それでもピンク髪は至高

金閣寺か何かを見て日本は黄金の国とカン違いしたんでしたっけ?
マルコポーロさんって。

実はほぼまったくといっていいほど
純愛エロゲやギャルゲの経験のないアタイが
イメージと中途半端な見聞と偏見で引き合いに出す当日記。
今回はギャルゲーそのものについて。

何故か今日の昼休みに同僚(地元の友達でもある)と
ギャルゲーについての話になったのですが、
今のギャルゲー(少なくとも現代ものだと)って
髪の毛の色がけっこう落ち着いてる傾向にないです?
少なくともキャラが多すぎて無理やりにでも特徴を作らなければいけない!
というような状況でもない限り、緑色の髪のキャラって
あんまり見かけなくなったような気がするんですよ………
代わりに白とかそこら辺が台頭してきた感が。
ギャルゲ以外のオタクメディアにもそういう傾向がある気がします。
そして髪の色が白系はほぼもれなくクールか無口。
あれは一体どういうあれなのかね?何か法則でもあるのかしらん。

あとえせ外人キャラのヒロインもそこまで見なくなったような?
語尾に「デース」とか「~アルよ」とかつくような……
個人的にはわりとそういうのは好きだったので、見なくなってさびしい今日この頃。

語尾と言えばなんというか、何年前かまでは
萌えキャラによく見られる特徴として
「変な口調」というものがあった気がしますが最近それもあんまりない?
最近はどっちかというと口調より性格や偏執的に何かにこだわりを持つなどの、
性癖的なところで特徴をつけようとしているようなイメージ。
見た目や性格の「属性」というものが昔に比べてはっきりと意識されてきたし、
見る側もそれを共通情報として知っているために
(金髪ツインテール=かなりの確率でツンデレ、など)
それ自体が「特徴」たり得るものになっている、というのもあるでしょうか。

でまあ、ここからはギャルゲ自体についてというよりはアタイの慨嘆なんですが、
最近までアタイ、ギャルゲのメインヒロイン、いわゆる王道的で
ともすればちょっと無個性になりがちなヒロインの価値がわからなかったんです。
しかし最近やっと気が付いた。
あのヒロイン像はストーリーを表現するためにはわりといい材料ですね。

ギャルゲってその構成を大まかに2つくらいに分けることができると思うんです。
一つは漫然と学園生活を送りつつ、
時折起こるアクシデントなどをうまく乗り切りつつヒロインとの仲を深めよう的な、
いわゆる主人公達に目的のないもの。
目的は途中や最後で見つかる事が多いです。

もう一つは大まかにストーリー的な目標があって、それを目指す過程で
ヒロイン達との仲を深めて行こう的な、ストーリー重視型の構成。
なんかの大会で優勝しようとか、
何らかの形で廃棄寸前のものをみんなで盛り立てて行こうとかそういうの。
前者は特にメインヒロインが存在感をことさらに放つものではないので、
わりといてもいなくてもどうでもいいことも多いです。
メインかそうでないかすらどうでもよかったり。

しかし後者は違う。
あまつさえメインヒロインが物語の大きな鍵を握っている事が多いです。
(単にみんなで力をあわせて乗り越えました、と言うのもあるけれども)
そこで仮に「ヒャッハァ――――!汚ぉぉぉ物は消毒だァ―――!」が口癖の
アクの強いヒロインがメインだったらこう、なんというか……
ものすごくストーリー展開しにくいと思うんですね。特にシリアスだと。
そういう点でどんなストーリーにも違和感がなく合わせることのできる
よく言えば王道、そうでなく言えば無難、悪く言えば個性なしなヒロインは
意外に貴重なものなのかしらん、と……。

え?別にそういうヒロインでなくともメインは張れる?
確かにそうかもしれません。
例えばツンデレヒロイン。某ルイズさんとかの人気を見る限り
ツンデレにメインヒロインは張れねぇ!とは到底言えません。

だが、しかし。

ツンデレにはツンデレ独特の色がありまして、それがストーリー自体に
わりと影響してくると思うんですよ……色がちょっと変わってしまう。
例えば事件がおきました、紆余曲折あってヒロインが奇跡を起こして
事件が解決しました、そこで一言。
「べ、別にアンタのために起こしたんじゃないんだからね!」
もういい、もうしゃべるな……

ここで「ツンデレキター!」となる方もいるかもしれませんし、
上記のようになる方もいるかもしれません。
またさしものツンデレといえど流石にそんな重要なシーンで
ツンデレ丸出しのべったんべったんなセリフをはかないかもしれません。
むしろそういう時はデレに移行しているかもしれない。
だがしかし、例えデレになっていたとしても、やっぱりそれまでの
ヒロインのキャラや言動、そしてそういうメインなシーンでの行状を見ると、
きっとツンデレっぽい印象を全体から受けることになると思うんです。
でも王道ヒロインだとまずそういう色がないから、
ストーリー自体の印象を強調する事ができると思う。

…………まあメインヒロイン一本道のゲームなんてあんまりないから、
その辺はどう処理してるかはアタイあんまり知らないんだけれど……

まとまりなくなってきましたが、事ほどさように
王道ヒロインが個性がないと言うことも意外と捨てたものではないんだよ、
そういうことを思いました。
アスタラビスタ!(終わりのあいさつを変えてみるテスト)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

5時ジャストの更新ですかw

ピンクっていいっすよねw
確かに緑髪って少ないかも・・・

ドラゴンボール改はZシリーズのリニューアル版ですね。
画面が地デジ用になって、声優陣も新たに収録しなおしたとか・・・
亀仙人や天津飯は担当声優さんがお亡くなりになっているので
たぶん別の声優さんになっていると思いますが。

最近は仕事の関係でなかなかエロ絵を
多く描けずにはいますが、休日とかを上手く利用して
描いてこうかと・・・^へ^;

ほんとにいいですよねピンクw

そして亀仙人や天津飯の声優さんの訃報を
アタイはここで初めて知りました。残念です……

仕事に肉体的、精神的に慣れてくると
ちょっとずつ絵を描く時間も捻出できるようになって来ると思います。
それまで少しのあいだがんばってください!
プロフィールですよ

河原砂利助

Author:河原砂利助
性別……雄野郎
年齢……31
太った熟女やロリやケモ絵を描くのが好きなアレです。
ご意見ご感想などありましたらおきがるにどうぞ。

メールアドレス
king_of_sukeroku☆yahoo.co.jp
(☆を@に変換)

最近の記事ですよ
pixivやっています

ひと月ごとに見る
フリーエリア

最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
喪ブロゴです

リンク