ふと考えさせられた……

「あなたは生物的には3次元の男だ、だから3次元の女を求めるのが正しいはずだ、
でもそれにわざと背を向けて2次元のものばかり愛好し、
3次元女などさも存在しないかのように振舞う。
それは血を吐きながら続ける、悲しいマラソンですよ………」

でもそんなマラソンをやめる気は毛頭ない河原ですこんばんわ。
単に知ったばかりの名ぜりふを使ってみたかっただけです(冒頭の文の最後の行)。

なんというか、サークルの会誌で、
ほかの人の描いた漫画やイラストのキャラを描く、という企画があって
いろいろ描いてたんですけど、ダメだこりゃ……
全然思うように行かない。あまりにダメダメすぎて、結局
出せずに終わってしまいました………マジでだめだ……。
人様の癖を自分の絵に変換するってこんなに難しかったとは……
ってまあこれで4回目なのになにいってるのって話ですけど。

で。
「二次元美少女万歳、でもイケメン主人公を見ると
美少女が取られるから鬱になる(要約)」という意見を見たのですけど、
確かにアレなんですよね。
アタイも含めてオタク(萌えオタと呼ばれる人に顕著)がギャルゲーとか
萌えアニメ見るのって、いってみれば女の子がかわいいから、萌えるから
それを視聴する気になるわけですけど、
たいていそういうキャラって最後には誰か特定のキャラ、
少なくともそのうちの誰かが主人公とくっつくわけで。

たいていの人はそれに疑問を持つこともない(それほどはまり込まない)
でしょうけれど、中には本当に、そういう人もいるのですよね。

で、昨今流行りのゆるゆる日常4コマ(らきすたとか)みたいな、
特に主人公が女の子でそのゆるい日常を描くような4コマの場合って、
いってみればあんまり色恋沙汰が出てこないじゃないですか。
もしかしたらスパイス程度には出てくるかもしれないんですけど、
成就してその後もずっと、ってことはあんまりないじゃないですか。
こういうのを読む層って、その「萌えキャラが男に取られたら鬱になる」って
向きの人もかなりいるんじゃないかなあ、と思ったのですよ。
基本的にヒロインずっと一人身だから、読んでて苦痛がないし。

………ただね、連載が終了する間際になると
なぜか急ピッチで恋愛とかしだしちゃったりすることがあるのでね、
そのときは正直泣くしかないのですけどね。

逆に「こんなの憧れるよな~」って気持ちで読んでる方も
いらっしゃるかもしれません。
主人公に自分を投影して観る!!っていう方もいらっしゃるかと思います。
そういう人にとっては主人公とヒロインがラブラブしてるほうがいいのでしょうね。

甘いラブラブなのが見たい人は犬上すくねさんの漫画をオススメします。
もう恥ずかしくなるくらい甘酸っぱいのが見れるから。
恥ずかしながら、わたし、ヘドが出ました。(作者さんや漫画自体に罪はない)
あそこまで愛だ恋だの甘々なのを見せられるときっついものがあるよ……
あくまでアタイには。
自分で傍観者的に(自分は出ない)妄想する分にはすげえどきどきするのになあ。
超自己中ってことなのかしら?

で。
「サイトマップの太った子のエロ描いて」みたいな、すげえ直球な
リクエストをもらったので絵を描くのに悩んでるときの逃避に描いてみました。

ベティ。

差分。

蛇足。

自分の(ある程度固まってる)キャラに汚れをやらせるのってどうなんでしょうね?
アタイは別にどうとも思わぬわけですが、気になる方は気になるのでしょうか。

っていうか今気づいた、風呂でメガネってどうなの?
………やってしもうた。

そういえば学校で授業受けようとして机に座ったら、
ちょうど座ったところに阿部さんが描かれていました。
……運命について少し考えさせられました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ハーレム×ハーレム

BADENDが苦手なのでハーレムものが一番好きかな。
全員ハッピー……なものが好きです。
「藤田家のたさい」(某二次創作)みたいなのがベターですね。

全員ハッピーなのはいいですねえ。
そこで一人だけあぶれたりすると('A`)ってなりますけど……
でもハーレムものって、主人公とくっついた女以外は
けっこう一人でいることが多いイメージがあるのですが、
実際はそんなこともないのでしょうか?やっぱり相手役は出てきます?
プロフィールですよ

河原砂利助

Author:河原砂利助
性別……雄野郎
年齢……31
太った熟女やロリやケモ絵を描くのが好きなアレです。
ご意見ご感想などありましたらおきがるにどうぞ。

メールアドレス
king_of_sukeroku☆yahoo.co.jp
(☆を@に変換)

最近の記事ですよ
pixivやっています

ひと月ごとに見る
フリーエリア

最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
喪ブロゴです

リンク