Youあきらめちゃいなよ

雄野郎としての愚痴が入っています。






ちょっと先日のことなんですが。
物数が少ない日に上司がのたまわれました。

「今日一時間ほどビデオ研修するけど、
 それでも定時で帰らないと許さないザマスよ(意訳)」


hoshi.jpg

えっ?

貴様一時間が配達においてどれだけ重いかわかっとんのかコラァ!
いくら物数が普段の75%程度だといってもねえ、お前ねえ?

まぁなんとかそれはそれで定時で終わらせたんですけど、
その研修というのがセクハラに関するものだったんですね。
で、この手の研修ビデオってたいてい男が女にやってる行為が実はセクハラで~
みたいな展開になるんですけど、
まぁそれは仕方ない。やっぱり絶対数的に
男性が女性にするセクハラのが多いだろうから。

仕方ないけどなんですか、これはもう男性と女性を
断絶させようとしているようにしか思えないんですよね、こう……

・服装を注意したら(注意の仕方によっては)セクハラ
・送ってあげようか?と提案したらセクハラ
(これは断ってるのを何度も誘うのも悪かった)
・そこらへんでエロい話をしててもセクハラ
・営業担当者のマナーとしてのお酌をさせてもセクハラ
(と騒がれる。実際は最低限のマナーとしてのものならすべき、との結論)

いや、そりゃね?明らかに女性の権利を傷つけるような性的嫌がらせとか
そういうものはすべきではないということくらいは当然アタイもわかりますよ?
上にあげたのもほとんど納得できるものだし。
ただ、男性側としてはそんな意思は(一応自覚してる中では)ないのに
ナレーションで
「彼の中に若い女性と一緒に過ごしたいと言う意思がなかったとは言い切れません」
とかそんな仮定の話で断罪されたらもうどうしようもない。
そこまで何でもかんでもセクハラ!セクハラ!と言われたら
もう女性に近づいただけでセクハラにされかねないわけじゃないですか。

近づかれて生理的に無理だった、とか言われたらそれもセクハラになるの?
男女同権!男女同権!とか言いながら
そういう変な壁とか権利を振りかざすのやめましょうよ、ホントに……
その上で「別に当人が嫌がってなければセクハラにはならない」とかいわれたら
もう男女同権すら※ただしイケメンに限る、になってくるやないの。
とりあえずそのダブルスタンダードだけはやめよう、な?
少しでも女性に嫌がられるタイプの男は
女性には一切近づかないのが最善の自衛、みたいになったら
それはもはや女尊男卑であって男女同権ではないスよ。

もういっそ開き直ってアタイみたいなブサメン限定で
セクハラ研修すればええと思うのん。
イケメン様は何やっても許されるんだからよぉ!
イケメン「ヒャア もうガマンできねぇ 昏睡レイプだ!(サッー!)」

いや違う、イケメンを僻みたかったわけでもなんでもないんですけど、
男はこういうことをするとセクハラなんだからやめろ!だけで終わるのは
片手落ちですよね?ってことを言いたかったのね。
女性のこういう行為もセクハラに当たるから、それもよくないですね、
くらいにはしてくれんと。
女性向けのセクハラ研修でも(あるのかどうかは知らないけど)
そう(男女両方のセクハラ事例)すればいいと思うです。

ていうかそもそも何回セクハラ研修(しかも似たような内容)してんねんな。
でもビデオはちょっと面白かった(小学生並の感想)。

まぁ男性側も全員がそんなセクハラ雄野郎ではないし
女性側もみんながセクハラセクハラ言うわけではなく、
あと関わり方と関係性にもよる、ってのもわかってはいるんだけど。

とりあえずなんですか、つぶやきとか日記で卑猥な単語を羅列するのは
多分(女性、もしくは男性のマイミクさんに対する)セクハラですね、
そこは非常に申し訳なく思います。

以上、器のクッソ小さい男の日記でした。ハハッ!(甲高い声で)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

今日ようやく冬コミ申し込みしてました~。
当落は別にしても、チャレンジって
緊張もするけどやれば新鮮で
心地よいですわ♪

しばらく絵が休業状態だったので
またぼちぼち描いていこーと思います。

ナイスチャレンジ!
抽選であるとはいえ、受かるといいですよねぇ。
しかしもう申し込みってするものなんですね、早い……

お互い頑張って絵を描いていきましょう!
プロフィールですよ

河原砂利助

Author:河原砂利助
性別……雄野郎
年齢……31
太った熟女やロリやケモ絵を描くのが好きなアレです。
ご意見ご感想などありましたらおきがるにどうぞ。

メールアドレス
king_of_sukeroku☆yahoo.co.jp
(☆を@に変換)

最近の記事ですよ
pixivやっています

ひと月ごとに見る
フリーエリア

最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
喪ブロゴです

リンク