はじめてのにっきこうしん

と言いましても、こんだけ日記書いてきといて
いまさら「はじめての」とはなんじゃい、頭に虫でもわいとんのかと
お思いになられるかもしれません。

いえね、実はこれ、この日記、家から書いてへんのですよ。
正確に言うとアタイのパソコンから書いてないのですよ。
どこから書いてるのか?学校です。
友人A君という名のたちの悪い男に来たくもないパソコン室に拉致されて
なかば缶詰め状態にされているので、
せっかくだから、記念だし、と言うことで
こうして日記を書いているのでございます。なにやってんだ俺。


最近親戚が家を建て直すと言うことで、家が破壊されて再建築されるまでの間
人一人分くらいの小さな家(と言うかコンテナ)を借りて
住んでいらっしゃるんですけど、
いかんせんそこに住んでるのが人間二人+犬二匹。
なんかね、明らかに許容量オーバーなんですよ。

まあ昼は仕事でいないのでしょうし
夜はご飯食べて寝るだけとでしょうので
そこまでスペースは要らないのでしょうけれども、
でもなぁ……。

フリーターのカップルを来る日も来る日も一日中そのコンテナに放り込んで
(仕事持ちだと昼はいなくて実験効果が薄そうなので)
一週間のうちに何回アレをするか実験する、とかそういう
モルモット的な実験とかやってみたら面白いのではないでしょうか、
いやまあ話がずれそうなのでやめておきます。

とにかく、これは不自由なんでない?と言うくらいの狭さ。
家ができるのがいつになるかわかりませんけど、
大体二ヶ月くらいでしょうか?
そこら辺まで狭い空間でい続けると言うのは
けっこう大変そうだなあと思いました。
あとなんか前まで家のあった場所がすっかり更地になっており、
建設業者の人のすごさを思い知りました。


あと、授業を受けててふと思ったんですけどね、
「もえたん」てあるじゃないですか、
「萌えて覚える英単語」ってやつ。
アレはもっと広い方面に手を伸ばしたりしないのでしょうかね?
「萌えて覚える美術作品」とかそんなんで。
大まかな構図や格好は一緒だけどそこかしこに萌えの要素が含まれてる、的な。
もえたんは買ってませんし実際アレに出てる用例って
あからさまに実用性が低いものなので実際どうなんだと思うのですけど、
美術作品の場合は用例も何もないので(覚えるだけなので)
いいのではないかなあ、と美術史の時間に思いました。
っていうか萌えでなくともなんか面白く覚えられるものなら
何でもいいです。誰か助けてくれー。

づはみなさま、また。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィールですよ

河原砂利助

Author:河原砂利助
性別……雄野郎
年齢……31
太った熟女やロリやケモ絵を描くのが好きなアレです。
ご意見ご感想などありましたらおきがるにどうぞ。

メールアドレス
king_of_sukeroku☆yahoo.co.jp
(☆を@に変換)

最近の記事ですよ
pixivやっています

ひと月ごとに見る
フリーエリア

最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
喪ブロゴです

リンク