スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実際どうなのかはわからないですけど

サザエさんを見てました。
と言っても春休み中なんで「ああ、明日からまた一週間が始まる……」
というサザエさんシンドロームに陥ったりはしないですけど。
というか正確には今日からが一週間なんですよね。

まあそれはいいとして。

皆さんご周知のことだと思われますけれども、
サザエさんって30分番組ですよね。
で、3本立てなので大体1本8~9分近く?あるわけです。
(CMや主題歌の時間をどけて)
でまあそれだけ言うと何の変哲もない3本立てのアニメなんですけれども、
サザエさんの原作が4コマ漫画であることを考えると、
ちょっと変わってくると思うんです。

同じ4コマ漫画である「PEANUTS」(厳密には違いますが)では、
1日には4コマなんですけれども
数日間にわたって一つのスト-リーを続けていることがありまして、
そういう形式なら10分間続くだけの内容があっても
まったく不思議はないんですけども、
仮に一般的な4コマ漫画のように4コマで一つの話が完結するような
形式だったのだとしたら、
これで約10分間持つように話を膨らませてる人って
実はかなりすごいんじゃないかなあと思うのです。
行間を読んで読んで、足りないところは想像して補わないと
こういうのってなかなかできないと思うのです。

でも、4コマ完結式であることを前提に話を進めていますけど、
これで数日かけて一つのストーリー、という
ピーナッツ形式であった場合この話はなんら意味のないものだと
言うことになります。けっこう多いですね、この日記ではこういうこと。

で、昨日のロボット関連の話の続きみたいなモンなんですけども、
「落ちろ!!」ってな台詞があります。
まあ「撃墜してやる!!」とか「撃墜されろ!!」みたいな意味なんですけど、
この台詞、いわゆる主人公が大きくて強くて硬くてかっこいいロボットに乗って
(別にリアル系がかっこよくないと言う意味ではなく、枕詞みたいなもん)
地球を脅かすような悪の組織と戦う、みたいな、
いわゆるスーパーロボット系のお話だとあんまり出てこなくて、
どちらかというと主人公機が他の人々の機体とそんなに変わらないような
(軍隊の機体であるとか同型機がいくつも存在するとか、
機体が「この世に一つの」でない?)
リアルロボット系というヤツによく使われてる気がするんです。

スーパー系とリアル系の定義がよくわからないので
わかりにくい説明になってしまって申し訳ないですが、
何故このような違いがあるのか。
じゃあスーパー系でよく出てくる台詞というのはなんなのかと申しますと、
「喰らえ!!」とか「死ねぃ!!」とかそんな感じな気がいたします。
昔のロボットアニメが基準なので最近のは変わってるかもですけど。

この違いはなんなのか。
まず「落ちろ!!」と言いながら攻撃するってことは、
「命中(というか直撃?)=撃墜」という図式が少なからず
なりたっているものと推測されます。
さすがに「落ちろ!!」とか言いながら
豆鉄砲で飛行機に撃ちかかるアホはいないでしょうから。
その点スーパーロボット系は、子供たちのヒーローですから
(リアル系よりかは話の構図がわかりやすいこともあって)、
ちょっとやそっと攻撃を喰らったくらいではビクともしません。
ですんで「命中」=「撃墜」ではないので
「喰らえ!!」だの「死ねぃ!!」だのいう台詞になるのではないかと推察します。

もう一つの理由としては、相手から見て「機体=パイロット」かどうか。
もちろん機体に乗ってる以上「機体=パイロット」であることは
間違いないんですけども、
相手の攻撃性の矛先が機体に向くかパイロットに向くかで
「落ちろ!!」になるか「死ねぃ!!」になるかが変わってくるのではないかなあ、
と思ったりするのです。

リアル系に見られる台詞「落ちろ!!」だの「当たれ!!」だの
「沈め!!」だのを見る限り、パイロットに向けてというよりか
乗ってる機体に向けての台詞であるように思われます。
で逆に、スーパーロボット系に見られる台詞としての
「喰らえ!!」とか「死ねぃ!!」を見るに、
前者は微妙ですが後者は明らかにパイロットに向けたものだとわかります。
この違いは何か?

リアルロボット系にあってスーパーロボット系にあんまりない要素として、
一般兵の存在があります。
リアルロボット系の強さのバロメーターは
武器の強さもさることながらパイロットの腕によるところが大きいので、
強いパイロットの腕を見せ付けるために「やられ役」として
一般兵がいるわけです。敵にも味方にもね。
ですんで、いちいち「死ねぇ!!」なんて
何人いるかもわからないようなパイロットの状態を意識した台詞を吐くよりかは
「落ちろ」とか「沈め」とかの「目の前の単なる個体」を意識した台詞に
なるのではないかと推測します。
逆にスーパーロボット系では、(完全に敵から見た視点ですが)
敵といえば主人公しかいないわけです。
ですんで「主人公機=パイロットである主人公」なわけで、
機体に向かって「死ねぃ!!」とかいう理由もこれではないかと思われます。

単にスーパーロボットに「撃墜」という概念がないだけかもしれませんけど。
やられる=撃墜、ではなくて単純に負け、みたいな。
状態より結果のほうに意識が行く、というか。


言ってることが自分でもよくわかんなくなってきました、申し訳ない。
とりあえずそんな感じで。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィールですよ

河原砂利助

Author:河原砂利助
性別……雄野郎
年齢……31
太った熟女やロリやケモ絵を描くのが好きなアレです。
ご意見ご感想などありましたらおきがるにどうぞ。

メールアドレス
king_of_sukeroku☆yahoo.co.jp
(☆を@に変換)

最近の記事ですよ
pixivやっています

ひと月ごとに見る
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
喪ブロゴです

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。