シチューにカツ

「死中に活」をもじっただけですが、まずそう。(タイトル)

「よし、今日は配達物が少ないからみんなで終わらせて早く帰ろう!」
(定時帰り… つ ついにくれるのか)
「先生は定時で帰れとは申しておらぬ」

上司が支払ったのは2時間40分の残業であった

ついに12月の残業時間も33時間を越えた……
いずれは40時間 50時間と残業してやろう……
楽しみだ…残業代のたっぷり含まれた給料を受け取るのはな……

でも正直早く帰れるほうが何倍も嬉しいです。
繁忙期ですんで仕方ないとはわかっているんだけどさ……

で、ふと思った。
エロゲなどにおけるトラウマ展開として俗に言う「NTR」、
いわゆる「寝取り」もしくは「寝取られ」というのがありますよね。
逆にこっちが友達の彼女を寝取ってしまって関係がギスギスして
非常に後味の悪い展開になったりとか……
こういう事があるのでこの手の展開を嫌悪するユーザーも多いのですが、
人妻モノとかでね、自分の妻のいる主人公が他の人妻に手を出すのって、
寝取りな訳ですがある意味で寝取られにもなるんじゃね?妻的に考えて……

ああいうゲームだと大抵妻にばれないようにうまくやるか、
よしんばばれたとしても妻も一緒に~的なパターンになることも多いので
あまり重くは描かれませんけれど、これってどうなのだろう?
というかそもそも「人妻モノ」なのに自分の妻が登場するのもどうなのか。
「人妻=人間の妻」なら確かに人妻だけど、「他人の妻」って意味でしょ?
そもそも人間以外の妻とかめったにいないしね。
(ファンタジーくらいじゃないの?と思う)

逆に妻視点から寝取られを扱ったら
勝手が違って面白いんじゃないかしら、と少し思いました。
夫を他の女に寝取られた妻。
そこからその女に対して復讐に走るとかでもよし
(どっちかというとこっちはエロ漫画とかに多そうですが)、
もしくはくやしいので自分も他の男たち
(酒屋さん、新聞屋さん、米屋さん、夫の同僚など)を誘惑して
その男たちに盛大に寝取られてみる、とかそんな感じのでもいいと思うし。
むしろ個人的には後者を推したいような?
ハーレムエンドでは夫の目の前で男たちによる妻への輪姦が!

あっれえ?男のハーレムエンドとまったく趣旨が違うぜよ……
主人公が男の場合、基本的にエロシーンにおける重要度が女>男なので
主人公がビジュアル的に空気になって
ヒロインたちの痴態がクローズアップされるわけですが、
逆の立場の女主人公がもし空気になって相手役のほうをピックアップしたらね、
チンコ丸出しの男たちが興奮した顔で何かを囲んでるというなんかアレな構図に……
下手したらこれホモゲーじゃないの?みたいになってしまって大変です。
かと言って男たちを空気にするのもハーレムエンドとしていかがなものか。
顔を……出すのか?
というかそもそも「ハーレム」エンドなのか、それは……?

うん、何にせよド変態な企画であることには違いがない。
嫌いな方はごめんなさいね。

口で言ったり考えてるときは面白そうと思うけど、実際作るとなると
面白くするのは難しいよね、こういうの……。
ただアタイの脳内において面白そうと思うくらいの感じです。

こういう企画っぽいものを考えるのは非常に楽しい……
まあ、そんな感じで。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

夫を他の女にNTR…
旬な設定としては妻はヤンデ(ry…。

盛大に寝取られると言うか、女が寝取られて→輪姦というパターンは良くある気がします。寝取られ→調教のコンボとか。
だから女1に対してチ○コが大量に出てくるシーンも前に読んだ成人コミックスにありました。
耐性ないのでどれもまともに読めなかったですが。

>妻はヤンデ(ry
おお……なんと恐ろしい……
あまりヤンデレ関係のものに触れてないのと某「nice boat.」のせいで
ヤンデレに関わると最終的に殺されてしまうような、
まるでカマキリの雌のようなイメージがあります……

寝取られ輪姦やら寝取られ調教やらはホントに、
エロゲとかよりも漫画や小説などでよく見かける気がしますね。
エロゲだとCG1枚で済む所ですが漫画とかだと何コマにもわたって
延々と女VS大量のチンコという絵図が展開されるので
苦手な方には本当に辛いだろうなあ、とでぶりさんのコメントを読んで思いました。
プロフィールですよ

河原砂利助

Author:河原砂利助
性別……雄野郎
年齢……31
太った熟女やロリやケモ絵を描くのが好きなアレです。
ご意見ご感想などありましたらおきがるにどうぞ。

メールアドレス
king_of_sukeroku☆yahoo.co.jp
(☆を@に変換)

最近の記事ですよ
pixivやっています

ひと月ごとに見る
フリーエリア

最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
喪ブロゴです

リンク