スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨハネさん大号泣

世の中には犯罪率の非常に高い、
スラムのような恐ろしい地域がたくさんあります。
今回は、そんな恐ろしい地域の一部で起きた事例、
そのほんの一部をガイドラインとして紹介しましょう……


東京(inヤマジュン漫画)の事例

・軍人の2人なら大丈夫だろうと思っていたら同じような体格の20人に
ホモセックスを見物された
・公園で男子高校生が尻から血を流して倒れていた
・足元がパキッとしたので逃走するも思うように走れず捕まってしまった
・愛し合っていた軍人が襲撃され、目が覚めたらホモであることがバレていた
・公園入り口からベンチまでの10mの間に青いツナギの男に誘われた
・学校にいれば安全だろうと思ったら、柔道部が全員ホモだった
・男性の1/3がホモセックス経験者。しかも23cmクラスのデカチンが
ゴロゴロいることから「ノンケほど危ない」(尻が切れる的な意味で)
・「俺の空手でやっつけてやる」といって出て行った刑事が
5分後血まみれで戻ってきた
・「その女を俺にも貸してくれよ」と言っていた男がホモに掘られて全裸で放り出された
・最近流行っている犯罪は「刑事を犯れ」逆ギレして刑事に襲いかかるから
・中心駅から半径200mはホモにあう確率が150%。一度誘われてまた誘われる確率が50%の意味
・公園周りにおける殺人事件による死亡者は1日平均120人、
うち約20人が肛門裂傷による失血死。


ヴァレリア島における事例

・ゼノビアの聖騎士3人なら大丈夫だろうと思っていたら
同じような体格の2人に襲われた
・バルマムッサから徒歩1分の路上でウォルスタ人が頭から血を流して倒れていた
・足元がぐにゃりとしたのでタイルをめくってみるとキュアシードが転がっていた
・ライムに駐留していた聖騎士が襲撃され、目が覚めたらデスナイトにされていた
・馬で町の住民に突っ込んで倒れた、というか轢いた後から生命とかを強奪する
・バルマムッサの街が神龍騎士団に襲撃され、女も「男も」全員レイプされた
・アルモリカ城から港町ゴリアテまでの10mの間に野盗に襲われた
・船に乗れば安全だろうと思ったら、船の乗客が全員ザパンだった
・「丸腰で行けば大丈夫。きっとわかってくれるさ」といって
裏門から入っていった指導者が5分後血まみれで戻ってきた
・「バクラム人と分かり合えるわけがない」と言われ
手ぶらで出て行った3女がそのまま行方不明になった (Lルート)
・最近流行っている犯罪は「石強盗」 石を手に持って聖騎士一行に襲いかかるから
・死者の宮殿から半径200mは死亡確率が200%。
一度殺されてまた復活させられ剣にされる確率が100%の意味
・ヴァレリア島における殺人事件による死亡者は1日平均120人、
うち約20人がスナップドラゴン。


掛川における事例

・舟木道場の2人なら大丈夫だろうと思っていたら同じような体格の2人に襲われた
・虎眼道場から徒歩1分の飯屋で主人が頭から血を流して倒れていた
・視界がぐにゃりとしたので御簾をめくってみると虎眼先生が魔人になっていた
・稽古をしていた前髪が襲撃され、目が覚めたら首が切り落とされていた
・橋で指を絡ませて契った、というか犯した後からいくとかを強奪する
・地獄宿が舟木兄弟に襲撃され、女も「男も」全員ぬふぅされた
・掛川から中山峠までの10mの間にかまいたちに襲われた。
・飯屋にいれば安全だろうと思ったら、飯屋の客が全員虎眼流だった
・男性の1/3がぬふぅ経験者。しかも男色が当然のことという風習から
「なんだぁ前髪 おぬし虎眼流か?蕾見してみいや」
・「田舎道場ならぬいかれ道場てか!」といって出て行った武芸者が
5分後伊達にされて戻ってきた
・「何も持たなければ襲われるわけがない」と手ぶらで出て行った旅行者が
「その服、いらぬなら貰うぞ」と靴と服を盗まれ伊達にされて戻ってきた
・最近流行っている犯罪は「無双許し虎参り」(恐喝罪)
 若かしり日の虎眼の路銀調達法だから
・虎眼道場から半径200mは伊達にされる確率が150%。
一度伊達にされてまた伊達にされる確率が50%の意味
・掛川における殺人事件による死亡者は1日平均120人、
うち約20人が飯屋の主人。


………なんだこれ。

「ヨハネスブルグのガイドライン」をみていたらふと……
ちなみに元ネタ。

・軍人上がりの8人なら大丈夫だろうと思っていたら同じような体格の20人に襲われた
・ユースから徒歩1分の路上で白人が頭から血を流して倒れていた
・足元がぐにゃりとしたのでござをめくってみると死体が転がっていた
・腕時計をした旅行者が襲撃され、目が覚めたら手首が切り落とされていた
・車で旅行者に突っ込んで倒れた、というか轢いた後から荷物とかを強奪する
・宿が強盗に襲撃され、女も「男も」全員レイプされた
・タクシーからショッピングセンターまでの10mの間に強盗に襲われた。
・バスに乗れば安全だろうと思ったら、バスの乗客が全員強盗だった
・女性の1/3がレイプ経験者。しかも処女交配がHIVを治すという都市伝説から「赤子ほど危ない」
・「そんな危険なわけがない」といって出て行った旅行者が5分後血まみれで戻ってきた
・「何も持たなければ襲われるわけがない」と手ぶらで出て行った旅行者が靴と服を盗まれ下着で戻ってきた
・最近流行っている犯罪は「石強盗」 石を手に持って旅行者に殴りかかるから
・中心駅から半径200mは強盗にあう確率が150%。一度襲われてまた教われる確率が50%の意味
・ヨハネスブルグにおける殺人事件による死亡者は1日平均120人、うち約20人が外国人旅行者。

「リアル北斗の拳」と呼ばれる南アフリカの都市ですが恐ろしいですね……
しかしシグルイ関係はわりとやられている気もする。

あと涼の「蕾」は尻の穴ではなくて「包茎のチンコ」という説もあるそうですね。
その説では「蕾見してみいや」は「掘られてんじゃねえの?」ではなく
「どうせまだ包茎なんだろ?」的なあざけりの言葉、だそうで。

まあなんだろう、馬鹿ネタ。
まあそんな感じで。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ヴァレリア島は実際かなり治安が悪いと思います。現実でも治安悪化の要因である、民族間対立による戦時中だし。

あとハフマン島バージョンも作れそうですねw

主人公たちの軍でも略奪レイプする奴がいる、
という事が語られたりもしてましたしね……
バッドエンドでは主人公がテロリストに殺されますし、
確かに間違いなく治安悪そうです。
他国も介入して余計に~というのも現実の縮図ですね。

>ハフマン島バージョン
「そんな危険なわけがない」といって
単機で出て行った婚約者が
数ヶ月後ブレインデバイスで戻ってきた……
とかそんな感じでしょうかw
確かにあのゲームもネタには事欠かないですね。ホント…w

またしても深いィ問題をとえいあげてますなぁw

砂利さんってホント思慮深い人ですねぇw

ひ……皮肉……だと……?w
まあただの2chのガイドライン板ネタ
(実際ヨハネスブルグは危ないらしいですが)の改変なので
深さで言うと1cmちょいでしょうか。

しかしヨハネスブルグに行くときは
ホントに気をつけたいと思いますw
リアル北斗の拳だなんて……
プロフィールですよ

河原砂利助

Author:河原砂利助
性別……雄野郎
年齢……31
太った熟女やロリやケモ絵を描くのが好きなアレです。
ご意見ご感想などありましたらおきがるにどうぞ。

メールアドレス
king_of_sukeroku☆yahoo.co.jp
(☆を@に変換)

最近の記事ですよ
pixivやっています

ひと月ごとに見る
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
喪ブロゴです

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。