スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界名作劇場は色々ステキです

だれですか灰皿にアイスとタバコで即席デザートを作って放置した輩は。
怒らないから出て来なさい、ということでおはようございます。

まさかそんな異様なものを見ることになるとは思いませんでした……
とりあえず近場のツタヤの半額セールが今日までだったので
ふたご姫のDVDでも借りるっぺと勇んで行きましたら、
アタイの借りた次の巻だけがなぜか全部借りつくされている始末。
クソッタレぇーっ!!(べジータ風に)

でまあ仕方ないので他のものを借りて帰ったわけですが……

今日の収穫(レンタルものですが)

・ケロロ軍曹
・重戦機エルガイム
・魔法の天使クリィミーマミ

地元のツタヤはクリィミーマミとかマジカルエミとか、
なぜかけっこう古いアニメを置いてくれてるので嬉しいところ。
でも個人的にはパステルユーミとかペルシャとかを置いてくれたらなあ、と……
(名前知ってるだけで主人公すら見たことないから)
ただスーキャットはそれにしても微妙じゃないか……なぜ、スーキャットなんだ。
それにしても見事にアニメばっかり。
外国の映画も借りたいなあとは思うのですけども……
やっぱり日本の映画とは人物のアクションリアクションなどが
だいぶ違う独特の味があるので、面白いなあと。
個人的には外国映画のノリのほうが色々と好きです。
ほとんどコメディしか借りないんだけれどね……。
でもたまに「ベティ・サイズモア」みたいな
コメディの皮をかぶった何かを引いてしまうと非常に怖くなりますねw
いきなり主人公の夫が殺されて頭の皮を剥がれるシーン
(多分そこまで精密な描写はしてないと思いますけど……)が
怖くて直視できなかったのはいい思い出。

あと一緒にいたバイト仲間に最初「ロミオの青い空」って
同人で言うとショタジャンルに入るんだってね、という話を振ったら
なぜかそれがきっかけでロミオ(と外国作品)について語り合う流れに……
とりあえずアルフレドが死んだのって後半も後半、最終回間近だったんですね。
もうちょっと早いのかと思ってました……
そしてそれ(というか世界名作劇場)つながりでそばかすについての話に。
外国におけるそばかすの位置づけってどうなんでしょう。欠点扱い?

キャンディキャンディの主題歌の歌詞から考えるに、
あの頃から日本においてはそばかすは美点とはみなされてなかったようですけど、
果たして外国ではどうなのか。
美点かどうかはわかりませんけど、嫌われるような点であれば
あそこまで頻繁にそばかす少女が登場するもんかしらね?
それに田舎っぽさ野暮ったさを出す分にはいいアイテムだとは思います。
世界名作劇場で主人公がシティーボーイもしくはガール、って
正直そんなにない気がしますし。大抵が田舎っぺです……
(大自然とのふれあい的な話が多い都合上もあってか)

その中でもロミオは珍しいシティーボーイ……とも言えないか。
まともな都市生活してなかったし……
でもあの作品は正直、ハッピーエンドじゃなくて
こちらに語りかけてくるような終わり方をしてたのが非常に印象的でした。
主人公を売った人買いも何かひどい罰を受けることなく
同じようなこと(人買い)をしてましたし……。
ていうか珍しくめちゃくちゃテーマが重い作品じゃなかったかしらん。
他のは少年少女の成長物語だったりするけど、
あれだけなんか人身売買と都市で厳しく生きる少年少女、という
社会問題を扱っているよ……

とりあえずOPテーマの「空へ…」を初めて聞いたときは
ものすごく衝撃を受けたものでした。
10年以上たった今でもやっぱりいい曲だと思います。

で。
絵を描いたありさまだ、というか色を塗ったありさまだ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィールですよ

河原砂利助

Author:河原砂利助
性別……雄野郎
年齢……31
太った熟女やロリやケモ絵を描くのが好きなアレです。
ご意見ご感想などありましたらおきがるにどうぞ。

メールアドレス
king_of_sukeroku☆yahoo.co.jp
(☆を@に変換)

最近の記事ですよ
pixivやっています

ひと月ごとに見る
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
喪ブロゴです

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。