色なし金なし

情けは………どうだろう。
男塾の塾生にはなれそうにはないですけれど。

なんていうかね、夏休みって、学校行かないでいいのは楽でいいんですが、
その分ね、ネタがないって言うか………
さすがに日常生活にはそうそうネタはないのですよね。
もっとセンスオブワンダーを持たねばダメかしら。
サークル活動があれば楽しい日記も書けようものですが、
基本的に書くことがなければ鬱な日記になったりもします。申し訳ないです。

で、今日はちょいとツタヤに行ってきたんですが、
やっぱしいいなあParis match。新しいアルバムを借りたのですが、
なんだろう、一曲にはまってそれをがっつり聞くよりか
全曲を環境音楽よろしくずうっと流すことのほうに趣があるような、
そういうイメージがあります。
これは新しいアルバムに限ったことではないですけれども。
あとCoccoの「ラプンツェル」というアルバムを借りてみました。
うつ病(というか境界例というか)の方の日記で、
「歌詞が来るものがある」と紹介されていたので借りてみたのですが、
うん、ホントやばい。心に来る。感動とか涙とかじゃなくて、
とにかくなんか迫るものがあります。すごいや。
ちなみに「ラプンツェル」を選んだのは紹介されてたからじゃなくて、
タイトルが知ってる童話と同じだったからです。そっから来てるんだろうけど。

ていうか夜の9時ごろになってセーラー服姿の娘さんが徘徊しているのを
嘆かわしい気持ちでみるのは、もうオッサンだということなのでしょうか。
「ペッシペッシペッシペッシよぉ~」とペッシに言うプロシュート兄貴の如く、
「学生さん学生さん学(ry」と言う気分に………

あと、漫画の設定を考えててふと思ったのですが、
なんていうか、年を重ねるごとに、人物の時代設定って言うのが
難しくなる、というか、現代もの限定なんですが、
たとえば2006年現在の設定で、自分は明治時代が好きだから、と思って
「明治時代生まれのおじいちゃん」
というものを設定しようと思うと、かなり難しいわけです。
だって、明治時代ッたら1868(7か?)年から1900年(1910まで行かない)代まででしょ。
ということは、一番明治の最後らへんと言う設定でも
100歳ちょっとということになるわけです。
しかもそんな時代の末期に生まれたという設定にして、
その時代の色がきっちり出せるかというと、正直難しい気もしますし。
まあ、舞台背景の時代設定を昭和末期だとか、
平成初期だとかにすればいいんじゃん?と言うのがありますけれどもね。
でもそうすれば自然な年齢で出せますけれども、
正確には現代モノじゃなくなるんですよね。

どうしたものかしら………。

ここからは楽しくない日記(ここまでか楽しいかというと疑問ですが)です。
それでもいいって方は続きをお読みください。



とりあえずカップルがいちゃいちゃしてたら
「熱いねー」とか「ごちそうさま」とかいう小粋な文句よりも
「こいつはくせえー!!ゲロ以下のにおいがプンプンするぜーッ!!」
と叫びたい、そんなクソッたれ人間ですこんばんわ。


なんていうか

別に差別的や侮蔑的な意味はないんですが、過度のナルシシズムって
じっさい病気だと思います。
別に自分のことが好きだというのはいいと思うんです、
適度な自己愛は生きていくために必要なものですし。
ただ、それが過ぎると自分のことを過度に美化しだす。
主観的にしかものが見えなくて、しかもそれが歪んでいるというのなら
それはやっぱり病気だと思います。

それは前フリでここからが本題なんですが、カップルの世界というのも
ある種ナルシシズムに近いものがあると思います。
少し前、A君とメールをしていたのですが、
そこで彼の彼女さんのことについて少し言及したところ、
なんか彼の勘に触ったらしく、
「彼女のことを悪く言ったらたとえ河原でも許さないと思う」といわれました。
あら、かっこいいナイト気取り。しびれるぅー。

正直、これは返答に困りました。
やっぱりカップルの間というのは特別ななにかがあるのだと思いますし、
自己愛ではないけどお互いの間だけでの愛があるのだと思います。
ここがナルシシズムに近いと思うゆえんです。
その愛は強い、でも同時に閉鎖的である、と言う点で。

彼女さんについてどうこう言われるのが嫌なら、
ずっと二人だけでどっかのラブホテルの一室ででも愛を語ってろよ、
そしたら誰も悪いこと、耳に痛いこという人いねえよ、と思いました。
しかしこんなこと言えないし、ねえ。
それよりもなによりも、俺はどちらかというとお前より彼女が大事だよ、という
れっきとした宣言ですよね、これは。

別にそう思っててもかまわないし、
そうであろうのは言われるまでもなくわかってたけど、
実際に言われるとどうしていいかわからなくなりますね。
実際そのメールにろくな返事が出来ませんでした。

うん、もうカップルを見るだけなら別にいいや、グダグダ言わない。
でもやっぱりその二人の間の世界をこっちに持ち込まれると……
周りがカップルに合わせて当然………みたいな態度を見ると……
なんていうか………端的にいうとムカつくわけで。

素直に広い心を持てばムカつかなくなるのかしら。

むずかしいねえ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィールですよ

河原砂利助

Author:河原砂利助
性別……雄野郎
年齢……31
太った熟女やロリやケモ絵を描くのが好きなアレです。
ご意見ご感想などありましたらおきがるにどうぞ。

メールアドレス
king_of_sukeroku☆yahoo.co.jp
(☆を@に変換)

最近の記事ですよ
pixivやっています

ひと月ごとに見る
フリーエリア

最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
喪ブロゴです

リンク