時がたって変わるもの、変わらないもの

バイトに行くまでの憂鬱感ってどうにかなりませんかねー?
いざ行って仕事をして、ってしてたら慣れるんですけど、
そこに行くまでが辛い。

で。アタイは基本的に客から呼ばれない限りは
灰皿の交換と筐体拭きしかやることのない人間ですけど、
その立場から一言だけ言わせてもらおう。
今日はこれだけ覚えて帰ってくれ。

灰皿にたんを吐くんじゃないィィイーーーーーーーーっ!

いえねえ、それを洗うこと自体は簡単ですよ。
ただしかし、やっぱりちょっとね、ほら、わかるだろぉおまえさんにも。
タバコを吸うとたんが絡むのもわかりますけどね、
しかし灰皿にそれを吐くのはちょっと……。

まあそんな前置きは置いといて、タイトルどおりの話など。

アタイの家の近くに、子供の頃からずっと続く駄菓子屋があります。
でまあ最近は家から出ないのと開店時間にそこを通らないこと
(バイトにしたって通勤時間を合わせると8時~7時なので)もあって
開いてるところをトンと見たことがないんですね。
でも店の前の自販機は動いてるし、大丈夫かな?と思ってたんですけど……
最近自販機が3台中2台は撤去され、
残り一台は常に電源が落ちているという状態に……
その駄菓子屋はおばあちゃんが(多分趣味で)やってたんですけど、
多分そのおばあちゃん一人暮らしなんですよ。
そんな人のやってる駄菓子屋が閉まる理由って、けっこう限られる気が。

・経営難でやむなくしめた
・体力の限界を感じ、引退
・………

できうるなら1番目か2番目であって欲しい、望むなら2番目で。
1年ほど賞味期限の切れた、明らかに消費期限すら切れてるだろってポテチを
平気で売ってたようなファンキーな店ですけど、子供の頃から知ってるので、
なんかショックって言うか感慨深いです。
って店が潰れた前提で話してますけど、単に自販機がなくなっただけだったりしたら
失礼極まりないですね、アタイ。


で、逆に変わらないものなど。

アタイの中の指針というものがあります。
行動規範であったり考え方の指針であったりいろいろありますけど、
今回は世界観というか絵の指針というかそんなの。

2年ほど前に、友達に漫研の人間を音楽ジャンルにたとえると?
みたいな質問をそのお兄さんがしてて、アタイはなんか
「ジャパニーズフレンチポップ」という例えを受けたんです。
ただ、アタイはフレンチポップというものをよく知りませんので
(カヒミ・カリィとかがそんな感じって聞くけどどうなんだろう)、
当時から今に至るまで彼のその発言の意図を掴みきれていないのですけど、
アタイなりに解釈したそれが今でも世界観なり絵の指針になってます。

しかし実際、おフランス、パリのイメージってのも
人によっていろいろだとは思います。
現代のオシャレな町のイメージもありましょうし、
フランス革命なイメージもありましょうし、いろいろと。
アタイの場合、似非オシャレチックなイメージ
(アタイの中でね。おしゃれというものが理解できてないので)と
幼少期に読んだ少女漫画での、「貧乏青年(売れない画家志望とか)が
ハーフコートに身を包んで木枯らし吹きすさぶ中を歩いてるようなイメージ」
というものがあります。
幼少期に読んだのがベルばらとかだったらまた違ってたんだろうね。
で、ポップ。この言葉をつけるとどうしても軽い感じのものが浮かんできます。
あんまり大人っぽくない感じがするのね、アタイの中で。

フレンチポップってのはそれですが、完全にフレンチになりきれてない(ジャパニーズ)
ってあたり、なにか土着的な、あか抜けないものがあるってことかしらん。

総括するとなんとなく、「変なオシャレした人々があるく変な空間」
みたいなイメージに………なるのだろうか?
Capsuleの歌にそれに近いイメージを感じるんだ……
(ファンの方には失礼。アタイの中の勝手なイメージです)
変な感じのポップなもの、的なものを描けたらなあ、って思ってます。
グラフィックアート的なものともまた違うんだけど。
萌え系は萌え系なんだけど、なんか変、みたいな。
「なんか変だけどこういうのもいいね」といってもらえるようになるのが夢。
世界観というかスタンスの指針になってますね、多分。

ここでいい感じの絵でもアップして例示できれば良いんですけど、
それが出来ないのがアタイのアタイたるゆえんですか。

そういえば最近アタイ、精神がどうこうとか言ってて
ことさらに精神薄弱者であることを強調してるような感じですけど、
なんとなく申し訳ないですね……弱ぶりたいのではないんです。
ただこう、バイト前の憂鬱状態になると、
昔、鬱でどうしようもなかったときの感覚が
よみがえってきそうになるっつーか……
そのまま下手したらまたぶり返してしまうんじゃないかと考えると
ちょっと不安になったりするのです。働き出すと完全に治るんですけどね。

もうちょっとこう、強い心が欲しいです。ブリキの心臓だとか、そんなん。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィールですよ

河原砂利助

Author:河原砂利助
性別……雄野郎
年齢……31
太った熟女やロリやケモ絵を描くのが好きなアレです。
ご意見ご感想などありましたらおきがるにどうぞ。

メールアドレス
king_of_sukeroku☆yahoo.co.jp
(☆を@に変換)

最近の記事ですよ
pixivやっています

ひと月ごとに見る
フリーエリア

最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
喪ブロゴです

リンク