大神クリアしたよ

正直アレはすごくいいゲームだったと思う………
ラスボス戦のイベントで普通に泣いてしまいました。

軽いネタバレをしてしまうと
ぶっちゃけみんなからの声援によるパワーアップで満身創痍の状態から復活、
という少年漫画的な感じのイベントだったのですけど、
それがある程度人々にその実力を知られている存在じゃなくて、
人から見たらただの犬であるけど、実は人知れず
自分たちの危機を救ってくれた存在であることを周りの人々
(もしくは今まで直接的に助けてきた人々)が理解して
(相棒が理解させて)その人々が主人公に感謝や応援をささげる、
と言うシチュエーションで、もう……
こういうの大好き。
たぶん人間がやるより人外がこういうのやったほうがより心に来るのでしょうね、
異文化コミュニケーションではないけれど……
今までお前のこと理解してあげられなくてごめんよ、的な何かが。

こういうののアタイの中での元祖はワンダープロジェクトJでして、
あれのラスト付近もギジン(=ロボット)である主人公が
悪者(人間に対してギジンによる反乱をたくらむ。自身もギジン)を
止めようとして撃たれてショートして倒れていると、
今まで関わってきた、助けてきた人々(彼らとのふれあいで
主人公は人間のさまざまな心を覚えていった)の
声が届いて、最後の人間の心の回路が起動して、
なぜかすごいビームで悪者の乗った飛空船を消滅させる(ほんとに何故だ?)、
と言うものだったんですけども、当時も最近もアレで泣いてるなあ。
アレはなんなんだろう、願いをかなえる回路
(島の人々を守りたい=島の平和を脅かす悪者の消滅)だったのかしら。
兵器が搭載されてるとか考えたくないしなあ……
ああいうのに必要なのって、健気であることなんでしょうかね。
健気な人(人?)がみんなからの声援を受けてがんばってる姿に
心打たれるのかも。


ちょっと話がずれますが、ワンダープロジェクトJのエンディングって
2種類ありまして、片方はショート状態から博士に直してもらい、
人間にはなれないけれど人間の心を持ったギジンとして生きるエンディング、
もう片方は主人公は壊れてしまったけれども、その国の王女と王子
(王女と主人公はいい感じにかかわりを持ってた)の子供として転生
(たぶん。下手したら同じ名前をつけられただけかも?)する
エンディングなんです。
で、後者の転生(たぶん)エンディングが、好成績でクリアしたときのみ見られる
いわゆるところの真のエンディングとされてるんですけど、
どう見ても前者のギジンエンディングのほうがいいと思うのは
果たしてアタイだけでしょうか?

人間になれた、という点では後者に勝るものはないですけど、
でもそれまで培ってきたもの、人とのかかわり、それまでの体験、
そんなものが軒並みリセットされるんですよ。
ある意味ゲームやらないとわからない感覚なのかもしれませんが、
なんかね、えっ?と思ってしまうのですよ。
せっかく今まで色んな人と出会って、さまざまな貴重な体験をしてきたのに、
それが全部なくなってしまったような感じ。

それだったらまだ、ボディこそ人間じゃないものの、
心は普通の人間より人間らしく、またさまざまな記憶と自信を持って生きる
ギジンエンディングのほうが、いいエンディングなんじゃないかなあ、って。

まあ、転生エンディングが生まれたての子供に
「○○(主人公名)と名づけましょう」というところで終わって
その後の子供の様子が描写されないのも違和感の原因としてあるのかもしれませんが。
成長して主人公と瓜二つとかだったらそれはそれで良いのに……


これに関してはけっこう力説してます。
なんかどうしても納得がいかないのよ……。
知らない方置いてけぼりの話題でごめんなさい。

そういえば一日に何回も日記に来てくださってる方がいらっしゃいますが、
アタイ一応学生なので午前~夕方あたりはたぶん学校にいて、
更新することはないと思います。
更新するとしたら朝か夜10時以降くらい……かな?
無駄足踏んでらっしゃると申し訳ないので、告知など。
(休みの日は必ずしもこの限りではないですけど)

まあ、そんな感じで。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィールですよ

河原砂利助

Author:河原砂利助
性別……雄野郎
年齢……31
太った熟女やロリやケモ絵を描くのが好きなアレです。
ご意見ご感想などありましたらおきがるにどうぞ。

メールアドレス
king_of_sukeroku☆yahoo.co.jp
(☆を@に変換)

最近の記事ですよ
pixivやっています

ひと月ごとに見る
フリーエリア

最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
喪ブロゴです

リンク