ようこそ……『男の料理』へ……

と言ってもカレーを作っただけなんですけれども。
とりあえず妹ことゴブ子がじゃがいもとかを占領してしまったので
自分で買って帰ることに。
駅前のスーパーに行ってみました、が………
よく考えたら学校の近くの業務用スーパーに行ったほうがよかったんでね?
そっちのが安かったんでね?と思い、ちょっと後悔。

とりあえず気を取り直し、じゃがいも3袋とにんじんを1袋購入。
明らかに好みの偏った量の差に自分でも少し愕然。
カレー粉は学校に行く前に買っておいたのでそれを使います。

で、家に着き、早速取り掛かることに。もはやカレー作りが趣味の領域。
さすがにじゃがいも3袋は多すぎると判断したので、
適当に2袋使用。にんじん一袋分と一緒に切って鍋に入れます。
そこで軽く炒めようとしたのですけど…………
油がないんですよ、肝心の。肉入れてないから脂一切でないし。
ファァァアアアーッキン!!
と叫ぶのはまだ早い。油の代わりになりそうなものを探していましたら、
なんと戸棚にごま油が。

えっ?カレーにごま油とか聞いたことない?アホかって?
何でも使えそうなもの(「使えるもの」でないのがポイント)は
使うのが男の料理よ…………!!
とにかくごま油をブッ込んで野菜を炒めて適当に水を加えます。

煮込むこと数分。浮いてきたアクがなんか非常に黄色いです。
恐らくごま油由来のものでしょう。普通に取り除きます。
これでごま油の成分が完全に抜けたかというと、どうなんでしょう。

そして沸騰したのでカレー粉をくわえます。
とりあえず2箱(甘口と中辛)を買ったのであるだけ入れます。
冷蔵庫の中に残っていたのも発見したのであるだけ入れます。
煮込むこと数十分。

濃い!!

かなりどろっとしてんですよ、しょっぱなから。
うちのスタンダードですと作ったばかりのときはさらさらしてて、
だいたい1日寝かせたくらいから(固まるので)
どろっとしたような感じになるというもんなんですけど、
そのスタンダードをブッちぎりで超越なさいましたよこれ。
しかしまあ、薄い分には困りますけど濃い分には水入れれば良いだけ。
適当な分量の水をブッ込みます。
全てが適当さの上に成り立ったもの、それが男の料理です。

で、完成。普通に食べられる味ではありました。
味のほとんどはカレー粉によるものですしね。
ちなみにごま油の味は一切しませんでした。

問題は量。多分一週間分近い量がある…………!!
何で毎度毎度、前歴があるのに作りすぎるのかといわれると、
多分アタイがアホであることと趣味性の二つがあると思います。
たくさん作ると楽しい気分になるのです。何故か。


でまあ食事も終わりまして、食後に薬を飲むわけです。
で最近飲んでる薬についてネットで調べるのが新たな日課なのですけど、
ドグマチールについて書いてることでやたら多いのが、
乳が出た(男女問わず)ってこと。
まあ出るったって触ってもないのにとめどなく出るって事は
そうそうないようで(そういう方もいるようですが)、
だいたいが思い切り絞ってみたら出た、みたいな報告例なんですね。

ためしに、やってみた。

…………なんか出た。

と言っても乳って言ってイメージするような白いアレではなくて、
色のまったくないよくわからん汁がほんの1滴にも満たないような量
じわっと出てきただけって言うか。
しかしまあ透明であることと力を加えて押し出されてきたものってことで、
汗とかその辺である可能性も否定できないわけで。
しかしなんだ、びっくりだわ…………。

嫌な話でごめんなさいね。
しかし、どうせ飲むのなら楽しんでみようかなと思うのです。
精神系の薬なんて普通に生きててそう飲む機会のあるもんでもないし。
なかなか面白いのかも、と思うことにします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィールですよ

河原砂利助

Author:河原砂利助
性別……雄野郎
年齢……31
太った熟女やロリやケモ絵を描くのが好きなアレです。
ご意見ご感想などありましたらおきがるにどうぞ。

メールアドレス
king_of_sukeroku☆yahoo.co.jp
(☆を@に変換)

最近の記事ですよ
pixivやっています

ひと月ごとに見る
フリーエリア

最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
喪ブロゴです

リンク