僕は地元を愛しているッ!

仕事仕事で書くことがないので好きなものでもつらつらと。
てめえら年賀状なんぞ貰ったからって律儀に送り返してんじゃねえ!ボケ!
………うん、ウソです、アタイも寒中見舞いとして律儀に送り返しますごめんなさい。
年賀状送れなくてごめんなさい。
いただいた方にはちゃんとお返事させていただきますので…


で、好きな物の話。
アタイはもうなんというか一日のうちでテレビ見てる時間なんて
10分あるかないかなんじゃない?というくらい、
アンチテレビの申し子なのではないかというくらいテレビを見ないのですが、
やはりそういう生活をしてるとオタクはともかくそれ以外の人との話が
全く合わないのですね。「昨日○○見た?」は日常会話の基本なので。

一般の方に「○○のエロ絵見たことある?」なんて切り出しても
「見ねぇーよ!ハゲ!近よんじゃねえ!」と言われるのがオチですもの……
オタクでもいきなり切り出されたらこうなるかもですがw

しかし、オレにだって……好きなテレビ番組くらい……ある………

何が好きかといいますと、まずお昼くらいに再放送してる
昔の刑事ドラマとか時代劇。
そのジャンルももちろん好きなのですが、何が重要かというと
「昔の」ということ。

お気づきの方もいるかとは思いますが、ある程度昔のドラマって
なんかすぐにわかりますよね。
俳優がどう背景がどうというのもありますが、それ以前に画面の暗さで。

暗いというか、照明が一点からしかないので
どうしても影がちになる部分があるんですよね。
光が当たってるところ以外は全体的に薄暗いし。

で、その薄暗さがたまらない。
あと昔のフィルム撮りのせいか(今ってどうなんだろう?)
全体的に映像がちょっとだけ荒い感じがするし。それもたまらない。
ああ~やべえ昔だ、的なそんな。ただの懐古厨じゃねえか。
あとちょっと昔のドラマだと普通におっぱい出るしね!ポロンと!
今は視聴率アップのためのリーサルウェポンともいえる女の乳を
何故に出さないのか、理解に苦しむ所存です。
男のチンコはロゴとかで隠してたら
出すシーンは放送していい癖に……あんな露出で視聴率が上がるものかよ!


で、もう一つ好きなのが(たまに言ってますが)地元ローカルテレビ。
地元のどうでもいいようなパン屋とか薬屋とかも取り上げるし、
そして道歩いてるシーンでも何一つ細工が感じられないのがいい。
ゴミとか普通に落ちてるし、ボロボロの不動産の旗とか普通に映ってるし。
テレビで見る街並みとかだと、どうしても都会かど田舎か
風光明媚な神秘の地か、ということになりがちですが
うちの地元はものすごく中途半端な田舎ですからね。
田舎なんだけど光回線は一応通るしJR本線もあるし、国道もあれば高速道路もある……
けど本屋は少ないし田んぼは多いし家なんかボロい木造のところもかなり多いし。

その地元にスポットを当ててくれるのがいいのです。
みんなテレビで自分の知ってるところが放送されて
テンションあがった記憶があるはずだ!
地元ローカルだとオールザッツそれ!地元でも知らないところけっこうあるけど
(あまり知らないところに行くことがないため)いつでも地元!すんばらしい!

あと製作費がたぶんものすごく安いせいか、
グッダグダなのがまたいいところ。このアマチュア感がまたすばらしいのです。
若者層にまったくむけてないところとかね!

その二つだけはアタイ、ものすごく愛していると言えるだろうッ!
まあ、そんな感じで……
お年賀絵は現在進行度60%。先は長い………!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント


またその土地で使われている言葉って
他県からだと?ってなりますよね。
ゴミを 【捨てる】ことを【なげる】って言う県もあります。

秋葉原で何度も立ち読んでてまだ
購入してないんですが、
日本全国ご当地キャラクター図鑑
http://w3.shinkigensha.co.jp/books/978-4-7753-0764-9.html

この本はいいですよ。
あとえばおコメなら【萌え米】のように
ジャンル分けされてるし。
西又葵さんがデザインされたJAうごの
【あきたこまち】や
いとうのいぢさんの考案キャラも
掲載されてますw
もちろんゆるキャラもね。

僕は埼玉の行田市のニニギンくん・コノハちゃん
好きですねw 行田市はさきたま古墳群があり、
古の歴史を感じ取れます。 明治の廃藩置県で
このさきたまをさいたま→埼玉としたわけです。
つまり、ここが埼玉県発祥の地なのです。

確か兵庫は明石か宝塚で
海の近くに
デッカい前方後円墳があったと思いますが。

http://www.plus-kun.com/sakitama/bbs/img11.jpg
→擬人化したらなお可愛いぞ、うん!(親バカ)

砂利さんも兵庫のキャラを調べてみるのも
たまには良いかと♪

大阪でも「捨てる」を「ほかす」というところもありますしね。
余所からだと確かにわからなそうです……

しかし新紀元社の本は昔からお世話になってますが
(Truth in Fantasyシリーズが 大好きでした)、
この本もなかなかいい仕事をしてそうですねw
値段の割にページ数多くてお得感が強いし……
買ってみようかしらん。

>ニニギンくんとコノハちゃん
ニニギノミコトとコノハナサクヤヒメが元ネタだと思いますが、
キャラ化されると言うことはこの二神って
埼玉辺りに縁のある神様なんですね……
勉強になりました。
兵庫県のキャラというとアタイは「はばタン」くらいしか……!
プロフィールですよ

河原砂利助

Author:河原砂利助
性別……雄野郎
年齢……31
太った熟女やロリやケモ絵を描くのが好きなアレです。
ご意見ご感想などありましたらおきがるにどうぞ。

メールアドレス
king_of_sukeroku☆yahoo.co.jp
(☆を@に変換)

最近の記事ですよ
pixivやっています

ひと月ごとに見る
フリーエリア

最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
喪ブロゴです

リンク