スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎週が5連勤のようなものです

ある日キリストが街を歩いていると、一人の河原が
民衆に石を投げつけられていた。
「なぜこんなことをするのか」とキリストが問うと、
民衆の一人が「こいつはデブ好きの変態だからだ」と応えた。
応じてキリストは
「ならば今までに一度もデブでエロい妄想をしたことのないものだけ、
この男に石を投げつけるがいい」と言った。

すると石を投げるものはなくなり、石を投げているのはキリストただひとりとなった。
え?石投げてた奴らはどうしたかって?みんなデブでエロ妄想してたのかって?
なぁに、石投げるのが直接殴る蹴るに変わっただけさ、HAHAHA!

……よくわからん。
っていうか例え罪人でも民衆に混じってナチュラルに石ぶつけてる時点で
キリストも同じように罪人なのではないかしらん?

で。
二次デブ画像をいろいろあさっておりましたら、
やっぱり肉の描き方一つとっても十人十色、多種多様と言いますか、
おなかの出方もみんな違うんですね。
段々の腹になっていたり、段がついてなくて腹全体がぽっこりと出て、
まるで妊婦のような様相を呈していたり。

どういう出方が正しいのかはわかりませんが
(というか正しい正しくないを決めることに意味があるかもわからない)、
一概に肉と言ってもその中で人々の肉への萌えの形は色々あるんだなあ、と。

で、アタイの見た絵の人がわりとすごいデブというか、
肉塊とは行かないまでも相撲取り体型のようなお肉を描く人だったのですが、
あれ?普通に受容できるよ……いいよいいよー………
ぽっちゃりとかいってまだまだ細い体を描いてたころは
「なにこれ、うわぁ」とか思ってたのに……
肉への理解がアップしたということ?

すごいのを見せられると思わずこう、そんな肉も描いてみたくなってしまいます……
普段の絵柄がそれに思い切り引っ張られる、というのは少し避けたくもありますが。
なんとか見てくれてる人が一見で引かない程度に許容できて、
それでいて「ちょっとデブもいいかも……」と思ってもらえる絵、
というのが今の理想です。
引くか引かないかの基準も人によってまちまちなので、
すべての人間に肉のすばらしさを!なんて事は言えませんが、
それでも、いつか………とかね。

そういえば横から見たおなか、というのも多分描いた事がなかったなあ。
横から見た図でのエロい構図が思いつかない、発想貧困なものでしてフヒヒ!
女性器もお尻も強調できないし、どうしたものか……ってエロじゃなくてもいいのか。

「ダメ、こんなこと書いたらアタイの変態ぶりがみんなにみられちゃう……」
「見せ付けてやろうぜ」

……マジで?

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ウチはまだまだレベルが低いのでポチャ程度が良いです
腹肉ぷよぷよ程度で良いです。めり込んで抜けなくなりそうなのはまだ無理です

…うん、まだまだ修行が足りんな

アタイもそんな拳法家殺しの肉体を持つ女はまだちょっと……
許容はできるけれど描こうとは思わない感じです。
腹肉ぷよぷよ~けっこうデブくらいが至高!

性癖の修行はもしかするとある程度くらいで中断したほうが
無難なのかもしれないですねw
受ける側に立つだけなら、許容できる限りどこまでも範囲を広げて
損はないとは思いますけど、それをすると変態と呼ばれる罠。
プロフィールですよ

河原砂利助

Author:河原砂利助
性別……雄野郎
年齢……31
太った熟女やロリやケモ絵を描くのが好きなアレです。
ご意見ご感想などありましたらおきがるにどうぞ。

メールアドレス
king_of_sukeroku☆yahoo.co.jp
(☆を@に変換)

最近の記事ですよ
pixivやっています

ひと月ごとに見る
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
喪ブロゴです

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。