がちむち男色(ホモ)神判!

略して「がちホモ」。
ハァイ!私よ!河原です。

今日で一般的な夏休みも終わりですね……(大学生は別)
よく考えたらアタイ、仕事仕事で夏休みらしいこと、何もしてなかったな……

というわけで、夏休みの自由研究に着手してみた。

エロメディアのタイトルってありますやんか?
エロゲであり、エロビデオであり。
でも、エロゲとエロビデオのタイトルってちょっと違う。
ということで、具体的にどう違うの?ということを考察してみようと思います。

まずエロゲと言いましても大きく二通りに分かれるのは
少しでもエロゲをかじった人なら知ってることと思います。
すなわち、萌え系(純愛系)エロゲといわゆる抜きゲ―、凌辱ゲーね。
ここで気をつけたいのが「萌え系エロゲ」と「抜きゲー」は
必ずしも相反するものではないということ。
萌え系でありつつエロがメイン、というものも世にはあるようです。

で。
まずAVのタイトルについて考えてみましょう。
近所のアダルトショップに足を運びAVのタイトルを眺めまくること幾星霜、
アタイの眼力を見さらせ!

まず多いのが、プレイ内容やジャンルを指したタイトル。
いわゆる「痴漢~」とか「盗撮~」とか「中出し~」とか、そういうのね。

次に多いのが、いわゆる対象の「属性」を指したタイトル。
これはどんなものかというと「変態ナースうんたらかんたら」とか
「ドエロ熟女なんたらかんたら」とかそういうもので、
これもジャンルに準ずるものと考えていい気がします。

言ってみれば、だいぶストレートなものが多い。
これはただでさえ本能的なものなので目を引きやすい性的なものに、
さらに性的リビドーを起こさせる(=商品の訴求力を高める)べく
淫猥なタイトルにする、という販売戦略なのかも知れませんが
とにかくストレート。「女性器」って言わずに「マンコ」っていうくらいストレート。

で、萌え系エロゲのタイトル。
まず最近よくあるのが、いわゆる「ひらがな4文字+!」系。
「がちむち!」とか「はなみず!」とか「めすぶた!」とかそんなの。
どこが萌え系やねん。
まあ頭の悪い例は置いといて、でもタイトルの傾向というかはそんな感じ。

で、それとは別に定番としてよくあるのが「英単語一文字」系。
「Hentai」とか「Futanari」とか「Bukkake」とか。geek用語じゃねえか。
まあ内容はともかくそういうやつね。実在のエロゲで言うと
「Air」とか「Canon」に始まり今に至るまでたくさんありますね。うん。

こちらはタイトルから内容を想起させないものが多い。
プレイしてからのお楽しみといいますか、プレイしてシナリオを進めて
「ああ、このタイトルはこういう意味なのか」とやっとわかるような……
これは何故かというと、たぶんエロがそこまで重要視されてないから。
ガツンとくるエロではなくて、物語とかキャラクター性重視の作品群だから、
エロいワードで目を引く必要がないのですね。
どっちかというと萌え業界全体の傾向に右に倣えになったり
(ひらがな4文字系とかまさにそれ)、
なんというかとっつきやすい感じのタイトルといいますかね、
レジに持っていっても恥ずかしくないタイトル。
なに?エロゲをレジに持っていくこと自体が恥ずかしい?
逆に考えるんだジョジョ、「買う時の恥ずかしさもエロゲの醍醐味」
そう考えるんだ……

で、今度はいわゆる凌辱ゲーのタイトル。
同じ「エロが目的」という点でエロビデオと同じのように思えますが、
実は意外とそうでもない。

まずエロビデオにはいわゆる「素人もの」というのが存在します。
本業の女優ではない素人さんをスカウトしてやってみました、的なそんな。
ただ、本業の女優さんのように大々的に名前が出るわけではなく、
やはり「変態主婦露出なんたらかんたら」みたく
企画名やシチュエーションがタイトルに使われるわけですが、
2次元ではそういうの(名前の出ないモブがヒロイン)はあり得ない。
いくらそこらへんの村娘であろうが人外のクリーチャ―であろうが
凌辱または和姦の対象=ヒロインなので、
ヒロインの名前が堂々と出ます
(ヒロインが一人または二人くらいまでの場合に限る)。

ヒロインが多い場合は露骨にヒロインの名前をタイトルに使うわけにもいかず、
その場合はやはりシチュエーションやジャンル、
属性などをタイトルに持ってくることが多いようです。
しかしその場合でも一般的エロビデオのように
「おまんこ」や「オナニー」などの直接的な言葉をタイトルに持ってくることは
少ないような気がします。
あとオタク的なエッセンスなのか、
うまくまとめるのは難しいのですが「捕らわれのなんたら」やら
「凌辱屋敷のなんたらかんたら」やら「お前も肉人形にしてやろうか!」やら、
何かのパロディ的なものであったりもしくはちょっとこじゃれた感じの
サブタイトルがつくことが多い傾向にあるようです。
言葉を飾る、というかなんというか。

これはエロビデオが背景的なストーリーなしで
(ちょっと話しただけでベッドシーン突入とか)エロに入るのに対し、
エロゲの場合は一応バックグラウンドな設定や主人公の動機、
また女性を手に入れるのまでの過程などが
一応描写されるものであるということの違いと何かしらの関係があると思うのですが
実際のところはよくわからなかったりします。ええ、ごめんなさい……

なんか延々書いてるといつ終わるかわからないので
いったん切ろうかと思います。書く前は結構簡単かと思ってましたが
考え出してみると難しいんですね……似てるところは似ているし、
違うところは違うんだけど具体的にどう違うかがなかなかつかめないし。
そしてこの文章で言いたいことが伝わるのか否か。
ほんとうに難しいです……

で。
絵を完成させたありさまだ。

変態熟女さんズ。(熟女注意)

変態ツインテールおばさん(40)と変態女教師さん(32)がAVに出演したようです。
AVのタイトルっぽくしてみたのですけど、これはこれで
先にあげたAVタイトルの例と何か違うような気がするありさまだ……

まあ、そんな感じで。
思いついたらAVのワンシーンとか描けたらいいなあ、と。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

完成乙!
僕もパーツつけたてブログをアレンジしてみましたw
そーいやプロフ絵が胡桃ちゃんからりっつんへ♪
僕も気分的に変えてみたよン☆
あとコメントありがとうございました。
ウチにコメント下さる頻度も一番高いし、ホント感謝です。
今日で連休は終わりでまた明日から仕事ですが、
頑張ってこーと思いますので今度ともどうぞヨロシクです ^v^

あのブログパーツはいい感じですよね。
プロフ絵は少し前に変えたら勝手に戻っていたので
今度こそ!と……w意外とあの絵は気にいっているのもあって。

>コメント
亞蘭さんがコメントくださる比率に比べたらっ・・
クソみたいなもんだっ・・!
良いものは良いと言いたいですしねw
こちらこそよろしくお願いしますー。
プロフィールですよ

河原砂利助

Author:河原砂利助
性別……雄野郎
年齢……31
太った熟女やロリやケモ絵を描くのが好きなアレです。
ご意見ご感想などありましたらおきがるにどうぞ。

メールアドレス
king_of_sukeroku☆yahoo.co.jp
(☆を@に変換)

最近の記事ですよ
pixivやっています

ひと月ごとに見る
フリーエリア

最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
喪ブロゴです

リンク