一般観光客絶頂す

絶叫マシーンはもう飽きた!!これからは絶頂マシーンの時代どす!!

坂を登り終わる前には絶叫マシーンとはまた違ったドキドキが、
そして坂の絶頂から坂を下る瞬間には
「うわぁぁぁぁぁ」「キャー」などの悲鳴の代わりに
「ひぎぃぃぃぃぃぃぃぃぃ」「あおおおおおおーっ!!」などの悲鳴?が。

え?なに?そんな卑猥なものは置いておけない?
馬鹿野郎!「気持ちいいぃぃっ」のアクエリオンだって全年齢向けだろうが!!
(そういう問題か?)

キャッチコピーは「男は度胸、何でも乗ってみるのさ。きっといい気持ちだぜ」で。
ンギモッヂイィィィィィィィイィィィィィィィィィ!!

んで、まあ、なんですか?なんだ、あれだ、
本買ったからその感想でも。

最近の収穫

・ラブやん⑬ 田丸浩史
・幾百星霜② 雁須磨子
・ぼんたん!④ 阿部川キネコ
・東京バカッ花 上  たきむらりゅう


・ラブやん
良くも悪くもいつも通り。カズフサの彼女候補に
ヤンデレのヤエちゃんが仲間入り。
考えてみたらカズフサに(恋愛的に)はっきりと好意持ってるのって
ヤエちゃんが初めてでなかろうか。
(庵子は徐々に……だったので除外)
しかしラブやんの
「(もろもろのぜいたくな条件をそろえてたら)カズフサでもいいよ」
発言から見るにやっぱりラストはカズフサとラブやんがくっつくのだろうか、とも。


・幾百星霜
全体的に続き物の話になってきたな、という印象。
前巻のようなエピソード的な遊び…(?)が話にないというかなんというか?
本筋をひたすらやって終わったというか。
火野さんちのおばあちゃんが意外といい人で驚いた。
鷹子さんも意外にいい人であと弱さのようなものがちょっとだけ見えて驚いた。

滝さんの顔が思いっきりしもぶくれを強調して
ひょうたん顔気味に描かれるようになったのは
作者の方向転換でしょうか。
まあシリアス顔ではあくまで若干、くらいなんだけども……
相変わらずのおきゃんぶりがかわいらしい事。


・ぼんたん!
主人公(伊達政宗)の性別が実は女だった、というパラレルの話ですが
意外とそこを(萌え的に)強調しないのに好感。
話の端々にはちゃんと政宗が女であることによる
いろいろを入れてきてるんだけれども、
全体的にみるとちゃんと歴史ものしてるのがいいところです。
原田宗時ラブ。伊達成実もいいですね、
幼なじみ組がね………うん、いい。

父ちゃん死亡の巻。
さんざっぱら死亡フラグ立てまくってましたが、
この巻でついにフラグが回収されてしもうた……
人質にされた自分を敵ごと撃つように命じろと父に言われ、
ためらいながらも小十郎に任せることなく
自分で父を撃つ命令を下した政宗さん、というシーンが印象的でございました。


・東京バカッ花
絵で買うた。室井滋さんという方のエッセイを基にした漫画だそうですが、
先輩と食い逃げさせられる話とか彼女を傷つけたことで断浴する友達の話とか、
やっぱりエッセイを出す人にはそういう印象的というか、
割と人とは違う体験があるもんなんだなあとしみじみ。


で。絵を完成させたありさまだ。

桂ヒナギクさん(ハヤテのごとく!)。

リクエストの絵がようやっと完成しました。
こんな感じでよかろうでしょうかしら………
長い間お待たせしてしまって本当にごめんなさいでした。
最近遅筆になってしまっていかんです………


まあ、そんな感じで。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント


完成乙!
僕もこないだようやくリクを完成させて
うpしました。
遅筆とはいえ、その分それをカバーする
シチュエーション・エロさがあるんだから
そう言わないで下さいよ。
(プレッシャーになるでしょ…僕の)

今日は霞ヶ浦とか鹿島神宮といった
茨城方面へ観光してきましたっス。
やっぱ神社はいいですよね~
目には見えない神聖なパワー
ってのを感じますし!
昨日のめちゃモテ委員長には
久々にまりっぺが出てましたw

いえね、やっぱり3カ月もお待たせしてしまうと
申し訳なくもなるなあ、と……
プレッシャーを与えてしまうつもりはないのですよ。

早朝の神社とかはいいですよね、
たまに行きますw

まりっぺ……一話限りのチョイキャラとかじゃなかったんだ!!
それは喜ばしい限りです~。
やっぱりモテるように?してもらった後のアレなんでしょうか。
プロフィールですよ

河原砂利助

Author:河原砂利助
性別……雄野郎
年齢……31
太った熟女やロリやケモ絵を描くのが好きなアレです。
ご意見ご感想などありましたらおきがるにどうぞ。

メールアドレス
king_of_sukeroku☆yahoo.co.jp
(☆を@に変換)

最近の記事ですよ
pixivやっています

ひと月ごとに見る
フリーエリア

最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
喪ブロゴです

リンク