スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄金の鉄の塊

ふと思ったんですね。
漫画やゲームとかで、戦闘シーンに貴族(成金気質)が出てくるという
そんなシチュエーションをイメージしてください。

アタイが見て来たものが偏ってるだけかもしれませんけど、
貴族は金の鎧を着てて、それを熟練冒険者なり何なりにバカにされる、
というシーンを何度か見たことがあるんです。
いわく、「金は重いだけで柔らかいから武具には向いてない」とか、
「戦場でそんなに目立ってどうするのか」とか、そんな感じに。

大方の場合責められているのは貴族の現実性のなさであり、
戦場には不向きな、悪趣味とも言える装飾性、
もしくは過剰な自己顕示欲といったものであるわけですが、
でも見方を変えれば、あれは理にかなった、というか
大変に貴族らしい(いい意味で)装いなのではないか、と。

ノブレス・オブリージュ、「高貴なる者の義務」という言葉があります。
これは「普段農民などを治めて税を納めさせる代わりに、
有事の際には自分が矢面に立って領民を守る」という
貴族の一つの心得だそうですけど、
それにのっとって考えると、金の鎧を着て戦場での注目の的になるのは
非常に貴族的な行為であると言えると思います。
その分他の兵士(平民)に目が行きにくくなるでしょうし、
ましてや貴族という手柄首だということで、余計に。
大方の場合貴族というのは指揮官的な立場にあるであろうので、
それが矢面に立った挙句にすぐにやられそうな金ピカ武具を着けるのはどうなの?
という点でちょっと矛盾も生じてしまいますけれども……

でもまあそれで強ければもっとかっこいいですね。
金の金属としての弱さ云々は関係ないですけど、モビルスーツの百式が金色いのは
絶対に相手に墜とされないという自信の表れだ、とどこかで見た記憶があります。


今日はサークルの展示に当番として行ってきました。
色々後輩様とかと話をして楽しかったのですけれども……
今年入ってきた女の後輩様、人づてに聞くところによると
アルバイトと美術部とアタイら漫研と同人活動を掛け持ちしてたとか何とか。
すげえ……世の中には超人がいるものだ……と思いました。
ちょっとアルバイトしたくらいで疲れて寝てたらいけないね!

あと、アタイはもう展示のために絵を描きません
(特になにがあったってわけではないですけど)。
後は新人さんや現役の(アタイも現役と言えば現役ですが)人たちに任せた。
老兵はもう引退のときのような気がします、って
会報誌には描くつもりですしサークル辞めるってわけでもないですけどね。
とりあえず部費をさっさと払ってしまわないといけないです。
何とかお金をやりくりしていかないとねえ……
でも安心した。新しく入った人に絵を描く人多くて安心した。
これで……心おきなく……あの世(と書いてパチンコと読む)にいけるよ……
別にアタイはパチンカーじゃないですけど。

まあ、そんな感じで、また。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィールですよ

河原砂利助

Author:河原砂利助
性別……雄野郎
年齢……31
太った熟女やロリやケモ絵を描くのが好きなアレです。
ご意見ご感想などありましたらおきがるにどうぞ。

メールアドレス
king_of_sukeroku☆yahoo.co.jp
(☆を@に変換)

最近の記事ですよ
pixivやっています

ひと月ごとに見る
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
喪ブロゴです

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。