エルガイム・感想など

せっかくエルガイムをぶっ通しで見たので
感想などを書いてみようと思います。途中までのですけど。

途中まではコミカルな冒険ものと言う感じで、
主人公ダバのキャラもなんかとうてい2枚目とは言いがたい感じのものでした。
というか舞台が変われどやってることがレッシィとアムの喧嘩だとか
追ってくるギャブレー(ライバル)との戦いだとか、
毎回毎回同じことが続くのでちょっと見てると疲れてきます。
途中からダバサイドの話をみるよりギャブレーサイドの話をみてたほうが
面白かったりしてました。
ていうかスパロボとACEでしかエルガイム知らなかったわけですけど、
ギャブレーの登場頻度がすごいですね。
初登場から30話くらいまで、登場しない話はなかったのではないか、
むしろこいつはライバルと言うよりか影の主人公なんじゃないのかと思うほど。
あと人に対する態度が変わりすぎだ。ギャブレー。
女幹部に惚れて擦り寄る→失態を犯して引っぱたかれる→
それを恨みに思ったのか「奴を引きずり下ろす」みたいな感じになってました。

あとリリス(妖精)。結構登場頻度が高い上に(便利に使われているともいえる)
かなり可愛かったので文句はないんですけど、
あるときを境に急激に人間語をしゃべらないキャラからしゃべるキャラに
シフトチェンジしたのは一体どういうことなのか。
何があったんだ。テコ入れかなにかか(生々しい)。
しかしなんか途中から主人公が組織に属するようになって
イデオロギーの対立が絡むようになってからは
主人公のギャグの部分が影を潜めてしまったのはちょいと残念でした。

後なんですかね、リアルな戦争を扱った話
(UCガンダムシリーズとか)は仕方ないのですけど、
そうでない富野作品って、敵キャラもコミカルな奴であることが
多い気がしました。ブレンはわかりませんけど、
ターンAとかキングゲイナーとかエルガイムとか。
ダンバインはどうなんだろう、シリアスなのか?
とりあえずエルガイムは崩れ顔が昔の少女漫画っぽいと思いました。
昔の少年漫画風でなくて少女漫画風なのは何故なのでしょう。
当時の少年漫画はギャグ顔の崩れがひどかったからでしょうか。
(どおくまんとかおぼっちゃまくんとか)
それはそれで味があっていいなあ、と思いましたけど。少女漫画風。

全体的には面白かったですよ。
話の構成や戦闘シーンがワンパターンになりがちでしたけど……

あとあの時代の乳首描写(ちょんとついてるだけ)で
どきどきしようとは夢にも思いませんでした。
シチュエーションの力なのかしら……?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

とりあえず、初期の富野監督(黒富野)は、ザンボット3、ダイターン3、機動戦士ガンダムで、(イデオン)、ザブングル、ダンバイン、エルガイム、Ζ、ΖΖとなります。シリアスとコミカルを繰り返していたらしい(イデオンの括弧付きは局が違うから。「らしいです」と言うのは、コミカルといわれる方を観てないから)です。あぁ、TVシリーズと言う枠で括れば、かなり時間が飛びますが、ΖΖの次と言う事でVガンダムまで含められますね。
まぁ、コミカルを完遂できたのはダイターンとザブングルくらいではないでしょうか。エルガイムは後半で路線変更させられたらしいですし、ΖΖも序盤は少年漫画テイストのあっさりした感じ(少年漫画であっさりて・・・笑)でしたが、プルツー辺りが出てきてからはシリアス一辺倒になりましたしね・・・

ギャブレーは・・・ダンバインの後番組だけに、バーンのパロディ(声が同じ)くさいですね。もっとも、この手の失態を繰り返して降格されるライバルは富野監督の常套手段ですね。ただシャアは何故か昇格してましたが。
リリスについては、もっと生々しく、レッシィ(川村万梨阿)の出番が減ったから……とか?
それと、崩れ顔が少女漫画風なのは永野護だからではないでしょうか。ファイブスター物語は割とそんな感じです。と言うか永野護の作風自体がね……

なんとぉーっ

ダイターンってコミカルだったんですか!
それは意外、でも言われて見れば……と言う感じです。
確かにあげられてるラインナップを見ればシリアスとコミカルを
繰り返してるような感じですね。ザンボットの後にダイターンとか
作品のカラーもロボットの使う技(月と太陽)も正反対だ……
エルガイムもホントに途中からシリアス路線になりました。
軍とかイデオロギーとか戦争が絡むと
シリアスにならざるを得ないのでしょうかね。

とりあえずギャブレーに関しては逆に昇格してる……んじゃないかなと
思います。
盗賊から軍に入ってついには13人衆(軍の最高幹部?)の一員になり、
最終的には主人公のライバル兼味方というポジションに収まったわけですし。
あと少女漫画ぽいのはキャラデザの人の影響ですか。
それはなんかわかるような気がします。あの人の絵だと。
プロフィールですよ

河原砂利助

Author:河原砂利助
性別……雄野郎
年齢……31
太った熟女やロリやケモ絵を描くのが好きなアレです。
ご意見ご感想などありましたらおきがるにどうぞ。

メールアドレス
king_of_sukeroku☆yahoo.co.jp
(☆を@に変換)

最近の記事ですよ
pixivやっています

ひと月ごとに見る
フリーエリア

最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
喪ブロゴです

リンク