夏の空気を胸いっぱい吸い込んで

そうすると精神的に癒されますよ………という話。
いやほんと、なんか心にしみてくるものがあるのですよ……

もう七月中旬と言うことで、空気的にも温度的にもすっかり夏真っ盛り、
後はセミが発生し始めれば立派に夏やんけー、という感じですが、
夏の熱い空気って、昼間働いてるとあまり吸うものではなかったんですよね
(営業とか土建業とか、外で働く系の仕事の方はまた違うでしょうけど)。

ニート生活はまったく良いものではないですが(主に財政・世間的に)
そうか、そういえば夏ってこんな空気だったっけ……と
小さなことですぐに磨り減るような弱い精神を慰めております。
つうか昨日の夜は一時的に鬱にブーストかかったような状態になってまして、
なんだろう、ほんとに何やってもそれをやってる感覚がなかった。
気力が失われて何もできないとはこのことナリか……!
ずっとぼーっと座ってたw今は多分大丈夫っぽいですけど。一時的なものね!

でまあ昨日は学校だったわけなのですが、バス停に並んでると小学生がいまして、
男女二人組みでなにやら楽しそうに話してるんですね。
で、男のほうが「もうちょっと荷物(手提げ袋か?)持っててくれないと
いっしょに帰ってやらん」的なことを言ってるのに対し
何だぁ小僧、モテ男気取りか、蕾みしてみいや居合わせた人間が悪かったね、
ついておいで、おじちゃんが送ってあげよう、実際に天国にのぼる気分があじわえるよ、
とかなんとか思ってましたら
女の子の方が手にまめができてたらしく、
彼女の口から「見てよこの痛さ」と言うセリフが出てきました。

痛みが目に見えるものかよ!こんなセリフ、修正してやる!ということよりも、
小学生の言語センスに感服してしまいました。
大人じゃあこうはいかん……どうしても「見てよこのマメ」とか
「見てよこの手」になりますよね、表現的に。
明らかに変なんだけど、言いたいことは良く伝わってくる……
最初の言語ってこういうものではなかったのだろか、とか。
子供ってやっぱりとにかく原初に近いものだと思ってます。
そういうセンスにしろ、性格にしろ。
人間として成熟することは人間社会的な性質を身につけていくことなわけで、
それのない子供は純粋に生物としての人間の様子を体現してるんじゃないかしら、
とかなんとか。

話がいつものごとくずれましたけれども、
大人になると忘れてしまうことって、やっぱりあるんだなあと思ったんです。
ああいう未熟だった頃の柔軟さ、周りから見て変な言葉でも気にならない
ある意味では無知からですが純粋な言語感覚というか、
その良さと言うのが失われてしまう。
子供の頃にだけできることがある!と考えて子供を自分の中で神聖化するか、
子供の頃の感覚がずっと残っていればいいのに……と思い続けるか、
はたまた「子供なんてくだらねぇぜ!俺の歌を(ry」となって子供を否定するか
(ある意味大人としての自分を肯定してあげるという意味で正しくはあると思う)、
それは人それぞれだけれど、ってなんか性格悪い書き方ねこれ。

要するに子供はみんな異能者だ、と。(そんなまとめでいいのか)
ただ、少し大人になるまでの短い期間限定の異能者だから、
ある意味でのはかなさのようなものを感じさせるのかなあ…。
みんな子供の頃に持ってたなにかを脱ぎ捨てて、
ごく普通の(世間に適応したという意味での)大人になっていく……
うわぁ中二くさいw
でも実際、亀やザリガニを愛でる大人は、いたら変態扱いですものね。
世間に適応することと子供の心でいることは両立しないものなのね……。

………あれ?でも小動物を愛でる人って、心優しい人として扱われてね?
ウサギや犬はいいのになんでザリガニやカエルや亀やタニシはダメなの?
あれ………………?

まあそれはいいんですが、夏になってもしっぽの生えたおたまじゃくしや
青虫とかさなぎはいるものなんですね。お前らの時代はもう終わったんだ!
特に青虫とかさなぎですね、学校帰りに近所の家の壁をみたら青虫が二匹、
さなぎが3匹も塀に張り付いてまして、
下品な話なんですが、その……勃起……しちゃいましてね……
ええとなんというか、外に面してるほうにそんなに張り付いてるのなら、
中にはどれくらいの数の虫がいるのか………怖いよ!
あとしっぽの生えたおたまじゃくしはなんですか、ウシガエル並みのサイズだと
恐ろしく恐ろしい生き物ですね!怖いよ!そして今の日本語頭悪いよ!

…………なんか変な感じの日記だこと。
では、また……
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

犬やウサギは可愛いからOK
多分100%合っている

馬鹿な………「人は見た目じゃない」とか言いながら、
小動物は見た目で差別するってのか………!
確かに毛がもこもこ生えた動物は可愛いですけど、
毛のもこもこ生えたザリガニや亀やタニシを目の前にしてそういう人たちが
どのような反応を取るのか見てみたい気がします。
プロフィールですよ

河原砂利助

Author:河原砂利助
性別……雄野郎
年齢……31
太った熟女やロリやケモ絵を描くのが好きなアレです。
ご意見ご感想などありましたらおきがるにどうぞ。

メールアドレス
king_of_sukeroku☆yahoo.co.jp
(☆を@に変換)

最近の記事ですよ
pixivやっています

ひと月ごとに見る
フリーエリア

最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
喪ブロゴです

リンク