はてね?

世の中には2次コン(=2次元、アニメやゲームしか愛せない)と言う人種がいます。
かく言うアタイもだいたいそんな感じの人間なんですけども、
その人々がどういう人々なのかと言うと
「様々な理由で現実の女を放棄し、2次元の異性のみに執着する人々」
と言う感じ……だととらえております。
もし違うわボケェ!!と言う方がいらっしゃれば言ってくださいまし。

でまぁ、何故にそういう人々がいるのか?
そもそも2次コンってそんなに悪いことなのか?
と言うことについてなんとなしに考えてみたのですよ。
巷では「現実の女に相手にされないからって逃避ワロスwwww」とか
「現実の女が見れないとかテラキモスwwwwwっうぇwww」みたいな
心無い中傷とかもあったりしますけど、
その辺実際どうなのか。
見た目がきれい(これをキレイと取るかどうかで意見が分かれそうですが)
と言うのもあると思うんです。
そこら辺の女性より(これも美しさのベクトルの違いはありそうですが)
フェミニンと言うか、かわいいというか、そういうのはあります。

第二に、性格。
どちらかと言うと2次にはまる人っていうのは見た目が可愛いからとか
萌えだとか言うよりか、こちらの割合が強いのではないかと思うのですけど、
現実にいる女性の持ってる嫌な部分っていうのが見えないんですよね、
そういうキャラクターって。
好感を持つ要素をちりばめつつ、その裏では不快感を与えうる要素を
できるだけ排除するように作られていますので、
居心地(?)がいいのです。

もともと「3次元の女性は美しくない、2次元の女性は美しくて好きだ」
と言う人ってあんまりいないんじゃないかと思うのです。
どっちかと言うと女性の利己的な部分やらなんやらの部分が癇に障り、
またはついていけないと感じ、
より自分の居心地のいい物を見つけようとした結果
2次元に落ち着くのではないか、と思うのですよね。

何度も議論され尽くしたであろうことをグダグダ書くのもアレなので
このくらいにしておこうと思います、が。

よく言われるように結局は逃避でしかないのかもしれません。
アタイらが(生物的に考えて)相手にすべきなのはあくまで現実の女性なのです。

ただ、それは責められるべき逃避なのか?
確かに生物的に適応すべき相手である3次元女性になじめず、
非生産的な2次元キャラに熱を上げるのは
生物的には他から馬鹿にされても仕方ない行為なのかもしれません。
生物としての義務を果たしていないということになるわけですから。
しかし、魅力を感じられないから魅力を感じられるものを選ぶ、
と言う点ではいやいやながら3次女性と付き合うよりか
よほどポジティブな行為だと思うのです。
生物としては失格気味かもしれませんが、
理性、多様な価値観を持つ人間としてはその姿勢はどうなのか、
単純に責められるべきものなのか否か?

ん、まあオタクの意見ですから、非オタの方々から見たら
理解できないものでしょうし、自分が理解できないものを
「キモい」とか言って迫害するのは生物の常ですので、
二次コンが一般の人からの理解を受けられないのは仕方ないことだと思います。
ただ別に、人間としてはその嗜好は間違ってないん違う?と言うか……
実際2次キャラのほうが性格的には魅力的だと思いますし……
みんな人間的な美徳はちゃんと持ってるしね、なんだかんだ言って。

さて、またいいたいことがよくわからなくなってきました。
要するに2次コンは悪くなーいヨ、ということが言いたかったのです。

どきどき魔女神判欲しいなあ……Wiiの牧場物語でも可。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィールですよ

河原砂利助

Author:河原砂利助
性別……雄野郎
年齢……31
太った熟女やロリやケモ絵を描くのが好きなアレです。
ご意見ご感想などありましたらおきがるにどうぞ。

メールアドレス
king_of_sukeroku☆yahoo.co.jp
(☆を@に変換)

最近の記事ですよ
pixivやっています

ひと月ごとに見る
フリーエリア

最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
喪ブロゴです

リンク