スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日過去になった今日のいまが奇跡

ということで、今日は友人の結婚式に行ってまいりました。

最初ね、アタイはやく着きすぎたもんで、
式場から道を挟んだ路上に設置されてるベンチで座って
誰かこないかなと待ってたんですね。

で、ちょっと待ってると新郎新婦(どちらもサークルの友人です)が現れ、
その人たちの周りに結婚式らしい衣装を着た女性が数人いたんですね。
で、ああ彼らの知り合いかな、俺もあいさつに行こう、と
道を渡って会いに行ったのですが、その女性たちは知り合いではなく
そこの式場のカメラマンだったんですね……
しかも通行人と認識されて思い切り道を譲られる始末。
式が始まる前から恥かいたよ!アタイのバカ!バカ!女性器!!

で、「写真を撮るところを見られますか?」と聞かれたので
新郎新婦の写真撮影の様子を見せてもらうことに……
したのですが、あまりにガン見しすぎたためかあとで新郎に
「見過ぎ」と突っ込まれるという事態に……アタイのバカ!バカ!まん(ry

でまあ、ほかに集まってきたサークルの後輩様、先輩様などと
とりとめない話をしつつ、ついに生本番。(結婚式のね)
………まあ、なんだ、当時うっ屈した感情のままに彼につらく当たってしまった記憶と、
今の新郎の立派な姿を見て、なんだか泣きそうになりましたよアタイ。
泣いてないけれども……
しかしBGMで殺りに(泣かせに)来るのは卑怯だぜ……とw
ほんとうにアレもなかなかに涙腺に来るものがありますね。

で、式は滞りなく終わり、その後近くのレストランで延々2時間
とりとめない話などしつつ少し遅い昼ご飯を食べてたのですが、
なんでしょう、ふとしたところから収入話になったんですね。
みんなすげえ……アタイと同じテーブルに座った方々なんて、
みんなアタイよりも3万以上は給料高いでやんの。
あ、アタイも早く一般会社員になりたーーーーーーーい!!
……不景気だし既卒だし、非常に道は狭そうだけどね……

でもこうなんですか、実際に結婚するまでに行くと
嫉妬なんてどこかに吹っ飛んでしまいますね。
ああ、別にそこまでの覚悟があるんならいいや、的な。
ほんとうに末長くお幸せに!!心からそう思います。
まあ愚痴をこぼすようになってもそれはそれでいいとは思うけれどね!!
決して不幸を望むのではなくてこう、それはそれで人生だよ、結婚生活だよ、的な……。
もちろん円満で幸せな結婚生活を営んで行ってくれるに
越したことなんてないんだけれどもね。
二人で頑張ってほしいと思います。
ともあれ、いい結婚式でした……

で、ここからは単なる雑記。
みつどもえの新刊いつだろういつだろうと思ってみてたら
いつのまにか7巻が出ていた件。そりゃ新刊コーナーでは見つからんわ……
また感想はのちほど描きますけれども、みっちゃんはもう
雌豚キャラというよりエロキャラになってきている気がw
パンツはいてない的なシーンも多いですし……
個人的にみっちゃんとかでガチエロを描こうとは思いませんが、
エロいよみっちゃん……みっちゃんと杉ちゃんが好きです。


・そういえばみつどもえアニメ化ってマジなんですかね?
ネットの検索結果をざっと見た限りでは
するんじゃないかという気がしますけど。
あとムダヅモ(なき改革)もアニメ化とか……マジか。
金総書記とかどうするんだろう?クレームきそうな……

あと情弱なアタイは今頃デスマ2の公式サイトを見に行ったのですが、
ローザさんとフォレット出演なし……だと………?
その代わりに入った幼女(7歳)が異常にかわいい。幼女マジかわいい。
まあ彼女でエロ描いたら普通に犯罪だよね、と思うけど……

まあ、そんな感じで。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

んなぁーにィ!

みつどもえアニメ化ですか!!
そりゃええですのぉww
結婚式お疲れ様でした。ご友人の新たなる門出を
祝福出来て良かったですねぇ^v^
その幸せが末長く続くことを祈ってます。

幸せいっぱいのトコをぶち壊すようでアレですが、
今日は広島平和記念日ということで
9日の長崎平和記念日に向けて
【ジャンスカ祭】と称してイラスト企画を
スタートさせました。詳しくはピクシブで!
終戦から64年…今もこの世界から
核廃絶が実現できていません。
毎年8月6日、9日、15日は平和について
考えさせられますねぇ。
それにこの時期になると
金曜ロードショーで
火垂の墓とか放送しますし^^;
いつも冒頭からマジ泣きしてます…。
節子ぉォォーーー!

>みつどもえ
声優さんはまだ未定らしいのですけどもねw

本当にいい結婚式でしたよ。
末永く幸せであってくれれば……と…

>核
たぶん「全世界が一斉に放棄する」という
シチュエーションにでもならない限り
根絶は不可能でしょうね……
どこかが持つとそれに対抗する手段として持つ、ということに
絶対になるでしょうから。

まあそうなっても隠し持つ国とかもいそうで、やっぱりアレです。
悲しいことですけれども……

>火垂るの墓
腐った死体みたいなのが出てたのを
子供のころに見て以来、トラウマ化して
実は一度もまともに見られていません……
見たら見たでガチ泣きしそうですけれども。
今年もせっちゃん柄のサクマドロップは
発売されるのでしょうか……ちょっと気になります。

是非砂利さんにも【ジャンスカ祭】に参加していただきたい!
こないだ委員長を描いていただけましたしww
それにもんぺの眼鏡っ娘(母乳仕様)とか
砂利スタ(砂利さん流スタイルの略)っぽくて
合いそうですねww
あえて全体をセピア色にして昭和10~20年代テイストにするとか!

あとすいやせん、火垂は来週の14日でした^^;
今夜はナイトミュージアムという映画です!

火垂も原作者の野坂さんが神戸出身で
神戸空襲での実体験をもとにされてるそうで。
本編みれてないですか…頑張って勇気を!
僕は特に包帯巻きで血まみれのお母ちゃんがいつみても
うわッ!って来ますね…。
結局死んで蛆が湧いて腐敗してしまうので
火葬するんですが…。
西宮のおばさんがまた酷い扱いをしているように
みえるんですが、見解の角度を変えると、
清太たちがボンボンで働こうとしない姿勢も
悪いといえば悪いのです…。
そのうえ自分たちで暮らすトコを探すと
家を出て行くわけですし…

ジャンスカ祭り……
よく見たらあと2日……
考えてみれば割と短い期間の企画なんですね。
あと2日で一枚は難しそうなのですが、
期間をオーバーしても大丈夫……でしょうかね?

>火垂るの墓
たぶんそこですね、アタイのトラウマ……
母ちゃんの死体にウジが、というところ。

ボンボンがもし働こうとしたところで
働けるかはわからないですが、
戦争中という異常な状況、異常な心理下で
妹を守ろうとすると二人でどこかに行くことしか
思いつかなかったのかも……
その結果の死だとするとやっぱりかわいそうです。

見方の角度を変えると悲しさの理由もまた違ってくる気がしますね……。
プロフィールですよ

河原砂利助

Author:河原砂利助
性別……雄野郎
年齢……31
太った熟女やロリやケモ絵を描くのが好きなアレです。
ご意見ご感想などありましたらおきがるにどうぞ。

メールアドレス
king_of_sukeroku☆yahoo.co.jp
(☆を@に変換)

最近の記事ですよ
pixivやっています

ひと月ごとに見る
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
喪ブロゴです

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。