スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

囁きと詠唱と念の力と

先日、友人と大阪は新世界に行ってきました。
事の発端は「通天閣の真下あたりに一日寝かせた生地で作った
ホットケーキを出す店があるらしい」という情報が友人から入ったこと。

アタイがホットケーキに目のない人種なのと
新世界あたりにはあまりなじみがないということで、
友人に案内してもらうことになったんですね。

で、11時ごろに待ち合わせしてたのにも関わらず
アタイが遅れたせいで11時半くらいに合流になり、
そこから10分?程歩いて件の店を見つけたのですが、
「ホットケーキは12時から」とのこと。

仕方がないのでもう一つの名物である串カツを食べたりして時間を潰し
(どて焼きがすごく美味でした)、
なんかエロ映画のえろい看板があったことにすごく感動したりしつつ
(アタイの地元では見かけないものなので)
12時になったということでその店へ。

なんというか、一日寝かせた生地で作ったとされるホットケーキはアレでした、
ホントモロにホットケーキという風情の形と大きさでした。
上に四角いバターが乗っていれば完璧であった……
感想としては、張ってるなあ……と。
とにかく表面の張力がすごい。サクッとしている。
中身は……もっちりしているわけでもなかったのですが
なんか詰まってる感があって、見た目以上にお腹が膨れました。


で、お目当てのものを食べ終わったので、新世界から日本橋に
徒歩で移動してたのですが、その途中に友人が一言
「このあたりに確か女立ち入り禁止の店があったはず」と漏らされました。

えっ?なんじゃいそれは………と思いつつ周囲を見ながら歩いてたんですが、
急に友人が「ここだ」と声を上げました。

見ると、なにやらカーテンで内装が隠された店が。
といっても外から見る限り、女性をわざわざ立ち入り禁止にするような
別段の怪しさはないんです。ごく普通の楽器屋か何かといった風情。

で、近寄ってみると張り紙がありまして、「Gmen バディ サムソン」という文字が。
Gmenとバディは知らなかったのですが、サムソンってアレじゃないの?
ホモビのメーカーじゃなかったっけ?ということで友人に聞いてみると、
案の定こう、アレでした。全部ホモ向け
(友人は「兄貴系」と言ってましたが)レーベルだよ!!
知らない人は「淫乱テディベア」とかでググってみたらいいと思うよ。
どっちかと言うと兄貴と言うより、オッサンホモとかデブホモ系なイメージが……

ここがホモグッズの巣窟だったのか!
感じる………ホモの魔力を!
ということでノンケであるところの私、扉の向こうから発せられる
圧倒的な妖気に押されてそのまま立ち去ろうとしたんですね。

しかし、ふと思いなおしました。
アタイの家の近所にアダルトショップがある、と言う話を
時折日記に出してますが、そこにも男の使うアダルトグッズと思しきもの
(男のケツ型オ○ホール『三郎』とか、エネマグラとか)は
申し訳程度に売ってるんですね。
で、ガチの『男性向け』アダルトショップになると一体どんな品揃えなのか。
アタイの近所にはもちろんというかなんというかホモグッズの店などないので、
この機会を逃せばもう見ることがないかもしれない。
あとなんか友人に理不尽に「チキン」と罵られた。

じゃあ仕方ない、非日常の世界をちょっと垣間見てみよう。
BOY♂NEXT♂DOOR!!

(ドアの開く音)

無理!スンマセンでした!

(ドアの閉まる音)

一瞬入って、男らしく商品の一つも物色したろかいと思ったのですが
思いっきり店員さんが近寄ってきたので逃げてしまいました。
一瞬しか見られなかったけど、やたらでかいチンコをかたどった何かとか
『義父と何とか(タイトルよく見えなかった)』ってホモビだとか
壁にはところ狭しとよくわからない形状のパンツらしきものが……

もうやめて!私のSAN値はゼロよ!

*さぶ バディ Gmen サムソン!*

*おおっと!*

*かわはらは ほもに なりました*

そんなことになる前に早々に退出した私……チキンとでもなんとでも言うがいい!
ていうか冷やかしてしまってごめんなさい店員さん。
まさかあそこまでのすごい空気だとは思わなかったのです……
たぶん村人が隠しダンジョンに迷い込んだらそういう空気を感じるんじゃないかな。


ホモ向けショップに入ったりもしたけれど 私はノンケです(魔女宅風に)

まぁ、そんな感じでw
気が付けばほとんどがホモの話題………
こう、なんというか………アタイ的には10分は踏みとどまったはずなのに
外の世界では一瞬しか立ってなかったと言うのが非常に衝撃的でした。
つまりあそこは異世界だったに違いない。うん。

色々と(普通の意味でも)貴重な経験をした一日でした。
どて焼きとか……!!
友人よ、案内本当にありがとう!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント


大阪へ行かれてたんですかー
定期的に楽しまれているようで
何よりです (^0^)
おおー砂利さんもパケ版をお求めに!!

パケ版でしたら“とらのあな”が
特典で描き下ろしテレカを付けてくれる
ようですので、とらをおススメしまっす♪

http://bokuaki.com/tokuten/detail.php?id=tk1289292353illuh4
オイラもこのテレカ欲しいッッ!!

そして本日はブログ5周年、おめでとうぎざいまーす!!
無事お祝いイラストも投稿致しました!
イラスト・ブログにおいても先輩である砂利兄さんに
とって良い1年のハジマリである事を祈りつつ
お祝いの言葉とさせていただきます!
何だか結婚式の祝辞みたいね(笑)

*みせのなかにいる*

G-men、バディ、サムソンかー…(遠い目)

昔古本屋でバイトしてた身の私としてはホモ雑誌など既に2000年前に通過した場所だッッッ(烈海王風に)

などと豪語できるほどは慣れてませんが、当時は一棚占領する程度にはホモ関連グッズがございましてな…(オナホやディルドの玩具類は流石に置いてなかったけど)
結構イケメンな青年から既に下の方がオシッコするだけの道具になっちゃったであろうオジイチャンとかSM雑誌と共に買っていく女子大生とか案外幅広い層に売れてて毎日がSANチェックの連続…ゲフンゲフン …いや貴重な経験でしたなー

ちなみに超兄貴の単行本を宣伝オマケ漫画の如く「ア○ドン、サム○ソン、薔薇○族などの男らしい雑誌の間に置く」事でそこそこ売れたのは店長には秘密中の秘密だッ

>亞蘭さん
後輩とかが大阪に住んでるので、
それもあってよく足を運びますw

これはいいおっぱい……内容が気になりますね♪

イラストホントにありがとうございます。
感謝の極みでございます……
まだまだがんばっていこうと思います。
お互い継続は力なりでがんばっていけたらいいですね!


>ド根Jガイルさん
あ、やっぱり古本屋にもホモ雑誌は流通するんですね……
恥ずかしくて売りにいけないもんかと思ってました。
どの層が買っていったら一番衝撃でしょうね……
SM本と一緒に買うお姉ちゃん、はなかなか衝撃を受けましたけどw

人から聞いた話ですが、アドン(不明)
サムソン(サムソン)バラン(薔薇族)と、
彼らの名前はホモ雑誌から来てるそうです。
「超兄貴」、知らない人から見たら
それ系の本に見えるんでしょうねw
表紙見ても割とそんな感じですし……
プロフィールですよ

河原砂利助

Author:河原砂利助
性別……雄野郎
年齢……31
太った熟女やロリやケモ絵を描くのが好きなアレです。
ご意見ご感想などありましたらおきがるにどうぞ。

メールアドレス
king_of_sukeroku☆yahoo.co.jp
(☆を@に変換)

最近の記事ですよ
pixivやっています

ひと月ごとに見る
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
喪ブロゴです

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。