スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日も今日とて古本屋

昨日は途中で大雨が降ってある地点以上にいけなかったので、
今日行って参りました。
結論から言うと、まあなんですか、エルガイム大全はなかったわけですが、
その分いろいろ立ち読みしたりしてきました。
最強伝説黒沢とかアカギとか天とか。(全部福本作品か)

「初期の黒沢はもてない男のバイブルだ」みたいな意見を聞きまして
どんなモンかと思って読んでたんですけど、
なんというか、あるある、というか気持ちがよくわかるというか……
共感できすぎてアレでした。
年取ったらリアルにあんなのになりそうだ………
ラストで死んでしまった(っぽい)のはちょっと嫌ですけど。

でもわかるよ、ホントわかるよ……空回りする人間の気持ちと言うか
そういうのが見事に描かれてまして……。
もともと福本さんはカイジやアカギのような勝負ものの前は
こういう人情ものを主に描かれてたと言うことで、
さもありなんと言う感じでしょうか。

よく考えたら福本作品のほとんどを立ち読みで済ませてる気がします。
黙示録にしろ破戒録にしろ堕天録にしろアカギにしろ黒沢にしろ。
人気があるのか古本屋でも高いんですもん……

で、今日の収穫。

・てけてけマイハート 竹本泉
・派遣戦士山田のり子 たかの宗美
・G-taste「フェチの快楽」 
・ワイド版 銀と金

G-tasteに関しては……フェチシズムを勉強したかったんです……
ホント……それ以外の何物でもないって言うか………
エロ目的とかそんなのは微塵もないって言うか……
ホント……信じてくださいよ……
まぁどれだけ参考にできるかはわかりませんけども。

銀と金に関しては、人情ものあり勝負ものありと言う感じで面白いのですけど、
今回のは話に救いがないなあ……
もともとこれで救いのある展開にしろ、と言うのが
無理めな設定でしたけど。
イジメあり差別あり殺人ありの家族の骨肉戦争が舞台だからなあ……
ちょっと鬱になりました。いやまあ緊張感はその分すごかったですけど。

竹本泉作品はなんでしょう、読んでると和みますね。
あと髪型のセンスと言うかなんと言うかに近いものを感じます。

あとまあ、天。
最終巻(アカギが死ぬところ)だけ読んだんですけど、
なんというか考えさせられます……
アルツハイマーで自分が自分でなくなる前に安楽死、という
死に方のせいでしょうか、それともアカギ自身の人生観のせいでしょうか。
人の死ぬ前の感覚なんてもちろんフィクションに違いないわけですけど、
でもなんかわかるなあと言う感覚がしました。
何でだろう、不思議な説得力が。
面白いなあ、福本作品。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィールですよ

河原砂利助

Author:河原砂利助
性別……雄野郎
年齢……31
太った熟女やロリやケモ絵を描くのが好きなアレです。
ご意見ご感想などありましたらおきがるにどうぞ。

メールアドレス
king_of_sukeroku☆yahoo.co.jp
(☆を@に変換)

最近の記事ですよ
pixivやっています

ひと月ごとに見る
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
喪ブロゴです

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。