スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろ雑感

ステップアップと言いますが、まあそれ自体はいいことですね。
自分の今の能力を超え、もっともっと上達を目指す。
それ自体はほんとにいいことです。

でも、ふと思った。
それは自分に対するハードルを上げることと同義だけれども、
逆に言えば自分を許せる範囲、満足できる範囲を
狭めてしまうことにはなりはしないでしょうか?

例えばサーカス団員を例にとるとしましょう。
最初はこんな自分の演技でこれだけの客が……と
例えほんの少しの人の入りでも満足できるし客に対する感謝の気持ちも生まれます。
しかしスキルアップを目指して演技を磨くと、
技量に比例して人の入りは多くなりますが
その時に最初の人の入りと同じ人数が入ったとしても
「何故これだけしか……」となると思うんですね。
来てくれた客に対しても「何でもっと来ないんだ!」と思ってしまうかもしれない。

これは謙虚でなくなったということなのか、上を目指すうえで仕方ないことなのか。
客の入りを別の成果に置き換えてもいいです、
とにかくスキルアップしていくと
幸せを感じる絶対値の基準も上がってしまうのですね。
それはスキル(力でも何でもいいですが)を上げるということと
地位や名誉やお金というものが連動するものであり、
自分がスキルを上げたことに対する対価を求めるからそうなるのですが、
そこで自分の思う自分の技量と実際の対価が比例しないと
ものすごいストレスを抱えることになったりするのかなあ、と
仕事中の同じ仕事場の人を見てて思いました。
アタイらのように絵や文を描く人、他にも何がしかのスキル勝負の人にも
似たような現象は起こるものかもしれませんね、とも……

で。
配達してたら「猛犬注意」って看板をわりとよく見るのですが、
あれは何に注意すればいいのでしょう?
猛犬に気付かれないように注意するの?
はたまた「うちの犬は人間の肉が大好物でな……
食い殺されんようにせいぜい気をつけることだ」的な注意なの?

まず敷地の中に入った時点で猛犬からはほぼ逃れられないんですよね、正直。
小型犬でもわりかしスピードだけは速いですし、それをも上回る
中型犬や大型犬ともなればなおさらに。
原チャリ(時速20キロですが)で逃げても逃げ切れないってどういうことよ。
その時点でもう逃げるためにいかなる注意を払っても意味がない。
もちろん門からすぐに出れば逃げられるけどそれでは目的を果たせないし。

まあ、多分「猛犬がいるから入らないでね」ということだとは思いますが
それだと「注意」ってすこしおかしくない?と……おかしくないのか。
どうなんだろう……

まあそれはおいといて、買った漫画の感想など。
ネタバレ含みますので嫌な人は読むのを避けたほうが賢明かもしれません。

昨日の収穫

・ぼんたん! ③ 阿部川キネコ
・スティール・ボール・ラン ⑰ 荒木飛呂彦
・聖☆おにいさん ③ 中村光


・ぼんたん!
2巻の最後で後の政宗の妻である愛姫(めごひめ)が顔見せ程度に登場しましたが、
3巻始まって2ページ目で結婚。早いッ!
もうちょっと少年時代の梵天丸と何かしらあるかと思いましたが
まったくもってそんなもんなかった。この辺は歴史モノのサガかしらん?
しかし政宗と愛姫が見事なまでに仲がいい。
政宗が実は女と言うことで政宗×小十郎なのかと思ってましたが
史実どおりに政宗×愛で行くのでしょうかね?どうなんだろう。

ただ政宗も女(男として育てられ、男として生きていくつもりであるけれど
自分の性別については知っている)と言うことで、
子作りや夜のことをうまくごまかしたりはぐらかしたりするのが
わりと面白かったり。この後どうなっていくのだろうかね?

今回は戦のシーンが多くてよかったです。
政宗の強い味方となる伊達成実や原田宗時
(2巻までは梵天丸と同じく子供だった)も
ついに戦場で頭角を、というところが見所かも。特に成実。
しかし宗時だけが子供の頃と比べて一気に成長しすぎと言うか……w
成実はほとんど(15歳時点では)変わってないのに宗時だけ一気に大人に……
流石は忍者か。
そして潔癖な子供だった者が見た戦場の現実、的なものが
わりとよく描かれていたと思います。
そして巻末で最上家(政宗には伯父に当たる最上義光の家)の様子が描かれてて、
なんかこれまでの本編と違って妙にシリアスな幸せ感で義光自体も
わりといい人物っぽく描かれてますけれどもこれはあれか?
そういう人物が死んで幸せが潰えることによる切なさとかそういうのを狙ってか?
地味に伊達輝宗(政宗の父親)も死亡フラグ的なものを立てているし……
次にも期待。

・スティール・ボール・ラン
全部通して大統領の能力の顔見せ的な印象。
謎の超常現象が起きてジョニィが撃たれてしまった→
撃ったのはウェカピポ→しかしDIOもジョニィを撃った→
撃ったのは一人のはず→あれっ?→大統領のスタンド能力に違いない→どんな能力?

大体そんな流れだと思ってもらえれば……
ただラスボスであろう大統領と最初に対峙するのが
ジョニィ&ジャイロではなくDIOとウェカピポと言うのが面白いです。
かませ犬的なことになってしまうのか?あとジョニィどこ行った。
そこら辺がこれから気になるところ。
新しい敵キャラが出たと思ったらわりとあっさりやられてしまうし……
今回は正直ちょっと(話の過渡期っぽいので)面白みが少ないかもしれません。

・聖☆おにいさん
新キャラがいっぱい出てきた巻。
4大天使に加え梵天さん、そしてブッダのライバルであるマーラ様。
しかしマーラ様がまさかの萌えキャラで……
ウザキャラが好きなアタイには、というところではありますけれども。
あとちょっと大家の松田さんの(話への)露出が高かったような。
そんな感じの印象。

まあそんな感じで……長くなりすぎてすんませんっした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ぼんたん、面白い展開になってきましたねw
もう結婚っすかww

いずれ砂利さんの描く愛姫もみてみたいwww

砂利さんも頑張ってください! ^0^

>ぼんたん!
ほんとに展開早くてびっくりしましたw

個人的に愛姫をエロにして描くのは難しそうですが、
もしそれでよければ機会があればがんばってみますー。

お互いにがんばりましょうね。
プロフィールですよ

河原砂利助

Author:河原砂利助
性別……雄野郎
年齢……31
太った熟女やロリやケモ絵を描くのが好きなアレです。
ご意見ご感想などありましたらおきがるにどうぞ。

メールアドレス
king_of_sukeroku☆yahoo.co.jp
(☆を@に変換)

最近の記事ですよ
pixivやっています

ひと月ごとに見る
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
喪ブロゴです

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。