できるだろうか……

男だったら、こじつけろ!
こじつけ金剛こと河原砂利助です、こんばんわ。

最近ってプレステのゲームでもレトロゲーカテゴリにされるのですね……
プレステで青春時代前期を過ごしたアタイにはかなりショックです。
下手したらプレステ2初期のゲームでもレトロゲー扱いになるのではないでしょうか。
あの、こう「確かに映像すごいけど、プレステの映像いいゲームと
クオリティそこまで劇的に変わらなくね?」的なゲームのころの。
具体例をあげるとライゼリートとかあそこらへんの時期。

大体そこらと同時期だったと思うのですが、
今回の日記のアタイの無意味な自己紹介の元ネタでもある
「ぶちギレ金剛」ってゲームがあったんですよ。
「男だったら、ぶちギレろ!」がキャッチコピーです。

で、工事現場の兄ちゃんが主役で、キャラデザが本宮ひろ志氏。
この時点でゲームの方向性は推して知るべし。
で、どんな方向にセックス&バイオレンスなのかというと
(PS2のゲームだからセックスはないよ)、
なんかね、重機を操ってと言いますか、
ホントに重機同士のガチバトル。お前らはアホか。
だいぶ昔にゲーム誌で読んだだけなのでうろ覚えなんですけど、
ぶちギレゲージだか金剛ゲージだかいうのがあって、
それをためるとなんかものごっつい技が!うまく使って相手を圧倒だ!
みたいな感じだったんですけどもね、
確か本当にPS2の初期のゲームだったと思うんですよ。
でも、今そんな感じの大人気のゲームがありますよね。
そう、ムシキング(ちょっと古いか?)。

ぶちギレ金剛もムシキングみたくカードゲームにして出したら
割と子供に受けたんじゃないか、と思わざるを得ないのです……
「のりものキング」とかに名前を変えて。
ちょうどその辺の重機(ショベルカーとかブルドーザーとか)に
興味を持ちだす年頃ですし。
興奮した子供たちが本宮テイストな顔で叫びだすこと間違いなし、ですよ。

ホント、生まれる時代を間違えた不幸なゲームだったのかもしれない……
ぶちギレ金剛。
ゲームの画面写真ではヒロイン?らしき女に主人公(金剛)が
すき焼きのうんちくを語っているシーンが映っていて、
それもさらに何がしたいの?感に拍車をかけたというか、
当時は「はいはいワロスワロス」程度の認識だったけど、
今思うと「名作になり損ねたゲーム(時流の問題で)」だったのかもね……

で。
おれはコミックスタジオを買ったぞ、ジョジョ―――――――――ッ!
(まだ注文しただけですが)
pixivにあげてみたり2chの絵スレなどで人に見てもらったりすること
はや幾星霜(そんなにないよ)、
「まだまだ絵が下手だからもっとうまくなってから!」とか言い訳をしてましたが
ちょっとずつですが「人に見せてもなんとか大丈夫かな?」程度には
自分の絵を認めることもできてきましたので、
前からやるやる詐欺をぶちかましていた漫画にでも挑戦してみようかしら、と……
ゆくゆくは同人誌など。

一度後輩様にディスクを貸してもらったのですが使い方が全く分からず……
だったのですが自分で買ったならさすがに高いし執念で何とかしようとするだろう、
という自分への打算というよくわからない思いを込めて。
周りの方々がいろいろと動いていらっしゃるので触発半分、あせり半分。
あとエロにしたって漫画のほうがエロくできる、という部分もあるでしょうし
(一部分のアップとか場面の連続性とかストーリーとか)……

私は稲田さんのような同人にかける強い信念も
他の人々のような絵や話の魅力もいまだ持ち合わせていないですが、
一度はやってみたいんだ、というのは心からの想いです。
今度はウソにならないようにしたいです。


で。
絵を描いたありさまだ。

フレン・ラフ絵。(牧場物語コロボックルステーション)

け……今朝 起こったことを 正直に話すぜ!
「幻想水滸伝5のフヨウさんを描いてたらいつのまにかフレンになっていた」
髪型が互換がきくとか同じめがねキャラで似やすいとか
そんなチャチな理由じゃあ断じてねえ もっと根本的ななにかを味わったぜ……。

もうちょっと目線の位置を変えるべきだと思いました。
まあ、そんな感じで……
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ラフ乙~
またまたやってくれそうですねw

がんばってみましたw
昔の絵を見てちょっとマニアの魂復活といいますか、
最近の絵には(根本的な性癖を除いて)
マニアック分が足りなかった!と思ったもので……
プロフィールですよ

河原砂利助

Author:河原砂利助
性別……雄野郎
年齢……31
太った熟女やロリやケモ絵を描くのが好きなアレです。
ご意見ご感想などありましたらおきがるにどうぞ。

メールアドレス
king_of_sukeroku☆yahoo.co.jp
(☆を@に変換)

最近の記事ですよ
pixivやっています

ひと月ごとに見る
フリーエリア

最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
喪ブロゴです

リンク