僕はホモではないのですが

もしも平将門公の名前が「平菊門(たいらの きくかど)」であったとしたら
彼の首塚は将門塚じゃなくて菊門塚(きくもんづか)とかになってるんだろうか。
なんか………うん。


ネット上のお知り合いがガチホモゲーであるところの
「炎多留」を買ったという日記を書いていたのでその流れを受けて。
そういえばなんだろう、BLとか男性向けってけっこうね、
舞台が時代物なのって多いじゃないですか。異世界ファンタジーとかも。
でもガチホモ(というかゲイ)向けのそれって、基本的に現代もの、
というイメージがあるんですね。
(ヤマジュン作品にも「男新次は突っ走る」と「地獄の使者たち」くらいはあったけど)

アレって何なんだろう………
よく言われるのが「BLはファンタジー、ゲイはリアル」ということで、
もしかしたらリアル志向のゲイ向けにはそういう舞台的なファンタジー要素すらも
必要とはされないのかしら?

でもね、別にこう、舞台くらいはファンタジーでもいいと思うんですよ。
マンネリの恋人たちがちょっと服装を変えてみたら思わぬくらい燃え上がった、とか
そういうこともあるがごとく、
時代や舞台を変えてみたら意外な面白さがあるかもしれませぬ。
ただまあ、BLでよくあるらしい異世界モノなのに
「古い風習では2月14日はバレンタインデーで~」とか
「東の方の国では云々~」というのはナシの方向で。あくまでリアルだからな!
リアルにその時代、その世界の日常で盛るのがいいのだ……ろうとおもいます。
時代や国、世界が変わったって、兄貴たちの情熱は変わらない!!変わらないんだ!!
変~わら~ない~もの~♪探~して~いた~♪(奥華子さんごめんなさい)

正直おれはな、もう……美少年や美青年だらけの今の乙女ゲーには飽き飽きなのよ……!
え?お前は飽き飽きと言えるほどプレイしているのか、って?
失礼な!初代ときメモGSはやったよ!
女友達(CV:大谷育江)の尻ばっかり追いかけていたがな!
あとはまあ、妹のプレイ風景にうだうだと口を出しながら見ていた程度……でしょうか。

そんな私だから、炎多留の公式サイトの「イベントCG」の項目を
軽い気持ちで見たとき、心にクリティカルなダメージを受けました……
これが、コンシューマの乙女ゲーとガチホモ系パソゲーの違いかよッ……!!
うん。濃い。略してうんこ。(悪意などはありません)
こうしてみるとアタイがヤマジュン作品を読めていたのは
絵柄が少女漫画っぽいから、という特異性
(アタイ自身幼少期に少女漫画ばかり読んでいたことによる慣れもあった)のせいなのかな、
とか……

昔、確かこれ、PS2のシンプルシリーズで出てたんだよね……
「the 男の友情アドベンチャー」だかなんかいうサブタイトルで。
その頃はごっついイロモノ視していたんだけど、今にして思えば
ナヨい美少年&美青年ばかりの乙女ゲー界に反旗を翻す、
文字通り熱き男たちの戦いの一手だったのではなかろうか。
その後はニーズによるものか、所詮ゲイは濃いエロがないとゲイとはいえないという
ある意味での敗北に追い込まれたのか、パソゲーで濃いゲイエロゲーとしての道を
進むことになった今シリーズですが、出来れば乙女ゲー界においても
第二、第三の炎多留が生まれてくれることを願ってやみません。

だって顔が厳つい奴は絶対八葉の仲間入りはできないんだぜ!?
守護聖さまにもなれないんだよ!なんだよ!ちくしょお!ふざけやがって!!
ということで、この美少年&美青年による圧政を覆す
世紀末救世主、ニューカマーの出現をみんな求めているのです……と。


あれ?そういう趣旨の日記だっけか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

昨日は早急の対応ありがとうございました。
イロイロご迷惑かけてしまって…

今日は特に出かけるわけでもなかったですが、気分転換とイメチェンに髪を染めましたw

夜は中華食べてきました。
北京ダック美味いぜ北京ダック!
ハオ・チー(中国語で美味いの意)
ニコ動で『ジェシカの歌』を見ればかなり笑えるし、元気でますよw
違った意味でw

いえいえ、仕方ないことです。
人様に迷惑をあまりかけずに済んでよかったなあ、とw

ハオチーってそういう意味だったんですね。
「ジェシカの歌」……というとジャッキー・チェンが
(日本語版でも)歌ってて
日本語版タイトルが「チャイナ・ブルー」の
アレのことでしょうか?
ジェーシカー♪(後は中国語)
プロフィールですよ

河原砂利助

Author:河原砂利助
性別……雄野郎
年齢……31
太った熟女やロリやケモ絵を描くのが好きなアレです。
ご意見ご感想などありましたらおきがるにどうぞ。

メールアドレス
king_of_sukeroku☆yahoo.co.jp
(☆を@に変換)

最近の記事ですよ
pixivやっています

ひと月ごとに見る
フリーエリア

最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
喪ブロゴです

リンク