ジェンダーの話……でもないね

また最後「わけわからなくなってきた」で終わりそうな、
えらそうな語り系シリーズ。


「青い花」を読んでまして、妹が一言
「なんで女の子同士の恋愛ものって、相手が普通の女の子じゃなくて
ショートヘアだったりするちょっとボーイッシュ目の
先輩とかになるのか」みたいな事をいいました。
これは明らかに妹の偏見だとは思うのですが
(実際そうでないのは色々ありますし)、
でもまあ言ってることはわからないでもないなあと思いました。
男装の麗人であるところの「宝塚」とかに憧れる女子って
けっこういると思うんです。
同様の現象として、BL系の受けの様相というのがあります。
色々と見てますところ、「受け=女性的」というのが
(それがメインではないかもですが)あるらしく、
もとが男らしいキャラでも受け役に回されたとたんに
すごく女性的(というかなんというか)に描かれる、
ということがままあったりするようです。

濃いおっさんたちがくんずほぐれつするような、
いわゆるガチホモ系や反対のガチレズ系は置いておいて、
とりあえずの「男役」「女役」というのはあるのだなと思いました。
男同士でも女同士でも。
そう思うと、男同士であれ、女同士であれ、
同性どうしなのに役割的には男女のそれ、という
微妙に妙なことになってるんだなあと思いました。
まあエロシーンのある話においては、行為の本質的に
突っ込む側と突っ込まれる側というのが絶対的に生じるわけで、
その辺で男役女役ができるのはしょうがないといえばしょうがないことですが
(レズの場合はその辺どうなのかちょっとわかりません)、
プラトニックなものであった場合には何故男と女役ができるのでしょう。
両方恋愛の位置的に男性同士女性同士、というのはできないのでしょうか?
メンタリティが、というかなんというか。
男と女、的な役割性のない恋愛、というかそもそもそれは恋愛というのか否か、
むしろ男同士の友情とかそんなモンに近いんじゃないか、
やっぱり案の定よくわからなくなってきました。

そもそもメンタリティ的に両方男、もしくは両方女で
恋愛なりエロなりやろうとしたら
ガチホモなりガチレズになってしまうのですよね。
男の子同士、もしくは女の子同士の「男性的、女性的な役割のある」
恋愛についてはまたホモやレズとは微妙に違う気もするし……
はたから見たら同じなんでしょうけど。
なんというか………

とりあえず知恵熱がでそうなのでここまでにします。
わかりにくい文垂れ流しで毎度申し訳ないです。


漫画家の「竹本泉」さんが男性であるということを知って
非常に驚きました。あのかわいらしい絵柄とか独特のテンションとか、
女性だと思ってたのになあ………
というか男性であるという気配が微塵も感じなかったというか。
もうすげえびっくりでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

「人はお互いが肉体の中に違う心を持っているから『恋』をするの」
と、植芝理一の漫画でも(恥ずかしげもなく)言っているように
恋愛は一般的に一人ではできないモノ。
二者間以上での概念なんでしょう。
そして、『性』とは他者と自己を区別する為の
もっとも直接的で、かつ端的な違いでもあるわけで。
つまり、短髪(男役)、長髪(女役)は、恋愛という概念を
読者(視聴者)にわかりやすく表現しようとした上での
いうなれば『記号』の一つなんだろうなと、こう思った次第です。

いつもながらウザウザの長文失礼致しました。

なるほど……それを前提において考えますと、
やっぱり同性同士(少なくとも精神的には)の間では
恋愛って言うのは成り立たないのですかね。
性差がない愛情というのは「友情」だったり「親愛」だったりするかもですけど
決して「恋愛」にはなりえないというか。
それにしてもその台詞はいい台詞だと思いました。
あと長文にかんしては実はけっこう楽しみにしてますので
ウザいなんて事は決してないです。
プロフィールですよ

河原砂利助

Author:河原砂利助
性別……雄野郎
年齢……31
太った熟女やロリやケモ絵を描くのが好きなアレです。
ご意見ご感想などありましたらおきがるにどうぞ。

メールアドレス
king_of_sukeroku☆yahoo.co.jp
(☆を@に変換)

最近の記事ですよ
pixivやっています

ひと月ごとに見る
フリーエリア

最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
喪ブロゴです

リンク