ああん

休日に何もしてないと書くことも何もないという悲惨な状況に。

昨日ね、「ワンワンセレブー それゆけ徹之進」ってアニメを
初めて見たわけなんですよ。
しかしまあ、話がだいぶ佳境に入ってきてるようで
敵の要所に3人(匹?)で乗り込んで攻撃する、という話でした。
でまあなんかビクトリアとか言う犬がいましてカワイイなあ、萌えとか
思っていましたところ、その犬に「帰ってきたらデートしてくれ」
とか言って攻撃隊に参加した犬がいました。
デートのお誘いをうけたビクトリア、
もともとなんか恋愛的にトラウマがあったらしいのですが、
その犬のお誘いでそのトラウマがちょっと溶けかけそうになります。
で、まあ結局のところ敵要所の撃破には成功したものの、
攻撃隊で生き残ったのは主人公一人、
あとは死んでしまうというなんか動物ものにあるまじき、
どっちかと言うと軍隊ものの映画とかでやったほうが
しっくり来るんじゃね?

「ショーン!!お前、あんな大軍を一人で相手にするってのか!?
無茶だ、死んじまう!!」

「へっ、オレは死なねえよ。故郷に帰って
あいつにプロポーズするって大きな目標があるんでな……
それまでは地獄からだって帰ってくるぜ………」
(手榴弾のピンを抜き、マシンガンを乱射しながら敵の軍めがけて走っていく)

「ショーン!!やめろ!!帰って来い!!………ショーーーーーーーン!!」

みたいなのになったらすごく良いんじゃない?みたいな熱い展開に。
で、お誘いの主の死に涙を流して泣き崩れるビクトリア(犬)。
っていうか「帰ってきたら~」って台詞が既に死亡フラグですね、
冷静になって考えたら。

しかしまあ、動物ものでこのような展開を誰が想像しましょうか。
普通は主人公である犬と飼い主一家のほのぼのものかって思うやん?
度肝を抜かれまくりました。良い意味で。
見る限り主人公の好きだった子も既に死んでたっぽいし。
動物ものであるけどやたらとなんだろう、生死に関してかなりシビア。
ホントになんか戦争ものの人間の兵士を
そのまま犬に置き換えたような展開のお話でございました。
すごいぜ。主人公の微妙な九州弁がちょっと鼻に付くことをのぞけばもっと……

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィールですよ

河原砂利助

Author:河原砂利助
性別……雄野郎
年齢……31
太った熟女やロリやケモ絵を描くのが好きなアレです。
ご意見ご感想などありましたらおきがるにどうぞ。

メールアドレス
king_of_sukeroku☆yahoo.co.jp
(☆を@に変換)

最近の記事ですよ
pixivやっています

ひと月ごとに見る
フリーエリア

最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
喪ブロゴです

リンク