絵描きについてふと

前回の日記で20日もあけやがって!と書いたのに今度はそれ以上空ける屑。

俺だ!!

河原ですお久しぶりです。
違うねん、サボってたわけでなくてガチでクソ忙しいねん……
12月と言えば郵便局は繁忙期も繁忙期、お歳暮の飛び交う時期ですが今年は
それ+クソ政治家どものせいによる選挙というものがありましてね……
それに伴う郵便量増加のせいでどこもかしこもさらにクソ忙しいというアレ。
ホントもうこんな時期に選挙しやがる政治家ども全員死ねマジで。かたっぱしから死ね。
年賀がまともに届かなかった場合郵便局員ではなく政府とクソ政治家どもに文句を言ってください。
こっちも忙しすぎて全く年賀の準備ができないという被害をこうむっています。

まぁそれは良いです。

私も絵描きの端くれなので絵を描いている友達が
周りに比較的多いのですが(友達自体が多いとは言ってない)、
見てるとね、結構病んでる人が多い。
ガチ病みなのか実際そこまででもないのかはわかりませんが、
絵を描くということに対して病んでしまっているという人が多い。
その理由についてちょっと考えてみました。
画壇の絵描きの人たちというよりは主にアマチュアについての考えです。
画壇のことはいっさいわからないしね……

ここからは長文になるので分けておきます。
長文の苦手な方はスルー推奨です。


・何もかもが不明瞭
実際絵のうまさって何?という所まで掘り下げさせられるくらい、
まず絵描きとしての力量の基準からして不明瞭なのですよね、実際。
かの手塚治虫氏は「フリーハンドで真円が描けなくなった時が漫画家を引退する時」
的な言葉を残したそうで、もうその言葉からして絵描きとしての力量がうかがえるわけですが
ちょっと話が脱線しそうなので元に戻します。

何故不明瞭なのか。

というとあまりに判断基準が多すぎるんですよね……
例えばボクシングであればとにかく優勢に試合を運び、
相手を殴り倒せばそれが強さ、実力の証明になるわけです。
スキージャンプであればとにかく遠く飛べばいい。

しかし絵描きの場合、写実的に描ければそれがいいか、というとそうであり、そうでもない。
もちろん写実的に描ける人の技量自体はすごいもので、
ある程度以上の実力であることは保証済みなのですが、それだけではない。
デフォルメの技術や抽象画の技術なんてのもあり、技術だけでなくセンスとかでも評価される。
でもその技術、とりわけセンスの評価基準なんかは個人の私見によるものがほぼすべてであり、
言い換えれば明確な基準がないんですよね……
写実的な分野だけで競うのであればより実物に近いものを描く人が一番、となるのでしょうが
抽象画で何が一番かとか誰が決めるのか。
というか抽象的なものに対してはっきりと何かを決めること自体がナンセンスの塊ではないのか。
ことほどさようにすべてが不明瞭。

あとだいたいのスポーツって順位ができますよね?
絵描きに関してはそれもない。なぜかというとポイントもなければ明確な評価基準もないから。
画壇のコンクール等であれば金賞やらなんやらあるんでしょうけど、
それだって正直なところ明確であるとは言いがたいものです。

というように、絵描きって寄って立つ瀬のないものなのです。
で、実際そんなところにずっといると病みます。
明確でない基準でずっと他者から評価され続ければ、そりゃあ……

そして最近と言ってももう6~7年前になりますが、皆様もご存じであろうpixivができまして、
そこに参加するアマチュアも否応なしに評価の波にさらされることになりました。
画壇みたいにプロが評価するのならあきらめがつく部分もありますが、
アマチュアが気軽に見て気軽に評価する場所。よりいろんな部分で歪みが出てきます。

まず評価点という、不明瞭なくせに妙に明確に見える基準ができてしまったこと。
当然ながらというかなんというか、一般の普通の人が評価する基準って絵の技術もありますが、
個人の好みによるところもかなり大きいんですよね。
そして二次創作に対しては感覚的な好みと同じくらい、描いてるジャンルやキャラクターというのが
評価にとって大きなウェイトを占めてきます。
そしてそれは絵描きとしてのその人の実力とは関係のないところにあるものです。
関係はないのですが、それ込みで評価点というものでひとくくりに評価されると、
さもそれが実力に関係のあるもののように見えてしまう。
そしてその点数が低いとやっぱり自分は……みたいにどうしてもなっちゃうんですよね。
そして高くても人によっては自分には分不相応だと感じてしまうこともある。
あとどうしても人と比較して、いろんな感情が湧いてしまう。

一応言っておくと別にpixiv批判をしたいのではないです。
ただもう多くの絵描きが登録している場所である以上、
そして私の知ってる病んでる人の多くがそこに登録している人である以上、
絵描きを取り巻く環境とか病みの要因としては
語らざるを得なくなっている場所であることは確かだと思います。


・他者の視線
自分の絵なんだから人なんか気にしなくていい、というのも、
人に見せるんだから人の目は気にすべき、というのもどちらも正しい意見だと思います。

しかし自身のスタンスがどうあれ、他者の視線や言動は時として絵描きの精神を攻撃します。
というのはすでに絵描きの絵というのはアマチュアのそれであっても不特定多数の人によって
時には好意的に、時には露悪的に評価されるものになってしまっているからです。
気軽に挙げているものであってもSNSにあげているのであれば
俺は人の評価なんかいらねえ!黙ってろ!とはいかなくなります。
個人サイトでやってろやハゲ、という話にされてしまうから。
もちろん実際に個人サイトでしかやってないとか非公開で絵を描いてるだけ、
という方にはこの話は無縁になります。

また絵に対する評価とは別に、自身の使用する他のSNSでも時によって
人は他者から見られ、ことによっては監視のようなことをされることになり、
あるいは相互監視のような状態に陥ったりします。
そして時としてこれによって絵の実力や内容とは一切関係のない評価を
良かれ悪しかれされることにもなります。
人柄や発言、行為の気に食わない人であれば評価を不当に低いものにされたり、
逆にSNSでの人とのつながりが多ければ絵の内容に関わらず
高い評価をつけてもらえたりということもあります。

先述のpixivの話に戻すと、それらも評価点という基準に現れてしまうので、
それも絵の価値をわからなくしてしまうことになります。
スポーツで選手が審判と友達だからと判定を甘くしたり、逆に審判がこいつ嫌いだからと
判定を辛くしたりすると実際総叩きにあいますが、
絵の評価だとそれが普通にまかり通っているのが現状です。
そしてその「どんな理由で評価されているのかがわからない」ことが
精神を脅かす一端であるともいえます。
極端にいうと人の高評価をつながりやジャンルによる不当なものと考えたり、
自身の低評価を人のつながりのなさやジャンルやキャラの不人気であるものと考えたり、
ということも起こり得ますし、実際そういう場面もたくさん見てきました。
で、実際それを口に出すと「嫉妬」とかそういう便利な単語で片づけられてしまうんですよね……

別に他者の評価を不当だと主張する必要はないわけですが、
評価点による評価システム自体に感覚による不明瞭な部分、
人とのつながり方による贔屓目、そういうものが入ってくるのは仕方ないことであり、
またそうなっているのが明確な事実ではあるわけです。
ただそれを口に出すと叩かれる。もしくは良くは思われない。吐き出し口がなければ病むというのは
一般の世間でもよくあることです。
まして他者と関わらず一人でやる作業を続ける絵描き。そりゃ病むわ、と。

求められる絵描き像って他者の評価を気にせず愚痴を吐かずいい絵を描き続ける人、
みたいな感じなんじゃないかって気がしますが正直なところ誰がそんなストイックになれるか、
というか星の数ほどいる絵描き人口のうちいったい何割がそうなれるのか、と思います。


・どうすればいいのか
私が聞きたいような気もしますが、個人的には点数よりもコメントを重要視する、
2ch絵スレとかで生の反応をもらう、嬉しい言葉をもらえたら心に刻みつける、とか
そういうことが有効であるように思えます。
システム上の表示でなくあくまで人の反応、声を大事にする、というか。
マイナスの反応でもいいと思います。システム上の表示に過ぎないものを気にするより
よほど有意義です。ただしそれを真に受けすぎるのはNGで。
コメントなんか評価点をクリックで入れるよりよほど手間のかかるもんですし、
そこまでしてくれる人というのは本当にありがたいものです。
pixivの例で言うなら点数よりもブックマーク数、およびそれをブックマークしてくれた人たちを
大事にしていくのがいいんじゃないかなーと個人的には思います。

pixivでいうなら評価の多寡を他者と比べないことでしょうか。
過去絵と比べて評価が上がったことを喜ぶのは上達の足掛かりとしていいことですが、
人と比べるとストレスや自己不信が強まるだけなので、あんまりよくないです。

2chの絵スレでもそうですしpixivの点数システムもそうですが、
匿名の評価なんていい加減なものです。
だから自分もいい加減な取捨選択をしたらいいと思います。
褒めてくれる意見だけ取ってもいいんです。
マイナスの意見も生かしたければ生かせばいいし、捨てたければ捨てたらいいです。

病まないための個人的な意見のまとめとしては、
人の好意的な意見、そしてそれをくれた人こそより大事にすべきだと思います。
たとえ匿名であってもそうでなくても。
そして反応をもらった上でどうするかっていうのは自分の自由なので、
そこは一番上に置いておくと非常に楽になれるかと思われます。
大事なのは人と比べないことと、評価なんていうあいまいなものを絶対視しないこと。
たぶん。



昔から長文書くとまとまりがなくなる性分ですが、ここまで読んでくれた方がもしいればお疲れ様でした。
あとありがとうございます。
では、また。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとう

何か救われたました。

実は僕も先週、イラストの方に厳しいご指摘をもらって少し病んでました。

もちろんアップする以上は賛否あるのは当然!

でも興味を持ってコメントしてくれた方もいる中で際立った指摘をされるとショックを受けますよね。

ブックマークは多くの方が見てくださってる証拠ですが、千・万人単位の絵をみるとやはり比較しちゃいますね。

自分は自分なのだから相手がどうあれ投稿し続ける。そういう前向きな姿勢も大事だよなって!

pixivももう少しユーザーの事を考えた表示やシステムを導入してほしいかなって思います。

No title

描き続けていく以上、どうしてもどこかでつまづいたり
そこから病んじゃったりすることってありますよね……
指摘にしても、受け入れて成長の糧にできる指摘もあれば
ただの暴言だったりするものもあって色々ですけど、
ただの暴言をいちいち真に受けてたら病むよね、ということは
声を大にして言いたいところですw

比較しないというのもなかなか難しいことですけど、
気にしすぎない程度にするのが大切かな、と。
むしろそこまで(千人・万人)になっちゃうと比較する気にすらならないので、
それはそれですげえなこの人は……!と思っちゃったりもしますがw

本当にその前向きな姿勢が大事だと思います。
見えるところにある以上気にはなりますけど、
人との比較より過去の自分との比較で見るようにすれば
上達や見てくれる人の増加とかのあしあと的な感じには
使えるんじゃないでしょうかw

色々ありますけど、前向きがホントに一番です。
プロフィールですよ

河原砂利助

Author:河原砂利助
性別……雄野郎
年齢……31
太った熟女やロリやケモ絵を描くのが好きなアレです。
ご意見ご感想などありましたらおきがるにどうぞ。

メールアドレス
king_of_sukeroku☆yahoo.co.jp
(☆を@に変換)

最近の記事ですよ
pixivやっています

ひと月ごとに見る
フリーエリア

最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
喪ブロゴです

リンク