スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

首はねラプソディ

タイトルに意味はないんですけど、こんばんわ。
強いて言えばヴォーパルバニーのクリティカル(=首はね)攻撃が
恐ろしいことくらいでしょうか。
全裸で、しかも素手で敵の首はねる忍者とかのほうが恐ろしい気もしますけど。
ホントウィザードリィは地獄だぜフゥーハハハーハァーと、
まあ前置きはこれくらいにしまして、
長期の休み中は電車の定期を買わないので、思わず電車代をケチって
どこにも行かない日々が続いたのですけど、
今日はせっかく定期があるんだし、ということで
ちょッくら出かけてきました。

でまあ、出かけてきたといいましても電車で二駅ほどのところなんですけども、
本屋でぼーっと時間を過ごしてきました。
最初はただ本棚に並んでる本を見るだけのつもりでしたけど、
行く間際になってへそくり的においておいたお金(3000円)を
発見したので、本を買うことにしました。

今日の収穫

横山光輝三国志 12、13巻

個人的に曹操は若かりしころのほうが格好よかったような。
野心は老けてもそのままなんですけど覇気がなくなったというか。
これは物語の主軸が劉備率いる蜀にあって、
曹操は敵役として描かれてるせいもあるかと思いますけど。
でも劉備もオッサンになってなんか俗っぽくなってしまったような……
単に青年時代の彼が聖人君子過ぎたせいでしょうか。
そのあたりもまあリアルと言えばリアルなのでしょうかしら
(オッサンになると若いころとは違ってくる、というのが)。

でもなんですか、豪傑が大暴れするシーンは見てて気持ちいいですね。
燃えの原点みたいな感じがします。
熱血とかそう言うてらいがなくて、単にヒーローに憧れるような気持ち、と言うか。
純粋にかっこいいです。

趙雲子竜……のつもり


でまあ燃えついでに描いてみたのですけど、いかんせん情けない感じが……
以前に戦国無双の雑賀孫市を描いたことがありましたけど、
あの時も何故か非常に情けない感じのになりましたし……
画力不足ってやんなるね。もっと練習せねば。
しかし今回の趙雲は格好よかった。
三国志中の彼の最大の見せ場(劉備の子供をしょっての単騎駆け)は
やっぱり伊達じゃないということでしょうか。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィールですよ

河原砂利助

Author:河原砂利助
性別……雄野郎
年齢……31
太った熟女やロリやケモ絵を描くのが好きなアレです。
ご意見ご感想などありましたらおきがるにどうぞ。

メールアドレス
king_of_sukeroku☆yahoo.co.jp
(☆を@に変換)

最近の記事ですよ
pixivやっています

ひと月ごとに見る
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
喪ブロゴです

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。