スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い当たる節があるから……

今日は本屋に行って色々本を買ってきました。
最近けっこういっぱい本を買ってる気がします、
と言っても春休み中に200冊本を買ったという
激烈なかんじのお友達に鼻で笑われそうな冊数ですけども。

今日の収穫

「行け!キャプテン・バスティ」 山下うり
「ジュゲム・ジュゲム 2・3巻」 ケイケイ
「ブスの瞳に恋してる 2・3巻」 漫・画太郎

キャプテンバスティの作者さんを
エロ関連でネット上で知りまして、
いい感じの絵だなと思って買ったんですけども、
4コマ漫画とかの棚においてあるのに、出版社が司書房なので
なんとなくエロ本のイメージがあるなあ、表紙もなんかそれっぽいし……
と思ったら何の事はない、エロギャグマンガでした。
個人的に少し残念だったのが復刻版か何かだったのか、
ちょっと絵が古いなあと感じたことです。
もし復刻版とかでなかったら申し訳ないことです。

あとブス恋のときの漫・画太郎のペンネームの・(ドット)にあたる部分が
(はぁと)←変換できない マークなのはこの漫画限定ですかね。
ペンネーム変更とかじゃなくて……
2巻は爆笑したのですけども、3巻(最終巻)、
仮にも「愛妻エッセイ」の漫画化作品なのに
妻を取り違えたままほったらかし、妻はそのまま相撲取りに、という
この終わり方(ネタバレのため反転)は一体どうなんだろう……いいのか?
彼らしいといえば非常にらしいのですけど。むしろ芸的な投げっぷり。
しかし個人的には男ばっかのギャグのほうが好きかも。
ババアでもブスでも、スカトロネタはちょっときつい部分があります。
男がウンコもらしたり屁こいたりするのはまったく平気なんですけども……
同性と異性の違いか?ババアに異性を意識するかと言うと、しないけど……
なんともはや……
彼の残虐系ギャグとかはホントに大好きなんですけれども。


で、ジュゲム・ジュゲム、2・3巻も変わらぬ面白さですけども、
なんだろう、微妙に共感できる部分があるからか、胸が痛い話が……
でもリアルでやっぱりこういうこと思う人もいるんだ、
自分だけじゃないんだと思うと慰めにもなり。
あと同じAとBという人物だけど、Aに焦点を置いた話と
Bに焦点を置いた話が同じ巻にあって、
この話の運び方はちょっと面白いと思いました。
アホの子のナルミちゃんがかわいかった。
「音楽だけとかスポーツだけやってるチャンネルがあるなら、
放映内容は普通だけど決して残酷シーンとかカップルがいちゃつくシーンとか
Hシーンとか幸せ自慢とかだけ放送しない、みたいなチャンネルは
どこかにないものか」と近況で描いてた作者さんに親近感を覚えました。

そうだ、免許を取らんと……
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

キャプテンバスティとは、なかなか良いところに目ェ付けtますな、兄さん。
山下うりはボクもメッチャ好きな漫画家。
あのコテコテのギャグセンスと80年代ロリコン漫画の系譜的な
古くさいプニ絵が、何とも言えんハーモニーを醸成してるんですよねェ♪

ちなみに、最近出たやつは再録本ですわ。
オリジナル版が成年指定だったこともあって
エロ関係でちょくちょく描き直しがあります。

良いですよね、山下うり。
キャプテンバスティのほうもいい感じに「昔の漫画」してますし。
(再録本だからそりゃあ昔なのですけど)
「経血をギャグに使う」と言うのはなかなか出来ることじゃない……
獣人モノ描いてらっしゃるところもツボです。
しかし元が成人指定だったので一般向けにエロ関連で書き直し……
ってことは表現の変化とか削除とかなんですかね。
も、もったいない………。
プロフィールですよ

河原砂利助

Author:河原砂利助
性別……雄野郎
年齢……31
太った熟女やロリやケモ絵を描くのが好きなアレです。
ご意見ご感想などありましたらおきがるにどうぞ。

メールアドレス
king_of_sukeroku☆yahoo.co.jp
(☆を@に変換)

最近の記事ですよ
pixivやっています

ひと月ごとに見る
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
喪ブロゴです

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。