スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

河原式うんこスターダスト・レヴュー

河原砂利助のうんこ的感想文はなおも続いた………

皆様「ファイアーボール」ってご存知でしょうか。
ディズニー(ピクサーのほうかしらん?)製作のロボット3Dアニメ。
前々からロボット萌え、ドロッセル様萌え的な方面で
話だけ聞いてはいたのですが、ついに先日視聴する機会を得たのですね。
で、感想なのですが………

これは本当にディズニーなのか?

思わずそう思ってしまうほどに、
いつものディズニーの夢と希望の冒険譚的なそれとはかけ離れていました。
まあそもそも一話3分ほどで完結の続き物というスタイルの時点で
いつものディズニーとは違うのですが……

基本的にロボット屋敷のお嬢様、ドロッセルとそこに使える執事ロボ、
ゲデヒトニスとのかみ合うようなかみ合わないような会話で進んでいくのですが
こう、なんだ……恐ろしいロボ娘萌えの片鱗を味わったぜ……!
ゲデヒトニスは思い切り作業用ロボットか兵器かというような外見ですが
ドロッセルはモロに人型、しかもツインテール(髪型変更可能)という
わりとかわいらしいデザインなのもロボ娘萌え入門編として
いいものなのかもしれないですね。
でもドロッセルを擬人化するのはちと違うと思うぜ……!
ロボだからいいのだ、という境地を見ました。

まあディズニーですしエロスは欠片もないので
ロボ娘エロを理解するには至りませんでしたけれども……
(本家ディズニーのキャラは唇などのエロスパーツを強調した
ある意味で健康的にエロいデザインであると言う話がありますけれどね)

なんというか、ロボらしいしゃべり方というか
物への反応の仕方というか、反射ではなくあくまで思考が先に来るという点が
本当にうまいと思いました。ロボらしい。
そしてそこまで萌え要素というわけでもないけれど、
ドロッセル様武闘派すぎワロタ。カポエラとか空手とか……

で、なんか最終話に近づくにつれて
人間とロボが戦争状態にある事が明らかになり、
最終話で屋敷前にまで攻め込まれて
一気にシリアス展開に持っていかれるわけなのですが、
ドロッセルが普段ゲデヒトニスのことを適当な間違った名前で呼んでるのに
(「マンゴスチン」とかいろいろ)
最終話だけきっちり「ゲデヒトニス」と呼ぶのは
王道ながらもいい演出だよなあ、と………

ただその先が非常に気になる終わり方をした
(先代の残した「ファイアーボール作戦」なるものがあることが明らかになり、
それが何か語られないままドロッセルが屋敷の外へ進みだして終了)ので、
こう、なんとも……
やっぱりこういう一話完結でどこまででも続けられそうな日常作品って
最終回近くなるといきなり急展開になる傾向があるので、
そうなるととたんに怖くなってしまいますね……もう終わりなのかと思うと。
もっと見たかったと思いましたがそう思ううちに終わるのが
一番いい終わり方なのかもしれないですね。

で。
途中絵を上げるありさまだ。

貴辱モノ・ラフ。

革命やらなんやらが成功して捕らえられ、市民たちの前に引き出されて
木の枝とかで突っつかれる王妃様……的なそんな。
右上が不自然に開いてしまったのですが
何を入れればいいのだろう……セリフ?
しかしどのようなセリフを入れたものか思いつかないという……
とりあえずいつも淫乱女性ばっかり描くのもアレなので、
たまには淫乱でなさそうな女性を描いてみました。やっぱりデブだけど。

まあ、そんな感じで……
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

盛り上がってますのぉw
ラフ、なかなかのムチムチっぷりでwww

僕ももっとそんなキャラが描きたいものです^v^

思わず盛り上がるほどいい作品でしたよ、
ファイアーボールw
ムチムチとデブの境目がどうにも難しいところですよね……
むしろ普通の体型のキャラとデブの境目すら難しく(ry
お互いにがんばっていけたらいいですね!
プロフィールですよ

河原砂利助

Author:河原砂利助
性別……雄野郎
年齢……31
太った熟女やロリやケモ絵を描くのが好きなアレです。
ご意見ご感想などありましたらおきがるにどうぞ。

メールアドレス
king_of_sukeroku☆yahoo.co.jp
(☆を@に変換)

最近の記事ですよ
pixivやっています

ひと月ごとに見る
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
喪ブロゴです

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。