きんしん!

とキャッチーな4文字ひらがなタイトルで目を引いてみたところで、
近親相姦もののお話。(俺の)クズが!!

いや、私もそこまで近親相姦ラブ!という人ではないので
そこまでたくさん見てきたわけではないんですけど、
それでも見てきた限りで言いますとだいたいが
家族であるのをいいことに家庭内だとかご近所だとかで
いつでもムラッときたらやっちゃいます的なのが多かったんですよね。

でも、それでいいのか?と………

いやまぁ性のはけ口として見てるだとか、エロ漫画的にはそれでいいと思うんです、
それはそれでエロいからね。
でもあくまでお互い好き同士で近親相姦にまでいっちゃった場合、
それでいいのか?と。確かにお互いそばにいるだけで幸せとか
そういう意見は色々あるかもだけれど、
それでええんか?それがええのんか?ん?ええか?ええのんか?

いやまあ近親相姦ということでそれが見られるのはたいていエロ同人やら
1話限りのエロ漫画だから描写のしようもないんでしょうけど
(たまにがっつり描いた単行本とかもあるっぽいけどそれは未見)、
よくある後日談にしたってデートしたり
ラブホテルのひとつも行ってる描写が(私の見る限りひとつも)ない。

何がいいたいかというと、近親シチュは確かに日常の延長線にあるものだけれど
だからといって恋人という側面を忘れてはいかんと思うわけです。
別に毎回毎回それをやれとは言わないまでも、一般の恋人よろしく
デートに行ったり(これはたまにあったけど)、
わざわざラブホテルとかのそれっぽい場所に行って
いたしてみてもいいんじゃないかと思うのです。
そのほうが恋人感が強くなってむしろ逆にエロいんじゃね?と思ったのですよ。


そう思って描いてみた、エロくはないけど若干いかがわしい絵。


youjo10.jpg


「あ、もしもしママ?今日マコちゃんちにお泊まりしてくるね。
明日お兄ちゃんに迎えに来てもらって一緒に帰るから、うん……うん」
みたいな電話を母親にする妹。
でも実際はお兄ちゃんに手を引かれてホテルに、みたいな……
でも実際ラブホに幼女を連れて入る時点で無理があるような気もしますね。

背景は「studio-74」さまの素材をお借りしました。

なんとなくラブ成分が強く出てればいいなあなどと思うのですが、
実際どうなんでしょうね。
まぁそんな感じで!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

それだけ砂利さんも近親に対するこだわりがあるということですなw
この絵も実に素晴らしい仕上がりです!
日曜は大阪ではこみっくトレジャー、東京ではコミティアが同時開催で秋のイベント開幕って感じでした。
僕は来週の9日に恒例の西瓜娘へ参加予定です。
秋の西瓜娘は毎年11月開催なのが今年は2ヶ月早かったりw
知人のサークルさんも夏コミのすぐ後だからホント短いよと仰ってました。
でも、こみトレ・ティアに参加されたサークルさんはもっと短いですよねw
(夏コミに未参加だったサークルさんは別だけど)
西瓜も徐々に参加サークル数が減少傾向にあり、規模縮小も囁かれてるのでどう盛り返すかは運営にかかってますね…

こだわりといえばこだわり、
疑問と言えば疑問………
ラブラブエロが好きなので、近親物のこれって
どうなんだろう?と思った次第ですw

今年は早いって言うのはどうしたことなんでしょうね?
また来年からは戻るのか、今年以降ずっとそうなのか……
ともあれ運営さんには頑張って欲しいところですね。
プロフィールですよ

河原砂利助

Author:河原砂利助
性別……雄野郎
年齢……31
太った熟女やロリやケモ絵を描くのが好きなアレです。
ご意見ご感想などありましたらおきがるにどうぞ。

メールアドレス
king_of_sukeroku☆yahoo.co.jp
(☆を@に変換)

最近の記事ですよ
pixivやっています

ひと月ごとに見る
フリーエリア

最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
喪ブロゴです

リンク