さく・え  やまかわ じゅんいち

「おとこがり」ってひらがな表記にすると絵本っぽくないです?
「ぐりとぐら」みたいなー。

………いえ、似てないですよね、ホントすんません………

今日ちょっとした用で下に降りたら(マンション暮らしなので)、
子供達が集まってなにやら話し合ってるんですね。
で、どんな話をしてるのかと聞くともなしに聞いてましたら、
「コードギアスが云々~」という話をしてました。

アタイね、ああいうのって主にオタクが見るもんだと思ってたんです、
それこそそれを題材にしてファンアートやらエロ絵やら書くような年齢層の。
アニメである以上ある意味当然のことなんですが、
やっぱり子供も見るんですよね、ああいうの……。

で、ふと思ったんですけどもね、
アタイ(現在23歳)が子供の頃って、見るものが少なかったと言うか、
大抵みんなで話して盛り上がるアニメったら一つ二つしかなかったです。
幽遊白書なりドラゴンボールなり、あと微妙に忍空とかそんな感じの……
それは人気作だったからということもあったろうけど、
大抵みんなが見てたんですよね。それこそ漫☆画太郎ネタじゃないですけど、
ドラゴンボール見てなかったらハブられちゃうくらい。

でも今ってそういうのあるんでしょうか?
……というと、やっぱりナルトなりワンピースなりあるのでしょう。
というかね、子供の口からコードギアスという名前が出てきたことが
けっこう衝撃だったんですよ。

アタイが小学生のときのドラゴンボールでも幽白でも北斗の拳でもそうでしたが、
単純なバトル物なんですよね。
それこそ主人公が強い相手に挑む→勝てなかったら修行してまた挑む→勝つ
のような、本当にわかりやすいバトルもの。
でもさ、アタイ見てないのでよくわかりませんけどコードギアスってさ、
単純なバトルものではないでしょ?多分。
なんか政治的な思惑だとかなんだとかそういうのがあるのではないです?
だから正直、子供には難しいかと思ってたのです。
しかし、今の子供は……!
と思いましたけれど、思い返すとかっこよさだけで語ってる可能性も無きにしもあらず。
うーむ………

でもまあアタイの頃もドラゴンボール見てたのもいれば
天才てれびくんでアリス探偵局(でしたっけ?)見てたのもいますし、
スラムダンクとかガリバーボーイとかそういうの見てたのもいますし
世界名作劇場派とかに至るまで色々いましたしね、そう変わったもんではないのかも?


で。
喪絵スレで「塗り絵したらどう?でも線画が……」
という状況になってたので僭越ながら線画を投下してみたのですけど、
改めて実感した。アタイにふぁ……ファ……ハッソン?
その、ハッソンのセンスはないですね。まったくない。
笑ってくれよ、女の子の服がまともに思いもつかないんだぜ……
描けないんじゃなくて思いつくことの段階で無理。
みつどもえでもみて研究したほうがいいのかしらん………

みつどもえと言えば立派な萌え漫画ですが、
最近妙にやっぱり千葉氏がかわいいなあ、と思い出した始末です。
服やズボンをはがれては「この変態野郎!」と
胸や股間を押さえながら走り去る彼の姿にはもはや一抹の愛おしささえ……
萌え漫画には魅力的なヒロインはもちろんのことですが、
魅力的な男キャラも必要なのだなあ、と改めて思いました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

「この店、東野圭吾の手紙が安いぜー」と小学生が話していました。
たくさんの大人がおもすれーと言ってる作家ですが、最近の子供は
ヤングインディージョ-ンズとか子供向けホームズみたいのは読まないんですかね。
ラノベを買っていくのはパッと見20代の方が圧倒的多数。
小中学生はラノベは持ってこないで普通の小説を買っていきます。
消防厨房に
負けてる

涙目
みたいな
ジェネレーションギャップってやつを感じました。

いんすぱいや

・昔話編
おじいさんはやまへおとこがりに
もうひとりのおじいさんはかわへおとこがりにいきました。
おじいさんがかわでおとこがりをしていると、かわかみのほうからいいおとこのしたいがどんぶらこどんぶらこと…(ry

…違和感ないかもしれない(嘘だっ!)
・未知との遭遇編
突然光る物体がボクの目の前に降りてきたんだ。
そして、その物体から青いツナギのような姿のものが出てきてこう言ったんだ。
「やらないか」

東野圭吾は人気みたいですねー。
うちの地元の本屋でも東野フェアやってました。
というか、最近の小学生は普通の小説のことを友達と話すのですか!
すげえ……

多分子供向けホームズやヤングインディージョーンズを読む子と
そういうのを読む子で、オタク気質の有無みたいな感じに分かれていくんでしょうね。
しかし高校のときに読書の時間があるからといって本を読み出し、
しかも買ったものがラノベであった己にとってこの言葉は……
おかしいね…涙が…止まりませんよ……

>昔話「おとこがり」
山のおじいさん……やっちゃった………?
死体の肛門からの大量出血で川が血に染まるのですね、わかります。
というかもうお互い掘りあっちゃえばいいのに……とか。

>未知との遭遇編
いい男に弱い僕がホイホイついて行った先にはなんといい宇宙人達が大集合!
モヒカンやら毒ペニスの持ち主やらインキンが選り取りみどり、
しかしそれは宇宙人たちの狡猾な罠だったのだ!
「フフン 手術台に縛るとすぐ怯えやがる 
まってろよ すぐにキャトルミューティレーションしてやるからな」
徐々に凶悪な牙をむき出しにするいい宇宙人たち。
囚われた青年を助けるべく、地球防衛軍の小早川大尉は
ダイナマイトを尻の穴に仕込んでの特攻をケツ意する。
果たして、地球の命運は……!?

さらにインスパイアされてしまいましたw
プロフィールですよ

河原砂利助

Author:河原砂利助
性別……雄野郎
年齢……31
太った熟女やロリやケモ絵を描くのが好きなアレです。
ご意見ご感想などありましたらおきがるにどうぞ。

メールアドレス
king_of_sukeroku☆yahoo.co.jp
(☆を@に変換)

最近の記事ですよ
pixivやっています

ひと月ごとに見る
フリーエリア

最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
喪ブロゴです

リンク