スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

びっくりしたよ、ホント

「モルダー、あなた疲れてるのよ……」というXファイルのセリフを
「モルダー、わたし疲れてるのよ……」とするとなんとなくエロチックな感じが。
え?しないって?そんな……

2chのモテない男性板に、「どうせもてないし喪絵ブログでもつくろうぜ」
ってスレがあるのですね。
アタイのブログからもリンクさせていただいてる「喪絵師のアンテナ」、
それに載ってる人々のブログのことや絵とか全般に関すること、
あと雑談などが主なスレ(多分)なんですけども、
一般的に名無しの人々が匿名性を保って書き込む普通のスレと違って、
ある程度絵やブログと言う「自分特有のもの」を持った人々が書き込むわけで、
(アンテナ登録者でないROMのかたもいますが)、
半分匿名だけれど半分匿名でない、文体とかで特定できてしまうこともありうるよ、
そんな感じの妙な(決して悪い意味ではないよ)雰囲気なんですよね、なんか。

でもまあやっぱりコテ(ハンドルネームのこと)つけて書き込む度胸もなく
(少なくともアタイにおきましては)、
スレの中の言葉を借りるなら「名無しだけどきっとあの人だろうなあ…」と
妄想したり想像したりそんな感じなわけです。
でね、最近そのスレが落ちまして、新しいスレが建ったのですけれども
いくぶん過疎気味で、数日間見てなかったのですけども、
今日見たら何気にけっこう進んでいて嬉しい気分になりました。
しかし、それよりも。

ある男性(マーチンさん)が「さあ、俺が誰だか当ててみろ!」と
匿名で住民に挑戦状を叩きつけてたんですが、それに対して

「・文章が上がり口調かつ、2chではあまり使わない!を使用しているブログ
・ここを見る=ブログの更新がある程度ある
を考慮して、2~3日中に更新があったブログを検索、かつ文章中に!を使ってる
ブログは、河原砂利助とマーチン。
ただし、河原砂利助は文章中に・・・・・の表現が多いから下がり口調と断定。
よってマーチン。上がり口調だし。」

という分析付きの答えが。
………すげえ………金田一かキバヤシか何かのかたですか?
なんというクールな分析。
関係ないですけど、ご存知のとおり「クール」というと理知的なかっこよさ、とか
どっちかと言うと感情に依らないかっこよさ、みたいなものを指す言葉ですよね。
んで、「オゥ!ホットガイ!」(英語版「ウホッ、いい男」?)という言葉が
ホモ的な意味でかどうかは知りませんがあります。
で、この場合の「ホット」も格好いい、イケてる状態を指す言葉として使われます。
ってことは、「あのクールなホットガイは誰だい?」というようなセリフが
吐かれることももしかしたらあるのではないでしょうか。

クールとホット、一見冷静な中に激しさを併せ持つ、というような
どこのやおい小説のキャラ?と思うような感じですが
その実は単に暑さと冷たさが相殺しあった結果のような、
熱くも冷たくもないごく普通の人。

最近の世の中って、とにもかくにも個性が重要視され、
(そのわりに「流行」なるものが存在するのは不思議なことですが)
「普通」であることが何か格好悪いことであるかのように取りざたされがちです。
そんな中でもやっぱり普通の人というのは存在して、
「ああ、普通だなあ」なんて感想を抱くこともあろうかと思うんですね。
でも、思ったままに「あなたって普通ですよね」なんていうと
何かしら反発を食らってしまいかねない。
そんなときにオブラートに包む言葉として「クールなホットガイ」と
言ってみるのはどうでしょうか。

「あなたって、クールなホットガイですよね」

「ホットガイ」は正直慣用句としての認知度はゼロに等しいですが、
「クール」はもう日本語として立派に機能しているほど有名なほめ言葉。
実際「クール」って言われて悪い気のする男性もそういないのではないかしらん?
普通という言葉をオブラートで隠し、あわよくば好印象すら得てしまえる
魔法の言葉ですよこれ。

でも、「俺って普通だから…」と言って
「そうだね」とほんとに言われてしまうのが怖いからといって、自分から
「俺ってクールなホットガイだから…」というのはオススメできません、
理解してもらえずアホかと思われることうけあい。

話が思いっくそそれましたけど、頭の回転速いんだろうなあ、と思ってしまいます。
瞬時の分析とかすごいよね、って。
実際リアルでも下がり気味な口調ですしね、アタイ。

で。
その人の分析にあった要素(三点リーダなどの多用、「!」の使用)を
可能な限り控えめにするように意識して日記書いてみたんですけど、
果てさて文体が変わっているものかしらん?
いや、まあ文体変えたかったら何でもかんでも漢字使って
(「これ」=「此れ」「ここ」=「此処」とかそんな感じで)
文を書いてみれば劇的に印象変わるんでしょうけど、
それはもう文体と言うかキャラからして変わってるやんって話になるので……。
そして指摘された特徴を使わないようにしようとしたら今度は別の特徴
(カッコ内の文による補足の多用)←これがかなり浮き彫りになる結果に。

ムリして自分を変えようとしても破綻するぜって話だよ!
え?どうみてもそんな話じゃなかった、って?そんな……
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

今度から何かあったら「いいえ、河原です。」って言うようにします。
…嘘ですすんませんw

すごく……「いいえ、ケフィアです」みたいです……。
でも実際ケフィアとアタイにそんな大きな差はないので(ニュアンス的にも)、
そういう用法でも特に問題はないと思われますw

マーチンさんが自身のブログに書いてらしたのを読んだのですが、
文体で判別されると言うのは驚く反面ホントに嬉しいものですね。
ああ、読んでくれているのね!と……
プロフィールですよ

河原砂利助

Author:河原砂利助
性別……雄野郎
年齢……31
太った熟女やロリやケモ絵を描くのが好きなアレです。
ご意見ご感想などありましたらおきがるにどうぞ。

メールアドレス
king_of_sukeroku☆yahoo.co.jp
(☆を@に変換)

最近の記事ですよ
pixivやっています

ひと月ごとに見る
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
喪ブロゴです

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。