ほえづらかいた

どうも先日からいきなりネコが血尿を出し始めたので、
恐る恐る病院に行ってまいりました。
以前にも一度尿管結石をやってるので割と心配でした……

診察開始の時刻に行って、まず最初にやったのがレントゲン。
結果が…………

・肝臓が変な形

・腹水が少したまっているせいか腹の中にスペースができ、
そのせいで腸が体の片側に寄ってしまっている

・仙骨?が背骨の一部と変な形で融合している


と散々な結果でしたが、これらは特に健康に直接影響はないとのこと。
でも腹は単純にデブだからだと思っていたのに水がたまっていた、
というのはちょっとショックでした。

で、その後原因などを調べるためにウイルスチェックと血液検査をやったのですが
数値的に多少の逸脱の見られるところが何項目かあったものの、
ウイルスやエイズ、白血病などの重病への感染もなく
基本的にはそこそこの健康体だということがわかりました。
(おそらく肝臓が炎症を起こしているのだろうとのこと)

大きな病気とかじゃなくて本当によかった………


で、ひとまずの解決策として抗生物質入りの点滴を打ってもらって
診察終了となったのですが、

「レントゲン撮りますね」『オナシャス!』
「血液検査しますね」『オナシャス!』
「ひとまず点滴打っておきますね」『オナシャス!』
「診察代18500円オナシャス!」『えっ、何その金額は……(ドン引き)』

まぁこんだけ色々やってさらに猫は保険にも入っていないので
全額負担となれば割と納得のお値段ではあるのですが、
残ってた生活費をほぼ全額持っていかれ、リアルにほえ面をかきました。

いい金額、してるだろ………? まだまだ診察あるんだぜ、これ………

もちろん自分のお金と猫の命&健康、どっちを取るかといわれれば後者なので
別にいいんですけどね、ええ。
こういうときのための貯金な訳だしよ!

とりあえず猫は治療のかいあってか当日と比べると
いくらか活動的になり、そこらをのそのそ歩き回っております。
昔は知らない人には思い切り牙をむき出して襲い掛かるアホだったのに
病院でも非常におとなしかったのが印象的でした。さすが御年15歳
(今年で16歳)………丸くなったのう。
病院から我が家に帰ってきたときの挙動不審ぶりは見てて面白かったです
(クソガキ並の感想)。



あと絵を上げるありさまだ。

michael.jpg

ミシェル(牧場物語はじまりの大地)。

リクエストを受けたので書いた絵。
レストランでよくショーをやってる彼女ですが、
『エロで』ということ以外指定はなかったので、作中の彼女の
「お客さんに楽しいひと時を云々~」という意味深なセリフから
それっぽいのを描いてみた。
レストランの店主の人に大迷惑だろ…常識的に考えて……

あとつづりに対しては「michael」じゃなくて「michelle」のが
よかったのではないかと思わざるを得ない。


もう一つラフ絵。

ルウさん・ラフ(PSU)。

何故かケバコラ気味にルウさんを描こうと思い立って、
紆余曲折を経て気づいたらこんな絵に。
いつも肉を盛り気味に描いてたので、当社比ですが肉を若干減らして
デブと言うよりはぽっちゃりをイメージして描きました。
でも(完成できるかどうか)これもうわかんねえな……


まぁそんな感じで。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

完成&ラフ乙です!
ひとまず猫ちゃんも無事なようで
良かったです。

確かに診察代はバカになりませんが(汗)

震災から1年迎えましたが、今日も余震でした。
まだまだ復興への道は長く険しいです。

いまのところは無事ですね、猫……
このまま治ってくれればいいのですけど、
診察代のためにもw

保険が効かないせいで非常に高いので、
保険への加入は人間ならなおさら必要だと
痛感した次第です。

昨日は地震が多かったですね……
アレから1年ということもありますし、
防災意識が高まってみんなが備えを
してくれればいいのですが。

猫さんが無事なようで何よりです。
ヤツらって具合が悪くても隠し通そうとするので早めに手を打てて良かったですね。
この記事が書かれてからもう10日近くなりますけどその後はいかがでしょう?

ウチのは怪我で病院に何度かお世話になりましたが
やっぱりお金が結構かかっちゃうんですよね。保険無い分。
だからとて保険が必要な程しょっちゅう病気になってくれても困るし
でもいざって時の為には用意してた方がうーんむむむ、と。悩み所ですね。

河原さんにとっても猫さんにとっても、よりよい未来が待っている事をお祈りしています。

猫が死ぬ直前に姿を消す、というのは
具合が悪いことを隠してそれを治そうとするためだ、
といいますもんね………
今回は尿という目に見える形で出てくれたので
助かった、というのもあるかと思います。

ご心配ありがとうございます、
今は肝臓の炎症も治まったのか血尿が出ることもなく、
健康体として元気に過ごしててくれてますw
(といってももう今年16歳なので大人しいものですけど)

本当に猫の治療費は人間の比じゃないですね!
だからホントにいつ病気になってもいいように、
貯蓄は必要だということを痛感しましたw
お金がないせいで何もできずに
死なせてしまう、と言うことだけは絶対に嫌なので…

ありがとうございます、猫にできるだけ
よくしてあげられるように頑張ろうと思います!
プロフィールですよ

河原砂利助

Author:河原砂利助
性別……雄野郎
年齢……31
太った熟女やロリやケモ絵を描くのが好きなアレです。
ご意見ご感想などありましたらおきがるにどうぞ。

メールアドレス
king_of_sukeroku☆yahoo.co.jp
(☆を@に変換)

最近の記事ですよ
pixivやっています

ひと月ごとに見る
フリーエリア

最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
喪ブロゴです

リンク