んー?

たとえ話でも。
平和な、むしろ平和すぎるほどの鳥の一団があったとします。
で、あるときに一部の鳥たちが「こんなぬるいところにはいられない!
俺たちはもっと自分を鍛えてもっといい獲物を取れるようにがんばるんだ!!」
と言って群れから離反し、また違う群れを作りました。

で、その群れの一部は「あいつらぬるいんだよな」という目で元の群れを見ています。
まあそれがイヤで元の群れを出たのですから、ある意味当然の感想であると言えます。
しかしそれとは別に、元の群れにいながらも現状に不満を持つ鳥がいて、
その鳥は新しい群れに遊びに行って、
「あいつらぬるいですよねー」ということを言うそうです。

これって、どうなん?

別に不満もつな文句言うななんていいません。さっき言いましたように当然の帰結です。
元の群れがもともとの目的から見ていい群れか、
みんなが獲物を取るために頑張ってるかって言うと
実際褒められたもんではない群れですし、出ていった、
もしくは不満に感じる鳥の気持ちは十分に推し量れます。

ただ、元の群れから離れようとするわけでもないのに、新しい群れにばかり擦り寄って
元の群れの鳥に聞こえるように元の群れの中で文句言うってのはどうなのかしら?と。

なんかモヤモヤする……

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リスク

元の群れを離れるリスクを冒したくない。
別の群れでのリスクも怖いので参加したくはない。
でも、現状には不満がある。だから愚痴を言う。
聞こえるように言うのは、その鳥がKYなのでしょう。立場が悪くなることが頭にない?
日本が腐るのはそのどっちかつかずの鳥がいっぱいいるからでしょう。

コメントありがとうございます

コメントしづらかったことと思いますが……
でも正直ね、中途半端なことしてないでもう新しいほうに行っちゃえば?と
思っています、その鳥に関しては。
元の群れの全体像をそんな重要視してないようなので、
その鳥は全体の中での立場もあまり意識してないのかもしれませんね。

どっちつかずが多いのはそのどちらがわからも
甘い汁を吸いたいからでしょうか。
確かにそんなことしてたら腐るのもうなずけます。
プロフィールですよ

河原砂利助

Author:河原砂利助
性別……雄野郎
年齢……31
太った熟女やロリやケモ絵を描くのが好きなアレです。
ご意見ご感想などありましたらおきがるにどうぞ。

メールアドレス
king_of_sukeroku☆yahoo.co.jp
(☆を@に変換)

最近の記事ですよ
pixivやっています

ひと月ごとに見る
フリーエリア

最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
喪ブロゴです

リンク