすよ………
働く時間的には週40時間と普通の仕事と変わらないみたいなんですけど、
さすがに週6で3次元女(画面から出てこないから2次元に相当するのか?)とは
関わりたくないよ……。
それでも広告載せるってことは自信があるんだろうね。
お前は エロい店なら 週6勤務でも応募者が来ると思っている・・・
その甘さが わたしをいらつかせるのだ!!
まあ実際来るんでしょうけどね。週6でさえなければ楽しそうではある。
ああそうさ!汚れたアタイにはこういうところがお似合いなんだよ!

………とりあえずがんばろう。こんな暑い中仕事なんてできないから秋から。
(一年間単位でダメになっていくのが目に見えるようです)
あ、明日から。ね?

ああ、こう、うふん

絵を描きました。
初めてAAというものを下敷きにして絵を描いた。
(ホモネタAAなので反転します)


    お前らもよく見とけよ
\  
   ̄| / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ,   ´` ヽ
   /              、'   ,.、、,.、   ';    
                 ゝ > 、   `; ;     
                  Yヘ|  -≧y ,_!ソ      
'⌒>、   /V| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ー   y、ュヾ/    
  ト- 'ヘ/   ヽ        ゝ  T三ゝ/_      
 ミ v; \      ___,. -= fミ)`'ー  ̄オノノ> 、  
彡 y、' 、 ,ヽ   /      // ヽ ̄ ソ ``  \    
K_´`  `'メ/ )\ !、 ,,    // ー  ='     ヽ 
 >─--- '____ /   ,ト、 //         ミ    .}  
/     ̄ ̄  /  /ハ  //。    ハ   :。 イ{   ”| 
>-、     ト {  ノ |ノノ ー--‐'  ー--‐'ノ |   |
 \_____    ノ   'イ イ   !   ミ   !  / :|   :|
    ̄\  /   |\_{    `T ,,:  7  }  |ヽ ノ
       /   ./  \   i '' :c:''T  _.ノ  ト  {
       ノ    /、  />  :.  _;  ,|   |   }
      /   / \/、 / ヽ、      ヽ:}   |:   :l
      /   :/    (  \  ⌒ソ__ハ   )  |  |
     {   ゝ   ,. ⌒   丶、 _´彡` ⌒ヽ |   |
     |    /    !  ,. "〃" 、     \ ノ


このAA知らないよって人でもホモネタに対する
「アッー!」という反応を見たことあるって方はけっこう多いのではないでしょうか。
というかホモネタAAでごめんなさい。

で、それを元に書いたのがこれ。

アッ――――――――――――!(デブ・若干毛注意)

元々これを女同士ネタで描いてみたいというのは前々からあったのですが、
今回ようやっとうまくいったので。
ただAAと比べるとえらく違うものになってしまいました。
そもそも人物の位置関係が違うし……
何気に女性器の位置としっぽを突っ込んだ後の周りの尻の形とか
まったくわからずに推測で描いてしまいました。
どうなってるんだこれは………たまげたなぁ。
あと乳の出方もいまいちよくわからん……
現実じゃこんなに出ないだけに余計に。
て言うかすでにこの辺のネタは誰かがやってそうね。
「くそみそ~」も女体化版あったし。

ヤクザの車に追突→ヤクザに犯される→後輩も交えて犯される→
一転攻勢に出てヤクザを犯す→拳銃で肛門撃って殺す

原典は男同士だから、ヤクザもいかにもな男ヤクザだからアレだけれど、
これを全員女にしたらそれはそれで
一つのステキなエロストーリーの出来上がりじゃないかしら、とか。
もともとホモビデオだからエロストーリーには違いないのだけど……

なんかすっかりデブサキュバスさんがデブエロ要員と化した感がある。
それにしてもサキュバスというのは
性的なものごととつなげやすくてまこと便利なものであることよ……


追記

絵に対してこんなレスをいただきました。

名前:('A`) 投稿日:2008/07/21(月) 19:04
前々から言いたくて我慢してたけど、もう限界。

>>645(アタイのことです)
変態!変態!変態!変 態 !(AAがありましたが省略)



それでも砂利助に不満はなかった 
大方そのとおりであると認識して……うっ………
な、なんというか……ごめんな。父ちゃん、こんな変態でごめんな……
(涙ながらに)

あとね、絵に致命的な間違いを見つけましたんよ、これがな。
しっぽが尻の穴から生えてるようにしか見えないんだぜ……
ホントはお尻に入ってるようにしたかったのに。
そして尻の穴から出て、どこへ行くのか……
むしろしっぽじゃなくて単なるチューブにしか見えないし。
……戒めのためにそのまんまにしときます。
もっと見て!もっとアタイの恥ずかしい過ちを見て!(変態か)

…………ということで、また。

ガンダム分類考、しょっぱいけど

かんちすさんのところの記事を見てふと思ったのですが、
(前々からうっすらとは思ってたのだけれど)
ガンダムには2種類あるような気がします。

一つはファーストとかが顕著ですが、主人公機は他より高性能ではあるものの
決して万能兵器ではなく、むしろあくまで汎用兵器としての枠を逸脱していないもの。
あと仲間が量産機(隊長機仕様や個人専用カスタム含む)にのって
けっこう活躍する。

もう一つはガンダム=超兵器としての扱い(作中の強さ的に)で描かれてるもの。
特徴として、仲間の各機体の見た目が他とほぼかぶらないことと、
各機体ごとに必殺武器がついてたりします。
あと軍の量産機体は基本的にザコっぽく描かれてたり。
(主人公や仲間に一瞬で蹴散らされたりとか)

前者はもう富野ガンダムがそうだとしてくくってもいいような気がします。
それが顕著なのがファーストや08小隊などの一年戦争モノ
(特定の人間にしか扱えないと言うこともなく、
機体もあくまで軍の汎用兵器であるという点で)。

ZやZZになってくると主人公機は一点モノに近くなってしまい、
ちょっとずつそれも怪しくなっていきますけど、それでもまだ
やろうと思えば誰でも扱えるし(単に主人公は人並みはずれてうまく扱えるだけ)、
武器にしても、メガビームランチャーやハイメガキャノンは一点ものくさいですが
その世界のミリタリーバランスから外れたものというわけでもありません。

νガンダム、Vガンダムになってくると機体自体主人公に合わせた一点もの、
武器も(特にVガンダムは)その機体を象徴するような特殊兵器
(光の翼とかね)になってきてますが、
それでも量産機が活躍するという点でまだ前者に近いと言えると思います。
シュラク隊の人々とか、というかあの作品は味方の機体が主人公以外全員量産機?
よく考えたら。

∀は主人公機は一点モノで月光蝶というこれまた一点モノの超兵器持ちですが、
味方は全員量産機乗りだし……と考えると微妙なところではあります。
機体特徴的には後者?周り的には前者。


逆に後者に当たるのはW、X、そして最近の種やOO。
Wは主人公チーム自体特殊な人間たちで、彼らにしか扱えない機体であったり
(特に主人公機はゼロシステムのせいで余計に)、
その機体に(パイロット能力もさることながら機体の火力や性能的に)
追随できるのは特別製の機体のみ。

Xは主人公機自体は誰でも操作できると思いますがその世界に一つ
(もしくは数個)しかないような特別製の超兵器持ち。
味方も(エニル以外は)みんな一点モノ乗りです。

種はもうなんというか言うに及ばず。
主人公機は主人公にしか乗れず、ガンダムというもの自体が超兵器であり、
ガンダムの武器と言う武器が一点モノ、敵の量産機は完全にやられ役。

OOは観てませんので詳しい言及はできませんが、
でもやっぱりそんな感じの路線だという印象は話を聞く限り受けます。

こちらはスパロボ的な言い方を借りるなら
リアルでありながらスーパーロボット的なんですよね。
軍の汎用兵器のはずなのに(Wは別)、一定の人間しか乗れない。
相手をできるのは特別な人間の乗った特別な機体だけ、
必殺技と言ってもいい象徴的な武器を持ってる。
どこかファンタジックというか、戦争ものというよりはヒーロー物に近い。

え?Gガン?アレはなんかもう、ガンダムシリーズというよりは
ファンタジーとして考えたほうがいい気がするんだぜ……
こういう分類のときは。
一応分類するとモロに後者に該当しますね。そもそも量産機自体がいないしね、
デスアーミーくらいしか。


………どっちがよくてどっちが悪いというわけでなく
(ちょっとアレな書き方をしてしまった種も
単純にロボットだけ見ればかっこいいですし面白いです。
変な恋愛ドラマとかドロドロはイラネってだけで)、
単に二つに分けられるなあ、と思っただけなんです。中身ねえな!

で、なんか中間くさいのがクロスボーンガンダム。
富野ガンダムでありながらも(宇宙海賊とか言う設定からして)
どこかファンタジック、主人公機や仲間には一点モノの専用武器
(ビーム・ムラマサ・ブラスターとかスクリューウェッブとか)、
ていうかそもそも母艦からして形状的、世界観的に特殊・象徴的すぎる
(マザー・バンガード下部の女神のレリーフとか)のですけども、
仲間は量産機で十分すぎるほど活躍してるし、敵量産機にもわりと苦戦してるし、
そもそもクロスボーンガンダム自体量産機といえば量産機だし。
単にカスタムが違うだけの………。

でも話としては少年の冒険活劇であって、ヒーローものに相当するんですよね。
キンケドゥ(=シーブック)に焦点を当てるなら10年越しの戦争モノと
取ることも可能かもしれませんけど。
その辺一体どうなんでしょ……。

余談ですけども、
「目が二つあってアンテナがついてりゃマスコミがみんなガンダムにしちまうんだよ」
というある種のアンチガンダム的な発言が(どうやら富野監督の指示で)入ってたり
「人はまだニュータイプになる前に人としてやれることがある」という
新しいニュータイプ論が打ち出されてたり
(後日談である「鋼鉄の7人」の最後の敵はニュータイプでなく
サイキッカーだったのには何かそこらへんの意味はあったのだろうか?)、
さりげなくVガンダムへの繋がりが示唆されてたり
(主人公ウッソの母親らしき人が出てたりとか)、
ガンダムシリーズ全体として見ても色々興味深い作品だと思います。
単にアタイが大のクロスボーン厨なのもありますが……
別作品の主人公が時を経て頼もしい味方に……ってシチュエーションは
ものすごく好きなんですよ。
トビアも好きですけどキンケドゥが一番好きかも、という。
敵(連邦軍側)のエースの機体がキンケドゥ(=シーブック)の
元乗機であるF91ってのが奇妙な縁を感じさせて素晴らしいです。


途中から完全にクロスボーンガンダムの話になりましたごめんなさい。
では、また……。

夜は寝床でヒャーホッホー

「なあ、おまえ……いいかい?」
「やめてよ、今日は疲れてるの……エロ絵を描く気分じゃないわ」

ということで今日も絵なしの更新です。ヒャーホッホー!
ごめんなさい、単に色々出かけてて絵を描く暇がなかっただけなんです。
あとメタスラ4と5を買って遊んでたのが原因とか口が裂けてもいえない……!

「怠惰な者には死を!」
「ま、待ってくれ!私だって就職活動というものを……ノォォォォォォォォォォォ!」

河原砂利助は 戦死しました

→リスタート(人生の最初から)
 コンティニュー(そのまま続行)

いえね、メタスラ3がエロいんよ………
男キャラは酸くらったらあっさりと骨になるのに
女キャラは服がほとんど溶けてから地面に倒れて溶け崩れるというこの差。
さすがSNKは話がわかるッ!
しかしバストサイズにして10cmくらい差のあるはずのエリとフィオですが、
多分ゲーム上での体部分はどっちもいっしょなので(しかも多分フィオ規格)、
エリが妙に巨乳なんよね……だがそれがいいッ!
コンティニュー回数が無限なので、ずっとその場に立ちっぱになって
ひたすら酸くらって服が溶けるのを見てるという中学生のような楽しみ方を
していた時期が………今でも現役です…………というか買ったのも最近だしね。

…………最近うっすらとわかってきたことがある………
あの、字幕は日本語なんだけど日本人声優使ってなくて、
キャラクターが英語しゃべってるってゲームがあるじゃないですか。
洋ゲーの移植版というならそれは仕方ない現象ですが、
例を挙げるならフロントミッション4とかゴッドハンドとか、
モロに日本産のゲームであるのに英語しゃべるような奴。
最近までアレの意味がわからなかったのですが、最近ちょっとわかってきた。

いえね、こないだゴッドハンドやってたときに、主人公がやたら技の最後とかに
「ダーーーイ!」って言うんですよ。
英語に直すとDie、要するに死ねと言ってるわけですが、
さすがに主人公がモロに日本語で、しかもけっこう頻繁に
「死ねェェェェェェェェ!」と言ったらちょっと……ねえ?
ここで英語と言うオブラートが効いてるんじゃないかなあ、とか。
日本語で「死ねぇ!」という主人公なんて鋼鉄ジーグくらいしか知りませんし。

あと、恣意的な和訳の問題。
ゴッドハンドで主人公がヒロインにはめられて
背中に「Kick me!」という張り紙を貼り付けられたことに気付いた際、
「Son of a bitch! Damn Olivia!」(オリヴィアはヒロインの名前)と
叫ぶ一幕があるのですが、確か字幕だと「あのアマ!」的な
訳だったかと記憶してます。
しかしこれを意訳すると「クソッタレ!あのくされマ○コ!」とか
そういう口汚い言葉に訳すことも可能なセリフなんですよね、これって。

でも、日本人声優が日本語でそんなセリフ叫んだらZ指定どころか
もはや発売禁止レベルじゃないですか。
しかし、あえてこの汚い言葉をマイルドに訳することによって
物語に支障のない程度に話を進め、さらに英語を多少なりとも知ってる人には
過激な言葉を想像する余地を与えるというこの手法。
これはなかなかうまいなあ、と………
あと逆に、英語だとそんなに面白くない普通の単語をコミカルに訳したり。
「いやいや……おまえ人間ちゃうやろ!」と言うツッコミ
(出典:ゴッドハンド)は英語じゃ無理だろ、と。
日本語、それも関西弁に訳すことによってコミカルさを出す、という手法。
こういうことができるという点で英語ボイスのゲームが
ちょくちょく出てきてるのかな、と……。

いや、単に雰囲気出るってだけなのかもしれませんけどね。
大抵そういうゲームは舞台が外国だし。
もし江戸が舞台のゲームで登場人物全員英語しゃべってるとかだったら
かなりアレですよね。
逆にそれはそれで面白いのかもしれないけど。

取り合えずゲームショップに行って
DSのメタルスラッグ7が出てるのを確認したわけですが、
「6人の戦士たち!」ってコピーが書いてあって、
あれ?6人?いつもの4人はアレとして、残り2人は?
トレバーとナディア(4のみ登場のキャラ)か?と思ったら、
ラルフとクラーク。6に続いてま た お 前 ら か
別にいやでも嫌いでもないですけど、レギュラー化でも狙ってるのかしらん?
とちょっと思いました。

相変わらずまとまりないですけどこの辺で。
P4の通常戦闘音楽がかなり耳に残る……あれはいいものだ。

いいわけ雑記、あと漫画

友達に会ってきました。二回ほど。
別に二回と言ってもついて離れてしたわけでなくて、
時間を分けて別々の友達に会った、というだけですけども……

ああ、こないだマクロスFの9話が云々いう話をしましたけれども、
どうも7話の間違いだったようです。しーましェーん!

しかしこう、エロマンガばっかり読んでて思ったんですけども、
アレですね、やっぱり皆様、アタイなんぞとはものが違いますね!
皆様一様にエロ漫画家としてデビューしてらっしゃるので
画力の違いなんぞは見るまでもなく明らかにアレなのですが、
こう、情念と言うか、感じるものはすごく感じるんですよ。
さすがにここまでねちっこくアタイは描けないよ、
そもそも考え付かないよ……みたいなのが。
(現時点においての)自分の限界を思い知りました。

で、まあそれはそれとして、久々に漫画描いてみました。

妹漫画(看板に偽りあり)。

ぶっちゃけこの漫画を描いてて思ったのですが、ストーリーを作る力、
画面をきれいに作る力など以前にアタイには話を引っ張る能力、
話の味わいを膨らませる能力が絶望的に足りない。
単に超短編で書こうとしたってこともあるのかもしれませんけど、
このページだって伸ばそうと思えばもっと伸ばせるし。

ネガティブになるわけではないですけど、
とりあえず全部で2ページか3ページほどで終わる予定です。
あっさりしすぎなのか詰め込みすぎなのかよくわかりません……。
エロ展開に持っていこうと思えばもっていけそうですが、
とりあえずちょっとダーク路線になったり……ならなかったり?

とりあえず温水洋一ポスターについて一言。
このポスターを描くために「温水洋一」でグーグルで検索かけましたら
「温水洋一のエロ画像くれッ!!」
という感じのタイトルのスレッドが引っかかって爆笑しました。
いやこんなことが言いたいんじゃない。
彼の顔の特徴って、けっこう顔の上半分に集中してる気がするんですね。
髪型とか、眼とか。
あまり顔の下半分に特徴的なパーツがない様に見受けられるんですが
(個人的には、ね)……
コマ割とかの都合で下半分しか顔描けませんでした。
ぶっちゃけ元々似てないのに下半分だけってお前、
もはや「温水洋一」と名前書いてあるだけの誰でもいいポスターじゃねえか。
とりあえず温水さんをチョイスしたのはファンだからです。
ハデー・ヘンドリックス……愛しておりました………。

見所をあえてあげるなら主人公である奥さんの顔が
コマを追うごとに簡単になってるところでしょうか。
3コマ目になると明らかにグレードダウン。
でも個人的にはこの3コマ目みたいな絵柄が大好きなのです。
さべあのまさんも微妙に近いところがありますし、
谷川史子さんの絵も理想に近いところがあるかも。

あと、若い子の眼鏡もいいですけど、個人的には熟女や人妻など、
大人の女性の眼鏡のほうが萌えると思うんだ……
なんとなく、なんとなくだけどね。

まあ、そんな感じで。

お前の母ちゃんツェルネンコ!!

タイトルに意味はありません。

非常に疲れることがあって、夜七時に寝て起きたらこんな時間……
部屋の電気もつけっぱなしだったのに、それでも八時間寝るとは……。
だがしかしこれで後顧の憂いは断った!

ということで、がんばった自分へのご褒美(笑)とか
疲れた心への清涼剤として、あと心労とかで浪費意欲が爆発したので、
古本屋で漫画を七冊ほど買ってまいりました。
え えろ えろまんがぁ

「エロマンガ・スタディーズ」に載ってて面白そうだなあと思った人のとか、
あと個人的趣味でとか、色々。
なんか個人的趣味で買ったほうがヒットが多かったのはどういうことか……
ある意味自然かもしれませんけど。

しかしこう、先に普通の本を物色してからエロマンガを物色すべきであったな!
さすがにエロ漫画を7冊も抱えて普通の本棚に居座る勇気はないばってん……
そしてレジにはお約束のごとく女性店員。
別に女性店員がいるからってそこまでひるみゃしませんよ、
むしろそ知らぬ顔で堂々と持っていけるくらい場数を踏んでいます、
でもしかし……さすがにエロ漫画ばっかり7冊も買ったことはないのですよね、
自分の今までの一生を振り返ってみても。

「バ……バカな……こいつの変態ぶりはデータと違い……すぎる」
とか影で言われてそうでこうね、それだけちょっと恥ずかしかった。
でまあ7冊エロ漫画を買って、さあカバンに入れて帰ろう、とした矢先。

失態である 買いすぎてカバンに入らなくなってしまったのだ

泣く泣く手にぶら下げて帰るハメに。
幸いにして一番エロ度の低い裏表紙の本が最上段に置かれている!
………いける!
エロマンガの袋をぶらぶらさせて街を疾走する男。
ここで袋が裂けたり取っ手が取れたりして中身をぶちまけたら
アタイは間違いなく死ねる。人として、男として死ねる。
悲しみと怒りのあまり道行く女性の乳首をちぎって回るかも知らん。

まあそんな奇行はどうでもいいとして思ったことなど。

男性向けってけっこう猟奇って言うか、スカトロはまあ序の口として、
人体改造(巨乳化とか妊娠以外の理由でのボテ腹化とか)や
四肢切断系、内臓の出てるグロ系とかそういう描写が
エロにおいてけっこうひんぱんに用いられますけど、
女性向けってそのへんどうなんでしょう?
一応女性向けにも四肢切断系とかそういうグロ嗜好は存在するらしいですが、
男性向けほどひんぱんにあるものなのか。
あと断面図とか、そんな。最近ちょっと慣れました、むしろこれもアリか、みたいな。
でもまあアタイ個人はどうでもいいです。

あと、これは主に3次元の話ですが、
日本人にとって洋ピン、つまり外人さんモノって「濃い」部類に入りますよね。
けっこう見てるだけでお腹いっぱいになる、ゲップ出そう、的な。
それはまあ彼女らがあまりにパワフルだったりアグレッシブだったりするからですが、
逆に外人さんがアジアン、例えば日本人ものを見たらどういう感想を抱くのかしら?
ということがふと気になりました。
さすがに「サムライ、ゲイシャ、フジヤマ」なイメージを持ってるアメリカ人も
少数派になってきてるとは思いますが
(その代わりに「ワビ、サビ、モエ」のイメージ持ってる人が増えてるのですかね?)、
あんなアグレッシブかつお尻のほうを使うのもけっこう当たり前に行われる、
そういう濃いのを見てる方々が日本に出回ってるようなAVを見てどう思うか。
「ファッキンジャパニーズ!肉食民族である俺たちはこんなもん見ても
ちっともエロビデオ見た気がしないぜ!味付けが薄いんだよ、
出直してきな!HAHAHAHAHAHAHAHA!」ってなるのか?
そもそも「ヘイ、ジャップ。この股間の四角い塊はなんだい?新手のアートかい?」
みたいになると思うのですが……外国にモザイクって概念はないし。

外国のものに憧れを抱くのは日本人もその他の国の人も、北の将軍様に至るまで
みんな同じだと思うんですけども、日本人が欧米人のそれを見るように
「濃ゆ過ぎる、もうお腹いっぱい」という感想にはならないと思うんです。
どうなんだろう……。逆にそういう性的な薄さをたのしんでるのかね。
「オーゥ、ヤマトナデシコー」的なそんな慎ましさと言うか、って
別にAVに慎ましさなんてないんだけどね!
イメージだよね、イメージ。カウガールはもれなくナイスバディ、というか
金髪外人さんはもれなくムチムチ、というようなセルフイメージなんだよね。
必ずしも現実には即してないけど俺の脳内ではいつもそう、みたいな。

ああ、またこんな………。
(そもそもエロ漫画をそんなに買ったという話をし始めた時点でどうなのか)

では、また。

死んで悲しむ人が一人でもいるなら死んだらいかん

うつ状態の人が「死にたい」っていうのはほんとに死にたいわけでなくて
(実際そういう人もいるかもしれないけど)
ただ単に「楽になりたい」ということなだけなんだよ!
ただ死ぬ意外に楽になる方法が浮かばないから(もしくは選択できないから)
「死にたい」という言葉になるだけなんだよ!

………2日連続で鬱っぽい始まりですが、大丈夫です、平気です。
いやほんとに。

所用で出かけたついでに、本を買ってきました。
急激な青木光恵祭り。
前々から可愛い絵柄だなと、ちょっと注目はしてたのですが
吾妻ひでおさんの本に載ってた「青木光恵の模写」という絵に
うおおかわいいとものすごく衝撃を受け、そのうち買おう買おうと思ってて
忘れっぱなしになってたので、今日思い切って。
ぶっちゃけていいます、過去にムチムチの娘さん
(三角コーンというとわかりやすい?)を描きましたが、
デザイン(というか髪型とか)的にモロにそれにインスパイアされました……
モロパクリと言っていい領域じゃなぁい?的な。

とりあえず今日の収穫など。

・みつえ雑記 青木光恵
・急戦法まことスペシャル 青木光恵
・若草学園高等部 青木光恵
・えっちもの 青木光恵
・となりの芝生は 青木光恵
・続・となりの芝生は 青木光恵
・北斗の拳究極解説書・世紀末覇王列伝 武論尊&原哲夫

「みつえ雑記」以外は古本屋で100円で売ってたので、
いっぱい買ってますが比較的お財布の中身も安心。
アタイのはまり方として、一度はまるとその人の本をしばらくの間がっと買って、
しばらくたつと熱が収まって収集も沈静化する
(飽きるわけではなく。新刊が出れば買うしね)
というサイクルなような気がしますが、今回も例にたがわずそんな買い方。

一つ一つ感想なり書きたいですが長くなるので割愛。
比較的顔の造作がシンプルで、
しかもパーツの一つ一つも描き込まれてるわけでないという
けっこう簡潔な感じの絵なんですが、そこが可愛いです。
そんな顔の割りに体はけっこう肉感的なのがまた、こう………
体や顔のデフォルメ度は向こうのほうがはるかに高いけれど、
ベティ・ブープと似たようなものを感じます。
あと唇を強調してる画風なのも個人的にすごくポイント高いです。
アタイ自身も絵を描くとき唇を意識して強調してるきらいがありますが、
なんなんだろう、唇フェチなんかしらね?アタイは。
あんまりそこは意識してこなかったけど、これから意識していこうかしらん。
フェチシズムを元にいいものが描ければ……。

「えっちもの」はタイトルこそこれですけど、
言うほどエロネタは出てこなかったなあ………特に露骨なのはほとんど。
さんりようこさんの「ハード」のほうがよほど出まくってた。
エロありラブコメもあまり好きではないですけど
ラブのないエロ(かと言ってエロに特化してるわけでもなく、
ちょろちょろとエロが出てくる程度のもの)もそんなに好きでないアタイにとって、
これは逆に読みやすくてありがたかったかも。
エロは(喪男的に考えて)ファンタジーですから、読むならネタ要素いれずに
それだけをがっつり読みたいんですねアタイ
(話のオチとしてギャグを入れる、とかはいいですけど、
エロそのものをオチにしてギャグにするのが嫌、ということです。
しかも大抵の場合それはエロくないし)。

しかしこの人自身「みつえ雑記」で好きだと言及してましたけど、
アメリカンピンナップに描いてあるような女性をデフォルメすると
この人の作風に近くなるんじゃないかなー、と
かなり前にヴィレッジバンガードで買ったアメリカンピンナップの
ポストカード集を引っ張り出してながめながら思いました。
今のアメリカのフェチシズム事情はよくわかりませんけれども、
これが書かれた当時(著作権表示を見るに1996年?)の絵には
「乳、尻、太もも」というわかりやすいところへの、
「ムチムチこそ正義」というもっとわかりやすいフェチシズムが表現されてて
すごく好きです。
日本的な隠すエロ、情緒的なエロ、ひそやかなエロ、貧乳というか
女性として機能的に育ちの悪いものにあえてエロを見出す姿勢もよいものですが、
米国的というか、自分、肉食って育ちました、的なわかりやすいエロって
すごくいいですよね、健康的で即物的で、オープンな感じで。
ポストカードということもあってかそこまでモロエロな絵はなくて、
せいぜい透け乳とか半乳程度なんですけどそこを健全エロととるか、
逆にそっちのほうがいやらしいととるかは見る人次第……?

こういう絵のエッセンスも取り込んでいければいいなあ、と強く思います。
可愛さとエロの両立と言うか、できればなあ……。
でもこういうシンプルな顔だとエロシーンなどのときにはあまりエロくないので、
その辺どうしたものか。むしろ普通にしてるほうがエロいじゃないですか奥さん、
奥さんがそんなにエロいのが悪いんだ!みたいな一昔前の米屋さん的なセリフで
今回の日記をしめたいと思います。

投げっぱなしにもほどがありすぎるじゃないか!

夏の空気を胸いっぱい吸い込んで

そうすると精神的に癒されますよ………という話。
いやほんと、なんか心にしみてくるものがあるのですよ……

もう七月中旬と言うことで、空気的にも温度的にもすっかり夏真っ盛り、
後はセミが発生し始めれば立派に夏やんけー、という感じですが、
夏の熱い空気って、昼間働いてるとあまり吸うものではなかったんですよね
(営業とか土建業とか、外で働く系の仕事の方はまた違うでしょうけど)。

ニート生活はまったく良いものではないですが(主に財政・世間的に)
そうか、そういえば夏ってこんな空気だったっけ……と
小さなことですぐに磨り減るような弱い精神を慰めております。
つうか昨日の夜は一時的に鬱にブーストかかったような状態になってまして、
なんだろう、ほんとに何やってもそれをやってる感覚がなかった。
気力が失われて何もできないとはこのことナリか……!
ずっとぼーっと座ってたw今は多分大丈夫っぽいですけど。一時的なものね!

でまあ昨日は学校だったわけなのですが、バス停に並んでると小学生がいまして、
男女二人組みでなにやら楽しそうに話してるんですね。
で、男のほうが「もうちょっと荷物(手提げ袋か?)持っててくれないと
いっしょに帰ってやらん」的なことを言ってるのに対し
何だぁ小僧、モテ男気取りか、蕾みしてみいや居合わせた人間が悪かったね、
ついておいで、おじちゃんが送ってあげよう、実際に天国にのぼる気分があじわえるよ、
とかなんとか思ってましたら
女の子の方が手にまめができてたらしく、
彼女の口から「見てよこの痛さ」と言うセリフが出てきました。

痛みが目に見えるものかよ!こんなセリフ、修正してやる!ということよりも、
小学生の言語センスに感服してしまいました。
大人じゃあこうはいかん……どうしても「見てよこのマメ」とか
「見てよこの手」になりますよね、表現的に。
明らかに変なんだけど、言いたいことは良く伝わってくる……
最初の言語ってこういうものではなかったのだろか、とか。
子供ってやっぱりとにかく原初に近いものだと思ってます。
そういうセンスにしろ、性格にしろ。
人間として成熟することは人間社会的な性質を身につけていくことなわけで、
それのない子供は純粋に生物としての人間の様子を体現してるんじゃないかしら、
とかなんとか。

話がいつものごとくずれましたけれども、
大人になると忘れてしまうことって、やっぱりあるんだなあと思ったんです。
ああいう未熟だった頃の柔軟さ、周りから見て変な言葉でも気にならない
ある意味では無知からですが純粋な言語感覚というか、
その良さと言うのが失われてしまう。
子供の頃にだけできることがある!と考えて子供を自分の中で神聖化するか、
子供の頃の感覚がずっと残っていればいいのに……と思い続けるか、
はたまた「子供なんてくだらねぇぜ!俺の歌を(ry」となって子供を否定するか
(ある意味大人としての自分を肯定してあげるという意味で正しくはあると思う)、
それは人それぞれだけれど、ってなんか性格悪い書き方ねこれ。

要するに子供はみんな異能者だ、と。(そんなまとめでいいのか)
ただ、少し大人になるまでの短い期間限定の異能者だから、
ある意味でのはかなさのようなものを感じさせるのかなあ…。
みんな子供の頃に持ってたなにかを脱ぎ捨てて、
ごく普通の(世間に適応したという意味での)大人になっていく……
うわぁ中二くさいw
でも実際、亀やザリガニを愛でる大人は、いたら変態扱いですものね。
世間に適応することと子供の心でいることは両立しないものなのね……。

………あれ?でも小動物を愛でる人って、心優しい人として扱われてね?
ウサギや犬はいいのになんでザリガニやカエルや亀やタニシはダメなの?
あれ………………?

まあそれはいいんですが、夏になってもしっぽの生えたおたまじゃくしや
青虫とかさなぎはいるものなんですね。お前らの時代はもう終わったんだ!
特に青虫とかさなぎですね、学校帰りに近所の家の壁をみたら青虫が二匹、
さなぎが3匹も塀に張り付いてまして、
下品な話なんですが、その……勃起……しちゃいましてね……
ええとなんというか、外に面してるほうにそんなに張り付いてるのなら、
中にはどれくらいの数の虫がいるのか………怖いよ!
あとしっぽの生えたおたまじゃくしはなんですか、ウシガエル並みのサイズだと
恐ろしく恐ろしい生き物ですね!怖いよ!そして今の日本語頭悪いよ!

…………なんか変な感じの日記だこと。
では、また……

P4買いましてんやんか

いえ、妹の話なんですがね……
しかし奴はその前、アタイがまだちょっとしかやっていない「神業」を
プレイ中であったのです。
で、「途中で放り出すのは嫌だ」とかなんとかほざいて
それをアタイに返しませんでした。でもまあそれはいいんです。

しかし奴は途中で(具体的に言うと終盤のバトルで)つまづき、
さんざっぱらゲームに罵倒を吐いてあっさり投げ出してしまいました。
後に残ったのは妹の腐れ果てた罵倒と
悪の盗賊団「銀鴉衆」の総代が
それを取り締まる存在であるはずの火盗改の御頭だ
という
壮大なネタバレでした。

………でもいいんだ、街娘の服をひっ剥ぐという技があることがわかったから。
がぜんやる気が出てきたっぜ!(そんなことでか……)

しかしアタイもこのゲームには、民衆が民箱(義賊による民衆への施し用の箱)に
何も入ってないとかグダグダ言うのでそこの村から
卒塔婆と地蔵とそのお供え物を風呂敷の中にぶち込んで
オラよと民箱に蹴り入れてあげたら民衆からの人気が一気に0になったという
苦い記憶があるので、なんともかんとも……
あとなんですか、すすめ方によってはパッケージに出てるボインちゃんが
影も形も見せないというのはアレですか、客寄せパンダですか?
ちくしょう!ちくしょう!

で、P4ね。
みた感じ本当にP3の路線をそのまま受け継ぎましたという感じですね。
絵もそのままだし、多分話やコミュのノリもそんな感じなんでしょう。
別にそれ自体は嫌じゃないけれど、2(特に罰)信者のアタイとしては
そういう路線に戻ってほしいなあ……というのがちょっとあります。
アニメ調になった金子絵は好きだったのに。
(確かアレ描いてたのも副島さんでしたっけ?)
サトミタダシとかギャルソン副島とか悪魔絵師とか流星野郎(確か……)とか、
何気に身内ネタというかスタッフネタ多かったなあ、1と2。
で、3。
別にコミュシステムとかギャルゲっぽい要素が入ったのは良いです、
批判も多く耳にしたけれど
小田桐とか舞子(幼女)とか千尋とかY子とか早瀬とかたなか社長とか、
好きなコミュキャラもいっぱいいましたし、コミュのストーリー自体も
けっこう面白かった。

しかし、コンタクトが完全になくなってしまったのは痛かったなあ……と。
ある意味本家メガテンとの差別化は出来たのかもしれませんけど、
メガテンよりもキャラの個性が豊かだから
コンタクトシステムはより映えるものだと思うのですが……

あとこうペルソナ、仲間のペルソナ付け替えが出来なかったり
召喚器がないとペルソナ召喚できなかったり、
いつからペルソナ使いはそんな軟弱なものになったの!
そして今回にいたっては眼鏡っ子ゲーですよ。
どいつもこいつも鬼畜眼鏡ですよ(鬼畜かどうかはアレですが)。
狙いすぎとかそういう意見は置いておいて、
なんというの?なんでそんな眼鏡っ子という知名度の割に
まだマイナーな方向一本を狙ったのか、わたしにはそれがわからない。
まあアタイは眼鏡っ子好きなので別にいいんですが……しかし……ねえ。
悪魔 絵師 カム バック(キャラデザに)

しかし主人公のペルソナがしょっぱなからイザナギって………
成長したらなにになるのだろうか。ヒノカグツチとか?ヤマトタケルとか?
まあ前作主人公の固有ペルソナがオルフェウス→タナトス
(まだなんとかこれはわからなくもない、冥界つながり的に)ときて
最後にはメサイア=救世主ですよ。なんだこれ。つながりないじゃん、ということで
4の主人公ペルソナもどっかぶっ飛んだ方向に行くのかもしれませんが………
それはちょっと気になるね。

あとこれは別に必ずしもないといけないわけじゃないですけど、
ストーリーと絡めた感じの小ネタ的ペルソナはもう出ないですかね?
南条くんの専用ペルソナ「ヤマオカ」のような感じの。
あれは当時かなり「おおっ」と思いました、
ガーディアンハンマーのときの掛け声含めて。

とりあえず、P4どんなんだろう、と
妹がクリアしたときにでも触ってみようと思います。
主人公の戦闘終了モーションが眼鏡をずり上げる動きだったのには
ちょっと笑ってしまいました。
思いっきり生粋のメガネ男子の動きじゃないか、とw
あとクマ可愛い。

とりあえずそんな感じで……

デブづくし

同人にしろ版権ものの絵にしろ人様のキャラクターにしろ、
とにかく自分のものでないものを描くのは難しいなあ、と
つくづく思います。

自分のものならキャラクターも心底まで把握してるので
どうにでもできる、時にはキャラクターを改悪したって自分のキャラだから
誰にも文句言われないし、こんなの○○じゃない!なんてこともない。
でも、やっぱり版権ものふくむ「人様の」キャラクターってのは
その人なり、またはそれを見る人なりのイメージがあって、
大方の場合それを描くならそのイメージを汲むことが必要になる。
まあいい意味でぶっ壊していける人ならいいけれど、
そうでない人は汲まないといけない。
要するに、個々人(キャラクター、クリエイター含む)の個性を
自分の中に取り入れて噛み砕くのって難しいね、ってことが
いいたいだけなんですけれどね。ぬふぅ!

で、絵を描いてみたありさまだ。

ベティ。

最初はこの表情をどういうものから来たことにしようかということで、
水着が薄すぎて~ってことにしようかなと思ってたんです。
尻の辺りがうっすら肌色っぽいのはそのなごり。
で、色々表情とかいじって考えたあげく、なんかひどい言葉責めに……
別にそういうプレイというわけではないけれども。

脚を意図して太めに描いてみました。
リアルなデブ体型というものをちょっと意識して……
全体的に重そうというか肉多めというか、そんな感じで。

で、その後の焼豚(デブ・裸注意)。

喪絵師スレでこの絵を晒したところ
「このまま焼くと眼鏡跡が残りそうで~」という意見をいただき、
ああ確かにそうだなあ、眼鏡つけっぱなしではないかということで、
逆パンダ状態に。
この絵を描いて、自分はまだ絶望的に褐色肌の何たるかを
わかってないということがわかりました。
あと腕が太すぎて可愛くない気もする………
二の腕が太いのは良いのですが(むしろ意外に重要)、
二の腕から下が太すぎる気がする。
かと言って二の腕と下のバランスが悪くても気持ち悪いし……
なんとかできればいいなあ。

おまけ

白豚バージョン。

焼いてないバージョン、単なる全裸。
おっぱい(特に乳輪とか乳首周り)の描き方がエロ絵のそれになってる……
エロも描いてみたいけれども、それは看板娘としていかがなもの?という感じに。
言ってみれば宿屋に泊まったらそこの娘が体売ってきた、えーなにこれ?
みたいなものじゃないか、と。
その設定は個人的にはむしろ良いんですけど、見る人には不快感ないかな?と
ちょっと気になってます。
どうなんでしょうね、そのあたり。

ではまあ、そんな感じで。

流浪の民っぽい足取りで

タイトルに意味はありません。もしこのタイトルだけで元ネタわかったらすごいよ!
ヘイッ!パンティあげちゃうッ!(いらんよ)

いきなりネガティブな感じの話題で申し訳ありません、が……
諸般の事情で職を失い(自分のせいなのですが)、
なんか早急にお金を稼がねばならぬ(というても追い詰められるほどではまだない)
状況にあるのでちらりとアルバイト募集の張り紙を見かけた小さな本屋に
連絡を入れてみたんですね。

で、そうしたら向こうの人が開口一番「男性の方ですか?」と。
なんかこの時点で嫌な予感がしてました。
で、まあそりゃあ野太い男の声のまま「いえ、夢みる乙女でーす☆」とか
ほざくわけにもいきませんので「ええ」と返したら
「すみません、男性の方はちょっと………」と。

あ?

お前張り紙にそんなこと書いてなかったよな?
単にアルバイト急募としか書いてなかったよな?
以前受けた本屋もそうだったけど、女だけ募集ならそう書いとけ。
その辺はっきり書いてる分スナックとかの募集のがまだ良心的だわ。
電話してからそれを持ち出してくるからタチが悪い。
てゆーか就職差別?(半分これが言いたかっただけ)
以前受けた、また別の本屋はちゃんと女性だけって明記してた分
そこもまだ良心的だったなあ………
どっちにしろ尻を掘られて死ねって感じではあるけど。
なんで「女性」だけなのよォォォォォォォ~っ!


で。
アクセス解析見てたらこう、個人のIP的なもの
(わかったからってどうなるものでもないのですが。せいぜい個人の特定くらい)と
パソコンの種類(ウィンドウズかマックか)とかブラウザは何か、
くらいのことがわかるのですが、
よくみてるとたまに「PSP」って表示があるんですね。
そんなもんでもPCサイト見れるのかというか、そんなのもわかるのかというか、
そこまでして見てくださってるのは逆にこう面映いというか、
嬉しい反面恥ずかしい気もします……wうちはそこまでのもんじゃねえ!
あと今日の変わった検索ワード。
「蹴り脚ハサミ殺し」ってなんなんすか一体。
そんなこと書いたっけ、書いた覚えはないんすけど、と思いつつ
ブログ内検索を行ってみたところ、
なんか過去にも「蹴り脚ハサミ殺しって何?」と同様のことを書いてました。
その記事だけだったので、何故その検索ワードでうちに来たのかわからない。
なんなんだよその技……。気になるじゃないか!

次に「カレンデバイス 戦場の絆」
………なんで?
カレンデバイスというかブレインデバイスはフロントミッションの
登場パーツであって「戦場の絆」には何一つ関係がないありさまだ……
しかもよりによってカレンデバイス
(主人公の恋人「カレン」の脳を使ったCPU。攻撃&回避性能が最強)……
なんかそれを使用したとしか考えられないような
ものすごい動きのプレイヤーでもいるのかしらん。ロイドか?

あとなんですか、アダルトショップの前を所用で通りかかったときに
そわそわしながらそこに入る少年達(多分中学生くらい。どう見ても18歳以下)を
見かけました。
そこはこの俺が8年前に通った道だッ!店の立地条件もいっしょ
(さすがに店自体は変わってしまいましたが)。

しかし少年達よ………貴様らが追い求めている先にあるものは、
「無修正」と銘打っておきながらなんか普通にモザイクとか入っている、
一体なにが無修正なの?乳?乳なの?
そんなもんに修正かける必要なんてもともとねぇんだよクソが!みたいなのとか
「金髪ロリータ」とか銘打っておきながらなんか普通に金髪熟女が出てくる、
えっ、どこがロリータ?アレか、女はいくつになっても心は乙女なのよ☆か、死ね、
みたいなのとかそんな魑魅魍魎、失意と裏切り、嘘の跋扈する修羅の道よ……
純真な輝きを放つ貴様らの心がどのような挫折を経てどのように腐っていくのか、
私はゆっくりと楽しませてもらうことにするよククク……みたいな?

いや、あたたかい気持ちになりましたよホント。
やっぱり誰だって思春期にエロショップ、もしくは18禁コーナーに憧れるのは
当然の流れであることよね!
こう、自分の歩いた道を今は自分より若い、というか
当時の自分と同じくらいの年頃の子供が歩いてるって言うのは
けっこう感慨深いものなのですね。その道ってのがすっげえアレだけど。

「太古の昔より……はるかなる未来まで!平和なる時も……混乱の世にも!
あらゆる場所!あらゆる時代に!!戦いの火種となるものッ!!
それは人間が存在する限り永遠に続く『概念』なのだ…
その概念の名を……『エロス』あるいは…『オディオ』というッ!」(言わないよ)

思いのほかショックがでかい

ゴキブリ(大)が あらわれた!

かわはらは こしをぬかした!
かわはらは さけびごえをあげた!
かわはらは にげだした!
いもうとは ゴキブリにふりぬいた!
3かいあたり 56のダメージ!
ゴキブリは くだけちった。

ゴキブリ を やっつけた!

パーティーは それぞれ 30 のけいけんちをえた!

かわはらは レベルが あがった!
クズっぷりが 5あがった!
ダメさかげんが 7あがった!
じこけんおが 12あがった!
しにたさが 4あがった!
ひととしてのかくが 13 さがった!

かわはらは ダメにんげん の ガチクズ になった!


どうも………逃走心と逃走本能というパッシブスキル(ストレスにより発動)が
デフォルトでついていて、しかも外せないようになっている
人間のクズこと河原です……。

なんというかね、ほんとうに………まさかゴキブリからさえ逃げ出してしまうとは
露ほども思わなんだのよ……
確かにけっこう大きめサイズだったのもある、
いきなり出てこられてびっくりしたのもある。
でも、ちゃんと新聞紙で武装してたのに
気付いたら逃げてしまうとはこれいかに……

うん、アタイは生物ヒエラルキーで言うとゴキブリ以下です……
生命力もゴキブリほどないしね……ハハ……蹴りたきゃ蹴ってもいいよ……
そしてアタイが逃げ出した跡にゴキブリを始末したのは
なんとアタイの血のつながった(この文は必要なのか?)妹であると言う体たらく……
家の中で一番低ヒエラルキーなのもアタイであることが如実にわかったよ……
ああ、ああ、なんというか……死ぬほどショック。

なんかこんなことでここまで落ち込むのがダメ人間というか、きひぃ!
ついげきの妹の罵倒でさらにダメージは加速した。
ここまでダメ人間だとマジヌケルんですけどwwwww
ちがった、マジウケルんですけどwwww
だ、だめだ………。

ごめんなさい、こんな更新で。

牛はやっぱりエロい(絵とは関係ないですが)

なんか色々お金が減りそうな予感……
しかし学費も払い終えたし(当座の分は)、またお金を稼ぐまでは
ガマンの子。略してマン子(どんな略し方か)。

で。
エロマンガ・スタディーズがうちに来ました。
で、一通り読んでみたけど、そうだ僕、漫画評論系の本は好きだけど、
頭悪いからあんまり理解できないんだって事、すっかり忘れてた……。
その例にたがわずこっちも一回ではあまり理解できてません。
とりあえず「うる星やつら」がラブコメの基礎を作ってしまった
(特にどっかからいきなり少女がやってくる押しかけ系)、
ということとエロマンガの大体の変遷は理解した。
あとビザール(奇妙)系、奇妙なものは本当に奇妙だ、と……
すごい世界が世の中にはあったものだなあ、という感じです。

で、図を入れて説明してくれてるので、
なんてエロ漫画家がどんな絵を描いてるのか、ということがよくわかって
地味に参考に……(絵関係の参考ではないけど)。
本情ヒロシさん(同じ本に本情タケシって名前も出てきたけど、どっちか誤字?)
という方の漫画を買ってみたい。程よく肉が……
たるんだムッチリもいいけど、たるまないムッチリも素晴らしいのですよね。

で、近くのアダルトショップに早速探しにいったのですが、
ああ、やっぱりね、ないね………品揃えのしょっぱいこと!
都会に行かねばないのでしょうか、やっぱし……大阪とかその辺の。
しかし読み込めば読み込むほど面白そうという感じはしますね、これ。
A4サイズかと思ってたらB5サイズだったことに微妙に驚きました。


で。
絵を描いてみたありさまだ。ラクガキだけれど……

羊娘?(濃いプレイ注意)

「らめぇぇぇぇぇぇ」って羊娘に言わせようと思って
(「めぇぇぇぇ」だけにね)、そんな絵を描こうと思って描いてたんですが
途中で「らめぇぇぇぇ」とろれつが回らなくなるには
どのくらいの刺激が必要なのか?という考えが頭をよぎり、
けっこう体にきつそうなプレイが主になってます。
セリフも恥ずかしいけどあんまり変なプレイを描いても恥ずかしいのね……
だが それがいい!
変なプレイ過ぎると誰も描かないから、自分ででも描かないとね……
とりあえずものっそいラフですんません。ペン入れしたら絵がヘタレたので
もうラフで、という判断で……多少のクリーンナップはしましたけれど。

で、エロ絵ばっかじゃなんなので健全なものも。

サキュバス2匹組。

以前妄想で語ったゲーム(けっこう引っ張ってるなあ)の
「服を着せたら云々」ってネタ。
服を着せると最初はこういう反応しますよ、みたいな。
ギャルゲ風にするに当たって名前をつけた。
というには思い切り適当な感じが否めないけれど。似てるなあ名前……
(わざとではない)
一応アルマがデブでアルタがメガネ。
名前が似てて紛らわしいから一方的に怒られたり、とか。
まあそんなに名前出すこともなかろうでしょうので
(出すときは注釈をつけるつもりですし)ふーんそんな名前なのか、とでも
軽く流してくだされば、と思います。

では、そんな感じで……

買った!俺は買ったぞ!

犬の散歩中にカブトムシの死骸を見つけました。
なんだこれは……カブト………ムシ?ああ、やっぱり……みたいなそんな流れで。
まあ生きてられても捕まえる技術も度胸もないですし、
むしろ飛び掛ってこられたら……と思うと非常に怖いですけど、
ここにもカブトムシは生息していたんだ……みたいな嬉しさがありました。
さすがは田舎!駅から最寄のコンビニまで徒歩10分はダテじゃない!
ってまあもっともっと田舎なんて腐るほどあるでしょうので、
田舎自慢するにも及ばないと言う中途半端な土地柄なのですが……
一応都会(というほどでもないけど人口10万以上)のところからは
二駅しか離れてませんしね。それでも中途半端すぎる田舎だ……。

で。
アタイ、本買うたんよ………

今日(昨日か)の収穫

・クリエイターのためのおんなのこデータベース2008 

以前見かけたあの子がどうしても忘れられなくて……的なアレ(全然違うよ)。
デッサンや絵の資料というよりは「この服ってなんて名前?」とか
「この髪型ってどういう名前?どうなってんの?」とかそういう知識のための本、
という感じがします。

あと乳や尻の形の名称だとか、ブラジャーや靴やパンツの種類あれこれだとか、
カップ(乳のサイズのアレですね)の基準だとかそういうのが
ものすごくためになる気が……実生活はおろか
作品中でもなかなか使えそうにはないですが
(そこまで細かい知識は使わないだろと)、でも設定とかには役立ちそう。
てめえ使い回ししてやがるなぶち殺してやる!ということもたまにありますが。
おさげの項目と三つ編みの項目の絵がまったくいっしょだったり、
ボディコンの項目の絵とボクサーパンツの項目、
着物とマタニティドレスの項目の絵の人物とポーズが同じだったり。
まあ、気にしたら負けだよね………
ブラジャーの違いとかそういう項目で人物とポーズが同じで
ブラジャーだけ一枚一枚違う、というのは対比がわかりやすくてすごくいいのですが。

あと、巻末に女の子へのアンケート結果、なんてのが載ってるのも
リアルな感じの女の子を書きたい人にはいいものかもしれませんね。
アタイは「ファックオフ!こんな女現実にはいねぇんだよこのゴボウ男が!」
と言われるような女の子を描いていきたいので別にアレですけど。
しかしみてると10代女の子と20代女性の考え方がけっこう違ってて面白いですね。

いえね、別にこんなところで嫌女魂を燃やすわけではありませんが、
「デートで男にしてほしいことは?」みたいなアンケートで、
17歳の女の子が「デート代を払ってほしい☆」みてえな事を言ってたのですね。
ま、まあそれはいい。何だてめえは商品気取りか、それはまあいい。
で、「男の子にしてあげたいことは?」みたいな事で、
これまた17歳の女の子(同一人物かは不明)が
「いっしょに服を選んであげたい☆」みたいな事を言ってました。
うんうん、なんとほほえましい………
でもよ、買うの、金出すのは男でしょ?
トラッドな感じの地味系メガネ男子が女の子と連れ立って服屋でデートして、
ナックルガイの着るような伊達ワル系な服を選ばれても困ると言うもんですよ。
それだけでも困るのに、それを買わないと女の子の機嫌を損ねてしまう、
しかもその気に食わない服の費用は何故か自分持ち。
インチキ……インチキ……!このデートの構図はインチキ……!
いやまあ悪く考えたらね。
良く考えりゃあそれもときめきイベントなんでしょうが……

「へえ 彼女様 お待ちくだせえやし ウエストがピチピチでごぜえやす」
「おお (自分の太さを)忘れておった」

ゴッ

彼女が支払ったのはピンヒールのかかとであった

そんなことにもなりかねなくてもう、ね……
「口は災いの元」

比べて20代女性はなんか「持ってる知識を全部教えろ」とか
「話を聞いてやる」とか「俺の胸で甘えてみろ」とか「俺の下でAGAKE」とか、
包容力あふるる感じがけっこう目立ちました(最後は違うよね)。
やはりこう、心も体も生物のメスとして成熟してくるにしたがって
独身女性の満たされぬ母性本能が未婚の男に向けて全開に……いや、ごめんなさい。

話がずれた………
技法書というかこういう類の本にしては珍しく、
本当に資料的価値(しかも写真資料ではなくてイラスト資料で)に
重点を置いてそれに特化した本なので、個人的には非常に重宝しそうです。
服装ネタの元にもなりそうだし、服装のバリエーションが増えそうだし。
ただ……チャイナ水着(上半身がチャイナ服なセパレート水着)って、
ほんとに存在するのかしらん……みたいな怪しい部分がちらほらあるけど、
そこはまあ2次元のための資料として割り切ろうと思います。

では、また……

来るのがたのしみ

友達の家に色々話があっていってきました。
そこでマクロスFの9話を見せてもらったのですけど、
すごいですね、うん。動く動く、というか
ああいう高機動バトルはものすごく燃える。かっこいい。もっとバトルしろ。
あとシェリル可愛いよシェリル。ランカとのダブルヒロインなんですかね?今作。
アタイは断然シェリル派。どうでもいいことですが。
「射手座☆午後九時~」の音楽効果も多分にあるんでしょうけどね、
アレはいい曲じゃ………歌詞が微エロっぽいけど。
もっと~よくし~て♪あ~げる~♪あ~げるぅ~♪
あの曲の疾走感はガチ、だと思うんだ、僕。


で、それとはまったく関係ない話ですが、
エロに何を求めるの?というとあれなのですが、
何故アタイはエロがすきなのか?ということに関してちょっと考えてみました。
もともとエロ話やそういうのが好きであるのですが、
それ以前に「人それぞれだろボケ」というものが好きだからだ、
という結論に至りました。
それこそ人の好みについて、なんてものは人が一億人いれば
少なくとも1000万通りくらいの性癖の形はあるでしょうので
(さすがに全員が全員どこか違うともいえない)、
語りつくせる類のことではないですけど
(アタイのところも考察もするけど大抵が単なる主張ですし)、
でもなにがその魅力なのかについて考えるのは非常に楽しいです。

で、そんなときにいいものを見つけました。

「エロマンガ・スタディーズ」って本。
レビューなどを見るところによると、ちょっと有名なエロマンガ評論家による
エロマンガの時代ごとの流れとかどんなものが今までに受け入れられてきてるのかとか
そういうエロマンガを単なるエロ、性欲発散の道具としてではなくて
ひとつの文化としてみてみよう、みたいな本……なのかしらね?

アタイ自身は実はそこまで性欲旺盛な人間ではないです、多分。
このブログを見てくだすってる方からみると「嘘こけクソが!」
と思われるかもしれませんけど、多分本当。
それこそまだアタイが彼女が出来るのかなとぼんやり思ってた頃、
出来ても多分セックスレスになりそうだなあ、
という意識が常にありましたもの。

しかし、そんな人間ですがエロは大好きなんですね。
なぜかというと千差万別だから。
語りつくされてるようでいて語りつくせないものだから。
そういうものをあえて体系づけて語ろうと言うこの姿勢、
そして元々オタク評論の本とかがけっこう好きなのもあって、
即注文(うちの近くには多分売っていない……田舎だし、
そんなサブカルが盛んなところでもないし)。
ある意味ではエロだって求道できるし、学問のようなところもあるんだと思います。
いかにして抜けるエロ、いやらしいエロ、萌えるエロを追求するか、
そもそもエロってなんなんだっけ、みたいなゲシュタルト崩壊に陥りながらも
汗かきベソかき血を吐いてまでエロを追求する!何故か!?楽しいからさ!

いやあホントエロって楽しいんですよ。
もし「抜いた」「保存した」って言葉でもかけられようものなら
それはその人の本質、本能に関わる部分を揺るがせたってことですからね!
そして自分は失うものなどなにもない。なにこのノーリスクハイリターン
(単に人として底まで落ちきってるだけです)。
しいて言うなら「変態」の烙印を押されて異性と一生縁遠くなるくらい?
知ったことか!エロを追いかけられればそれでいい!

あと永遠に終わりないしね、エロって。
単純な順位付けも出来なければここまで興奮した(させた)から終わり、
ってな基準もないし。
「覚えておけ……貴様ら人間にフェチの心がある限り第二、第三の性癖が…」
「それでも俺達は、そのたびにその性癖に萌えきってやる!」

なにが言いたいか、そもそも何を言わんとしてこの日記を書いたかすら
よくわからなくなってきました。うーん、もうダメだ。

エロは楽しいんですよ、ホント、と。
受容過程だってそれなりに楽しいし。
難解な数学の問題が出来たときくらいには楽しいんじゃない?
「わかったぞー!」的な。
学問好きな人はエロにもきっとはまれますよ、
アタイはアホだから学問好きじゃないけど。(でも雑学は好きだった)

途中から
単なる無意味な
エロ語り

わたくし(字余り)

そんでは、またね。

雨と傘と落雷と私

今日は梅雨明けででもあったのか、外には景色もかすむほどに雨がどばどば降り、
雷がばかんばかん鳴り、すさまじい天気でありました。

しかし、学校に向かう頃には雨もやみ、いつも通っている干上がったどぶ川が
ちょっくら悲惨なことになっていましたが、
それでもまあ雨が降ってないだけまし、と学校に向かい、
ちょっと時間が余ってたので授業に使う本でも借りるかと図書館に向かい、
目当ての本も借りて出ようとしたところ……
また雨が降ってきました。

それ自体はまあ、そこまで悲惨な勢いでもなかったのでよいのですが、
なんでしょうね、樹がそこにあってよかった、と心から素直に思えた。
樹があったところで雨は当たるのですが、やっぱりアレですしね、
雨の勢いも多少は弱まりますしね。
樹っていいなあ、っていうか。少年期のような素直な感動でした。
こんな気持ち、久しぶりだ……とかなんとか。キモス!

で、図書館で本を借りました。

・世界の電波男 本田透

新刊コーナーに並んでたので即貸借。
また本田透かと思われそうですが、この人は喪男とかモテ非モテの目線で
モノを語るのでかなりわかりやすくて面白いです。
で、この本の中に、「オタク自身が2次元を欺瞞、現実逃避だと批判してると
癒しが得られなくなって辛いことになる」という意見と
その図式が描いてあるんですね。

普通のオタクであれば
現実で辛いことが→2次元で癒しを得る→3次元への活力→辛いことが……
この繰り返しなのですが、
2次元を現実逃避として素直に癒されることが出来なくなると、
この図式から癒しが丸々抜けてしまい、どんどんと体力が減っていって
最終的には引きこもりになる(もしくは他の様々な不都合)しかなくなる、
というもの。

なんというか、こういう状態になってしまったら、つらいだろうなぁ……と。
世の中癒しがあったって死んだり犯罪犯したり病気になる人がいるのに。
逃避先がなければ人はどこに行けばいいの?
現実と向き合い続けられる強い人ならいいけれど、
アタイは少なくともそんな人になれそうにありません、
というかアタイはほんとにクズ。でもそれは今の日記的にはどうでもいい。

しかし今回は前と比べると女叩き色が薄いね。どちらかというといいことだけど。
単に気分的な問題なんだけれど、前は女性嫌いが強かったので
女叩き色の強い前作が心地よかったけれど、
今は別にそれほどでもないしなあ、みたいな。
どっちかというと哲学なり文学を喪的な感覚から語ったりと
そういうことがメインである気がしますね、今回。
「喪男の哲学史」と多分ほとんど同じスタンス。

あと、絵を完成させました。

お姫様っぽいの・完成版(エロ・毛注意)

ついでに元のラフも置いときます、比較用に。どっちがいいのでしょうかね?

ある方に「フェチの薄い普通の絵だ~」という言葉をいただきましたが、
確かに特定のボディパーツへのフェチシズムなどは多分ないと思われますね。
ラフ段階からアレ(女性器)の形をちょっと修正、毛を少し増量……?
主線の細い可愛い絵をみてアタイもやってみようと思ったのですが、
あんまり主線細くても可愛くないな……アタイの場合。
というかなんか線の細いせいで絵自体が薄くなったような気が、気のせいでしょうか?

ぶっちゃけ絵が薄い割に乳首周りの描き方がエロの濃いもののそれですので、
受け付けないって人はホントにこの絵ダメだろうなと思います。
そういう方はごめんなさいね。
だがオレは………ギャルゲ的な乳首じゃ……もう来るものがないのよ……!
あの乳首から母乳が出ても違和感あるし。

つぅーかほんとにすんません、すべてにおいて私はクズです。
ストッキングの色や質感の出し方もまともに知らないし、
そもそも人として……ああ^~。

で、少し話は変わるのですけど、「ボヴァリズム」って言葉を
皆様はご存知でしょうか。
アタイが初めてこの言葉をみたのは
さべあのまさん(この人もかなり好きです)の漫画「ギジェット」なんですが、
「物語に憧れる気持ち、夢をみる気持ち」とかそういうのらしいのです。
で、その語源となったのが「ボヴァリー夫人」という小説。

このボヴァリー夫人というのが、主婦であるにもかかわらず
恋愛小説にハマって自分も大人の恋愛しよう!となって
夫と子を棄ててさまざまなDQNと恋愛をしまくり、家庭崩壊して最後には破滅、
というそんな微妙に救いようのない主人公の話で、
先の「お話に憧れる気持ち」というのもここから来てるのですが、
これが大人の恋愛小説にはまるんじゃなくて、少女小説にはまってたりした場合
ものすごく可愛いおばさん(?)ということになるのではないかしらん?
ぶっちゃけ萌えね?と思うのですがどうでしょう。

いい年ぶっこいてモロに少女趣味な夫人。その趣味のせいでオールドミスな夫人。
(独り身なのは「夫人」と言わない気もするけど……)
それを「まだ自分の王子様が現れてないからだ」と独りで脳内補完する夫人。
でも実際自分の趣味のせいであることもうすうすわかってる夫人。
王子様がなかなか現れないことに焦ったり不安になったりする夫人。
王子様を想像して熱く火照る熟れきった肉体に夫人はそのしなやかな指を這わせ……
っていうかいつから官能小説になった。

昔、友達と冗談で(たぶんね)「ギャルゲー作ろうぜ!」みたいな話が持ち上がって、
そのときにそんなキャラクターいたなあ、というのを思い出しました。
いい年こいてものすごい少女趣味でオールドミス。
当時はそのキャラをデザインして絵でも描いて見ようと思っても
なかなかうまくいかなくて挫折しましたけど、
また挑戦でもしてみようかしら。

コンプレックス持ちとかそういう社会から浮いてる人って
現実にいるとウザいと言われる人である割合が高いですが、
2次元なら普通に許せてしまう、いやむしろそういうキャラ大好きなんですが、
というこの違いは一体どこから来るの?

ということで、また。

梶原ヒデキの倦怠(誰よ)

絵を置いてみます。
作業途中でラフですが、途中経過として。

お姫様っぽい人(エロ注意)。

ボディストッキング絵。
こう描くとなんか特殊なプレイの名前のようですけど、
単に体の多くの面積を覆うストッキング、でございます。
いわゆるところのエロ下着とかエロタイツって言うあれ。
ストッキングって塗ったことがそんなにないので
(そして成功例はもっと少ない)、
微妙に自信ないというか怖いですが、がんばります。

そして目(主にまつげの部分とか?)をかっちり書き込むつもりで書いたら
これはこれで絵が変わってしもうた………ようなそうでもないような。
まつげが薄い絵にしようか太い絵にしようか、
まだ決めかねてるところがあるんですね……
どっちにもどっちの可愛さがあると思うのですが、
薄いほうにはデフォルメ的な可愛さがある気が?
濃いほうには濃いほうで……言葉ではうまく言い表せない可愛さが。
西洋系と言いますの?よくわからないですけど。

アタイはモザイク機能が使えないのでモザイクかけられないんですけど、
モザイクかけたほうがエロいのかなあ……かなり薄めの奴とか。
モロばっかり描いてるのもこう(法律とかそこら辺の問題で)
あんまりよろしくないんじゃないかなあ、とかね……。
そういえばお尻にはモザイク入れなくていいようですね。
「吸穴鬼」なるゲームのCGで、ぽっかり開いた尻の穴が
何の修正もなしに普通に表現されていて驚きました。

そしてお姫様?がまたなんかデブ気味に……
でもアタイ、巨乳でも腰が細いとこうね、オーラを感じないんだよね……
とかアホみたいなこと書こうとしてまして、実際どうか?と思って
ちょっと腰を細く描きなおしてみましたところ、これはこれで……
乳ばっかり強調されてそれはそれでエロい。
セックスアピールばっかりしやがってこのエロメスが!的な。
ああ、こっちの文のほうがよほどアホみたいじゃないか。フヒッ!

まあ、ね、そんな感じで、また。

何やってるんだァーっ!

本を見たんです。

メンズナックル(以下メンナク)と
その兄弟誌であるボーイズナックル(以下ボイナク)。

メンナクったらアレですよ、「ガイアが俺に~」のコピーで有名な
伊達ワル向けおしゃれ雑誌ですよ。
多分ボーイズってことは高校生とかそこら辺向けの伊達ワル養成雑誌なんでしょう。
でまああまりにキャッチコピーが秀逸なので笑いをこらえつつ読んでたら、
ある違いに気がつきました。

ボイナクって、メンナクに比べてあんまりコピーがぶっ飛んでない。

けっこう普通というか、他のファッション誌のモデル横にも書いてあるような
そんな当たり障りのないコピーなんですよね。
やはり子供にはまだシーンの最前線に立ち続ける覚悟はないのか……
逆に、ボイナクのほうが圧倒的にエロ関連のページが多かった。
モデルが普通に乳出しててびっくりしました。ボーイズでしょ?って。
あとそれに関連したのか、エッチテクニックに関する記事とかね。
やっぱりボーイズのほうが若いし、これからそういう季節だから?
夏だから外でやってても風邪引かないしね!ウッホホウ!

で、そこで「ウチらの好きな髪型」という小さい記事がありまして、
「ウルフみたいにセンスよく盛ったやつ(うろ覚えですが)」
というのが1位をとってたんですが、これなんて読むの?
センスよく「もった」?それともセンスよく「さかった」?
彼ら彼女らのキャラクター的にどっちでも通じそうなのが困ったところ。

もし後者だとして、「センスいい盛り方」ってどんなの?
オラオラチンポチンポセイヤセイヤ、って雄野郎的な盛り方はセンスいいの?
セイヤ!セイヤ!

で。
ふと漫画技法書とかそんなコーナーをのぞいたら、
「クリエイターのためのおんなのこデータベース2008」なる本がありました。
大抵の本って「どんなのが萌えるか」じゃなくて
「萌えキャラの(体とかそんなモンの)描き方」がメインだったりするのですが、
なんか意外にも資料的価値は高そう。
服の名称とかスイーツの名称、化粧品の種類とか
他にも色々。ボディストッキングっていいね!
他と違ってかなりいいなと思ったのは、
クリエイターとして生きていくうえでの心構えを説いているところ。
なかなか他の本にはないものなんですよね。

あと、索引見てたら「牛」って項目があって、
なになにどんなの?と牛大好きなアタイは
喜び勇んでそのページをめくったんですが、
なんか「毛皮に使われる生き物一覧」みたいな表に名前が載ってただけでした。
イヤーっ!(廃人ランスロットを見たカチュアのごとく)
でも牛って毛皮じゃねえだろ。なめし皮とかにはよくされますけど、毛はない。
そもそも毛皮ってどっちの?ホルスタイン?それとも肉牛?
と言ってて思い出したんですけど、
ホルスタインも肉にされることがあるんですね……冗談じゃねぇ……
meatにされるのは肉牛だけ……それがDestiny……決められた筋書きだ……
そう、俺たちはMilk Warrior……
醒めちまった牧場に……熱いのは……俺たちのmilking……
(ラグーン語はもういいよ)

ホルスタインが好きなのは母乳ネタがすきなのと関係はあるんですか!
というかホルスタイン柄が昔から好きなんですよね、うん。
なんか可愛くない?あの柄。

とりあえずボディストッキングっていいね!
大事なことなので二回言いました。
では、また。

山川純一・スターダスト☆レヴュー

暇なのでというか、今まで忌避していたヤマジュン漫画を
ちょろちょろ読んでみてました。

ん?あれ?なんか普通に面白いんですけど………
ホモ漫画であることを差し引いても普通に男がかっこいいし、
えっらい爽やかだし、オチもちゃんとあるし、漫画として普通に……
ち、ちがう!俺はホモじゃない!いやマジで。

で、まあ暇なんで、人気あるし興味はあるけどホモ漫画だしなあ……
とか思ってみられないって人のためにアタイがちょっと読んだ作品から
メジャーどころをいくつかチョイスしてあらすじとレビューをやろうと思います。
へ、変な男だと思わないでね……?アタイだっていつもこうじゃないんだからね……

不快に思う方もいそうなので、反転しておきます。


・くそみそテクニック
これはまああまりに有名なので割愛。


・男狩り

あらすじ
男を7人も強姦し、肛門から失血死させた謎の強姦殺人鬼。
普段は平凡なサラリーマンであるその男が最後の犯行で選んだ獲物、
それはおとり捜査中の刑事である自分の弟だった。

デカチン(23cm)すぎて男の肛門が耐えられず裂けて出血して失血死、
そんなバカなと思うお話。
でも主人公?のそこまで歪んだ理由が社会からの疎外感と、
そこからの逃避先のホモコミュニティにおける更なる疎外
(デカチンすぎて受け入れられなかった)ということなので、
なんとなしの物悲しさが………
最後は主人公が「お前(弟)を殺すわけにいかないから、
お前が俺の中に突っ込め」と受けに回るのですが、
弟が突っ込んでいたのは拳銃で、「俺の中にザーメンを発射しろ!」
という兄の声に合わせ、弟は尻の中の拳銃で兄を断罪するのでした。
なんかすごく物悲しい終わり方。性的に壊れるならまだしも、
死んでしまうのって最近の漫画ではないような……?すごくシリアスだし。
マイノリティの哀しさというものが前面に押し出された漫画でした。


・地獄の使者たち

あらすじ
太平洋戦争終結の直前、たった2人の捕虜として連合軍基地に捕らえられた
軍人・嶋本と小早川大尉。ゲイである事を米軍兵士に知られてしまった二人は、
終戦の前夜祭でのホモセックスを強要されることに。
おそらくこれが終われば二人はその場で殺されてしまう、そんな状況で
2人の選んだ行動とは……

うん、これもシリアス漫画ですね。極限状況で愛を貫く二人。ホモだけれど。
ていうか敵国の捕虜がゲイだからって
ホモセックスショーを要求するのはどうなん?
と思っていたら、敵国の大佐と大尉もホモでした。なんだこいつら。
結局彼らのした選択とは、隠し持っていたダイナマイトを尻に仕込み、
最後の一服としてもらったタバコを尻に刺し、
尻の中でダイナマイトを爆発させて
基地ごとそこの連合軍全員を爆殺する、というもので、
漫画自体は爆発の寸前で終わってるのですが、
最後の白黒反転したコマで「小早川大尉……愛しておりました……」
と言ってるのになんか妙な余韻が。
最後に嶋本に愛の告白をする小早川大尉が妙に男前でした。


・夏色転校生

あらすじ
久しぶりに転校してきた憧れの先輩・剛。
溢れる恋心を抱く主人公・川口光男は、だが彼がノンケだったらという想いから
その恋心を伝えることができない。そして彼にはもう一つ、
剛にいえない秘密があって……

ホモ版少女漫画のような話。エロシーンなし。
彼の秘密というのがその学校の番長の
性的欲求の道具にされてると言うことなんですけども、
主人公を女にすれば普通の少女漫画もしくはエロ漫画の出来上がりですよね。
しかし番長というのに時代を感じます………
結局剛もホモで、光男がもしノンケだったらと思うと
ホモの道に引きずり込むのが怖くて言い出せなかったと言いますが、
普通の人間はノンケだろ、常識的に考えて……
何ホモが多数派みたいな言い方してんだwさすがはホモマンガ世界。
光男をかけての番長とのバトルでピンチに陥った剛を助けるため、
「もう僕は番長のものでいいから!」と番長に泣きつく光男。
その光景に当てられた番長は「いつかお前を落としてみせる」と
男前なセリフをはいて去っていき、光男は剛と結ばれてハッピーエンド。
全体を通してインキンを強調する必要はあったのか?と。
なんだろう、この異質な爽やか感。


・教育実習生絶頂す

あらすじ
若き教育実習生・神谷は同僚の先生、そして男子生徒と次々に
性的関係を持ち、絶頂の中で男子生徒の首を絞めてしまう。しかしそれは……

次々に性的関係を持ったと思っていたのは実は神谷の妄想で、
彼は同僚にホモセックスを断られたショックで精神が崩壊していたのだ……
という、なんかすごく物悲しいお話。
最終的に狂った彼は病院に連れて行かれる前に暴れて抜け出し、
全裸で学校を練り歩き、石井先生本人の手を跳ね除けて
「どいてください、石井先生と森下くんが待っているんです」と
どこへともなく去っていくのですが、これも救いようないなあ……
この人の作風ってこっち寄りなのかしらん。


総評として

この人の漫画って、絵柄が少女漫画的だったので連載の差し止めを求められた、と
ウィキに書いてあったのですけど、ほんとにそれを実感しました。
たまに女の子が出てくるんですが、普通に可愛いんです。
当時の少女漫画的というか、一条ゆかりの描く女の子を彷彿とさせました。
あとこの人の描く男女エロも普通にかなりエロいなあ、と……
「刑事を犯れ」のポルノ映画シーンとか、
「裏切り」(珍しくエロシーンが男女ものしかなかった)の奥さんと輝之君の
エロシーンだとか………
少女漫画と違って乳首とかそこら辺モロに描いてあるから、
余計そう感じるのかもしれません。

全体的に暗い話が多いような気もしますけれども
(アタイもまだ全部は見てないのであれですが)、
「熱きライダーたち」とかはギャグテイストがかなり濃くて面白かったです。
ライダースーツで野原に立つ→次のコマで「バッ」→
その次のコマでいきなり「ヒャッホーイ!」と全裸でジャンプですからね。
ルパンかお前はw

しかしなんでしょう、射精シーンがなくても、エロシーンすらなくても
エロ漫画雑誌に載ってるって、今じゃあんまり考えられないことかもしれませんね。




もしヤマジュン作品に興味をもたれたら、こちらのサイト様にどうぞ。
ホモ描写がそんなに濃くないほうなのかな、この人のは。
作品ごとに濃さに違いはあるけど………(教育実習生~は濃かった)


関係ないけど、自分と関係持った女の子が他の男と寝ることを寝取られと言うなら、
サキュバスってモロに寝取りor寝取られジャンル?
その性質的にさ……っていや、ふと思っただけなんだ……

まあ、そんな感じで………。

ジェンダー的な、そんな

ふと思ったのですが。

あのさ、男向けのエロゲギャルゲ(めちゃくちゃ主人公視点の奴)って、
男主人公ってあんまり個性がないじゃないですか。
ニトロのゲームみたくエロより話、とかそんなんなら話は別ですが、
大抵の場合主人公ある固有の物ったら名前くらい。
性格にも個性がないし(ボキャブラリーはアホほど豊富ですが)
ビジュアルにも個性がない。顔までない、なんてこともロスでは日常茶飯事だぜ!
(よそ様のネタ)
まあロス市警はさまざまな作品において素晴らしい人々の集まりだと思いますが
それはおいといて。

とにもかくにも、主人公は没個性に作られます。
没個性の中にも天才肌の奴と努力型の奴と、という風にある程度の個性は出ますが、
なんにせよ無個性。リア充から見たらオタクはどっちもオタク、みたいな感じで。
で、まあこれはどんなプレイヤーも感情移入しやすいように、
という製作者側の配慮での現象なのですね。
さすがにクラウザーさんみたいなぶっ飛んだ主人公に
「感情移入」できる人はいないでしょうし、
ちびまる子ちゃんの永沢くんみたいな奴にも………って
彼は間違いなく純愛ゲーの主人公にはなり得ないでしょうけど、
いやむしろ彼みたいな奴が周りの女の子とのふれあいによって更生していく、
そんなギャルゲもいいかも、いや別にそれもどうでもいい。
とにかく、主人公はプレイヤーが2次元の女の子と触れ合うためのツールであり、
そこには性格や外見は必要とされないわけです
(ある一定以上のクオリティのお肉の棒は必要とされるけどね、ウフフ!)。

しかしね、女性向けエロゲとか、いわゆるところの乙女ゲーの主人公って、
普通にかっちりしたビジュアルもありますし、
ある程度独自のキャラクターもついてるんですね。
これはどういうこと?自分の分身にも
ある程度以上のクオリティを保証されないともうガマンならん!ってこと?

本田透さんは「画面の中だけでイケメン扱いされたって、
それは本当の俺ではないから」ということでギャルゲの主人公は
高スペックな奴から徐々に普通の人間になっていった、という
変遷について書いてましたが、女主人公のこの出張りぶりは……
女の子は自分の分身が自分と違うような高スペック
(設定上は普通だけど、大抵どんな男からも可愛いって言われる程度には
ハイクオリティな外見。
間違っても「うはwwwあの女きめぇwwwww」とか言われない)な女でも、
もっと言えば感情移入できなくてもガマンできるモンなの?
別に女性向けのそういうのやる人が外見低クオリティというわけじゃないですが、
でも「自分と同じ……」ってな感情移入できるような人って少ないと思うのですね。
女性にとってはこういうのって、小説読むみたいな感じなんでしょうか?
主人公を自分の分身じゃなくて、一人のキャラクターとしてみてるというか。

あと、女性向け(男女もの)エロゲ。
男性向けエロゲのエロシーンって、大抵女性の痴態がメインで
男の体ってまったくないかあってもミートスティックだけ、
顔が出てるのなんてごく少数、そんなんなのですけども、
こっちはどうなんでしょう?
アタイはよく知らないんですけど、でもさすがに女の子の体一切なしで
男だけ画面に映ってる、なんてこともないような気がするんですよね。
やっぱりああいうのって入れるほうより入れられてる人のほうが映えるものだと思うし。

そしてちょっと毛色が違いますが、BLゲーってどうなんでしょう。
主人公が恋愛通り越してホモセックスする以上、
そしてBLに攻めと受けという立場、そしてそれに付随するテンプレが存在する以上、
主人公も大抵の場合そのテンプレ的な性格になってると思うんです。
受けなら多少女性的に、攻めなら過剰に男性性(男くささ、とは違う)を
強調したような感じに。
こちらはもうなんというか、感情移入なんてのはハナから放棄されていますね。
だってそっちよりか受け攻めの性格付けのほうが優先されてんだもの。

女性ってもしかしてあまりキャラクターに自分を投影しない傾向があるのかしらん?
男性は(少なくともアタイは)バリバリ投影しますが。
主人公が無個性ならね、うん(牧場物語の例だけで語ってごめんなさい)。


しかしまあ、またなんかアレな方向に……
「う~仕事仕事」
今仕事を求めて全力疾走している僕は
ハロワに通うごく普通の男の子(というのもそろそろおこがましい年齢か?)
しいて違うところをあげるとするならエロに並々ならぬ興味があるってことかナ
名前は河原砂利助(自己紹介はいいよ)。

まあ、そんな感じで………しばしブログを休止します。
だいじょうぶ、またすぐに帰ってくるさ……
あしたかあさってくらいにはな!(それは休止といわない)

俺のクソさに俺が泣いた!

アタイは一度死んだほうがいいかもしれない。変態とかそういうの関係なしに。
もう根本的に、人としてダメすぐるわ……
具体的に言うと称号がニートに戻って日中ものすごい自由時間が出来る、
つまりクビになりそうということ。しかも思い切り自分のせいで。

まあそんなことは置いといて。
なんじゃね、ほら、彼女が風邪引いて寝込んでいます。
それを見た主人公は弱っている彼女の様子にムラムラきて……
ってなシチュエーションがあるじゃあないですか。

エロゲとかよりエロ漫画、もしくはエロ寄りラブコメとかそんな感じので
けっこう見かける気がしますが、あれってどうなんでしょう?
よく変態陵辱絵を描いてるようなアタイが言うのもなんですが、
それは女の子に優しくなくね?と。

いつも元気な女の子の弱った様子、そりゃあかなりのギャップですから
きゅんと来るのもわかります、しかしなんですか、
家庭内、配偶者間だってレイプしたら犯罪なんだぜ……!
そこは女の子の体調を慮ってガマンしてこそ、男だろう……!
そういうのって大抵やったあとで男にも同じように風邪が伝染り、
ってシチュエーションで締められますが、
そこで獣と化すのはいかがなものか。純愛の皮をかぶった陵辱やないけ。
逆にそれが萌える、って意見もよくわかりはするのですが。

もちろんそこでやめてしまうとまったくエロがなくなってしまうわけですけど、
「治ったらいっぱいさせてあげるから」ってのはエロくない?
精神的エロといいますか、そこでガマンして
キスくらいにとどめてあげるのもまたある意味でのエロというか。
いやまあキスなんかしたら風邪がうつりかねませんが。

エロに入らなくても逆にエロを出せるのではないかと思うのですが、
そこらへんどうなんでしょう。
そもそも体の接触もしくは露出がないとエロではないの?
ってまあモロで下品なエロばっか描いてる人間の
言うこっちゃないですね、すんません。

でもこう性欲に任せて獣のごとくやっちゃうような
本能的なものもそれはそれでエロいけど、理性的なエロってのも
それはそれできっとあると思うんだ。
ぶっちゃけ穴と棒のみでは興奮しない!シチュエーションがないと。
何を言ってるのかわからねーと思うが 
自分でもなにを言ってるかわからなくなってきた……

とりあえず話を戻しますと、
お互い思いやりあえる関係ってある意味エロいよね、って。
彼氏は彼女がぐったりしてるからエロいことしたいけど自重して、
彼女はそれがわかってるからなんとか受け入れてあげたいけど
風邪でしんどくて無理だから
今度するときはある程度なんでも言うこと聞いてあげよう、という
ある意味でのギブ&テイク?な関係というか。
愛があるのも素晴らしいよ!自己創作物に限るけど、アタイの場合。
恋愛モノはトラウマですけえのう……

でもぶっちゃけレイプモノの穴や棒見ても興奮しないっすよ。
あれは漫画などで被害者の精神の動きを見られるから面白いのであって、
3次元には向かないプレイだと思うんですが……
そういう意味ではただ鬼畜なだけの鬼畜って実はあまり理解できない。
痛めつけて泣き叫ばせていつの間にか射精して行為終了、
その流れのどこに萌えが……うーん?


要するに、お互いの愛情を理解しあえて応えようとしあえる関係が
一番好きだ、ということですわ。

眠いし精神状態最悪だしで文が荒れてるような……
つうか最近人様に見せるものというより単なる主張、覚え書きになってない?
また心療内科のお世話にははっきり言ってなりたくないので、
なんとかがんばります。
プロフィールですよ

河原砂利助

Author:河原砂利助
性別……雄野郎
年齢……31
太った熟女やロリやケモ絵を描くのが好きなアレです。
ご意見ご感想などありましたらおきがるにどうぞ。

メールアドレス
king_of_sukeroku☆yahoo.co.jp
(☆を@に変換)

最近の記事ですよ
pixivやっています

ひと月ごとに見る
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
喪ブロゴです

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。