理解できない愛もある

世に言うBLとヤマジュンや田亀源五郎さんに代表される
(というかアタイはその2人のしか読んだことありませんが)ホモ漫画、
読んでていろいろ面白いのは後者だけれど、
読んでて理解できないのもまた後者なんですね……

BLというかホモ世界に生きる男の特殊能力(受け限定)として、
「どこからともなく同じ趣味の男たち(攻め)を召喚してしまう」
というものがありますが、
BL界の男子、というか受けって、元々ナヨナヨしてる奴は
女と見まがうような外見をしていたり、元気系の男でも
わりと中性的だったり女性的な部分を持ち合わせてたりするんですね。
つまり、どこかに女性を感じさせる何かがある。

こういう男たちに彼らよりはどちらかというとより男らしい男、
いわゆるところの攻めが群がるのはまあまだ疑問ないと思います。
男同士の恋愛に仮託してはいるものの、精神的動きは間違いなく
男女のそれなんですもん。受けが女で攻めが男。
性行為の上での役割分担というだけでなく、受けはそこらの女よりも
より女らしく描かれますし、
攻めはより男らしく(というか攻めという生き物らしく)描かれます。
だからまあ、やろうと思えば男×つるぺたふたなり娘、という
そういう脳内変換も出来るわけです。
エロシーンのないラブコメモノとかだと、ラブコメ慣れしてる人が読んだら
最初は男×男というのに違和感を抱くかもですが、
登場人物の心情の動きなどには違和感なく読めるのではないかと思っています。

でも、ホモ漫画は違うじゃないですか?

彼らっていうのは精神的にも男は男、どちらかがナヨナヨしたりして
女役になることもなく、あくまでお互いにオッスオッス!と
性行為中もあるわけではないですか。
「俺の鍛え抜かれた金鉱脈、掘れるもんなら掘ってみやがれ!」って
万力のイチみたいなのですよ。
あくまで性行為で見ると女役の人でも、がっちりと男らしく。
これがホモマンガの世界である……と、思います。造詣は深くないですが…

とまあ、わかりやすさ読みやすさ的にはBLのほうが上なんですけど、
でも普通のラブコメに通じるものがあるので目新しさはさほどない。
意外な発見、新鮮さ面白さを求めるのならガチホモ漫画オススメ。

なんですけどもね、逆に男女モノのラブコメに通じるからこそ
美少女のごとき受けが男に狙われるのもわかるし、
多少「ホモかよwwwwwww」と思うにしても
男が受けに欲情するのも(受けを女と置き換えれば)まあまだ、
わからなくもないのかもしれない、話としては。

しかしだ。
ガチホモ漫画は(アタイにとっては)未知の世界、
また異質な価値観や世界観が面白い漫画、
いわばアウェーから見て楽しむものであるがゆえに
理解できない事が多々あるわけなんです。

たとえば田亀源五郎先生の「布団を敷こう、な!」で有名な
熊先生の出てくる漫画(タイトル忘れました)。
アレの途中までのあらすじが「受け持ってる生徒がヤクザと喧嘩になり、
ボコボコにされて事務所に連れて行かれる→熊先生助けに来る→
生徒を無事助けたければ……ということでフェラとか掘られたりとか」
そんな感じだったと記憶してます。

が、ね………
美少女のような受けならともかく、
なぜヤクザはこんな毛むくじゃらのオッサンを
(しかも部下達の目の前で)性の対象として選んだのか?
というか部下達は「うわっ……」と思わなかったのか?
いくらなんでもオッサンを犯そうとは思うまい……
一言で言うと、熊まがいのオッサンが普通に性の対象にされる時点でおかしい。
なんというか理解できない。
ヤクザが熊専だったってんなら納得ですが、そういう描写もないのにこう……
そして……というか部下達も加わってんじゃねえよ。
何で全員がホモで、しかも例外なく熊系オーケーなんだ……

これはあれなのか?
性癖ジャンルの漫画(熊系なら熊系、デブ系ならデブ系)だと
そういうタイプのキャラは無条件に万人からステキと認められるものなの?

デブジャンルだと主人公がデブ専でもいいけれど、
例えば外でエッチしてるのを見られたときに
大多数の他者がごくりと唾を飲み込むのではなく
「うわぁ、なにあのデブ」くらいの反応でも
そんなにおかしくない、むしろ自然では?と思うのです。

これはアレなのか?(作中の)客観的にみてヒロインは魅力的でないとダメ、
ということなのでしょうか?
多分性癖ジャンルのモノなら萌え(もしくはエロ)ということになるわけで、
ある種の感情移入が必要なそういうメディアにおいて
ヒロインをこき下ろす(複数ヒロインがいる場合やブス専モノなどを除く)
というのはやはり読んでて気分がよろしくないから?

個人的には主人公とヒロインさえよければ別に周囲からの評価がどうであろうが
どうでもいいことだとおもうのですが……
というかデブ漫画で主人公はデブ好きじゃないけど彼女はデブ、とか
そういうラブコメとか見てみたい気がします。
主人公がデブ好きになって行ったり彼女もやせようと努力してみたり
(でもやせないorやせても戻るのが重要)。

でもアレなんでしょうね、大抵が1話完結というエロマンガなどの都合上、
そういう「過程や経過」が必要な話は出来ないんでしょうね。
だからデフォルトでみんなの感覚が異常な世界になるのか……?

まあ、そんな感じで。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こういうのはツッコんだら負けなんですよ!
そういう土壌がある、というので受け入れないと!

河原氏の考察で、私はBLは多少イケてガチムチはネタでしかだめな理由がわかった気がします。
ネタで見ないと直視できないのですねぇ、ガチホモは。

確かに登場人物全員がそういう性癖の世界にいちいちツッコミを入れるのも
野暮なことかもしれないですねぇ……一緒になって楽しまないと。ぬふぅ!

でもそういってもらえると考えた甲斐がありますw
ホモスレをたまにのぞきにいくたびに「何だ受け側の奴らのこの男らしさはww」
と思ってたのですが、
実際に「深夜、俺一人の祭りが始まる」系とか変態糞親父とか
そこら辺を見かけたら引くどころかきっとトラウマに……
ガチホモ系はへんにウェットな恋愛要素がなくて
ダイレクトな「男×男」の性の世界になりますのでそこら辺がやっぱり
我々ノンケには直視できないところなのかもしれません。
アタイ自身少女漫画的な絵柄のヤマジュン漫画はネタとして楽しんで読めましたが
男感あふるる絵の田亀源五郎さんのは途中で辛くなってしまいました……

ネタはネタとしてとどめておこう、な!
プロフィールですよ

河原砂利助

Author:河原砂利助
性別……雄野郎
年齢……31
太った熟女やロリやケモ絵を描くのが好きなアレです。
ご意見ご感想などありましたらおきがるにどうぞ。

メールアドレス
king_of_sukeroku☆yahoo.co.jp
(☆を@に変換)

最近の記事ですよ
pixivやっています

ひと月ごとに見る
フリーエリア

最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
喪ブロゴです

リンク