むしろ大家のおっさんおばちゃんが主人公とヒロインでいいでござるの巻

昨日「カンフーハッスル」なる映画をやってたので
見てたんですけど、
アタイ以前にこの映画が「クソ映画だ」として
叩かれてるのを以前に見たことがありまして、
何でそういう評価を得たんだろう?と思いながら見てたんですね。

で、序盤~中盤とかかなりおもしろかったので
「酷評されてたのってこれじゃなかったのか?」とか思ってたんです。
終盤に入る前あたりの大家のおっさんおばさん(主人公の父母?)VS
殺し屋・火雲邪神のバトルとかすごく良かったしね。

ただ………ラストバトル辺りで
そこらへんの酷評の理由がちょっとわかってしまった気がする……
元々主人公には最強クラスの素質がありまして、
時折それを発現させたりしてたのですが
ラストバトルでの能力発現の理由が
「ラスボスに叩かれて気脈が開き、本来の力が発現した」ってあなた……
主人公ぶっちゃけ何もしてないじゃないですか。
しかもキャラまで変わってしまっているし。

ヒロインはなんかヒロインらしいこと何もなく終わったし、
デブ(主人公の弟分。名前すらない)はデブで
結局最後までいる意味わからなかったし、
主人公は能動的に強くなるために何もしてないし(過去は除く)………
物語を重視してみたらば確かにアレはダメかもしれない。

しかし戦闘シーンだけはカッコ良かった……
作中で幾度となく戦闘シーンが出てくるわけなのですが、
どれもこれも例外なく良かったです。ワイヤーアクションってすごいなあ……
人が蹴られて思いきり上空まで飛んでいくシーンは
どうやって撮ってるんだろう、CG?

にしてもカンフーものにストーリーを求めるのは間違い、ってことなんでしょうか。
あまりストーリーの凝ったカンフーものってみたことないかも……。
復讐譚とかえらい多い気がするし。
いやまあ格闘シーンが格好良ければそれですべて許せる気になるのも
カンフーものに魅力を感じる部分なんですけれども。

で。
ラフ絵を描いたありさまだ。

ミルタンクその2(ポケモン)。ガチケモ・複乳注意。

先の絵がミルタンク受けだったので、今度は……というか描き足りなかったので。
あまえる+ゆうわく+のしかかり。ホンマポケモンにもエロい技が増えたでぇ!!
とか思いながら描きました。
もうちょっと上半身のポーズに凝ったほうがいいかもしれません。
………ひとの ポケモンを ねとったら どろぼう!!

一気にケモノ属性が進行したかもしれません。ああもう、なんか……
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

効果うわぁ抜群でァァァァ!

ラフ乙!
パート2ですか!スゴイ!天才だよ!
僕もケモってことでニドクイン描いてみたんですが
いかがでせう?(ぴく&ブログにて)

あとは久しぶりにこってりぽちゃ娘も
描いてみましたヨ。
ぶっちゃけ休みじゃないと
じっくり描けませんよねぇ…

ケモノはなんかあらゆる意味で純粋そうでかわいいなあ、って……w
もちろんアタイはそんな大したものではありませんが、
喜んでいただけてうれしい限りです。

>ニドクイン
こういうモンスター寄りなキャラを
萌えられるように描く、というのは凄いことだと思います。
一応休み以外にもなんとか描くことはできますけど、
描ける時間自体が短いうえに
それ以外のことが全くできなくなるのが玉にきずですねw
だからゲームとかも一向に進まず……

ミルタンクでハッスル(色んな意味で)

カンフーハッスルのアレ(気脈が開いてスーパーサイヤ人に)は中国の武挟小説では昔からよくある展開で、それに倣った流れなんだそうで。
どうやらあの映画はそういった武挟小説のパロディをふんだんに盛り込んでるみたいですが、大元を読んでないとよくわかりませんね(^^;(大家夫婦の名前は武挟小説で有名な美男美女の名前で、名乗る場面は笑いどころとか)

し、知りませんでした……

そう言うのを知らずにダメ映画認定したアタイが
非常に恥ずかしいですw
しかし中国って儒教思想とかそういうの的に
努力とかを重んじそうな感じがあったのですが、
意外と「簡単に強く……」というのが多い、というのは驚きですね。
現実に対しての願望の結果がそれなのかもですけど。

気脈が開いて強くなると
「そんな……キャラまで変わって……」状態になる
(人格者になる)のは外国映画らしいなあ、とは
今更ながら思いましたw
日本のだと強くなっても人格者にはなりませんね……
なんにせよバックボーンを知ることって大事だ、と思い知りました。
プロフィールですよ

河原砂利助

Author:河原砂利助
性別……雄野郎
年齢……31
太った熟女やロリやケモ絵を描くのが好きなアレです。
ご意見ご感想などありましたらおきがるにどうぞ。

メールアドレス
king_of_sukeroku☆yahoo.co.jp
(☆を@に変換)

最近の記事ですよ
pixivやっています

ひと月ごとに見る
フリーエリア

最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
喪ブロゴです

リンク