デリカテッセン(肉屋)

ふと思ったのですけども、
西洋剣って多種多様な種類がありますよね。
大別してもレイピア、大剣、サーベル、短剣など、
その中から大剣一つとってもフランベルジュ、トゥハンデッドソード、
クレイモアとか、RPGなどでおなじみの色々な剣が出てきます。

で、それを念頭に置いた上で一つ。
日本って、刀の種類少なくないです?
いえ、それだからと言って西洋のほうが良いとか
そういう優劣をつけようってのではないですけど、
有名どころで村正とか正宗とか井上真改とか、
刀匠の銘は数あれども、形としましては大差がありません。
もしかしたら一文字流斬岩剣みたいな刀もあるにはあったかもしれませんが、
歴史には登場してません(たぶん)。
だいたい刀を大別すると「太刀、短刀」くらいにしか
分けられないのではないかしら。
この辺素人知識なので異論があったらどんどん突っ込んで下さい。

しかし、この差異は一体どこからくるのか。
「赤ちゃんはどこからくるの?」と聞かれたときの答え方くらいには
難しい質問かもしれません。
でも多分、西洋と東洋の鎧の違いにあるんじゃないかと思われるのです。
西洋鎧はやっぱり甲冑、位の低い人はもうちょっと粗末な装備だったでしょうが
それでも剣を作るときの思想として対甲冑用、というのはあったと思うのです。
甲冑の隙間から刺すために作られたのがレイピアですし(たしか)、
対甲冑用に作っているからこそ大剣の仕様用途は
斬ることではなく叩き潰すことを推奨して作ってあるわけですし(たぶん)。

っていうか日本の鎧ってそもそも何でできてたの?みたいな。
材質がなんであるにしろ、強度は相当に弱かったはずです。
ちょっと落ち武者を想像してみてください。
肩当てや鎧に矢が刺さっている姿というのが想像できるのではないでしょうか。
そう、あの鎧、矢が刺さるんです(イメージの産物なのかもしれませんけど)。
矢が刺さることができるほど薄いってことはですよ、
多分刀でも容易に貫けると思うのですよ。切れるかどうかはともかく。
わざわざ叩き潰すように作る必要も、隙間を縫うように刺す必要も
ないと思うのですよ。だから刀って言うのはあんなん
(刀身は細すぎず、切れ味はすごい)なのでしょうか。
トリビアではマシンガンの弾斬ったとか言う話ですし。
逆にこう、西洋剣みたく用途ごとに細分化させる必要がなかった、
ということなんでしょうかね。

あとなんていうか、刀の銘、東洋では前述したように
刀匠ごとのさまざまな銘がありますが、西洋ではあんまり聞かれません。
種類こそ数あれど、だれそれ作のフランベルジュとかそういうのは
あんまり聞かれないのです。
かたや形はそうも変わらず、ただ刀匠ごとに違いがある。
かたや形は多彩であるけれど、刀匠はあまり重視されない。
この違いは一体どこからくるのか。
魂というか、刀匠の念と言いますか、そういうものが
本気で信じられていた日本だからこそのものなんでしょうか。
付喪神信仰的な感じの。

日本人は昔はモノをとても大事にしたそうですが、
その日本人の使う武器のほうが使い捨ての傾向が強い
(1本ではそんなに多数の人を斬れないため)というのは
ちょっと面白い話だと思いました。

さて、何が言いたかったかというと、
また書いてる途中で見失ってしまいました。
とりあえず朝、犬の散歩に出てる間の時間は妄想の宝庫だと思いました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィールですよ

河原砂利助

Author:河原砂利助
性別……雄野郎
年齢……31
太った熟女やロリやケモ絵を描くのが好きなアレです。
ご意見ご感想などありましたらおきがるにどうぞ。

メールアドレス
king_of_sukeroku☆yahoo.co.jp
(☆を@に変換)

最近の記事ですよ
pixivやっています

ひと月ごとに見る
フリーエリア

最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
喪ブロゴです

リンク