スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつもいつも自分語りでごめんなさい

子供の頃の環境は、確実にその人の人格形成に影響を与えている。
アタイは今こそこの論を押そうと思います。

アタイ、エロばっかりを書くことに抵抗があったのです
(あんだけエロばっかり描いておいて……)。
好きな作家さんに一般向けのステキな話を書く人が多いので、
アタイもなんかそういうステキな話を書けたらなあ、って憧れもあります
(漫画描いたりしないくせに、ねえ)。
でも、何か表現、主張したいことがエロという媒体の中にあるのなら、
それはそれでいいのではないか、と最近思うようになりました。
と言って自覚できる主張したいことって言うのは
「こんなエロ(性癖)もいいよね!」っていう
アレのみだったりするのですけど……物語を考える能力もないよ。

で、冒頭の部分に戻るんですけれどもね、子供の頃の環境。
アタイの父親が相当アレな人間で(浮気とかはないと思うけど)、
家にAVがなかった日ってそんなないんじゃないの?ってくらい
毎週毎週エロビデオを借りてくる、そこまで精進しなくても、と思うくらい
エロビデオばっかり借りてくる、そんな父親だったんですね
(過去形なのは死んでしまったとかでなくて当時、という意味でです)。
で、深夜が来るごとに父親のいるリビングをみる
(どうしてもアタイの部屋から見えてしまうのです)と、
常にAVがついてるんですね。
当時小学生でそのような性に潔癖だったアタイは
(小学生の頃ってやけにそういうものを避ける傾向にある気がします)
単に「恥ずかしいもの」として忌避してましたんですけれども、
今にして思えばあの体験が今の人格形成に多大な影響を及ぼした、
わかりやすく言うとアタイがエロ野郎なのはアタイのせいじゃないんだよ!わぁい!
と、そういうこと。
精神鑑定を要求するニダ!(精神に異常が見つかっても何も無罪にはなりません)

………いや、わたしが悪いんですよね。なんというか……
しかしエロ野郎の息子がエロ野郎なのは絶対に何か因果関係があると思う。
だから子供産んだりする予定のある皆様、
子供をまっすぐ育てたければエログッズは子供の目の届かないところにおいて、
できれば子供の目に触れないようにするんだぜ……
下手するとこのような変態が生まれますから……
押入れにあった裏ビデオをそうと知らずに見てしまった時は衝撃でした。

で。
全然関係ないんですけど、ムチムチとデブの境界線ってどこなんでしょうね?
同人板の「嫌いな絵柄」ってスレがあって、そこでよく
一般的にムチムチと言われる絵を描く人のキャラを指して
「単なるデブ」という批判がされてるのを見るんですけれども、
同じ絵でもムチムチと評する人とデブと評する人がいます。

そこら辺の線引きは人それぞれなのでまあ、聞くだけ野暮と言うか
そんな感じなのかもしれませんけれども、
デブが好きだから過剰なほどのムチムチ感が好きなのか、
元々のムチムチ好きが高じてデブ好きにシフトしたのか……
絵スレで、最近ブログにアップしたタラコ唇の女の子の絵に
「もはやムチムチでなくデブじゃないのかw」というレスをもらったのがきっかけで
少し考えてみたのですけれども、
アタイ自身はデブを描こうと思ったわけではないんですね。
ムチムチをイメージして描いたのですけど、
確かに言われてみればデブに見えるな、とも思うのです。
あの肉の量だとデブに見える、受け入れられない、って人、
やっぱりある程度いるんじゃなかろうでしょうか。
尻のてっぺんとかの位置も不自然だし……

恥ずかしくてかきませんでしたけど(ほぼ書いたようなものか)、
「自分の思うエロい体」というのを描いてみよう、というのが
あの絵の裏テーマとしてあったんです。
で、何とかかんとか自分がエロいと思う肉付きで描いてみたら、
前述のとおり「デブじゃないの?」という言葉をいただいた、と。
ああ、アタイの感じるエロというのはデブのそれなのか、と
しみじみした、というかなんというか、そのー。

肉のついた体じたいにエロとか萌えを感じるようになったのかしらね?
でもたとえデブでもいい!アタイはアタイの好きな体を描く!と
変な決意を新たにしたり。
ただ個人的には「おなかが太くなければデブでない」という
アレな自分ルールがあったのですけど、やっぱり乳や尻、脚が
微妙にたぷんたぷんしてると、おなかが出てるとかでなくても
デブと感じるものなのでしょうか?
でも下半身デブって言葉もあるしねえ……
それはそうとあの娘っ子はなんとなく気に入ったのでまた描きたいね。

野暮ったさの道具として、そばかす、タラコ唇、メガネと言うのが
アタイの中での3種の神器なのですけど、
その中の一つを使っているのが大きいのでしょうかw
特にそばかすはやばいです……世界名作劇場とか見てると
けっこうな確率で出てくるので、うん、もうね……
というか昔の(特に海外の)子供向け小説とかって
そばかすキャラ多かった気がするんだけど、どうなんでしょ。
エプロンドレス着てるような娘さんとかね。
そういう点では漫画版「スチームボーイ」のエマはなかなかよかったです。


しかし自分語りしか最近していない件。
他に語るようなネタがなくなってしまった……
仕事の話をすると、ともすると愚痴になりかねないし
(別にバイトが嫌なわけではないんですけど)。
性癖……まこと広うなり申した……

んだらば、また。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィールですよ

河原砂利助

Author:河原砂利助
性別……雄野郎
年齢……31
太った熟女やロリやケモ絵を描くのが好きなアレです。
ご意見ご感想などありましたらおきがるにどうぞ。

メールアドレス
king_of_sukeroku☆yahoo.co.jp
(☆を@に変換)

最近の記事ですよ
pixivやっています

ひと月ごとに見る
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
喪ブロゴです

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。